おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ニューヨーク観光でおすすめの名所&スポット一覧(40件)

897,182 views

広告

ニューヨーク観光でおすすめの名所&スポット一覧(40件)

アメリカのニューヨーク、海外旅行先としても、大人気の都市。そんなニューヨークの街を、おしゃれに観光できたら素敵ですね。しかし、いざ観光となったら、どこに行こうか迷ったりしていませんか?
今回はそんな時に役立つ、絶対に行きたいニューヨークの観光スポットを紹介します。定番の自由の女神やメトロポリタン美術館、タイムズスクエアなどをはじめ、広々とした公園や素晴らしい展望スポットなど、ニューヨーク初心者の方にも必見のポイントとなっているおすすめの所ばかりです。映画にも登場するような定番スポットだからこそ、行ってみる価値あり! ニューヨークの街を楽しんで下さいね。

目次

もっと見る

ニューヨークの観光事情について

ニューヨークのおすすめ観光シーズン、気候

ニューヨークにも日本と同様に四季があります。夏は気温が30度を超え、夕立に合うこともめずらしくありません。また冬には氷点下になり、雪が積もる日もあります。その為、観光のベストシーズンは、3月~6月の春と9月~11月の秋と言えるでしょう。ただし、11月後半から年始にかけて年末商戦が始まり、バーゲンシーズンとクリスマスムード満点のニューヨークを楽しめるので、防寒対策をしっかりとして行くのもおすすめですよ。

ニューヨークの主要観光エリアとその特徴

ニューヨークといえば、世界的に有名な観光スポットが数多くあります。中でもニューヨークのみならず、アメリカの象徴ともいえるのが、ニューヨーク港にある「自由の女神」でしょう。一度は訪れたい観光スポットです。またこの街のオアシス「セントラルパーク」や展望台もある103階立ての超高層ビル「エンパイア・ステート・ビルディング」、華やかな街並みが楽しめる「タイムズスクエア」など魅力的なスポットがいっぱいです。

ニューヨークへの観光アクセス、交通情報

ニューヨークには3つの空港があります。一番規模の大きいJohn F. Kennedy(JFK)空港へは日本から直行便が多く出ており、成田からは約12時間ほどです。JFK空港から市内へはエアトレインから地下鉄やロングアイランドレイルロードへ乗り換える方法や、シャトルバス、タクシーなどがあります。市内観光は、タクシーや地下鉄が便利ですが、道路が混み合うマンハッタンでは徒歩やレンタル自転車で散策するのもおすすめですよ。

ニューヨークの名物・名産品はコレ!

ニューヨークの郷土料理・ご当地グルメ

様々な人種が行き交うニューヨーク。この街では世界各国の様々な料理を楽しめます。また気軽に利用できる屋台もあちこちで見かけます。ニューヨーカーの定番の食べ物といえば、ベーグルやホットドッグ、ピザなど。あなたもニューヨーカーのようにニューヨークの街中を食べ歩きをしてみてはいかがでしょうか?またチーズやクリームをたっぷり使った、しっとり濃厚なニューヨークチーズケーキもおすすめです。

ニューヨーク観光の注意点

ニューヨークの通信環境、無料Wi-Fiは使えるの?

ニューヨークでは、市が進めている高速無料Wi-Fiステーション「LinkNYC」がいたるところで設置されており、その数は1200以上。また、LinkNYC以外でも「エンパイアステートビル」や「メトロポリタン美術館」「タイムズスクエア(ビジターセンター)」など無料Wi-Fiを使える場所がたくさんあります。ただし、英語での設定が不安だという方やWi-Fiのない場所でも使いたいという方にはWi-Fiルーターのレンタルをおすすめします。

アメリカで使えるレンタルWi-Fiルーターの最安値を調べる

広告

ニューヨークのおすすめ観光スポットを紹介!

◆タイムズ・スクエア(Times Square)

ニューヨーク観光でおすすめの名所&スポット一覧(40件)

最初におすすめするニューヨークの観光スポットは「タイムズ・スクエア(Times Square)」。「世界の交差点」として有名なタイムズスクエア。タイムズスクエアとは、マンハッタンのミッドタウンにある繁華街・交差点の名称で、厳密な境界線はありません。昼間のタイムズスクエアも賑やかですが、タイムズスクエアは夜がおすすめです。タイムズスクエアにある建物の外壁には、世界中の企業の広告や巨大ディスプレイ、ネオンや電光看板がたくさんあり、夜なのに明るく賑やか。まさに世界を代表する眠らない街、ニューヨークを体感できるはずです。

また、かの有名なブロードウェイミュージカルが上演されるシアターがたくさん集まっているのもこの地域。
ニューヨークを満喫したかったら、とにかくタイムズスクエアははずせません!

タイムズ スクエア (Times Square)

Broadway,ニューヨーク, NY 10036

◆自由の女神(Statue of Liberty)

ニューヨーク観光でおすすめの名所&スポット一覧(40件)

2番目におすすめするニューヨークの観光スポットは「自由の女神(Statue of Liberty)」。自由の女神は、ニューヨーク港内リバティ島にあります。女神は、右手には純金でできた炎のついたたいまつを空高く掲げ、左手には銘板を持っています。よく見ると銘板には、アメリカ合衆国独立記念日である「1776年7月4日」とフランス革命勃発の日である「1789年7月14日」が刻まれていることがわかります。足元には引きちぎられた鎖と足かせがあり、これを女神が踏みつけていて、女神の像全体に自由をイメージするモチーフがちりばめられています。

自由の女神像は、完成当初から新天地を求めて移住してきた人々の自由の象徴であり、現在では観光客に人気のニューヨークを代表する観光スポットとなっています。アメリカらしい自由を感じに、一度は足を運んでおきたいスポットです。

広告

自由の女神(Statue of Liberty)

Liberty Island ニューヨーク NY 10004
https://www.nps.gov/stli/
詳しく

自由の女神像の観光ガイド:アメリカの世界遺産の歴史や行き方を詳細解説

マンハッタン - 文化遺産,モニュメント・記念碑

“自由の女神”といえばやはりアメリカ合衆国のシンボル。数々の映画のシーンでもアメリカを表す時、必ず登場するモニュメントです。アメリカ合衆国といえば「自由の女神像」といえるくらいイメージが浸透していユネスコの世界文化遺産に選ばれた彫像です。 「自由の女神像」が作られた19世紀はヨーロッパではパリ万博があり、エッフェル塔の建設、蒸気機関車が発明され、産業革命で世界が大きく変わっている時代でした。一方、アメリカ合衆国は独立した後、南北戦争が勃発し、大きな転換を迎える時でした。そのような時代に作られた「自由の女神像」は今も私たちに多くの夢や希望を語りかけてくれます。せっかくニューヨークに行くのならしっかり「自由の女神像」を堪能したいもの。ここでは「自由の女神像」の知られざる秘密とリバティ・アイランドに行く方法を紹介します。

◆エンパイアステートビル(the Empire State Building)

ニューヨーク観光でおすすめの名所&スポット一覧(40件)

次に紹介するニューヨークの観光スポットは「エンパイアステートビル(the Empire State Building)」。エンパイア・ステートビルは、ニューヨークのシンボルのひとつである超高層ビル。高さはアンテナ部分までいれると約440mもあります。ニューヨークのシンボルとして多くの観光客をあつめるエンパイア・ステートビルですが、実は現役のオフィスビル。建物全体で103階あるうち、76階までは多くの企業に貸し出されています。

観光客の皆さんは、展望台のある86階と102階へどうぞ。朝8時から夜中2時まで営業しているので、ディナー後にゆっくりニューヨークの夜景を楽しめます。アールデコ調のクラシカルな外観を眺めるのはもちろん、展望台から景色を眺めるのも楽しいスポットです。

エンパイアステートビル(the Empire State Building)

350 5th Avenue ニューヨーク NY 10118
8:00~翌2:00 (最終の昇りエレベーターは45分前まで)
料金:86階 大人32ドル、6~12歳 26ドル、62歳以上 29ドル、エクスプレス 6歳以上 65ドル、86階と102階 大人 52ドル、6~12歳 46ドル、62歳以上 49ドル、エクスプレス 6歳以上 85ドル
http://www.esbnyc.com/
詳しく

【ニューヨーク】100万ドルの夜景を楽しめるエンパイアステートビル見どころガイド

ミッドタウンウェスト - 観光名所

アメリカのニューヨークに聳え立つ「エンパイアステートビル」は、摩天楼のビル群の中でもクライスラービルやフラットアイアンビルと並ぶ人気の観光スポットです。ビルの高さは443mあり、ワンワールドトレードセンターができるまではニューヨーク内で一番高い建物でした。ビル内には展示スペースやお土産屋が入っており、人気の展望フロアは86階と102階にあります。展望フロアからは、南に自由の女神、北にセントラルパークなどニューヨークの街並みを遠くまで見渡せます。特に夜景観賞が人気で、宝石のように煌びやかに街が輝いて見えます。 こちらではエンパイアステートビルに行かれる際にぜひ知っておいてほしい、概要やチケット情報、見どころをまとめています。次のお休みにはニューヨーク行の航空券を手に入れ、ホテルを予約し空港に向かって、是非エンパイアステートビルに足を運んではいかがでしょうか。

◆ウォール街(Wall Street)

ニューヨーク観光でおすすめの名所&スポット一覧(40件)

続いておすすめのニューヨークの観光スポットは「ウォール街(Wall Street)」。ウォール街は、世界の金融の中心として有名な街。実際にはニューヨーク・マンハッタンの南端部に位置する細い通りの一つです。実は現在では、多くの金融機関がかつてウォール街に置いていた本社機能を他の場所へと移転させてしまっているので、かつてのような「金融の中心地」としての機能はありません。それでも観光スポットとして人気なのは、ウォール街には歴史的建造物がたくさんあるから。ウォール街の近くには、アメリカ合衆国旧議事堂のフェデラル・ホールや、歴史あるトリニティ教会など、ニューヨークにきたら見逃せないスポットがあるのです。
世界金融の中心地の空気を感じながら、歴史的建造物を眺めてみてはいかがでしょうか?

ウォール街(Wall Street)

Wall Street ニューヨーク
詳しく

【ニューヨーク】ウォール街の観光ガイド:金融の中心地を体感できる

フィナンシャル・ディストリクト - 散歩・街歩き ,観光名所

いつも観光客が絶えない人気観光スポットである、ニューヨークにあるウォール街。ニューヨーク証券取引所をはじめとして、主要な金融機関は軒を連ねる、世界の金融の中心地です。観光するために知っておきたい、お土産やランチ情報、航空券やホテルの状況などを厳選してご紹介します。上場相場を意味するBull(雄牛)の銅像や19世紀のアメリカがそのまま残る歴史的建造物など、隅から隅まで楽しみながら見学できるものばかり。金融の中心であるとともに、人気観光スポットとして脚光を浴び続けるウォール街の魅力を、満喫してくださいね。

◆セントラルパーク(Central Park)

ニューヨーク観光でおすすめの名所&スポット一覧(40件)

5番目におすすめするニューヨークの観光スポットは「セントラルパーク(Central Park)」。セントラルパークは、マンハッタンの摩天楼のど真ん中にひろがる都会のオアシス。マンハッタンで働くビジネスパーソンはもちろん、観光客にも大人気のスポットです。縦4キロ、横0.8キロと超・広大なパーク内には、豊かな自然と見所がたくさんあります。園内には、丘や芝生、湖や池、さらにさまざまなモニュメントやランドマークが点在しているので、初めてセントラルパークを訪れる方はどこに行けばいいのか迷ってしまうことでしょう。

中でも特におすすめなのは、べセスダ噴水です。天使の像と噴水が美しい円形の広場と周りを囲むテラスは、セントラル・パークを代表するスポット。その美しさから、数多くの映画やドラマのロケ地にも使われています。
ストリート・パフォーマーたちも集まっていて、とっても楽しい場所になっています。

セントラルパーク(Central Park)

14 EAST 60TH STREET ニューヨーク NY 10022 5th Ave. - Central Park west
詳しく

【ニューヨーク】憧れのセントラルパーク!見所をチェックして2倍楽しもう!

マンハッタン - 自然・景勝地

ニューヨークの観光名所と知られるセントラルパーク、長さおよそ4キロメートルにも渡る広大な敷地を持つ公園です。世界的に有名な公園であると同時に、緑の木々はオアシスとなって都会にいる人々の心を癒してくれるエリアにも上げられるでしょう。そんな観光客や地元の人達の憩いの場所、セントラルパークについて見所をご紹介!ここだけでも押さえて置けば十分楽しめます。迫力のある恐竜の化石がある博物館や、お花が咲き誇るヨーロピアン調の庭園、趣のあるお城などをまとめてありますので、どうぞご覧下さい。

広告

ニューヨーク観光でおすすめの名所&スポット一覧(40件)に関連するタグ

ニューヨーク 観光 ニューヨーク 観光名所 アメリカ 観光 アメリカ 観光名所

広告

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する