おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

アメリカの都市一覧 旅行ガイド

アメリカの人気都市

1〜68件を表示 / 全68件

  • ニューヨーク

    全米最大の都市で、経済、文化、芸術など、あらゆる分野の中心地であり、新しいムーブメントの発信地。マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタテンアイランドの5つの行政区からなる。ブロードウェイミュージカル、メトロポリタン美術館、自由の女神像のあるリバティ島、エンパイヤステートビル、セントラルパーク、タイムズスクエアなど、見どころいっぱいの魅力的な町。映画のロケ地巡りや、グルメ、ショッピングなど多岐にわたる面白さにあふれる町だ。 ニューヨークは野球、アメリカンフットボール、バスケット、アイスホッケーのプロリーグのチームがあり、スポーツ観戦もニューヨーク旅行の楽しみ方のひとつ。

  • ロサンゼルス

    カリフォルニア州にある全米有数の世界都市であり、ニューヨークに次ぐ人口を持つ。映画の都・ハリウッド、高級ブランドショップが軒を連ねるビバリーヒルズ、サンタモニカやロングビーチなどのビーチ・リゾート、またディズニーランド、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドなどがロサンゼルスを代表する観光地。そのほかにもエンターテインメント、カルチャー、スポーツ、ファッション、グルメ、ドライブなど、幾通りもの楽しみ方ができるのもこの町の魅力。 ロサンゼルスの主要観光地をまわる、乗り降り自由の観光バスが出ている。コースも多彩で効率よくまわれるので利用すると便利。

  • ラスベガス

    ネバダ州南部のカジノで有名な都市。砂漠の中に町が築かれたため、夏は40℃以上、冬は氷点下になることもある。ストリップ地区にあるホテルに特徴があり楽しめる。「ベラージオ」の噴水ショー、「ミラージュ」の火山、「ルクソール」のスフィンクスやピラミッドなど、まるでホテルそのものがテーマ―パークのよう。またストリップ地区から約3㎞にあるダウンタウン地区では、古き良き時代のラスベガスを見ることができる。ストリップ地区よりもホテルの値段なども安くなっている。 ラスベガス近郊にはグランドキャニオン、モニュメントバレー、ザイオン国立公園など、大自然を満喫できる観光スポットもある。

  • サンフランシスコ

    カリフォルニア州の北部に位置し、太平洋とサンフランシスコ湾と、三方を海に囲まれた坂の多い町。アメリカを代表する都市のひとつでもあり、多くの映画やドラマの舞台にもなった。町の規模がこぢんまりとしているのでまわりやすい。見どころとしては、世界一美しい橋といわれるゴールデンゲートブリッジ、散策だけでも楽しいフィッシャーマンズワーフ、アル・カポネが収容された刑務所で知られるアルカトラズ島、全米で最大といわれるチャイナタウンなどが有名。 また車で1時間ほどのところにカリフォルニアワインの代表的な産地「ナパ・バレー」がある。付近にはカリストガという温泉保養地もあり、泥スパが有名。

  • マイアミ

    フロリダ州の南端にあり、年間を通じて温暖な気候と美しいビーチで知られる国内有数のリゾート地。ヒスパニック系が人口の約6割を占め、市内はスペイン語であふれている。ビスケーン湾沿いにあるショッピングモールのベイサイドマーケットプレイスは、湾内クルーズの拠点にもなっており、海沿いに建つセレブたちの豪邸を海から見学できるアーもある。そのほか白い砂浜にエメラルドグリーンの海が美しいマイアミビーチなどが有名。 フロリダ半島の南端全域に広がる緑豊かなエバーグレーズ国立公園は、世界遺産にも登録されている湿地帯。トレイルがいくつか整備されているが、ワニの生息地をボートで探検するツアーもある。

  • ボストン

    東海岸北部のマサチューセッツ州にあり、17世紀にイングランドの清教徒によって築かれた、アメリカで最も古い歴史を持つ都市。町がコンパクトにまとまっているので、主な見どころへのアクセスには便利。特にフリーダムトレイルと呼ばれる赤いラインが塗られた通り沿いに歩けば、歴史的な観光スポット16か所をまわることができる。そのほか、浮世絵のコレクションで知られるボストン美術館や、ステンドグラスが美しいトリニティ教会なども見どころ。 アメリカ最古の大学といわれるハーバード大学には、学生が校内を案内してくれるキャンパスツアーがあり、歴史的な建造物などを、効率よく見学できる。

  • シカゴ

    イリノイ州にあり、ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐアメリカ第3の都市。ダウンタウンにそびえる摩天楼が有名。全米で最も高いビル「ウィリスタワー」の103階には、全面ガラス張りのスリリングな展望室「ザ・レッジ」がある。主な観光地へは公共の交通機関を利用して行ける距離にある。見どころは、市民の憩いの場として愛されているミレニアムパーク、ファミリーで楽しめるネイビーピア、シカゴ美術館をはじめとする博物館・ギャラリー、ミシガン湖など。 またシカゴといえば、ジャズとブルースの町。シカゴで一番古い店「キングストンマインズ」などクラブやバーで本場の音楽に浸ってみては。

  • オーランド

    フロリダ州オレンジ郡にある全米屈指の観光都市。ウォルト・ディズニー・ワールド、ユニバーサル・オーランド・リゾート、世界最大のマリンパーク「シーワールド」などがあり、テーマパーク都市として知られる。また近郊にはケネディ宇宙センターもあり、人気のスポット。ビーチが近いのでサーフィンなどのマリンスポーツのアクティビティが豊富なほか、ゴルフ場も多数。ショッピングセンターやアウトレットモールでのショッピングも楽しめる。 オーランドには開発されてない大自然も残されている。自然保護区が多数あり、300を超える湖があるといわれている。

  • ワシントンD.C.

    アメリカの首都であるが、どの州にも属さない政府直轄の地区となっている。町の中心部・ナショナルモールと呼ばれる国立公園が観光の中心エリアで、高さ169mのワシントン記念塔がある。上部は展望台になっており、町の全体が見渡せる。そのほか、大きなドームが印象的な白亜の国会議事堂や、イタリア・ルネッサンス様式で造られた議会図書館、世界的にもトップクラスの展示内容を誇るスミソニアン協会などがある。ホワイトハウスにも歩いて行ける。 スミソニアン協会の美術館・博物館はすべて入場無料。世界的なコレクションで有名な美術館から自然史博物館、アメリカ歴史博物館、宇宙博物館、アメリカインディアン博物館など様々ある。

  • フィラデルフィア

    ペンシルベニア州最大の都市で、18世紀にイギリスの支配下から独立を宣言したアメリカ誕生の地であり、ワシントンDC以前に、一時期首都にもなった。インディペンデンス国立歴史公園には、建国にまつわる史跡が多数見られる。主な見どころは独立宣言が採択された独立記念館(1979年に世界遺産に登録)、独立宣言の際に鳴らされた「自由の鐘」など。また美術館・博物館が多数あり、特にフィラデルフィア美術館は全米屈指といわれている。 そのほかの見どころは、初めて星条旗が作られた「ベッツィ・ロスの家」や、アメリカ最古の住宅街といわれ、石畳の趣きある街並みの「エルフレスト小径」など。

  • シアトル

    アメリカ西海岸の最北端に位置するワシントン州最大の都市。近郊には世界遺産に登録されているオリンピック国立公園のほか、マウントレーニエ、ノースカスケードなど、雄大な大自然が広がっている。主な見どころへは移動しやすい距離にあり便利。万国博覧会跡地のシアトルセンターにあるスペースニードルや、ウオーターフロントにある水族館、ダウンタウンにあるショッピングモールのウエストレイクセンターなどが有名。またシアトル観光で一番人気のパイクプレイスマーケットには、スターバックス1号店があり多くの観光客が訪れる。 ワシントン州はカナダと国境を接しているので、日帰り旅行のツアーなども出ている。

  • アトランタ

    フロリダの北にあるジョージア州アトランタは、アメリカ南部を代表する商業・経済都市として知られる。主な観光スポットとしては、世界最大規模を誇る水族館のジョージア水族館、アメリカ公民権運動の父・マーチン・ルーサー・キングJrの足跡をたどるキング牧師歴史記念地区、「風と共に去りぬ」の作者、マーガレット・ミッチェルの記念館、南北戦争のアトランタの戦いの様子を今に伝えるサイクロラマなどが人気。 ダウンタウンから車で30分ほどのところに、アトランタで最大の観光地、ストーンマウンテンがある。標高513mで世界最大の花崗岩の一枚岩からなり、中腹にはレリーフも。山頂へはロープウェイがある。

  • ポートランド(オレゴン州)

    アメリカのオレゴン州にあるポートランドは、アメリカの太平洋沿岸部でも有数の人口を誇る都市です。一年を通して比較的安定した気候が特徴であり、冬でもそれほど気温が低くならない傾向にあります。街の中心部をウィラメット川が流れ、コロンビア川も近くに存在するなど水資源が豊富であり、かつては巨大な港湾都市としても発展していました。代表的な観光スポットはワシントン・パークであり、博物館や動物園、植物園などが設置された複合型のスポット。他にはサタデーマーケットと呼ばれるアメリカトップレベルの規模を誇る野外マーケットもおすすめで、手作りのアクセサリーや雑貨などを手に入れられます。アメリカの中でも治安や環境の状態がよく、住みたい都市としてもよく名前が挙がるのがポートランドです。

  • サンディエゴ

    カリフォルニア州にあり、ロサンゼルスから南へ160㎞のメキシコとの国境に接する都市。かつてスペイン領・メキシコ領であったことから、地名や通りの名前にスペイン語が多数使われている。ダウンタウンにあるバルボア公園は1200エーカーの敷地に美術館や動物園、劇場、レストランなど様々な施設がある観光スポット。敷地内にあるサンディエゴ動物園は世界的に知られており、800種4000頭もの動物が生息している。またサンディエゴ発祥の地といわれるオールドタウンも人気。 サンディエゴは美しいビーチリゾートでも知られ、サーフィン、クルージング、パラグライダー、ホエールウオッチングなどが楽しめる。

  • キーウエスト

    キーウェストはフロリダ・キーズ諸島の西端のキーウェスト島に位置し、アメリカ合衆国フロリダ州モンロー郡に位置する都市です。ハワイ州とアラスカ州を除いたアメリカ合衆国本土48州の中で最南端の都市となっています。地名の由来ですが、この島で人骨が発見されたことから、人骨の島をスペイン語でカヨ・ウェソと言い、これが英語化の家庭で変化した結果キーウェストとなったとされています。キーウェストで最も有名な場所と言われているセブンマイルブリッジは、フロリダ半島の南端からキーウェストを結ぶ、オーシャンズ・ハイウェイにある42の橋の中で最長の国道です。大海原にかかる長い橋の上のドライブは爽快感があり、現地の人々にも観光スポットとしてもとても有名な場所となっています。

  • グランドキャニオン周辺

    アリゾナ州にあるコロラド川の浸食により削られた渓谷が、幅約6~29㎞、長さ約446㎞に渡って広がる。地球そのものを感じさせてくれるダイナミックな景観が見るものを圧倒する。特に朝日と夕陽の時間が最も美しいといわれる。コロラド川で隔てた南側をサウスリム、北側をノースリムと呼び、観光拠点のサウスリムからのアプローチが一般的。見学ツアーが多数出ており、日帰りや1泊2日のコースなど様々あるので利用するほうがいい。 グランドキャニオンにも多数のトレイルがあり、下りるにしたがって変わっていく景色が楽しめる。またラフティングで渓谷を下るツアーも人気が高い。

  • アナハイム

    カリフォルニア州オレンジ郡にあるアナハイムは、ロサンゼルスから45㎞ほどの距離にありディズニーランドのホームグラウンドとして知られる。すぐそばにはスヌーピーでおなじみのナッツベリーファームも。町の西側は太平洋に面しており、サーフィンで有名なハンティントンビーチなど美しいビーチがいくつも連なっている。そのほかショッピングやゴルフなどアクティビティも豊富 南カリフォルニアの海岸から35㎞の距離にあるカタリナ島は、コバルトブルーの海に囲まれたリゾート地。ダイビングやシュノーケリングなどマリンスポーツが楽しめるほか、グラスボートででの見学ツアーも出ている。

  • セドナ

    アリゾナ州にあり、古くからネイティブアメリカンの聖地とされてきた場所。ヴォルテックスと呼ばれる大地のエネルギーが集まるパワースポットやスピリチュアルな場所が数多く点在する。真っ赤な岩山が広がる景観から「レッド・ロック・カントリー」と呼ばれ、小川や緑にあふれる豊かな自然に囲まれている。この町に惹かれたくさんのアーティストが移り住んでいる。ギャラリーやショップが集まる「トラキパキ」では、多彩なアート作品と触れ合える。 主な見どころは、ベルロック、カセドラルロックなどのヴォルテックスや、トレイルを楽しめるオーククリークキャニオンなど。また町の中心部・アップタウンセドナでの町歩きも楽しい。

  • イエローストーン国立公園周辺

    ワイオミング州、アイダホ州、モンタナ州にまたがり、大自然の美しさと野生動物の保護を目的に1872年に世界で最初の国立公園に指定された。数えきれないほどの温泉や間欠泉が有名なほか、100余りといわれる滝、湖や川などに加え、野生動物と植物の宝庫。最も有名な虹色の泉「グランド・プリズマティック・スプリング」や、イエローストーンのシンボル「オールドフェイスフル間欠泉」、モーニンググローリーなどが人気。ベストシーズンは6月から9月。 イエローストーンの付近には様々な国立公園があり、なかでもグランドティトン国立公園はアメリカの国立公園の中でも一番美しい公園といわれている。

  • ニューオーリンズ

    ルイジアナ州南部の都市。18世紀にはフランスとスペインの植民地となる。フレンチクオーターと呼ばれる歴史地区には当時の街並みが残されており、現在でも文化の中心地となっている。一番の観光名所は、夜のバーボンストリート。ニューオーリンズはジャズとブルースの町であり、ライブハウスやバーなどの名店が並ぶ。「プリザベーションホール」が最も有名なジャズの店。そのほかアメリカ最古といわれるセントルイス大聖堂や、世界的に知られるカーニバル「マルディグラ」でも有名。 ニューオーリンズでは伝統料理のケイジャン料理やクレオール料理も楽しめる。「ジャンバラヤ」や、トマトがベースのスープ「ガンボ」などが代表的。

  • オースティン

    アメリカ合衆国テキサス州中央部にあるオースティンは、テキサス州の州都、都市圏人口はダラス、ヒューストン、サンアントに次いで多い947,890 人(2016年)。オースティンには様々な観光スポットがありますが、特に音楽が有名で、「世界のライブ音楽の首都」と言われているほど。ロックやカントリー、ブルースなどの音楽家が集うコンチネンタルクラブは必見です。アン・リチャーズ・コングレスアベニュ―橋から見えるコウモリ飛行は、有名観光スポットの一つ。150万匹もの無数のコウモリが飛行する姿を見る為に、特にベストシーズンの8月には、橋の上に多くの人々が列をなします。ダウンタウンの大規模なジルカー公園では、走る、泳ぐ、カヌーなどのアクティビティを楽しめる他、アウラウフ彫刻ガーデンや植物園などの芸術にも浸れる人気の観光スポットです。美しく歴史ある建造物であるテキサス州議会議事堂は、国定歴史建造物に指定されています。オースティンは、自然と歴史、芸術、音楽と様々な楽しみ方のできる街です。

  • ヨセミテ国立公園周辺

    カリフォルニア州の中東部、シェラネバダ山脈に広がる自然公園で、世界的に最も有名な国立公園の一つである。4000m級の山々、1000mの絶壁、巨大な滝、裾野に広がる草原、深い森林と美しい小川は、グランドキャニオンと並んで最も人気が高い。人工物を全て入れても全面積の9割は全く手つかずの大自然がそのまま保存されている。 ヨセミテ渓谷が一望出来るトンネルビュー、世界最大の1枚岩エルキャピタン、ヨセミテのシンボル的存在である巨大な岩壁ハーフドームは外せない名勝である。合計1,200kmにも及ぶ数多くのハイキング・コースを歩くと更にその美しさを感じる。また四季それぞれに違った美しさがあり、何度も訪れてみたい場所である。

  • ヒューストン

    アメリカ合衆国テキサス州南東部にある、人口2,099,451人(2010年現在)、テキサス州で最大、全米で4番目の大都市です。石油工業と港湾都市として急激に発展しましたが、近年は、アメリカ航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センターやテキサス医療センターで知られています。大企業の本社数が、ニューヨークの次に多く、米国南部の経済・産業の中枢都市となっています。ユナイテッド航空のハブ空港「ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港」は交通の要衝となっていて、領事館も置く世界都市でもあります。文化・芸術活動を行う施設も200以上あり、オペラ、バレエ、クラシック音楽、演劇すべての演技芸術が揃っており、ブロードウェイミュージカルの公演も行われています。受賞歴のあるレストランや人気店なども集まっていて、観光客や移住者を魅了します。観光スポットとして一番人気なのは、NASAが設立した宇宙センター「スペース・センター・ヒューストン」で、本物の宇宙船などを見学できます。

  • アラスカ

    アメリカ最北端にある州で、人口の約半分がアンカレッジの都市部に住んでいる。州の3分の1は北極圏で、9月には雪が降り、長く厳しい冬が続く。最も有名なのはオーロラ観測。特にフェアバンクスは北半球で最も明るく見えることで知られる。春から秋にはハイキングやキャンプなど、大自然の素晴らしさを体験できるアクティビティが豊富。またカヌー&カヤック、フィッシング、冬場のスキーなど、季節を問わずアラスカならではの楽しみ方ができる。 その他の見どころは、マッキンリーを含むデナリ国立公園、プリンスウィリアムス湾の大氷河、スキーリゾートのアリエスカなど。

  • フェアバンクス

    アラスカ州第2の都市。北極圏から南へ約160㎞にあり、冬は気温が50℃を下回ることもある。夏は白夜、秋から春にかけてはオーロラが見れることで有名。特にフェアバンクスでは北半球で最も明るいオーロラが見られるので研究機関もあるほど。ダウンタウンの主な観光スポットは、1904年に建造のイマキュリッツ・コンセプション教会や、氷の彫刻博物館など。短い秋には木々が黄金色に彩られるが、9月下旬には雪の季節となる。冬には観光スポットが閉鎖されることが多いので注意を。 そのほかフライトシーイング、リバーフィッシング、夏期のカヌー&カヤックツアー、ゴルフ、冬季のスキー、犬ぞり体験、アイスフィッシングなど楽しめる。

  • サンタモニカ

    カリフォルニア州ロサンゼルスの西部にあり、海側に面した都市。年間の平均晴天日数が325日と気候的に過ごしやすいのが特徴で、西海岸のビーチを中心としたリゾートエリアとなっています。約3マイル(4.8km)に渡るサンタモニカビーチは数あるロサンゼルスのビーチの中でも世界的に有名。人気観光スポットは、ビーチに突き出した桟橋の「サンタモニカ・ピア」とその上にある遊園地「パシフィック・パーク」「サンタモニカ水族館」など。「パシフィック・パーク」には、海に飛び出してしまいそうな人気アトラクションのローラーコースターがあります。遊園地の入園料は無料で、乗り物に乗る際に料金を支払うシステム。また、同市内には有名ブランドショップやカジュアルなファッションブティック等が点在しており、ショッピングを楽しむ人で賑わっています。

  • デンバー

    アメリカ合衆国コロラド州中北部にある都市。コロラド州の州都であり政治、経済、文化の中枢として機能、人口は州で最大の600,158人(2010年現在)。州議事堂の金箔張りのドームは、デンバーのシンボルとなっていますが、1958年に金鉱を発見した鉱山師一隊が創設した町であることを物語っています、ダウンタウンにはレストランやショップが軒を連ね多くの人で賑わっています。高層ビルが建ち並ぶ大都市でありながら、オールドウエスタンの面影も残っていて、西方にはロッキー山脈が連なり、山や川、4つの国立公園で囲まれています。デンバーは美しく整然とした街で、16番ストリートモールのショッピング街を中心に、通りが基盤の目のように広がっています。高級住宅地チェリークリークには個性的なお店が建ち並び、散策を楽しめるエリア。2005年に造られたコロラドコンベンションセンターの青い熊は、デンバーのアイコンとなり、ブルーベアの限定品が販売されています。文化や芸術の都市でもあり、「デンバー美術館」や9000席を誇る半円形劇場「レッドロック野外劇場」などもあります。

  • ダラス

    ダラスは、テキサス州北部にあるアメリカ合衆国南部では有数の世界都市。面積1,000㎢の土地に、人口1,317,929 人(2016年現在)が住み、テキサス州ではヒューストン、サンアントの次に人口の多い都市です。エルム川とウェスト川の合流地域に位置することで、古くより交通の拠点として発展、ダラス・フォートワース空港やアメリカ全土を走るアムトラックのダラス・ユニオン駅もあり、現在も経済や金融の中枢として機能しています。ダラスには、電車や路面電車も走っており、交通の便利も良い街。人気の観光スポットには、公衆の目前で暗殺されたケネディ大統領に関係する博物館「The Sixth Floor Museum」や、動物園と西部アメリカの雰囲気が見事に調和した「ダラス動物園」、ダラスを一望できる展望台のある「Reunion Tower」、スリリング系アトラクションを楽しめる「Zero Gravity Thrill Amusement Park Dallas」、ダラス市民の憩いの場「ホワイトロック湖」などがあります。歴史的名所から家族で楽しめる施設まで、様々な観光スポットのあるダラスですが、豪快なステーキなどの名物グルメも味わってみたいウエスタンな雰囲気の漂う街です。

  • サンアントニオ

    アメリカ合衆国テキサス州の西部にある、人口1,436,697人(2014年現在)、面積1067.3㎢(市域)の都市。数々のショピングモール、高級ブティック、アメリカ最大のメキシカンマーケットを擁する国内有数のショッピングスポットとしても有名、毎年約2千万人の観光客が訪れる全米有数の国際都市でもあります。観光スポットとしては、風光明媚なリバーウォークが人気。全長24kmにもおよぶリバーウォークの日陰の小道は、何百軒にもおよぶお店やレストラン、博物館、ホテル、史跡、アトラクションなどを繋ぎ、グルメにワイン、ライブ音楽などを楽しめるイベントやフェステバルも毎年多数開催されています。アメリカ人にとって一番人気のスポットはダウンタウン中心部にある「アラモ砦」。テキサス共和国独立戦争の際の舞台となった場所で、現在は史跡として残っており、ユネスコの世界遺産に指定されています。

  • アンカレッジ

    アラスカ州にある同州最大の都市で、州の3分の1が北極圏。アメリカ先住民エスキモーなどによって拓かれ、現在も人口の約1割を先住民が占めている。冬には雪と氷に閉ざされるが、春から夏には緑あるれ、秋には木々が美しく色づく。一番の人気は氷河見学。そのほかハイキング、キャンプ、リバーフィッシング、カヤック、キャンプ、ラフティング、ロッククライミング、冬ならアイスクライミングやクロスカントリースキー、ヘリスキーなど、アウトドアスポーツやエコツアーが存分に楽しめる。 またアンカレッジでもオーロラを見ることができる。オーロラが出た時にはホテルが電話で教えてくれるサービスもあるので、ぜひ利用したい。

  • ソルトレイクシティ

    アメリカのユタ州の州都であるソルトレイクシティは、19万人ほどの人口を抱える周辺最大の都市として発展しています。いわゆるモルモン教によって造られた都市であり、山や荒野などに囲まれた地理的に厳しい環境の中で開発が進められてきました。代表的な観光スポットとしてはまずテンプル・スクエアがあり、迫力あるソルトレイク神殿をはじめモルモン教の中心的な施設が存在するスポットであり、信者以外でも巨大なパイプオルガンや礼拝堂などの見学ができます。グレート・ソルトレイク州立公園も広く知られており、塩分濃度が高くプカプカと浮くことができる塩湖などが存在。ショッピングや食事を楽しめる商業施設も豊富に存在し、映画館なども含めた複合型のショッピングモールなども整備されています。

  • ナパ

    ナパはカリフォルニア州ナパ群の郡庁所在地で、こちらはカリフォルニアワインの一大生産地として有名です。中心地〜約50km離れた北のカリストガまで縦長に広がる盆地一帯がブドウ畑で埋め尽くされ、「オーパス・ワン」などの大小400ものワイナリーが点在し、日本からは、ワイン愛好家向けに「ワイナリーツアー」といったものもあります。観光名物としても人気の「ナパバレー・ワイントレイン」は、100年近く前に造られたレトロな車両に乗ってワインとカリフォルニア料理を楽しめる観光列車で、ワイントレインの駅構内の直営のストアでは、ナパのワイナリーの有名なワインが購入可能です。ワイン以外でも、この地では熱気球・ゴルフ・ハイキング・サイクリングなどのアクティビティを楽しめます。また、北のカリストガは天然温泉が湧くことで有名で、数多くのスパやリゾートホテルがあります。

  • ページ

    アリゾナ州北部、ユタ州との国境に接する町。パウエル湖を中心としたグランドサークルの観光拠点になっており、夏には多くの観光客が訪れる。付近には最大の見どころであるアンテロープキャニオンがある。ナバホの言葉で「水が岩を流れる場所」という意味の「ツェー・ビガニリニ」とも呼ばれるアッパーアンテロープキャニオンが観光の目玉。柔らかい砂岩が鉄砲水や風などによる浸食を受け、独特の美しい景観を作り出したスロットキャニオンで、太陽の位置が高い夏には、光線が上から差し込む幻想的な風景が見られる。

  • グランドティトン国立公園周辺

    グランドティトン国立公園周辺はアメリカ合衆国の国立公園であり、ワイオミング州西部、イエローストーン国立公園の南に位置しています。公園の名前の由来ですが、ティトン山脈の最高峰であるグランド・ティトンに因んで名付けられました。1929年に国立公園に指定され、山や森や湖の美しい景色が広がっており、アメリカにある59の公園の中でも最も美しい公園であると言われています。グランドティトン国立公園には300kmの道があり、ハイカーで公園を楽しむことができる他、グロサリーストア、ビジターセンター、博物館、マリーナ、郵便局など様々な見どころがあり、数多くの野生動物が生息しているなど、観光客に大変人気のある場所となっています。

  • ボルチモア

    アメリカのメリーランド州にあるボルチモアは、チェサピーク湾に近く古くから港湾都市として発達してきた地域です。人口はここ最近は減少傾向にあり、65万人弱が生活しています。アメリカの都市の中では長い歴史を有しており、漁業や工業、貿易などが盛んに行われてきた一方で南北戦争が繰り広げられアメリカの国歌や国旗などが誕生した地とも。一時衰退しながらも再開発によって復興し、商業施設をはじめ様々な娯楽施設などが設置されています。代表的な観光スポットとしてはボルチモア国立水族館があり、大きな施設と膨大な量の展示が特徴で子供から大人まで楽しく遊べます。フェルズポイントと呼ばれるエリアでは17世紀ごろの風景が残されており、歴史を感じながらカフェでお茶したりパブでお酒を飲んだりできます。

  • モーアブ

    アメリカのユタ州にあるモーアブは、アリゾナ州から近い位置にあるグランド郡の郡都として設置されている都市です。乾燥気候に属しており、夏には気温が非常に高くなり冬には氷点下になることもある年間での気温差の激しさに特徴があります。ロッキー山脈やユタ山脈などに囲まれた高原に位置しており、街の周辺には荒野や岩山が広がっています。代表的な観光スポットとしてはアーチーズ国立公園やキャニオンランズ国立公園があり、荒野が作り出す景色を求めて多くの観光客が訪れます。アウトドアアクティビティが盛んな地域でもあり、マウンテンバイクやオフロード車など乗り物に乗る人たちにとっても人気。人口はあまり多くありませんが、古くから映画の中で多く使用されてきた歴史を持っています。

  • ツーソン

    ツーソンはグランドキャニオンのあるアリゾナ州の南部の都市で、メキシコ国境に近い砂漠地帯の街です。アリゾナ州第2の都市で、全米有数の州立総合大学「アリゾナ大学」があり、学術都市となっています。砂漠特有の気候が特徴で、常に乾燥しており、夏は暑く、40℃を超えることも頻繁にありますが、湿気がないぶん、日本の真夏より過ごしやすいという声も聞かれます。西部劇に象徴される背の高いサボテンの景色が有名で、10mを越えるサワロサボテンが街のいたる所にあります。郊外には、視界いっぱいにサボテンの景色が広がり、サワロサボテンの森の中をドライブできる「サワロ国立公園」があり、観光スポットとして人気です。市内には120の専門店・レストラン・映画館などが入る大型ショッピングモールの「パークプレイスモール」があり、ゆっくりショッピングを楽しむのにも適しています。

  • トロピック

    トロピックはユタ州・ブライスキャニオン国立公園の東側にある小さな街で、この街には、ブライスキャニオン国立公園の観光向けの宿泊施設がいくつかあります。周辺の観光スポットといえばやはりこの国立公園で、標高2,700mを超える高原から見下ろす圧巻の景色と息を呑むような大自然の造形とが圧倒的なスケールを誇り、年間150万人の観光客が訪れる人気の地となっています。長い年月の侵食によって形成された「土柱」と呼ばれる独特の形状をした岩、自然にできた空洞の「ナチュラル・ブリッジ」などが広がる風景のなかに野生のミュールジカなどの動物が現れる壮大な環境で、トレッキングを楽しめます。この国立公園には、1日で歩いて回れるように道標を設けた8つのハイキングコースが用意されています。キャンプ場もあり、泊りがけでハイキングを楽しむことも可能です。

  • ハリケーン

    ハリケーンはユタ州の南部に位置する町です。年間を通じて乾燥気味のこの土地は、夏の平均最高気温が32℃程度、真冬はマイナス1℃程度になります。20マイル程離れたところに壮大な岸壁と美しい峡谷の地形を望む人気観光地の「ザイオン国立公園」があります。車で30分程のハリケーンの街には、「クオリティ・イン・ザイオン」など、同国立公園を訪れる旅行者向けの宿泊施設がいくつかあり、観光名所となっています。アメリカ国内でグランドキャニオン国立公園に次いで人気の高いこちらでは、大自然の侵食による壮大な風景の中、ハイキング・登山・ロッククライミング・バードウォッチングなどを楽しめます。ハイキング用のトレイルには、往復30分の短いルートから一日がかりのルートまで7種類が用意されています。ザイオン(聖域)の名にふさわしく、辺りには圧巻の自然が広がります。

  • インディオ

    インディオはアメリカ合衆国の都市であり、南カリフォルニアの砂漠地帯に位置しています。人口は約4万9116人で、インディオという地名はスペイン語のインディアンが由来となっています。南カリフォルニアの重要な農業地であり、椰子の木が大生産されている地でもあります。1999年からコアチェヤバレー音楽・芸術祭が開催されている他、熱気球、アート、フードなどの様々なフェスティバル(祝祭)が毎年開催されているため、フェスティバルの町と呼ばれています。インディオは他の地域からも多くの転入者がおり、人口は2005年に6万5000人に達し、その後も増加し続けている成長速度の速い都市となっています。

  • カールスバッド

    カールスバッドは太平洋岸にあり、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ郡北部にあるリゾート都市です。人口は2010年で10万5328人と、2000年から36.4%の増加で大幅に成長しています。高い資産価値や家庭収入中央値、教育レベルにより、アメリカ合衆国で最も裕福な社会に属しています。また、人口密度の低さや繁盛する商業部門など様々な要因から生活水準も高くなっています。レゴランド、花畑、いちご狩りなど様々な観光スポットがあり、中でも有名な観光地アウトレットストアではコーチやラルフローレンなどの多くの有名ブランドが入っており、外国人や現地の人々にも大変人気があります。

  • フォートローダーデール

    アメリカ合衆国フロリダ州南東部、マイアミから北に約40kmに位置する保養都市、フォートローダーデール。ブロワード群では最大の都市で、郡庁所在地となっています。のんびりした雰囲気の洗練された海辺の美しい町は、アメリカのベニスとも呼ばれ、運河沿いにはセレブリティ層の別荘が建ち並んでいます。美しいビーチとヤシの木は多くの観光客を魅了しています。全長37kmにもおよぶ海岸線には、独特な雰囲気を持つ8つの街があり、素晴らしいビーチを楽しめます。エバーグレーズの草の川に行けば、ワニの観察ができますし、世界最大のバタフライワールドもあり、自然を満喫できます。美術館や劇場などもあり、アートに触れられます。シーフードなどグルメも外せません。世界最大規模のデザイアナー・アウトレット・モールの「ソーグラスミルス」からスタートして、サックス・フィフス・アベニュー、水上タクシーに乗ってガレリアモールへ移動すれば高級ブランドショップ巡りを満喫できます。カジノなどナイトライフも充実、たっぷり楽しめるエリア。

  • インディアナポリス

    アメリカ合衆国インディアナ州の中央部にあるインディアナポリスは、インディアナ州の州都で、政治や経済、文化、交通の中枢都市です。945.6㎢の広い市域には、インディアナ州で最多の人口864,771人(2016年現在)が住んでいます。世界最大のサーキット施設インディアナポリスモータースピードウェイで開催されるアメリカの三大レースの一つ「インディ500」で有名です。また、歴史や文化、自然の魅力もあふれる街で、インディアナポリス美術館やインディアナ州立博物館では、歴史やアートに触れながらゆっくり過ごすことができます。アウトドア派には、フォートハリソン州立公園での川下りや、イーグルクリーク公園のハイキングコースがおすすめです。世界最古の子供博物館や動物園もあり、家族連れも楽しめます。夏には、ホワイトリバー州立公園で様々なコンサートやフェスティバルが開催されます。歴史あるクラウンヒル墓地からは街のパノラマを見られます。インディアナポリスは、いつ訪れても素晴らしい街ですが、カーレースやフェスティバルが開催される夏が一番賑わいを見せます。

  • ストーン・マウンテン

    ストーン・マウンテンとは、ジョージア州のアトランタ東郊にある、世界最大の花崗岩の一枚岩から成る山で、円周およそ8km、周囲からの高さは251mで、3億年前のマグマ活動によって出来たと言われています。この岩山を囲むようにストーン・マウンテン・パークがあり、敷地には、頂上まで登れるトレイル・ロープウェイ・湖・ゴルフコース・キャンプ場・ホテル・博物館・レストランなどがあります。岩の表面には、南北戦争で活躍した3人の司令官、デービス将軍・リー将軍・ジャクソン将軍のレリーフが刻まれています。標高512mの岩山の頂上からは、アトランタのダウンタウンとミッドタウンを眼下に望むことができます。パーク内には、映画「風と共に去りぬ」を彷彿させるようなプランテーション農園と建物や施設などが多く移築されてあり、見学が可能で、当時の様子を垣間見られます。

  • セレブレーション

    セレブレーションとはフロリダにある「ディズニーワールド」の南方へ車で約10分の場所にある、ディズニーによって1994年に創られた街を指します。「ディズニーワールド」はテーマパークですが、こちらには実際に学校やオフィスなどが存在し、住人たちが暮らしています。都市の中央に水路と並木からなるウォーターストリートがあり、その北側に公共のゴルフ場、反対側にタウンセンターと湖とが配置されています。TND(伝統的近隣住区開発)の代表的な例で、1940年頃のアメリカに存在していたコミュニティの良さを現代の都市に組み込んだ街創りを実現しています。例として、街には信号がなく、車はゆっくりした速度で走行。ベンチやロッキングチェアなどがあちこちに置かれ、子供が遊べるスペースやスケートリンクを設置するなど、住民にとって過ごしやすい雰囲気に満ちています。

  • メキシカン・ハット

    アメリカのアリゾナ州にあり、モニュメントバレーに属しているメキシカン・ハットは、メキシコ人が被る帽子の形に似た岩山が存在することから地名がつけられた街です。西部劇に出てくるような荒野が広がっており、馬にのって巡るツアーなども行われています。代表的な観光スポットとしてはグースネック州立公園があり、コロラド川の支流が流れている様子を眺めることができます。名前の通りガチョウの頭のような形をしていてくねくねと蛇行する岩の様子は圧巻で、ダイビングなども行うことができます。人気の観光地として年間を通して多くの人が訪れるスポットであり、映画の舞台として撮影が行われることも。あまり大きな街ではありませんが、宿泊施設などもいくつか用意されています。

  • パサデナ

    パサデナはカリフォルニア州ロサンゼルスにある小さな都市で、ロサンゼルス北東に隣接する高級エリアです。カリフォルニア工科大学などの学術機関の所在地でもあります。ロサンゼルスに隣接しながらも、ダウンタウンやハリウッドとは違って落ち着いた雰囲気が漂い、「オールドタウン」と呼ばれる通り街並みが綺麗で治安も割合良いようです。街にはおしゃれなカフェやレストランが多く、ヨーロッパの14世紀以降の作品・アジアの仏像・モダンアート・ピカソの作品などを展示する「ノートンサイモン美術館」などの文化施設もあります。観光の中心は「オールドパサデナ」と呼ばれる地域。その中のコロラドブルーバード沿いにはアパレルショップなど数々の店が点在し、「ザ・チーズケーキファクトリー」などのレストランがあります。他、アメリカの歴史的建造物指定の1927年の建造による「シティーホール」は必見です。

  • フェニックス

    アメリカのアリゾナ州の州都であるフェニックスは、砂漠地帯の中に開発された人工的な都市です。一年を通して気温が高く、降水量が少なく乾燥した気候が特徴。人口は150万人程度で人口密度が高い傾向にあります。電力の供給、半導体産業、観光などが盛んで多様な面を持つ都市として知られています。代表的な観光スポットとしては砂漠植物園があり、砂漠の植物であるサボテンをはじめ周辺地域で見られる多くの植物を目にすることが可能。ラクダのコブのように見えるキャメルバックマウンテンも人気であり、登頂するとフェニックスの景色を一望できます。市街地はビルが立ち並ぶ繁華街であり、ショッピングや食事などが楽しめる一方、国立公園の数も豊富で豊かな自然と触れ合えるという観光にぴったりの性質を持っています。

  • キシミー

    アメリカ合衆国フロリダ州オセオラ群にあるキミシーは、人口59,682人(2010年現在)の都市、オセオラ群の県庁所在地です。キミシーは、オーランド国際空港から25分の距離にあり、ウォールトディズニーワールドへも車で数分、自然と人工的施設の魅力に溢れた街です。何百軒もの別荘やリゾートホテルがあり、近隣には名物のアトラクションも充実していて、ホリデーを楽しむのにぴったり。テーマパーク「ファンスポットアメリカ」は家族連れに大人気で、ジェットコースターやゴーカート、子供用の乗り物があります。ワイルド・フロリダ・エアボート&ゲーターパークでは、エアボートツアーに参加して、ワニや七面鳥など野生の動物に出会うことができます。自然の中で様々なアクティビティを楽しめるのがキシミーの魅力です。開拓時代の暮らしを垣間見れるオスセオラ郡歴史協会や美しい公園など見どころ満載、ショッピングも楽しめる街です。

  • ムキルテオ

    アメリカのワシントン州にあるムキルテオは、人口2万人ほどの小さな都市です。気候は比較的穏やかで、夏でも気温が上がりすぎず快適に過ごすことができます。ピュージェット湾の湾岸にあり、ボーイング社の工場が置かれていることでも有名な都市のエバレットの南に位置しています。ムキルテオにはボーイングの航空博物館が設置されていて代表的な観光スポットとなっており、飛行機について様々な展示が行われていて飛行機好きにはたまらない施設です。沿岸部には灯台が設置されており、木造で現役で使用されている珍しいライトハウスとして知られています。港町ということもあり、海産物が充実しているのもポイント。地元ではフィッシュ&チップスなどもよく食べられます。

  • ケープ・カナベラル

    ケープ・カナベラルはアメリカ合衆国フロリダ州中央部にあるブレバード郡の大西洋状に浮かんでいる砂州です。アメリカ航空宇宙局のケネディ宇宙センターやケープ・カナベラル空軍基地、ケープ・カナベラル灯台などがあることで有名です。1963年、この時代の宇宙開発に大きく関わったジョン・F・ケネディ大統領の名をとり砂州の名称をケープ・ケネディに改名されましたが、改名から10年を経て、慣れ親しんだ元の名に戻りました。ケープ・カナベラルの南にはケープ・カナベラル市が隣接しており、人口は約8829人。カリブ海へ向かうクルーズ観光船が停泊する、年間460万人の観光客が利用するカナベラル港や、ビーチリゾートのひとつであるココアビーチなど有名な観光スポットがあります。

  • デス・バレー

    「死の谷」という恐ろしいネーミングの土地は、カリフォルニア州中部・モハーヴェ砂漠の深く乾燥した盆地です。最高気温が世界最高の56.7℃を記録したこともあり、平均年間降雨量が50㎜と、過酷な気候風土が特徴で、高い気温を利用して、各自動車メーカーがここで開発中の新車の耐久テストを行っています。また、この様子を写真に撮るため自動車関連メディアがこの場所を訪れることも多くあります。盆地はネバダ州とカリフォルニア州の境界に沿うようにして約225kmの長さで延びており、数多くの奇岩や砂漠が点在しています。一帯は、アメリカの国立公園の中で最大の面積を誇る国立公園となっており、人気観光地ともなっています。主なスポットは、西半球で最も海抜の低い地点「バッドウォーター・ベースン」、ビジターセンターと美術館・宿泊施設・キャンプ場などがある「ファーニス・クリーク」、富豪の別荘だった「スコッティーズ・キャッスル」などがあります。

広告

運営会社