おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

カナダの都市一覧 旅行ガイド

カナダの人気都市

1〜28件を表示 / 全28件

  • バンクーバー

    バンクーバーはカナダのブリティッシュコロンビア州にある同州最大の都市で、大自然と都会としての魅力を併せ持つ美しい都市として世界中に知られている。自然の中ではスキーやセーリングはもちろん、グラウス・マウンテンでロープウェイで雄大な景色を見たり、キャピラノ渓谷でスリル満点の吊り橋を渡ったり、他には熱帯雨林の巨木を繋ぐような吊り橋の「ツリートップ・アドベンチャー」で地上30mを歩き回るという他の場所ではあまりできないような体験ができる。 市内にはアンティークな雰囲気なガスタウンや北米有数の規模のチャイナタウンのほか、美術館や博物館、植物園や公園など大都市ならではの魅力的な人気スポットも多数ある。

  • ケベック

    ケベック・シティQuebec Cityの旧市街は、メキシコ以北では現存する唯一の城郭都市となっていて、世界遺産に「ケベック旧市街の歴史地区」として登録されています。アメリカ文化の強い影響下にある北米にありながら、州の公用語がフランス語であることから、フランス文化が色濃い都市で、セントローレンス川の岸辺に聳えるホテル「シャトー・フロンテナック 」は、ランドマークとなっています。 

  • モントリオール

    モントリオールはカナダのケベック州にある同州最大の都市であり、アメリカ合衆国との国境に近い所に位置し、住民の7割がフランス語を話す。フランス文化の異国的な雰囲気、石造りの住宅街や数多くある協会や石畳の街並みなどから「北米のパリ」とも呼ばれている。 が美しいノートルダム大聖堂、モントリオール市内を一望することができるモン・ロワイヤル公園、石畳の道の両側にカフェやレストランが並ぶジャックカルチェ広場、ミニチュア電車に乗って22,000種類以上の植物が見られるボタニカル・ガーデンなど、人気スポットは数多くある。古い港の遊歩道やサンカトリーヌ通りを散歩するのも楽しみ方の1つである。

  • トロント

    トロントはカナダのオンタリオ州の州都で、カナダ最大の都市であり、「人種のモザイク」と呼ばれ、地域ごとに移民がもたらした様々な文化が存在する。チャイナタウン、リトルイタリア、ギリシャタウン、コリアタウン、ポルトガル村などたくさんの外国人街があり、それぞれ違う雰囲気や食事が楽しめる。 巨大な地下街、博物館や美術館など見所もたくさんあり、中でも有名で人気があるスポットは世界一高いタワーであるCNタワーで、ここではトロントの街を見渡せ、その壮大な景色を見ながら食事ができる。ニューヨークやロンドンに肩を並べるミュージカルシティと言われ、ミュージカル、演劇、音楽などを楽しめる多くのシアターがある。

  • オタワ

    オタワはカナダの首都で、オンタリオ州にあり、イギリスとフランスの文化が融合している都市で、市民は英語とフランス語を両方話す人も多い。市内のダウンタウンは街全体が大きな公園のような美しさで、国会議事堂や博物館や美術館、ノートルダム聖堂など見所も多く、世界遺産であるリドー運河は冬の水面が凍っている時には世界最長ののスケートリンクになり、暖かい時期にはボートで遊覧することもできる。 ショッピング・ゾーンもたくさんあるが、中でも1番有名な所は多数の店が立ち並ぶカナダ最大級のバイワード・マーケットであり、ここではショッピングをしながら庶民的な雰囲気を味わえる。

  • ナイアガラ・フォールズ

    ナイアガラ・フォールズはカナダのオンタリオ州にある都市で、ナイアガラ川に面し、対岸のアメリカのニューヨーク州には同じ名前の都市がある。観光のメインは何と言っても都市の名前にもなっているナイアガラの滝であり、想像を絶する美しさと迫力に訪れる人々の多くは感動する。 カナダで最も定番とされる欠かせない観光はナイアガラの滝のボートツアーで、ホーンブロワー・ナイアガラ・クルーズに乗船して滝の中心に向かい、満点のスリルを味わったり、ヘリコプターで空から滝をみることもできる。この他にもナイアガラ・パークウェイをドライブして風光明媚な景観を楽しみ、植物園、蝶の温室、花時計をまわり滝へと訪れることもできる。

  • カナディアンロッキー

    アメリカからカナダにかけて延びているロッキー山脈の、カナダ国内の部分のことで、周辺一帯はカナダ最初の国立公園に制定されている。数多くの野生動物の観察やハイキング、乗馬、冬にはスキーなど、一年中アウトドアが楽しめるエリアである。熊やビーバー、エルクなどの野生動物との出会いができることも貴重な体験である。 ロッキー観光の拠点となるバンフは、温泉が発見されてから一大リゾート地になり、美しい山々に囲まれてショップやレストランも建ち並ぶ街。そこを拠点とし、山沿いにレイクルイーズなどの湖や国立・州立公園が連なる。

  • ビクトリア

    ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)の州都ビクトリアは、カナダでも特に温暖な気候に恵まれて、1年を通して過ごしやすい街です。歴史的な背景から英国の影響が色濃く残る街並みには花が溢れ、別名ガーデンシティとも呼ばれています。その穏やかな気候と、ガーデニングなどにいそしむ優雅なライフスタイルに憧れて、カナダ人にとっても「いつか住んでみたい場所」として1位の人気を誇ります。ダウンタウンには、港を囲むように美しい遊歩道が整い、多くのヘリテージビルを活かした店が立ち並ぶなど、風情ある街並みが広がります。南には雪を頂くオリンピック山脈、目の前には穏やかなインナーハーバーの海を望み、風光明媚なロケーション。ゴルフ、ハイキング、サイクリング、釣りなどのアウトドア派にも、ショッピング、食事などの街歩き派にも、のんびりと時間を過ごしていただきたい街です。

  • バンフ

    バンフ国立公園(Banff National Park)は、カナダ、アルバータ州に位置するカナダで最初の国立公園です。カルガリー西方のカナディアン・ロッキーにあり、バンフの町を含んでいて、近隣の国立公園とともに世界遺産に登録されています。

  • イエローナイフ

    イエローナイフはカナダのノースウエスト準州の州都で、グレートスレーブ湖畔の北にあり、オーロラベルトのほぼ真下に位置し、冬にはオーロラを見ることができ、夏は24時間太陽が出ている。オーロラを見るために来る観光客が多く、気軽にオーロラを見られるオーロラビレッジが非常に人気のあるスポットだ。 夜にはオーロラを見て、昼にはアイスロードで全面凍結した湖の上を車で走ったり、ベックスケンネルデイツアーでは犬ぞりも体験したりとこの土地ならではの楽しみ方ができる。他にはノーザンヘリデージセンターという無料で入れる博物館があり、この近くには州議事堂やビジターセンターもあるのでついでに立ち寄って見学できる。

  • ウィスラー

    ウィスラーはカナダのブリティッシュコロンビア州にあるリゾート都市であり、世界有数のスキーリゾートとして知られている。冬はスキーやスノーボードなど、夏はゴルフ、ハイキング、乗馬やカヌーなど様々なアクティビティが楽しめる。 山ではゴンドラに乗って山頂の展望台まで行き、雄大な景色を見ながら食事をしたり、高山植物観察もできる。スコーミッシュ・ソリワット・カルチュラル・センターは先住民の伝統的なロングハウスをイメージした建物で、様々な方法で先住民の文化を知ることができ、中のカフェでは彼らの食事も体験できる。ウィスラー・ビレッジには多数の豊富な品揃えのお店が立ち並び、ショッピングも楽しめる。

  • レイク・ルイーズ

    カナダ・アルバータ州のバンフ国立公園内にある湖。近くの小村の名称でもある。ヴィクトリア女王の四女、ルイーズにちなんで名付けられた湖は、ロッキーの宝石と言われるほど美しいエメラルドグリーン色が特徴である。周辺では、夏季シーズン中にはハイキングが、冬季にはスキーが楽しめる。短い散歩コースやバスツアーも。 公共交通機関がないため、アクセスには観光バスやタクシーを利用することになるので少し不便かもしれない。ホテルも唯一、四つ星のシャトーレイクルイーズだけが湖のそばにあり、その他のホテルやスーパーは山のふもとにある。

  • ホワイトホース

    アラスカ州と隣り合う、カナダ・ユーコン準州の州都。州全体の人口の8割ほどがここに住む。冬の寒さは厳しく、オーロラが観測できる地域として有名である。地名は、ユーコン川の急流がまるで白馬のたてがみのように見えることからつけられたもの。雄大で美しい自然がすぐそばにあり、公園などでアウトドアを楽しめる雰囲気もありながら、ダウンタウンはレストランやブティックが賑わいを見せている。カナダ各地からここへ移り住む人もいるようだ。 ゴールドラッシュ時代、ドーソン・シティへの重要な中継地点であった町ならではの史跡や博物館も見どころである。

  • ジャスパ

    ジャスパはカナダのアルバータ州にあるカナダ最大の国立公園であるジャスパ国立公園内にある非常に小さい街であり、ユネスコ世界遺産の1つで、カナディアンロッキーの北のリゾート地として知られている。観光のメインは何と言っても美しい自然で、街の近郊には数え切れない小さな湖があり、雪に覆われたそびえたつ山々や雄大な滝や渓谷があり、野生動物も多く生息し、夜には壮大な流星群を見ることができる。 山岳でスキーやスノーボードを楽しむのはもちろん、カナダ最長のロープウェイで山頂まで行ったり、ヘリコプターに乗って空からすばらしい景色を眺めたり、雪上車に乗って夏も溶けない巨大な氷原に行ったりして楽しめる。

  • プリンスエドワード島

    カナダ東海岸のセントローセンス湾に浮かぶ島で、一つの州となっている。州都はシャーロットタウン。カナダが独立する際のカナダ建国会議が開かれた歴史の島だが、それよりも『赤毛のアン』シリーズを書いたモンゴメリが、学生時代に住んでいた場所として有名である。物語の中に描写されている場所を、キャベンディッシュ周辺でいくつも見ることができる。今日でも夏には『赤毛のアン』の舞台となったグリーン・ゲイブルズには多くの人が訪れる。 緑の田園風景と青い海の美しい景色が広がり、のびのびとした田舎の時間が流れる島である。日本からのアクセスには直行便がない。島へはハリファックスより船が出ている。

  • ヨーホー国立公園周辺

    ヨーホー国立公園(Yoho National Park)は、切り立った鋭い峰々や豪快に流れ落ちる滝など、スケールの大きな自然が堪能できます。神秘的な色の水を湛えるエメラルドレイクをはじめ、カナダ最大級の落差を誇るタカカウの滝、長い年月によって石灰岩に刻まれたナチュラルブリッジなど見どころが豊富にあります。

広告