広告

豊胸手術の種類を解説!それぞれの施術の特徴やメリットは?

豊胸手術の種類を解説!それぞれの施術の特徴やメリットは?

更新日: 2021年11月25日

豊胸手術には大きく分けて3種類の施術方法があります。1種類目は脇やアンダーバストからシリコンバッグを挿入する方法。大幅なバストアップが見込めることから、根強い人気を誇っています。2種類目は、バストにヒアルロン酸注射をする方法。プチ豊胸とも呼ばれ、傷跡が残らず手軽に受けられる施術方法です。3種類目は自身の脂肪細胞を注入する方法。柔らかく自然に仕上がるので、豊胸手術をしたことを周囲に知られたくないという人にもおすすめです。どの方法にもメリット、デメリットがあり、期待できる結果も異なります。豊胸手術を検討する際は、信頼できる美容整形外科を見つけ、自分に合った施術方法を選択することが重要です。

本ページで紹介する商品・サービスの選定基準について
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

※ 紹介する商品・サービスにおける留意事項

本記事で取り上げる施術は、原則自由診療によるものです。自由診療の場合、公的医療保険制度は適用されず、費用はすべて自己負担となります。費用については事前によく確認し、納得してから施術を受けるようにしてください。

豊胸整形にはリスク・副作用があります。施術内容とともにリスク・副作用について医師に確認し、不明な点は相談して、納得してから施術を受けるようにしましょう。
ヒアルロン酸注入法による治療のリスク・副作用:1週間程度の腫れ・むくみ・内出血・乳腺の炎症・しこりの形成・感染症・アレルギー反応、など。
シリコンバッグ法による治療のリスク・副作用:形や感触の違和感・痛み・腫れ・感染症・内出血・血腫・長期使用による破損、など。
脂肪注入法による治療のリスク・副作用:痛み・むくみ・内出血・定着せず吸収されると胸が小さくなる・注入脂肪の壊死による石灰化、など。
成長再生豊胸による治療のリスク・副作用:痛み・かゆみ・色素沈着・しこり・注入直後の胃痛や吐き気、など。
豊胸整形は、希望通りの形、大きさ、柔らかさにならないことがあります。

豊胸手術には大きく3つの種類がある

豊胸手術には大きくシリコンバッグ(シリコンインプラント)豊胸、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法の3つの種類があります。施術方法により、バストアップできる程度や持続性、ダウンタイムの期間などがそれぞれ異なります。3種類の豊胸手術法について、施術方法やメリット、デメリットなどについて詳しく解説します。

おすすめ豊胸クリニックの無料カウンセリングを予約してみる

シリコンバッグ(シリコンインプラント)豊胸

豊胸手術と聞いてシリコンバッグによる豊胸手術を最初に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。シリコンバックよる豊胸手術は3種類の中でも最も古くから行われている方法です。さまざまな種類の豊胸手術が確立されていますが、いまだに根強い人気を誇る施術方法でもあります。シリコンバッグには異物感がある、見た目が不自然というイメージがありましたが、近年では選べるシリコンバッグの種類も増え、なりたいバストイメージに合わせて形状や性状を選択できるようになりました。

シリコンバッグ(シリコンインプラント)豊胸手術の施術方法

シリコンバッグ豊胸手術は、ワキの下もしくは乳房下縁(アンダーバスト)を切開し、シリコンバッグを挿入する方法です。バッグは乳腺下、大胸筋下、大胸筋膜下のいずれかの位置に挿入されます。痩せ型の人が多い日本人女性の場合は、バッグの輪郭が出にくく、自然にボリュームアップができる大胸筋下法を選択する方が多いと言われています。

シリコンバッグ(シリコンインプラント)豊胸手術のメリット

シリコンバッグ豊胸手術の一番のメリットは、バストの大きさや形を自由に選択できるという点でしょう。貧乳がコンプレックスなので、2カップ以上のサイズアップをしたい、上向きでより大きな美乳にしたいなど、元々のバストサイズに関わらず理想のバストをほぼ確実に手に入れられます。また、一度施術すれば半永久的に理想のバストサイズを維持できるのも、シリコンバッグ豊胸手術の魅力です。

シリコンバッグ(シリコンインプラント)豊胸手術のデメリット

一方でシリコンバッグ豊胸には以下のようなデメリットがあります。
・痛みが強い、傷が残る
3種類の施術方法の中で唯一皮膚を切開する方法のため、術後の痛みは一番強いと言われています。
・カプセルこだわ縮(被膜こだわ縮)のリスクがある
バッグ周辺の被膜が縮んで硬くなるカプセルこだわ縮という合併症が起きる可能性があります。カプセルこだわ縮が片側のバストにだけ起こるとバストに大きな左右差が出てしまうことも。なお、カプセルこだわ縮は丁寧なマッサージである程度回避できるとも言われています。
・バッグが破損するリスクがある
現在多くのクリニックで使用されているモティバやコヒーシブシリコンなどの種類のバッグは高強度で、日常生活で破損する心配はほぼありません。しかし、交通事故など強い衝撃を受けた場合、破損する可能性はゼロではありません。また、破損のリスクを理由にマンモグラフィーを使用した乳がん検診を断られることもあります。
・バッグがずれたり曲がったりするリスクがある
大きいバッグを挿入している場合や長年バッグを入れたままにしている場合、稀にバスト下方にバッグがずり落ち、二重アゴのような状態(ダブルバブル)になってしまうことがあります。また、バッグの縁が曲がったり、波打ったりすることでバストが表面がデコボコした状態(リップリング)になってしまうこともあります。

シリコンバッグ(シリコンインプラント)豊胸手術はこんな人におすすめ

シリコンバッグ豊胸手術は下記のような方に特におすすめの施術方法です。
・メリハリのあるグラマーなバストを手に入れたい方
・2カップ以上のサイズアップを望んでいる方
・半永久的に効果が続く方法を選びたい方
・何度も施術するのは面倒なので一度で済ませたい方

広告

ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸注入法による豊胸はプチ豊胸とも言われ、気軽に短時間で施術が可能なことから高い人気を集めています。ヒアルロン酸注入法の施術方法やメリットデメリットについて詳しくみていきましょう。

ヒアルロン酸注入法の施術方法

ヒアルロン酸注入法は、胸の下からヒアルロン酸を注入することで、形や大きさを整えバストアップをはかるメスを使用しない豊胸術です。ヒアルロン酸は元々体内に存在する成分なので、注射によるアレルギー、副作用の心配はほぼないと言われています。

ヒアルロン酸注入法のメリット

ヒアルロン酸注入法は一番のメリットは注射だけで簡単にバストアップというできる点でしょう。メスを使っていないため、ダウンタイムが少なく、早ければ施術翌日から通常の生活を送れます。また、手触りや見た目が自然なのも人気のポイントです。施術時間も10~20分で済み、3種類の施術方法の中では費用が最もリーズナブルなのも魅力です。

ヒアルロン酸注入法のデメリット

ヒアルロン酸注入法によるバストアップの持続期間は半年から2年程と言われています。大きさもずっと維持されるわけではなく、施術後から少しずつ小さくなっていきます。効果が一時的である点や、施術直後の状態が長く保てない点はヒアルロン酸注入法のデメリットと言えるでしょう。また、ヒアルロン酸注入法で可能なバストアップサイズは1カップ程度が限度と言われています。あまり多くのヒアルロン酸を一気に注入すると、バストが固くなり、不自然な仕上がりになるので注意が必要です。

ヒアルロン酸注入法はこんな人におすすめ

ヒアルロン酸注入法は下記のような方に特におすすめの施術方法です。
・皮膚を傷つけたくない方、手術に抵抗がある方
・できるだけダウンタイムを短くしたい方
・1カップ程度自然にバストアップしたい方
・左右のバストのバランスを整えたい方

脂肪注入法

脂肪注入法は近年特に注目されている豊胸方法です。3種類の施術方法の中では比較的新しい技術で、最もお金がかかる施術方法でもあります。脂肪注入法の施術方法やメリットデメリットについて詳しくみていきましょう。

脂肪注入法の施術方法

脂肪注入法は、自分自身の脂肪細胞を採取しそれをバストに注入する豊胸方法です。お腹や太ももなどサイズダウンしたい部分から脂肪細胞を吸引できるため、ボディサイズを整えながら豊胸もできる方法として話題となっています。

脂肪注入法のメリット

脂肪注入法のメリットは、自然な見た目や柔らかな手触りのバストが得られるという点でしょう。バスト周りに傷跡が残らないことや豊胸したことが周囲にばれにくいという点も大きな魅力です。

脂脂肪注入法のデメリット

脂肪注入法は採取できる脂肪量が極端に少ないなど、体型によっては施術を受けられないことがあります。また、注入した脂肪細胞がしこりになってしまう確率も一定程度あります。しこりは不純物が十分に取り除かれていない脂肪細胞を注入した場合や、同一箇所に塊で脂肪を注入した場合などに発生するリスクが高くなります。

脂肪注入法はこんな人におすすめ

広告

脂肪注入法は下記のような方に特におすすめの施術方法です。
・シリコンバッグやヒアルロン酸など体に異物を入れることに抵抗がある方
・バストアップと一緒に痩身もしたい方
・半永久的に効果が続く方法を選びたい方
・豊胸手術をしたい男性の方

豊胸手術で人気のクリニックはこちら!

東京美容外科 銀座院

美容業界で16年以上もの歴史を持つ美容外科です。注目の施術の1つが、1Day豊胸治療。費用はエンジェルサイズが550,000円。施術では、傷跡が目立ちにくい脇のシワに沿って3cm程度切開し、医師と相談のもとに種類を決定したシリコンバッグを挿入します。止血剤と麻酔薬を加えたものを全静脈麻酔とともに注入するので痛みや出血に配慮しているのもポイント。一人一人の体の状態を見極め、適切なシリコン素材とデザインの提案を行うことで、理想の胸を叶えます。(2022年4月11日現在)

東京美容外科 銀座院

東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F
0120-545-861
10:00~19:00
アクセス:地下鉄銀座駅より徒歩6分

豊胸手術の種類や特徴を知って自分にあう施術方法を選択しよう

美容医療の発達により、豊胸手術は大きな進化をとげました。さまざまな種類の施術方法を選択できるようになったため、どの方法を選択すべきか迷うという方もいるかもしれません。豊胸手術の施術方法を選択する際は、まずそれぞれのメリットやデメリットといった正しい情報を理解することが重要です。さらに、なりたいバストイメージをしっかりと思い浮かべ、自分の理想のバストに近づけるのはどの施術方法かという視点で選択するとよいでしょう。施術を行うクリニックは、実績数が豊富であるところや可能な施術方法の種類が多いところ、事前カウンセリングで疑問質問に真摯に答えてくれるところを選んでください。自分にピッタリの施術方法やクリニックを選び、美しいバストを手に入れましょう。

豊胸整形に関連する記事

ユーザーさんの「キレイになりたい!」を応援するため、美容医療の業界について日々研究しています。

◆ 保有資格

薬事法管理者、YMAAマーク(薬機法・医療法適法広告取扱個人認証)

広告

広告

広告

運営会社