おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ペルーのおすすめホテル20選:口コミ評判の高い宿をご紹介

砂漠から雪深い高地、ジャングルまでエリアによって様々な表情を楽しめる南米の国、ペルー。断崖の上に築かれた都市マチュピチュや広大な大地に刻まれるナスカの地上絵など、多くの謎に包まれた遺跡がいくつも見られる魅力的な国です。 ここではそんなペルーにある評判の良いホテルを紹介します。スタイリッシュなビルの中にある施設から、コロニアル様式の趣ある施設まで、幅広い雰囲気の宿があるので好みに合わせて選べます。国際空港の向かいにあるホテルや、歴史都市の中に佇むホテルなど、アクセスや周辺観光に便利な施設が多数。充実した朝食ビュッフェを提供していたり、眺めの良い開放的な屋上プールが備わっていたりとサービスや設備も充実しています。

続きを読む

ホテルを検索する

更新日: 2024年3月5日

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。
人気順3位

ノボテル クスコ

クスコ ヒストリック センター - ホテル
総合ロコミ評価
4.5
人気順4位
人気順9位

ペルーの人気エリアから選ぶ

リマ

マチュピチュ

クスコ

アレキパ

ナスカ

プーノ

宿泊施設のこだわりから選ぶ

無料Wi-Fi

スイート/特別室

朝食付きプラン

日本とペルーの時差

03月04日 4時50分42秒

ペルー/リマと日本/東京との時差は、14時間です。
日本の方が、14時間進んでいます。

リマの時差を詳しく見る

ペルーの週間天気

ペルーの為替

1ソルは 39.90円

※2024年3月5日の為替価格です

ペルーは「世界で最も美食を楽しめる国」!?

日本ではあまりなじみのないペルー料理。日本人の口に合うのか、そんな心配は無用です。ペルーは「世界で最も美食を楽しめる国」とも称されているのです。ペルーは太平洋に面しているので魚介類が豊富。一方でアンデス地方では肉や野菜も盛んに生産されている食材が宝庫なのです。
代表料理は「セビッチェ」。タコやエビ、白魚などの魚介類と紫キャベツのスライスに柑橘類を絞ったマリネ風の料理。牛ハツの串焼き「アンティチョーク」も国民食です。お米も食べられていて、シーフードチャーハン風の「アロスコンマリスコス」は沿岸地方でよく食べられています。ペルーでシェアナンバー1の「インカコーラ」もぜひ飲んでみたい1杯です。

服装選びの参考に。ペルーの気候について解説

南半球に位置するペルーは、日本とは四季が真逆です。日本が冬の時期、ペルーは真夏というわけです。四季は日本ほどはっきりとしてはおらず、雨季と乾季があるのがペルーの気候。赤道近くに位置しているため、真冬でも10℃を下回らないほど暖かいのも特徴です。真冬でも厚手の防寒着は不要ですが、11月から4月は雨季なので雨具が必須。夏は乾季に当たり熱くなるので、紫外線対策を万全にするのがおすすめです。
また、ペルー国内でも地方は気候帯も異なります。コスタは海岸砂漠地帯で年間を通して降水量が少なく、セルバは熱帯雨林地帯で高温多湿、シエラは高知山岳地帯で朝晩の寒暖差が大きいのが特色。訪れる地方に合わせた服装を用意しましょう。

ペルーには公用語が3つある。英語は通じる?

ペルーの公用語は、スペイン語・ケチュア語・アイラマ語の3つです。中でも最も多く使われているのがスペイン語。かつてスペインの植民地だったことからスペイン語が広く浸透しているのです。地方によってはケチュア語またはアイラマ語しか話せないという場所もありますが、それはほんの一握りです。大部分はスペイン語またはスペイン語のみ、またはスペイン語プラスケチュア語またはアイラマ語を話せます。
また、多くの観光客が訪れるペルーでは英語もだいぶ通じます。スペインなまりではあるものの簡単なやり取りなら十分可能です。ペルーの観光地ならUSドルも使えるほどなので、スペイン語が話せないと言う人も安心です。

ペルーの通貨単位や物価について。意外と高いマチュピチュ入場料

ペルーの通貨は「ソル」。小銭の通貨単位は「センティモ」です。ソル紙幣は5種類、センティモ高価は種類あります。1ソルはおよそ日本円で30円ほどになります。物価は日本に比べて全体的に安く、滞在費はそれほど多く持っていく必要はありません。地元の人々の通うようなローカルな食堂へ行けば、1食200円ほどで食事が可能。良いレストランに行っても1000円あればお腹いっぱいになります。
ホテルも1000円以下で個室に宿泊できると言うから驚き。移動するにはタクシーがおすすめ。市内移動なら100~300円です。物価の安いペルーですが、観光費は高いので注意が必要。マチュピチュの入場料は何と約7000円かかります。

ペルーにはおすすめのお土産がたくさん♪

物価の安いペルーでは、お土産物のショッピングも楽しみの1つ。王道のお土産であるお菓子はチョコレートがおすすめです。チョコパイのような「アルファフォールト」やキャラメルとナッツをチョコレートでコーティングした「チョコテハ」は、ペルーを代表するお菓子でお土産に最適です。大麦やライ麦などの穀物を原料にした「インカコーヒー」もおすすめ。
願掛け人形の「エケコ人形」など、雑貨類もカラフルでエキゾチックな物がそろっていて女性を中心に人気です。カラフルなインカ柄の布製品は、手ごろな価格のポーチから大き目のラグまで種類が豊富です。アルパカ製品はふわふわの肌触りが最高。自分へのお土産にぴったりです。

ペルーのおすすめホテルの概要

◆ウィンダム コスタ デル ソル リマ エアポート

◆ホテル エステラル ミラフローレス

◆ノボテル クスコ

◆ソネスタ ホテル クスコ

◆JW マリオット エル コンヴェント クスコ

◆ラディソン ホテル デカポリス ミラフローレス

◆ティエラ ビバ ミラフローレス ラルコ

◆ダズラー バイ ウィンダム リマ ミラフローレス

◆アンティグア カソナ サン ブラス

◆カサ アンディーナ プレミアム ミラフローレス

◆テラ アンディーナ コロニアル マンション

◆アイビス ラルコ ミラフロレス

◆ヒルトン ガーデン イン クスコ

◆NM リマ ホテル

◆JW マリオット ホテル リマ

◆ティエラ ビバ マチュ ピチュ

◆ヒルトン リマ ミラフローレス

◆ティエラ ビバ クスコ プラザ

◆ホテル ラス パルマス

◆ウィンダム コスタ デル ソル リマ シティ

◆カサ アンディーナ セレクト ミラフローレス

◆タイピカラ ブティック マチュ ピチュ

◆カサ アンディーナ プレミアム クスコ

◆ティエラ ビバ クスコ セントロ

◆パダマ ホテル

◆ラマダ コスタ デル ソル クスコ

◆カサ アンディーナ スタンダード マチュピチュ

◆パラシオ デル インカ ラグジュアリー コレクション ホテル クスコ

◆プルマン リマ サン イシドロ

◆BTH ホテル ブティック コンセプト

◆ティエラ ビバ プノ プラザ

◆ウィンダム クスコ サクサイワマン

◆ホテル ミラマー

◆ルーミー ワシ

◆マンハッタン イン エアポート ホテル

◆ポロ クスコ スイーツ

◆ホテル タイピカラ クスコ

◆タンボ デル アリエロ ホテル ブティック

◆エスプレンドール、ウィンダム クスコ

◆アンティグア ミラフローレス ホテル

◆カサ アンディーナ スタンダード クスコ プラザ

◆カサ デル ソロ マチュピチュ

◆スイソテル リマ

◆ベイビュー ホテル

◆ティエラ ビバ クスコ サフィ

◆スマック マチュ ピチュ ホテル

◆ファラオーナ グランド ホテル

◆ホテル サンタクルーズ

◆スイーツ ラルコ 656

◆インカ ワシ ブティック (旧トゥルコ)

◆ティエラ ビバ クスコ サン ブラス

◆Torre Dorada Cusco

◆ホテル ルミ プンク

◆ザ ウェスティン リマ ホテル & コンベンション センター

◆LP ロス ポータレス ホテル クスコ

◆Aranwa Paracas Resort & Spa

◆ソル デ オロ ホテル & スイーツ

◆Casa Suyay

◆ホテル サン アグスティン パラカス

◆アンデスマール ホテル & スイーツ

◆ホテル ラス ドゥナス

◆カーサ サン ブラス ブティック ホテル

◆エル パルド リマ - ア ダブルツリー バイ ヒルトン

◆ベルモンド ホテル モナステリオ

◆コートヤード・リマ・ミラフローレス

◆ホテル エル フアカチネロ

◆エスタンシア サン ブラス

◆ロレト ブティック ホテル

◆Arqueologo Exclusive Selection

◆ラディソン ホテル サン イシドロ

◆エル アルベルゲ オリャンタイタンボ

◆ケルカタニ ホテル

◆シェラトン リマ ホテル & コンベンション センター

◆クラウン プラザ リマ

◆Selina Posada Miraflores

◆ソネスタ ホテル エル オリバー

◆グリンゴ ビルズ ブティック ホテル

◆サンダーバード フィエスタ ホテル & カジノ

◆ウィンダム コスタ デル ソル ピウラ

◆アンディーン ウィングス ブティック ホテル

まとめ

ペルーのおすすめホテルランキングのご紹介はいかがでしたでしょうか。世界遺産マチュピチュやナスカの地上絵など、謎めいた雰囲気の観光スポットが豊富なペルー。日本から遠く離れているからこそのエキゾチックな雰囲気のペルーは、一生のうちで一度は訪れてみたい魅力的な国です。日本人好みのグルメや物価が安いからこそ大いに楽しめるショッピングも醍醐味の観光都市・ペルー。ぜひあなたも一度訪れてみてください。

ペルーのホテルでおすすめの記事

詳しく

【ペルー】スリル満点! だけど絶景!! 崖の上にあるガラスのカプセルホテル

クスコ - ホテル

カプセルホテルというと、リーズナブルに宿泊できる簡易的なホテルといったイメージがありますが、ペルーには常識を覆すような驚きのカプセルホテルがあります。なんとそのカプセルホテル、まるで崖の上に浮いているように設置されていて、しかもガラス張りなんです! 今回は、そんな崖の上にあるガラスのカプセルホテルのスリルと絶景についてご紹介します。高所恐怖症の方は、注意しながらご覧ください。

詳しく

【ペルー】クスコのおすすめホテル20選:口コミ評判の高い宿をご紹介

クスコ - ホテル

クスコは、ペルーの南東、世界遺産マチュピチュの玄関口となっている街です。標高3400mのアンデス山脈の中に位置し、コロニアル様式とインカ時代の石積みが調和した、独特の雰囲気を醸し出しています。代表的な「12角の石」のほか、蛇のモチーフが彫刻された石など、高い技術を持っていたインカ文明の名残を街のあちこちで見ることができます。市街の中心、アルマス広場周辺には壮厳な大聖堂や教会、眺めの良いレストランやショップが建ち並び、各観光地へのバス・ツアーの案内も充実しています。さらにマチュピチュへは、ペルーレイルに乗って移動する方法が便利です。遺跡入場券とペルーレイル往復乗車券がセットになったチケットがおすすめです。そんな遺跡巡りの拠点にふさわしいクスコの観光・宿泊でおすすめのホテルを紹介します。

詳しく

【ペルー】リマのおすすめ高級ホテル20選:5つ星の贅沢を堪能しよう

リマ - 高級ホテル

リマは、ペルーの中西部、太平洋と面している首都です。観光だけでなく、政治・経済・商業・文化などの中心地で、ペルー最大の都市であるとともに、南米でも有数の都市です。先コロンブス期よりアメリカンインディアンが住んでいた土地で、リマが都市として築かれたのは1535年です。海岸地帯は年間の平均気温が20℃前後で、雨はほとんど降りません。南半球の夏である11月から4月は晴天が続き、旅行に適しています。古い街並みのセントロ地区は、世界遺産「リマ歴史地区」になっています。ほかに、アンデス文化に関する有名な天野博物館や、新市街地のミラフローレス地区も観光に最適です。そんなリマでおすすめの高級ホテルを紹介します。

詳しく

【ペルー】リマのおすすめホテル20選:空港送迎もある人気宿もご紹介

リマ - ホテル

リマは、ペルー共和国の中西部にある首都で、南米有数の世界都市です。モダンな高層ビルが建ち並ぶ一方、数多くの歴史的建造物や古代遺跡も残っている街並みで、一年を通してたくさんの観光客が訪れます。なかでも、アルマス広場を中心に広がる旧市街は世界遺産にも登録されており、カテドラルやリマ市庁舎、大統領府といった美しい建物が集まっています。ほかにも、海岸沿いの華やかな新市街や、リマで活躍した日本人実業家である故・天野芳太郎氏によって建造された天野博物館など、魅力あふれるスポットがあります。そんなリマでおすすめなホテルを紹介します。なお、料金は時期や人数によって異なるのでご注意ください。

詳しく

【ペルー】クスコのおすすめ格安ホテル20選:口コミ評判の高い宿をご紹介

クスコ - 格安ホテル

クスコは、ペルーの南東、古代インカ帝国の首都だった場所です。アンデス山脈の標高3400mの高地にあり、ペルーレイルを使って3時間でマチュピチュへ行けます。インカ帝国の遺跡は、緻密で頑丈な石組みで紙1枚通る隙間がなく、特に12もの角がある「12角の石」は周りの石とぴったり組み合わさっていることが有名で、現在ではパワースポットとされています。そんなインカ帝国時代の遺跡と、スペイン統治時代の建築様式が合わさった独特な街並みは、世界遺産にも登録されています。人気観光地だけあって、様々なランクの宿泊施設があります。そこで、おすすめの安価で泊まれる格安ホテルをご紹介します。なお、値段は時期や人数で変動するのでご注意下さい。

詳しく

【ペルー】イキトスで宿泊したいおすすめ格安ホテル4選

イキトス - 格安ホテル

イキトスは、ペルーの北東部にあり、「陸路ではいけない世界最大の町」といわれ、船か飛行機でアクセスします。行き方は、首都リマから飛行機で約2時間弱のイキトス国際空港(カーネル FAP フランシスコ・セカダ・ビグネッタ国際空港)へ行き、そこからモトタクシー(バイクタクシー)で約20分です。アマゾン川といえばブラジルですが、源流はこのイキトスにあるマラニョン川です。近年はアマゾン観光が盛んで、アマゾンツアーも多く催行されています。ほかにも、博物館や歴史的建造物の観光にナイトライフも楽しめ、「訪れたい世界の都市トップ10」に選ばれています。そんなイキトスで一泊3000円以下のおすすめな格安ホテルを紹介します。なお、料金は時期や人数によって変動するのでご注意ください。

詳しく

【ペルー】アグアスカリエンテスで宿泊したいおすすめのホテル4選

アグアスカリエンテス - ホテル

アグアスカリエンテスは、メキシコの中西部、標高1888mの高地にある都市です。世界的に有名なマチュピチュ遺跡への玄関口です。アグアスカリエンテス(熱い水)という名の通り、温泉が豊富で、公共の露天風呂は地元住民だけでなく、観光客の憩いや交流の場になっています。また、17〜18世紀の建築物が多く残る旧市街や、毎年春に開かれるフェリア・デ・サン・マルコスという祭りも人気で、年間を通して世界中から観光客が訪れます。そのため、アグアスカリエンテスには手頃な価格でも、きれいな設備の整ったホテルが多くあります。その中でも特に格安で、観光・宿泊におすすめのホテルを紹介します。なお、値段は時期や人数によって異なるのでご注意ください。

詳しく

【ペルー】チチカカ湖の中継地プーノのおすすめホテル20選

プーノ - ホテル

プーノは、ペルーの南部、アンデス高原に位置する町です。世界最高所にある湖・チチカカ湖で有名です。標高約3800mにあり、日本の琵琶湖の約12倍の面積を持ち湖には、トトラと呼ばれる葦を重ねた浮島があります。ウロス島やタキーレ島などを巡れば、昔ながらのスタイルのまま生活する島民たちと触れあえます。そんなチチカカ湖を観光するには、プーノに宿泊してツアーへ参加することをおすすめします。町には、民族音楽や伝統舞踊が楽しめるバーやレストランも多く点在します。民芸品や織物などお土産探しも楽しめますよ。そんなプーノでおすすめのホテルを紹介します。なお、料金は時期や人数によって変動するご注意ください。

のおすすめホテル

ペルーへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

ペルーの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

運営会社