ニキビのスキンケア方法を徹底解説!効果的な対策とは?

ニキビのスキンケア方法を徹底解説!効果的な対策とは?

中学生から高校生頃の思春期に多く発症する思春期ニキビと、大人になってからできる大人ニキビでは、できる原因が異なる場合が多いです。ニキビの原因は、過剰な皮脂分泌だけではなく、生活習慣やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどの要因が肌に悪影響を与えることで発生します。ニキビ肌のスキンケアに大切なことは、ニキビができにくい肌環境を整えること。そのために自分に合ったスキンケア化粧品を選び、適切なスキンケアを行う必要があります。ニキビを未然に防ぐ予防対策や効果的なスキンケア方法を実践し、ニキビのないトラブル知らずの肌を目指しましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

ニキビができる原因とは

多種多様な肌トラブルがありますが、中でもニキビで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。ニキビには中学生から高校生あたりに発症する思春期ニキビと、大人にできる大人ニキビがあります。加齢やホルモンバランスの乱れ、ストレス、生活習慣の乱れ、間違ったスキンケアなど、いくつかの要因が複雑に重なり合って肌に影響を与えます。「過剰な皮脂分泌」「毛穴のつまり」「アクネ菌の増殖」などの条件が揃うと、ニキビは発症しやすくなります。

アクネ菌の増殖

ニキビの原因のひとつが、健康な肌にも存在する常在菌であるアクネ菌の増殖です。アクネ菌は栄養分の皮脂を分解する過程で、炎症物質を産生して肌に炎症を起こします。ニキビと間違いやすい症状に肌カビがありますが、こちらはアクネ菌が原因ではなく、マラセチア菌が原因で引き起こされます。

過剰な皮脂分泌

皮脂は肌の乾燥を防ぐ役割を持っていますが、何らかの要因でバリア機能が低下すると、皮脂が過剰に分泌されて、ニキビを発生させてしまうことがあります。皮脂腺が発達している額や鼻周りのTゾーンは、皮脂の分泌が盛んな思春期にニキビができやすい部位として知られています。皮脂はアクネ菌の栄養源なので、ニキビのはじまり(コメド、面ぽう)が作り出される原因となります。

毛穴のつまり

古い角質や過剰分泌された皮脂が毛穴につまることで、ニキビが発生します。毛穴がつまる要因はさまざまありますが、刺激や乾燥などで肌のターンオーバーが乱れると、自然にはがれ落ちるはずの古い角質が残るため角質が厚くなり、皮脂とともに毛穴を塞ぐ原因になります。毛穴の中に皮脂や古い角質が溜まると、ニキビのもととなるコメドが作り出され、その皮脂を栄養としてアクネ菌が繁殖し、炎症や肌荒れが起こります。

ニキビ肌に合ったスキンケア化粧品を選ぶポイント

ニキビ肌には、デパコス、プチプラに関わらず、ニキビ肌用に開発されたスキンケア化粧品の中でもノンコメドジェニックテストが実施されており、実際ニキビ肌の方が使用しても肌トラブルを起こさないという確認テストを行っているものがおすすめです。

肌を潤してくれる高い保湿力がある

大人ニキビに多いのが、頬や口周り、あごなど乾燥しやすいUゾーンへのニキビ。ストレスや睡眠不足などが重なると、肌が乾燥してターンオーバーが乱れてニキビができやすくなります。乾燥肌による大人ニキビには、何よりも保湿が肝心です。保湿剤を選ぶときは、肌に潤いを与えてくれる、セラミドやヒアルロン酸など保湿力の高い成分が含まれた化粧品がおすすめです。

弱酸性で刺激が少ない

ニキビ肌や敏感肌には、できるだけ刺激の少ないスキンケア化粧品を使うことが大前提にあります。アレルギーテスト済みなどの表記があるもの、またアクネ菌が増えにくいpH設定の弱酸性であることもポイントといえます。他にも香料や鉱物油、アルコールなど刺激となる可能性のある成分が含まれている場合は、サンプルやテスターで試したり、パッチテストを行ったりしてから使用しましょう。

必要な皮脂を取りすぎない

バリア機能が低下すると、肌を守るために過剰な皮脂を分泌させるオイリー肌になることがあります。肌のべたつきやテカリが気になるあまり、洗浄力の強すぎる洗顔料を使ったり、1日に何度も洗顔を行ったりなど皮脂ケアを過剰に続けていると、逆に皮脂の分泌を盛んにしてしまい、ニキビができやすい環境を作り出すことになります。洗顔料は適度な洗浄力でマイルドに洗えるものを選んでください。

古い角質を取り除き毛穴のつまりを防ぐ

普通の洗顔料では落としきれない古い角質や毛穴のつまりを防ぐのにおすすめなのが、酵素洗顔。古い角質を除去しクリアな肌に導くタンパク質分解酵素や、皮脂をしっかり除去し毛穴づまりを予防する皮脂分解酵素が入った洗顔料を選ぶといいでしょう。通常の洗顔料よりも肌への負担がかかる場合もあるので、保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲン入りのものを使用してくださいね。

年齢や性別、肌質に合った商品を選ぶ

10代の思春期や大人になってからのニキビ、メンズ用や女性向け化粧品、または混合肌か普通肌かなど、年齢や性別、肌質の違いによってもスキンケア化粧品の選び方は変わってきます。思春期であればTゾーンのニキビ対策に、保湿が行えてさっぱりしたテクスチャのものが向いています。大人であれば、乾燥や毛穴づまり、肌荒れなどを改善するのに効果的な商品を選ぶのが最適です。

ニキビができにくい肌になる!おすすめのスキンケア方法

皮膚のバリア機能を正常にし、ニキビができにくい肌環境に整えるには、正しいスキンケアを行うことが大切です。肌やニキビによくない、間違ったスキンケアをしてしまっていることが多く、日頃あまり意識せずに行っているケアでニキビが改善しない場合は、一度スキンケア方法を見直してみましょう。

メイク時はクレンジングと洗顔料でダブル洗顔

メイクをしたときは、洗顔料だけではメイク汚れがしっかり落としきれず、肌に残ってしまう場合があるため、クレンジング料と洗顔料の二つでダブル洗顔を行うのが正しいスキンケアといえます。できるだけ肌がこすれることがないよう多めのクレンジング料でなじませ、洗顔料はよく泡立ててから優しくぬるま湯で洗い流しましょう。

化粧水、美容液、乳液の順番でしっかり保湿

肌の乾燥や過剰な皮脂、ニキビの悪化、ニキビ跡を防ぐためにも、しっかりと保湿して肌を整えることが先決です。保湿の順番も大切で、洗顔後化粧水で水分を補ったら、美容液、乳液の順でスキンケアを行いましょう。

繰り返すニキビは早めに皮膚科を受診

セルフでのスキンケアや市販のニキビ薬では、なかなかニキビが改善しないときは、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。病院で受けられるニキビ治療には、塗り薬や飲み薬などの投薬治療、ニキビ圧出(コメド)治療、ケミカルピーリングなどがあります。

ニキビを未然に防ぐ!効果的な予防対策

ニキビや肌荒れなど肌トラブルを防ぐためには、正しいスキンケアとともに、ニキビができにくい習慣を心がける必要があります。ニキビ予防に効果的な対策を紹介します。

バランスの取れた食事と質のよい睡眠

日々の食事や睡眠は肌に大きな影響を与えます。暴飲暴食や不規則な生活を続けていると、肌への栄養が不足したり、ターンオーバーが乱れたりすることで、ニキビを悪化させる可能性があります。肌の新陳代謝を促すためにも、バランスの取れた食事と質のよい睡眠を心がけましょう。

上手にストレス発散することも大切

ニキビを予防するにはストレスを溜めないことも重要です。過度なストレスを受けていると、ホルモンバランスや自律神経が乱れ、皮脂分泌を増加させ、肌のバリア機能が低下します。運動や趣味などで適度にストレスを発散させ、心身のリフレッシュを図りましょう。

ニキビ肌に優しい日焼け止めで紫外線対策

皮脂の成分のひとつであるスクワレンが紫外線の影響で酸化すると、ニキビを悪化させることがあります。また紫外線の刺激は肌を乾燥させ、バリア機能の低下も招きます。ニキビ肌に優しい成分を含む日焼け止めをしっかり塗って、予防対策を徹底することが大切です。

ニキビに最適なスキンケア方法でトラブル知らずの肌へ

ニキビを未然に防ぐには、肌質や年齢に合ったスキンケア化粧品を選び、ニキビができないよう予防対策を行う必要があります。またニキビができやすい肌を卒業するためにも、効果的なスキンケア方法を実践し、ニキビのないトラブル知らずの肌を目指しましょう。

ピックアップ記事

運営会社