おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

群馬 広場・公園のおすすめ情報

このページでは群馬にある広場・公園を紹介しています。観光名所となっている公園や広場は、旅行先での街歩きでぜひ足をのばしたい場所です。運動やレジャー、観光など多くの機能を備えた公園は、景色を楽しみながらの休憩やピクニック、軽く身体を動かしたい時にも利用できます。都市部や駅の近くにありながら、広大な緑を持つ公園も珍しくありません。観光名所として知られる公園は世界各地にあり、春には広大な敷地にチューリップやヒヤシンスが咲き誇るオランダのキューケンホフ公園や、明清代の皇帝が天を祭った中国の天壇公園などが有名です。カナダのヨーホー国立公園は、先住民の言葉で「畏敬」を意味するヨーホーの名を冠する通り、壮大な滝や湖など大自然が作り出した素晴らしい眺めを堪能できます。 

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

群馬 広場・公園 のまとめ記事一覧

1〜1件を表示 / 全1件

  • まとめ

    【群馬】藤岡市で家族もカップルも楽しめるおすすめの観光スポット5選

    藤岡・磯部・下仁田 - 広場・公園

    群馬県藤岡市は、山と緑と清流に抱かれた自然豊かな街です。上信越道、関越道、北関東道が交わる交通の要衝でもあります。 ユネスコ世界文化遺産に登録されている高山社跡や、市の花である藤棚の美しさが堪能できるふじふれあい館、天然記念物の冬桜と春桜で年に2回お花見ができる桜山公園、「関東好きな道の駅ランキング」で6年連続1位に選ばれた道の駅ららん藤岡、さまざまな工芸体験ができる土と日の里公園など、家族でもカップルでも楽しめる施設や観光名所が揃っていますよ。 藤岡市に行く際には必ず押さえておきたいおすすめ観光スポットを紹介します。

群馬 広場・公園 のスポット一覧

1〜5件を表示 / 全5件

  • スポット

    観音山公園

    高崎・前橋 - 広場・公園

    観音山公園は、1962年に開園し、遊園地「フェアリーランド」として親しまれながらも2003年に閉演した跡地を、市が所有権を取得、観音山丘稜の地形、起伏、樹林などの自然環境を有効活用して、自然と触れ合うことができる場所として整備した憩いの公園です。 白衣大観音を中心に遊園地や野鳥の森、春のサクラがあり、展望も素晴らしいスポットです。2018年に拡張されたケルナー広場には、ドイツのケルナースティック社が制作した、斬新なデザインと構造が特徴の遊具が設置されていて、子供の冒険心を駆り立て、身体能力や危険回避能力を向上させるのにぴったり。 芝生広場やプールエリアもあります。アクセスは高崎駅からバスで15分。

  • スポット

    高崎城址公園

    高崎・前橋 - 広場・公園

    高崎城址公園は、群馬県高崎市を流れる烏川沿いにある高崎城の跡地に広がる公園です。高崎城は、1598年に井伊直政が築城したとされていますが、城郭建造物はすでに失われ、三の丸外囲の土居と塀、東門、櫓だけが当時の面影を残しています。 塀の内側には、ソメイヨシノやシダレザクラ、ヒガンザクラなど約300本の桜が植えられていて、シーズンには薄紅色の花が満開となり、塀の水面に春の彩が映し出されます。夜はライトアップされて幻想的。 周辺には市役所などの公共施設が建ち並び、公園は街のオアシスとなっています。アクセスは、JR高崎線・高崎駅より徒歩約10分です。

  • スポット

    群馬県立伊香保森林公園

    赤城・渋川・伊香保 - 山・渓谷,広場・公園

    群馬県立伊香保森林公園は、渋川伊香保ICから車で約40分のところに位置する森林公園です。 榛名山の東に位置する二ツ岳を中心として、東西2.9km、 南北1.9kmに広がる広大な公園で、園内は史跡と自然植物に恵まれており、散歩などを楽しむのにもピッタリです。子どもや年配の人なども気軽に楽しむことができる緩やかなコースのほか、体力に自信がある人などにおすすめな二ツ岳登山コースがあり、自分に合ったコースを楽しめるのもポイント。 季節ごとに植物や野鳥のさえずりなどを楽しむことができ、自然に癒されること間違いなしです。

  • スポット

    峠の公園

    赤城・渋川・伊香保 - 広場・公園

    峠の公園は、明治43年~昭和31年に渋川と伊香保を走っていた路面電車の保存展示を行っている公園です。 毎月第1・3日曜日の9:30~15:30の間は、電車の内部が開放され見学することができ、電車好きにはたまりません。見学は無料になっているのもうれしいポイントです。今はもう見ることがない通称「チンチン電車」の姿を懐かしく見る人、物珍し気に見る人で賑わいを見せています。 もちろん写真撮影も可能になっているので、かつてこの地で活躍した路面電車とともに記念撮影を行う人の姿も多く見かけます。

広告

運営会社