おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

アメリカの都市一覧 旅行ガイド

アメリカの人気都市

1〜68件を表示 / 全68件

  • ニューヨーク

    全米最大の都市で、経済、文化、芸術など、あらゆる分野の中心地であり、新しいムーブメントの発信地。マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタテンアイランドの5つの行政区からなる。ブロードウェイミュージカル、メトロポリタン美術館、自由の女神像のあるリバティ島、エンパイヤステートビル、セントラルパーク、タイムズスクエアなど、見どころいっぱいの魅力的な町。映画のロケ地巡りや、グルメ、ショッピングなど多岐にわたる面白さにあふれる町だ。 ニューヨークは野球、アメリカンフットボール、バスケット、アイスホッケーのプロリーグのチームがあり、スポーツ観戦もニューヨーク旅行の楽しみ方のひとつ。

  • ロサンゼルス

    カリフォルニア州にある全米有数の世界都市であり、ニューヨークに次ぐ人口を持つ。映画の都・ハリウッド、高級ブランドショップが軒を連ねるビバリーヒルズ、サンタモニカやロングビーチなどのビーチ・リゾート、またディズニーランド、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドなどがロサンゼルスを代表する観光地。そのほかにもエンターテインメント、カルチャー、スポーツ、ファッション、グルメ、ドライブなど、幾通りもの楽しみ方ができるのもこの町の魅力。 ロサンゼルスの主要観光地をまわる、乗り降り自由の観光バスが出ている。コースも多彩で効率よくまわれるので利用すると便利。

  • ラスベガス

    ネバダ州南部のカジノで有名な都市。砂漠の中に町が築かれたため、夏は40℃以上、冬は氷点下になることもある。ストリップ地区にあるホテルに特徴があり楽しめる。「ベラージオ」の噴水ショー、「ミラージュ」の火山、「ルクソール」のスフィンクスやピラミッドなど、まるでホテルそのものがテーマ―パークのよう。またストリップ地区から約3㎞にあるダウンタウン地区では、古き良き時代のラスベガスを見ることができる。ストリップ地区よりもホテルの値段なども安くなっている。 ラスベガス近郊にはグランドキャニオン、モニュメントバレー、ザイオン国立公園など、大自然を満喫できる観光スポットもある。

  • サンフランシスコ

    カリフォルニア州の北部に位置し、太平洋とサンフランシスコ湾と、三方を海に囲まれた坂の多い町。アメリカを代表する都市のひとつでもあり、多くの映画やドラマの舞台にもなった。町の規模がこぢんまりとしているのでまわりやすい。見どころとしては、世界一美しい橋といわれるゴールデンゲートブリッジ、散策だけでも楽しいフィッシャーマンズワーフ、アル・カポネが収容された刑務所で知られるアルカトラズ島、全米で最大といわれるチャイナタウンなどが有名。 また車で1時間ほどのところにカリフォルニアワインの代表的な産地「ナパ・バレー」がある。付近にはカリストガという温泉保養地もあり、泥スパが有名。

  • マイアミ

    フロリダ州の南端にあり、年間を通じて温暖な気候と美しいビーチで知られる国内有数のリゾート地。ヒスパニック系が人口の約6割を占め、市内はスペイン語であふれている。ビスケーン湾沿いにあるショッピングモールのベイサイドマーケットプレイスは、湾内クルーズの拠点にもなっており、海沿いに建つセレブたちの豪邸を海から見学できるアーもある。そのほか白い砂浜にエメラルドグリーンの海が美しいマイアミビーチなどが有名。 フロリダ半島の南端全域に広がる緑豊かなエバーグレーズ国立公園は、世界遺産にも登録されている湿地帯。トレイルがいくつか整備されているが、ワニの生息地をボートで探検するツアーもある。

  • オーランド

    フロリダ州オレンジ郡にある全米屈指の観光都市。ウォルト・ディズニー・ワールド、ユニバーサル・オーランド・リゾート、世界最大のマリンパーク「シーワールド」などがあり、テーマパーク都市として知られる。また近郊にはケネディ宇宙センターもあり、人気のスポット。ビーチが近いのでサーフィンなどのマリンスポーツのアクティビティが豊富なほか、ゴルフ場も多数。ショッピングセンターやアウトレットモールでのショッピングも楽しめる。 オーランドには開発されてない大自然も残されている。自然保護区が多数あり、300を超える湖があるといわれている。

  • ボストン

    東海岸北部のマサチューセッツ州にあり、17世紀にイングランドの清教徒によって築かれた、アメリカで最も古い歴史を持つ都市。町がコンパクトにまとまっているので、主な見どころへのアクセスには便利。特にフリーダムトレイルと呼ばれる赤いラインが塗られた通り沿いに歩けば、歴史的な観光スポット16か所をまわることができる。そのほか、浮世絵のコレクションで知られるボストン美術館や、ステンドグラスが美しいトリニティ教会なども見どころ。 アメリカ最古の大学といわれるハーバード大学には、学生が校内を案内してくれるキャンパスツアーがあり、歴史的な建造物などを、効率よく見学できる。

  • シカゴ

    イリノイ州にあり、ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐアメリカ第3の都市。ダウンタウンにそびえる摩天楼が有名。全米で最も高いビル「ウィリスタワー」の103階には、全面ガラス張りのスリリングな展望室「ザ・レッジ」がある。主な観光地へは公共の交通機関を利用して行ける距離にある。見どころは、市民の憩いの場として愛されているミレニアムパーク、ファミリーで楽しめるネイビーピア、シカゴ美術館をはじめとする博物館・ギャラリー、ミシガン湖など。 またシカゴといえば、ジャズとブルースの町。シカゴで一番古い店「キングストンマインズ」などクラブやバーで本場の音楽に浸ってみては。

  • ワシントンD.C.

    アメリカの首都であるが、どの州にも属さない政府直轄の地区となっている。町の中心部・ナショナルモールと呼ばれる国立公園が観光の中心エリアで、高さ169mのワシントン記念塔がある。上部は展望台になっており、町の全体が見渡せる。そのほか、大きなドームが印象的な白亜の国会議事堂や、イタリア・ルネッサンス様式で造られた議会図書館、世界的にもトップクラスの展示内容を誇るスミソニアン協会などがある。ホワイトハウスにも歩いて行ける。 スミソニアン協会の美術館・博物館はすべて入場無料。世界的なコレクションで有名な美術館から自然史博物館、アメリカ歴史博物館、宇宙博物館、アメリカインディアン博物館など様々ある。

  • フィラデルフィア

    ペンシルベニア州最大の都市で、18世紀にイギリスの支配下から独立を宣言したアメリカ誕生の地であり、ワシントンDC以前に、一時期首都にもなった。インディペンデンス国立歴史公園には、建国にまつわる史跡が多数見られる。主な見どころは独立宣言が採択された独立記念館(1979年に世界遺産に登録)、独立宣言の際に鳴らされた「自由の鐘」など。また美術館・博物館が多数あり、特にフィラデルフィア美術館は全米屈指といわれている。 そのほかの見どころは、初めて星条旗が作られた「ベッツィ・ロスの家」や、アメリカ最古の住宅街といわれ、石畳の趣きある街並みの「エルフレスト小径」など。

  • シアトル

    アメリカ西海岸の最北端に位置するワシントン州最大の都市。近郊には世界遺産に登録されているオリンピック国立公園のほか、マウントレーニエ、ノースカスケードなど、雄大な大自然が広がっている。主な見どころへは移動しやすい距離にあり便利。万国博覧会跡地のシアトルセンターにあるスペースニードルや、ウオーターフロントにある水族館、ダウンタウンにあるショッピングモールのウエストレイクセンターなどが有名。またシアトル観光で一番人気のパイクプレイスマーケットには、スターバックス1号店があり多くの観光客が訪れる。 ワシントン州はカナダと国境を接しているので、日帰り旅行のツアーなども出ている。

  • アトランタ

    フロリダの北にあるジョージア州アトランタは、アメリカ南部を代表する商業・経済都市として知られる。主な観光スポットとしては、世界最大規模を誇る水族館のジョージア水族館、アメリカ公民権運動の父・マーチン・ルーサー・キングJrの足跡をたどるキング牧師歴史記念地区、「風と共に去りぬ」の作者、マーガレット・ミッチェルの記念館、南北戦争のアトランタの戦いの様子を今に伝えるサイクロラマなどが人気。 ダウンタウンから車で30分ほどのところに、アトランタで最大の観光地、ストーンマウンテンがある。標高513mで世界最大の花崗岩の一枚岩からなり、中腹にはレリーフも。山頂へはロープウェイがある。

  • サンディエゴ

    カリフォルニア州にあり、ロサンゼルスから南へ160㎞のメキシコとの国境に接する都市。かつてスペイン領・メキシコ領であったことから、地名や通りの名前にスペイン語が多数使われている。ダウンタウンにあるバルボア公園は1200エーカーの敷地に美術館や動物園、劇場、レストランなど様々な施設がある観光スポット。敷地内にあるサンディエゴ動物園は世界的に知られており、800種4000頭もの動物が生息している。またサンディエゴ発祥の地といわれるオールドタウンも人気。 サンディエゴは美しいビーチリゾートでも知られ、サーフィン、クルージング、パラグライダー、ホエールウオッチングなどが楽しめる。

  • グランドキャニオン周辺

    アリゾナ州にあるコロラド川の浸食により削られた渓谷が、幅約6~29㎞、長さ約446㎞に渡って広がる。地球そのものを感じさせてくれるダイナミックな景観が見るものを圧倒する。特に朝日と夕陽の時間が最も美しいといわれる。コロラド川で隔てた南側をサウスリム、北側をノースリムと呼び、観光拠点のサウスリムからのアプローチが一般的。見学ツアーが多数出ており、日帰りや1泊2日のコースなど様々あるので利用するほうがいい。 グランドキャニオンにも多数のトレイルがあり、下りるにしたがって変わっていく景色が楽しめる。またラフティングで渓谷を下るツアーも人気が高い。

  • アナハイム

    カリフォルニア州オレンジ郡にあるアナハイムは、ロサンゼルスから45㎞ほどの距離にありディズニーランドのホームグラウンドとして知られる。すぐそばにはスヌーピーでおなじみのナッツベリーファームも。町の西側は太平洋に面しており、サーフィンで有名なハンティントンビーチなど美しいビーチがいくつも連なっている。そのほかショッピングやゴルフなどアクティビティも豊富 南カリフォルニアの海岸から35㎞の距離にあるカタリナ島は、コバルトブルーの海に囲まれたリゾート地。ダイビングやシュノーケリングなどマリンスポーツが楽しめるほか、グラスボートででの見学ツアーも出ている。

  • セドナ

    アリゾナ州にあり、古くからネイティブアメリカンの聖地とされてきた場所。ヴォルテックスと呼ばれる大地のエネルギーが集まるパワースポットやスピリチュアルな場所が数多く点在する。真っ赤な岩山が広がる景観から「レッド・ロック・カントリー」と呼ばれ、小川や緑にあふれる豊かな自然に囲まれている。この町に惹かれたくさんのアーティストが移り住んでいる。ギャラリーやショップが集まる「トラキパキ」では、多彩なアート作品と触れ合える。 主な見どころは、ベルロック、カセドラルロックなどのヴォルテックスや、トレイルを楽しめるオーククリークキャニオンなど。また町の中心部・アップタウンセドナでの町歩きも楽しい。

  • イエローストーン国立公園周辺

    ワイオミング州、アイダホ州、モンタナ州にまたがり、大自然の美しさと野生動物の保護を目的に1872年に世界で最初の国立公園に指定された。数えきれないほどの温泉や間欠泉が有名なほか、100余りといわれる滝、湖や川などに加え、野生動物と植物の宝庫。最も有名な虹色の泉「グランド・プリズマティック・スプリング」や、イエローストーンのシンボル「オールドフェイスフル間欠泉」、モーニンググローリーなどが人気。ベストシーズンは6月から9月。 イエローストーンの付近には様々な国立公園があり、なかでもグランドティトン国立公園はアメリカの国立公園の中でも一番美しい公園といわれている。

  • ヨセミテ国立公園周辺

    カリフォルニア州の中東部、シェラネバダ山脈に広がる自然公園で、世界的に最も有名な国立公園の一つである。4000m級の山々、1000mの絶壁、巨大な滝、裾野に広がる草原、深い森林と美しい小川は、グランドキャニオンと並んで最も人気が高い。人工物を全て入れても全面積の9割は全く手つかずの大自然がそのまま保存されている。 ヨセミテ渓谷が一望出来るトンネルビュー、世界最大の1枚岩エルキャピタン、ヨセミテのシンボル的存在である巨大な岩壁ハーフドームは外せない名勝である。合計1,200kmにも及ぶ数多くのハイキング・コースを歩くと更にその美しさを感じる。また四季それぞれに違った美しさがあり、何度も訪れてみたい場所である。

  • ニューオーリンズ

    ルイジアナ州南部の都市。18世紀にはフランスとスペインの植民地となる。フレンチクオーターと呼ばれる歴史地区には当時の街並みが残されており、現在でも文化の中心地となっている。一番の観光名所は、夜のバーボンストリート。ニューオーリンズはジャズとブルースの町であり、ライブハウスやバーなどの名店が並ぶ。「プリザベーションホール」が最も有名なジャズの店。そのほかアメリカ最古といわれるセントルイス大聖堂や、世界的に知られるカーニバル「マルディグラ」でも有名。 ニューオーリンズでは伝統料理のケイジャン料理やクレオール料理も楽しめる。「ジャンバラヤ」や、トマトがベースのスープ「ガンボ」などが代表的。

  • フェアバンクス

    アラスカ州第2の都市。北極圏から南へ約160㎞にあり、冬は気温が50℃を下回ることもある。夏は白夜、秋から春にかけてはオーロラが見れることで有名。特にフェアバンクスでは北半球で最も明るいオーロラが見られるので研究機関もあるほど。ダウンタウンの主な観光スポットは、1904年に建造のイマキュリッツ・コンセプション教会や、氷の彫刻博物館など。短い秋には木々が黄金色に彩られるが、9月下旬には雪の季節となる。冬には観光スポットが閉鎖されることが多いので注意を。 そのほかフライトシーイング、リバーフィッシング、夏期のカヌー&カヤックツアー、ゴルフ、冬季のスキー、犬ぞり体験、アイスフィッシングなど楽しめる。

  • アラスカ

    アメリカ最北端にある州で、人口の約半分がアンカレッジの都市部に住んでいる。州の3分の1は北極圏で、9月には雪が降り、長く厳しい冬が続く。最も有名なのはオーロラ観測。特にフェアバンクスは北半球で最も明るく見えることで知られる。春から秋にはハイキングやキャンプなど、大自然の素晴らしさを体験できるアクティビティが豊富。またカヌー&カヤック、フィッシング、冬場のスキーなど、季節を問わずアラスカならではの楽しみ方ができる。 その他の見どころは、マッキンリーを含むデナリ国立公園、プリンスウィリアムス湾の大氷河、スキーリゾートのアリエスカなど。

  • アンカレッジ

    アラスカ州にある同州最大の都市で、州の3分の1が北極圏。アメリカ先住民エスキモーなどによって拓かれ、現在も人口の約1割を先住民が占めている。冬には雪と氷に閉ざされるが、春から夏には緑あるれ、秋には木々が美しく色づく。一番の人気は氷河見学。そのほかハイキング、キャンプ、リバーフィッシング、カヤック、キャンプ、ラフティング、ロッククライミング、冬ならアイスクライミングやクロスカントリースキー、ヘリスキーなど、アウトドアスポーツやエコツアーが存分に楽しめる。 またアンカレッジでもオーロラを見ることができる。オーロラが出た時にはホテルが電話で教えてくれるサービスもあるので、ぜひ利用したい。

  • ページ

    アリゾナ州北部、ユタ州との国境に接する町。パウエル湖を中心としたグランドサークルの観光拠点になっており、夏には多くの観光客が訪れる。付近には最大の見どころであるアンテロープキャニオンがある。ナバホの言葉で「水が岩を流れる場所」という意味の「ツェー・ビガニリニ」とも呼ばれるアッパーアンテロープキャニオンが観光の目玉。柔らかい砂岩が鉄砲水や風などによる浸食を受け、独特の美しい景観を作り出したスロットキャニオンで、太陽の位置が高い夏には、光線が上から差し込む幻想的な風景が見られる。

広告