美肌習慣とは?肌トラブルから自分の肌を守り美肌を手に入れる方法

美肌習慣とは?肌トラブルから自分の肌を守り美肌を手に入れる方法

更新日: 2022年1月24日

ニキビやシミなどの肌トラブルの原因は、洗顔のしすぎによる皮脂不足、肌に合わない化粧水や化粧品の使用、日焼け対策が不十分などです。食生活や睡眠・運動不足などの生活習慣の乱れも大きく関係します。美肌を手に入れ保つために、毎日美肌習慣を実践しましょう。洗顔をする時は顔全体を優しく洗い、化粧水や乳液で保湿と毛穴の引き締めをします。紫外線対策は夏や外出時だけでなく、一年中、室内にいるときにも行いましょう。美肌は一日で手に入れられるものではありません。正しいケア方法を把握し、自分に合った方法を取り入れてくださいね。

本ページで紹介する商品・サービスの選定基準について
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

肌トラブルの原因とは

ニキビやシミ、かゆみ、かさつきなど何かしらの肌トラブルを抱えている方は多いでしょう。なかなか肌がよくならず悩んでいる場合には、原因を知ることが大切です。

間違った洗顔方法や肌に合わないスキンケア用品の使用

毎日行う洗顔は、正しい洗顔方法で行わないと肌に負担や刺激を与えてしまいます。一日の終わりには顔に皮脂、ホコリや汗などのさまざまな汚れが付いています。皮脂や汚れを落とそうと、何度も洗顔をしたり熱いお湯で洗ったりするのはやめましょう。すすぎ残しや洗顔後にタオルでごしごしと拭くのも肌を傷つける原因になります。洗顔後の基礎化粧品などのスキンケアが肌に合っていない可能性も。商品によって成分が異なり、自分に何の成分が合っていないかを判断するのは難しいですが、スキンケア用品が原因になる可能性があることを頭に入れておきましょう。

肌の悩みに合わせて選べるコスメをチェックしてみる

日焼け止め対策が不十分で紫外線のダメージを受ける

特に夏場の暑い時期に気を付けたいのが、紫外線のダメージです。紫外線による日焼けで肌も大きな影響を受けます。紫外線を受けた肌はバリア機能を失うため、乾燥している状態に。肌荒れやニキビ、シミ、元々アトピー体質の方は悪化するなど、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

糖分や脂質の多い食べ物に注意!食生活や生活習慣の乱れ

肌トラブルの原因の一つに、食生活や生活習慣の乱れが考えられます。肌荒れを予防するために控えたい食品は、高カロリーで脂質や糖質が多いジャンクフードや甘い物、栄養バランスが偏りがちな加工食品などです。日常的に運動をする習慣がない、睡眠不足が続いている、ストレスを感じやすい、食事を摂る時間が毎日一定ではないなど、生活習慣が乱れている場合も要注意です。

便秘など腸内環境の乱れ

体のあらゆる不調に関わっているのが、腸内環境の乱れです。腸内環境が悪いと便秘を引き起こします。便秘とは便が大腸内に長く留まっている状態です。便は腐敗し、腐敗によって多くの悪玉菌が増殖し、さまざまな有害物質が発生します。有害物質が肌トラブルの原因となります。

簡単に実践できる!肌を綺麗にする美肌習慣

肌を綺麗な状態で維持するためには、短期間で考えるのではなく、毎日小さな努力を積み重ねていくことが必要不可欠です。簡単に取り入れたり改善したりできるものばかりなので、美肌習慣として習慣化させましょう。

こまめな水分補給、ビタミンCやリコピンの摂取

人が生きていくうえで欠かせないのが水分です。水分を多く摂取すると血流がよくなり、肌に必要な栄養や酸素がいき渡りやすくなります。他にも老廃物の排出を促す、便秘解消につながるなど体へのメリットが多くあります。一日に排出する水分量は2.5Lとされていて、摂取すべき水分量は人それぞれ身長や体重などにより異なりますが、約1.5~2Lは必要です。こまめな水分補給を心がけましょう。美肌成分のビタミンC、高い抗酸化作用があるリコピンの摂取も重要です。

美肌効果が期待できる食材を取り入れる

肌荒れ予防や美肌効果が期待できる食材を意識して摂るようにしましょう。便秘解消に役立つのは、食物繊維を多く含むキノコ類、海藻類、穀物類、腸内環境を整える納豆やヨーグルトなどの発酵食品です。肌荒れ予防に適しているのは、ビタミン類を多く含む緑黄色野菜や淡色野菜、豚肉や卵などです。他にもタンパク質や必須脂肪酸など必要な栄養はさまざまです。栄養素を考えながらバランスよく摂取し、体の栄養バランスを整えましょう。

睡眠の質を高め、適度な運動をしながら生活リズムを整える

質のよい睡眠と肌には大きな関係があります。肌を生成する細胞は睡眠中につくられ、ノンレム睡眠の深い眠りの状態のときに、肌が一定のサイクルで生まれ変わるターンオーバーが活発に行われます。よりよい睡眠時間を送るために、寝る直前の飲食やスマホを見るのはやめましょう。スマホのブルーライトは、睡眠の質を下げてしまいます。夕食は就寝時間の3時間前には済ませるのが理想です。綺麗な肌の維持に欠かせないのが、運動をして体を動かすことです。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動を行うと、血流が促進され、肌の活性化につながります。無理なく適度な運動を続けましょう。

ツボ押しやマッサージをする

肌荒れ改善に効果的なのは、ツボ押しやマッサージでリンパの流れや血流を促進することです。美肌のツボは、膝から指3本分外側にある「足三里」、みぞおちとおへその中間にある「中脘」、耳たぶの外側で顎の付け根にある「翳風」などです。リンパマッサージをする際には、老廃物が溜まりやすい場所を中心に押し流しましょう。顎から耳の後ろ、脇の下、鎖骨の下がおすすめです。リンパを流す順番を説明します。
1.顎の下から耳の下まで滑らかに流す
2.耳の後ろ部分はくるくると円を描くように3本の指でマッサージする
3.首の横を通ったら鎖骨を中心から外側に向かって押し流す
4.脇の下も丁寧に流したら、体の下方向に老廃物を流す

紫外線から肌を守るためのポイント

若い時に浴びた紫外線は、年をとったときにシミやシワを引き起こしてしまうかもしれません。美肌の大敵である紫外線から肌を守るために、正しい紫外線対策方法を把握し習慣化させることで身につけておきましょう。

ムラがないように日焼け止めを塗り、こまめに塗り直す

日焼け止めは外出する前に塗る場合が多いですが、一度塗ったら安心ということはありません。汗などによって流れてしまうので、一日に数回こまめに塗り直しましょう。日焼け止めを塗る際にはムラがないようにし、特に日にあたりやすい首まわりや鼻などはしっかりと塗ることを意識してください。

日焼けをしたらクールダウンをし保湿でケア

紫外線を浴びて肌が赤くなる、痛みが出る場合には、まずは患部のクールダウンを行います。保冷剤を薄手のタオルに巻いたり、袋に氷をいれたりしたものをあてて、炎症がおさまるまで冷やしましょう。冷やした後は、化粧水や乳液で十分な保湿をしてください。

一年中紫外線対策をする

夏場は特に紫外線を感じやすいですが、天気や季節に関係なく紫外線は降り注いでいるため、一年を通したケアが必要です。室内外問わず、毎日紫外線対策することをおすすめします。日焼け止めやUVカットの帽子、日傘などさまざまな紫外線対策グッズが販売されていて、気軽に入手できます。うまく活用しながら、紫外線による肌ダメージを防ぎましょう。

正しいスキンケア方法を知ろう

今まで行っていた洗顔やスキンケア方法が間違っていると感じたら、早めに改善する必要があります。正しいスキンケア方法で、肌の手入れを行いましょう。

洗いすぎに注意し、顔全体をしっかり洗う

洗顔の際の洗いすぎは、必要な皮脂まで取ってしまうかもしれないので注意が必要です。しっかりと泡立てて、顔全体につけて優しく洗います。すすぎ残しがないようにぬるま湯で洗い流し、柔らかいタオルで優しく拭きましょう。肌に負担をかけない泡洗顔で、一日の汚れを洗い流してくださいね。

化粧水で保湿と毛穴の引き締めを

スキンケアにおいては保湿が重要です。肌にうるおいがあるとさまざまな肌トラブルを予防でき、毛穴の引き締めにも効果的です。正しいスキンケアの流れは、クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液またはクリームの順番です。化粧水はたっぷりと使用し、優しく肌になじませましょう。さらに、気になる部分のケアをしたい人は、美容液のうち、シワやシミ、ニキビ跡など自分の肌悩みに合った有効成分が配合されている医薬部外品などの製品を選んでください。乳液やクリームは油分が多く、化粧水などで補った水分を保つ役割があります。乾燥が気になりしっかりと油分補給をしたい方は、クリームがおすすめです。乾燥具合や肌の状態、使用感の好みなどで使い分けましょう。

人気の化粧水をチェック!

b.glen(ビーグレン)QuSome ローション

潤いを17時間保つことができた化粧水です。アラントインやエクトイン、発酵ローズハチミツなどの美容液成分により、肌の状態をすこやかにし、理想的な素肌に仕上げてくれます。角層を整える働きがある複数のペプチドが配合され、肌の角層まですみずみまで成分が届きます。そして行き渡ったうるおいを保ちます。肌を暗くみせるくすみ感の原因となる乾燥を防ぎます。敏感肌の人でも使用することができ、少しとろみがありながらもべたつきが少なく伸びが良いのが特徴です。

Editor's Review

まろやかな肌当たりでべたつきなし!スーッとなじんでなめらかに仕上がるところが気に入っています。

好きなところ
・まろやかな肌当たり
・なめらかな仕上がり
・べたつきなし

あまり好きではないところ
・香りが独特

スキンケアアイテムを使った「実感力」や「結果」を重視しているブランドのビーグレンから誕生したQuSomeローションは肌当たりがまろやかな化粧水。 たっぷりのうるおい成分を角層上部だけでなく深部まで届ける工夫がされています 。べたつきのない、しっとりとした仕上がりです。

北口慈子
QuSomeローションは、一見とろみのありそうな化粧水ですが、 水のような軽やかなテクスチャー 。でも肌当たりはまろやかで気持ちいい使い心地。ハンドプレスでしっかりなじませるとしっとりなめらかに仕上がりました。乾燥しやすい部分は重ね付けがおすすめです。
レビューをもっと見る

b.glen(ビーグレン)QuSome ローション

保湿ケア 7日間トライアルセット:1,490円(税込)
公式サイト https://www.bglen.net/products/detail/BLQ1
分類 化粧品
有効成分 -
主な保湿成分 エクトイン
特徴 毛穴 てかり 乾燥 ごわつきなどの美肌ケア
肌タイプ 全肌タイプ
年代 全年代
原材料・成分 水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, エクトイン, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, オリゴペプチド-24, 3-O-エチルアスコルビン酸, アラントイン, ピリドキシンHCl, グルコノバクター/ハチミツ発酵液, フカスセラツスエキス, コレステロール, トコフェロール, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, エチルヘキシルグリセリン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na
b.glen(ビーグレン)QuSome ローションを詳しく見る
すべて見る

美肌を手に入れるために毎日の習慣を大切にしよう

洗顔や日焼け止め対策などは毎日行うので、正しい方法を身につけて肌によいことを積み重ねていきたいですね。日々の何気ない習慣が肌トラブルを引き起こし悪化させる可能性もあるので、自分の肌質に合った正しい知識を把握しましょう。生活習慣を整えて体の内部から綺麗にし、美肌を手に入れましょう。

コスメ・スキンケアに関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

運営会社