たれ尻にさようなら!お尻がたれる原因と解消法を紹介!

たれ尻にさようなら!お尻がたれる原因と解消法を紹介!

お尻がたれてかっこ悪い。女性らしいボディラインを手に入れたい。そんな願望は誰でもあります。しかし現実は、年齢を重ねるごとにたれ尻になる一方。そもそもどうしてお尻はたれるのか?それは運動不足が一番の原因です。姿勢が悪く、寝ながらスマホをしていることも原因にあげられます。毎日の生活習慣を見直し、トレーニングを行ってたれ尻を解消しましょう!筋肉トレーニングを継続すれば美尻が手に入り、パンツスタイルがかっこよく決まりますよ。筋トレがきつい、続かないときは、エステでリラックスしながらボディメイクをすることもおすすめです。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

たれ尻の原因

年齢を重ねると、後ろ姿に自信がもてなくなる方が多くなります。鏡で恐る恐る自分の後ろ姿を見て、のっぺりとたれたお尻にがっかりする方も多いでしょう。気になる部分を隠すようにトップスは大きめ、だぼっとしたズボンなどボディラインが出にくい服を着るようになります。一度たれてしまったお尻は何もしなければそのままですが、原因を解明して鍛えることでキュッと引き締まり、理想の形に整えられます。

たれ尻改善におすすめの着圧レギンスはコチラ!

運動不足で筋肉が衰えている

運動不足は、男女問わず多くの人が抱えている問題です。最近はお金をかけずに気軽に始められるジョギングやウォーキングが人気ですが、長く続けるのは大変なことです。仕事や家事、育児が忙しくて時間が取れなかったり、飽きて面倒になってしまったりと、続けられないのにはさまざまな理由があります。

デスクワークで一日中座りっぱなし

長時間座りっぱなしでいることも、たれ尻の原因になります。座っている間は、お尻の筋肉は休んでいる状態です。座っている時間が長いほど、お尻の大臀筋やハムストリングが使われない状態が続き、筋肉がゆるんでしまうのです。また座り方の姿勢によって、骨盤が後ろに傾きお尻がたれてしまいます。座るときは、できるだけお尻の筋肉を意識して座りましょう。

出産で骨盤が広がる

出産は人生で非常に大きな出来事です。出産するまでには、女性の体形は大きく変わります。赤ちゃんが産道を通りやすくするために骨盤が開き、横に広がった状態に。産後に骨盤をもとに戻す努力をしないと、骨盤は広がったまま固定され、肉がつきやすい状態になってしまいます。出産後体調が落ち着いたら、骨盤ベルトやガードルなどを活用し、早めに骨盤を戻すようにしてください。骨盤矯正のヨガをしている教室や、骨盤矯正の施術が受けられる接骨院、美容サロンなどもあるので、調べてみるとよいでしょう。

姿勢が悪く、寝ながらスマホをする

座って足を組むクセは、骨盤を歪めるのでやめましょう。立っているときも右、左どちらかに傾いているなど重心が偏っていると、骨盤が歪んでたれ尻になってしまいます。常に正しい姿勢でいることを意識しましょう。PCやスマホを見ていると、背中が丸くなって猫背になってしまいます。ソファやベッドで寝ながらスマホを見ると、さらに身体の軸が歪んでしまってたれ尻の原因になります。

たれ尻を改善するには

フィットネスジムやスポーツクラブに通わなくても、手軽にたれ尻を改善できる方法を紹介します。仕事や家事の合間に行えるので、毎日の習慣にして理想的な美尻を手に入れましょう。

ヒップアップ効果のあるガードルやショーツを履く

たれてしまったお尻は、そのままにしておくとどんどんたれてしまいます。たれたお尻を支える機能のあるガードルやショーツがおすすめです。外側からお肉を圧力で支えることで、着用時のお尻の形を整えてくれます。程よいボリュームのあるグラマーなお尻や引き締まった小尻など、なりたいお尻のタイプ別で選べます。

たれ尻改善におすすめの着圧レギンスはコチラ!

筋トレで脂肪を燃焼させる

やはり筋肉を鍛えて脂肪を燃焼させヒップアップを目指しましょう。たれ尻を改善するだけでなくウエストにくびれができたり、ヒップアップで足長に見えたりと体系にもうれしい変化が見られますよ。たれ尻の原因は大殿筋が衰えているからです。お尻には大殿筋・中殿筋・小殿筋の3つの筋肉があります。特に大殿筋はお尻の丸みを維持する大切な筋肉です。この筋肉を鍛えることで、プリッと上を向いた丸みのある桃尻になります。

エクササイズマシンで手軽に筋トレ

筋トレをするなら準備しておきたいエクササイズマシン。効果的にヒップリフトのトレーニングを行いたい方におすすめです。値段や大きさはさまざまなので、自分に合ったエクササイズマシンを選びましょう。

おすすめたれ尻改善トレーニング方法

ここからは、たれ尻を改善していくトレーニングを紹介していきます。毎日無理せず続けることが大切です。筋肉がつくことで代謝がよくなり、体全体に変化が現れるのを実感できるでしょう。たれ尻を卒業するだけでなく、ウエスト周りや背中の引き締め効果も期待できるので、後ろ姿が美しくなりますよ。

ヒップアップ効果のあるスクワット

スクワットは太ももからお尻にかけての筋肉を鍛える筋トレです。今回は片足に負荷がかけられるブラジリアンスクワットを紹介します。
1イスや台を用意します。イスの前に立ち、左足の甲をいすにのせます。
2腕を頭の後ろで組み、胸をはります。
3お尻を後ろへ引くようにして右足が90度曲がるまで腰を下ろします。
4ゆっくりと腰を上げて元に戻ります。
5足を変えて3、4を繰り返します。
これを10回ずつ、3セットこなしましょう。イスがぐらつかないように、安定した場所で行うようにしてください。ヒップアップはもちろん足長効果もあり、体幹も鍛えられます。

ヨガのたれ尻改善ポーズ

筋トレと違いリラックスしながらできるヨガもおすすめです。ポピュラーな「橋のポーズ」を紹介します。
1仰向けになって両ひざを立たせます。ひざの真下にかかとが来るように引き寄せひざとかかとは腰幅に開きます。腕は体のすぐ横に置きます。
2ひざが開かないように固定しながら腰を持ち上げます。できるだけ高くへそを天井へ近づけるイメージで上げてください。
3両手をお尻の下で組みお尻が下がらないようにキープします。
4手をほどき、お尻をゆっくり下げます。
しっかりと床やマットを押してお尻を高く上げるのがポイントです。お尻だけでなく背中にも効果的なので、後ろ姿がキュッと引き締まるでしょう。

エステや美容外科で美尻を手に入れる

お尻の筋肉はもともと鍛えるのがむずかしく、効果が実感できるのに時間がかかります。トレーニングやセルフマッサージなど試したけれどうまくいかない、もっと早く効果を出したいという方は、エステや美容外科などで施術してもらうのもおすすめです。女性らしい、丸みを残した魅力的なボディを作り出してくれます。またリラックスやダイエットにも効果的なので、体型を気にしている方は自分へのご褒美に試してみてください。

プロの施術で理想的な美尻に

プロの手によって、自分の理想のボディメイクを叶えてくれます。マッサージでは脂肪をもみほぐし、リンパの循環をよくしてくれます。脂肪燃焼し、セルライト解消にも役立つでしょう。エステや美容外科が初めてで不安の方は、初回特典や体験などお得に試せるコースを活用してください。ネットの口コミ評判も参考にし、気になることは気軽に相談してみることをおすすめします。

パーソナルトレーニングで美尻と美脚を手に入れる

本格的にたれ尻を解消したい方は、エステとパーソナルトレーニングを一緒にできるコースもおすすめです。トレーナーがいれば、さぼってしまうことがありません。プロの視点で体調管理や体型管理のアドバイスをくれるので、心強いパートナーになります。個々にあわせてトレーニングメニューを作ってくれるので、無理なく続けられます。

たれ尻改善におすすめの着圧レギンスはコチラ!

グラマラスパッツ

雑誌でも多数取り上げられているオールインワン加圧インナー。着圧の補正により、ボディラインが「特急変身」。 ボディスーツ、着圧ソックス、ガードルショーツ、骨盤ケアベルトの機能を1枚に備えているので、履くだけで簡単にくびれが生まれ、美脚・美尻を実現 します(※効果の持続は着用時のみです)。アンケート結果では、8割以上が着用時の見た目の変化を実感。
入手困難なほどの人気ですが、その理由はツボや姿勢、リンパや冷えにも働きかける独自開発の設計にあります。効率よく相乗効果が狙えるため、多くの悩みに同時にアプローチできると大人気です。

グラマラスパッツ

1枚あたりの参考価格:4,389円(税込)※セット割引有

たれ尻を解消して女性らしい美尻を手に入れよう

今まで見て見ぬふりをしていたたれ尻。そのままほったらかしにすると、お尻はどんどんたれていきます。運動不足の人、デスクワークが多い人、猫背や反り腰の人はお尻がたれやすいので、生活習慣を見直し、普段の姿勢から意識してみてください。無理なく続けられるトレーニングを習慣にして、これ以上たれ尻が進行しないよう心がけてくださいね。

ピックアップ記事

運営会社