シワを改善する化粧品はどれ?おすすめの対策方法とデイリーケアも紹介!

シワを改善する化粧品はどれ?おすすめの対策方法とデイリーケアも紹介!

乾燥小ジワをケアするためには、毎日のお手入れが大切です。化粧水や美容液、クリームなどシワ対策のできるアイテムが数多く販売されていますから、自分に合ったものを選びましょう。シワに効く化粧品には、肌の奥まで届く有効成分が含まれています。とくにシワの気になる目もとと口もとには、専用の化粧品を取り入れてみてはいかがでしょうか。シワケアの効果が認められている化粧品を使うとともに、マッサージで血行を良くして肌の状態を保ちましょう。クレンジングやコットンパックで肌の保湿を心がけ、乾燥させないようにすることも乾燥小ジワの改善につながります。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

シワやほうれい線を改善して肌の状態を良くする化粧品アイテム

女性のシワ改善を目指した化粧品は肌内部に美容成分を浸透させ、保湿力を高めるスキンケアアイテムがラインアップされています。何から試せばよいかお悩みの方は、手持ちの化粧品にシワ改善美容液やクリームをプラスしてみましょう。また「小じわを目立たなくする」「シワを改善する」と明記されているものは、日本香粧品学会の効能評価試験をクリアしていますので、商品を選ぶときに参考にしてください。

(1)化粧水タイプ

シワ対策化粧品は、2017年からドラッグストアなどで販売されるようになりました。当初は美容液やクリームタイプばかりでしたが、2019年10月に日本初の化粧水タイプが登場し、注目されています。「コーセー ルシェリ(LECHERI)薬用リンクルリペアローション」は、日常の何気ない仕草でできる表情ジワケアができる化粧水です。厚労省から認可された有効成分「リンクルナイアシン(ナイアシンアミド)」が、深いシワの元になる細かい表情シワに働きます。化粧水タイプはほかのタイプと比べて安価なのが魅力で、毎日のケアの際にいつもの化粧水代わりに使えます。

(2)美容液・乳液・オイルタイプ

美容液はシワ改善化粧品の中ではよく見られるタイプです。美容成分が肌の奥まで入りやすく、化粧水と混ざると肌により密着します。コクのある乳液やオイルタイプも登場していますので、自分の肌質に合ったタイプを選べます。「ポーラ(PORA)リンクルショットメディカルセラム」は、日本で初めてシワ改善の効能を認定された化粧品です。独自の有効成分「ニールワン」は、肌の水分になじんで真皮まで浸透します。肌のハリを失くしてしまう酵素の働きを抑え、ハリ不足やシワを改善します。

(3)ナイトクリームタイプ

クリームタイプはシワの原因になる乾燥を防ぎ、肌の水分量を高める働きがあります。最近は軽やかなつけ心地の商品も増えていますので、重さやべたつく感触が気になる方にもおすすめできます。「エリクシール(ELIXIR)エンリッチドリンクルクリーム」は、光と熱、酸素に弱い「純粋レチノール」を分解させることなく独自配合した商品。表皮ではヒアルロン酸ができるのを促進し、その奥の角質層(角層)の水分量を増やして乾燥小ジワを改善します。

シワ・小皺に効果のある有効成分は?

医薬部外品が多いシワケアできる化粧品には、各社化粧品ブランドが独自開発した有効成分が含まれており、肌の水分量を増やす、ハリを保つなどの働きがあります。ビタミンB群の一種「ナイアシンアミド」は、肌の血行を良くして代謝を上げます。シワケアに加え、しみを改善する美白効果も期待できます。ポーラの独自成分である「ニールワン」は、4つのアミノ酸誘導体で構成されています。肌内部のコラーゲンを分解する酵素「好中球エラスターゼ」をブロックし、ハリを保ちます。ビタミンAの一種「レチノール」は、資生堂が独自配合に成功した有効成分です。肌表面の水分量を増やし、内部のハリを保つヒアルロン酸を増やす働きがあります。

スキンケアとマッサージでデイリーケアを

シワ改善の化粧品を使うとともに、マッサージを毎日の習慣にしましょう。正しいマッサージ方法で血行がよくなると、スキンケアアイテムの浸透力が上がります。また、老廃物を流すとクマやハリ不足の解消にもつながり、若々しさを保つ効果も期待できます。

(1)目もと目じりのシワ対策

目もとや目じり、涙袋の皮膚は、頬に比べると10分の1ほどの薄さです。そのため細かいシワができやすく、若いうちからシワに悩む方が多い部位です。マッサージの前には蒸しタオルを2〜3分目もとに当てると、血行が良くなってさらに効果的です。指の腹を目の下のくぼみに当て、目頭から目じりへかけて滑らせましょう。目の上部分も同様に行います。目もとをこすってしまわないよう、クリームを使ってから行うとよいでしょう。

(2)口もとのシワ対策

笑いジワや小ジワなどの口もとのシワやほうれい線は、老けて見える原因に。加齢で肌の弾力が低下する、筋肉が落ちることによりシワが深くなることもあります。マッサージの前にはクリームをつけて、肌への刺激を抑えましょう。手のひら全体で頬を持ち上げ、あごからこめかみまで円を描くようにさすります。唇上側を中央から口角まで、下側は口角を上げるように指を滑らせます。最後に耳の下を2秒ほど押し、首すじから鎖骨へ動かして老廃物を流しましょう。

シワ改善に効果がある化粧品で肌の若々しさを保とう

毎日のスキンケアに、シワケアに効果のある化粧品を加えてみましょう。効果が認められている物で日頃からケアを実践し、継続するうちにシワが薄くなる可能性があります。シワ改善化粧品は、効能評価試験をクリアしているものがおすすめ。数ある美容液やクリームなどから、自分の肌質にあったタイプを購入しましょう。

ピックアップ記事

運営会社