おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介

近年パクチーブームに火が付いた日本では、定番化しているタイ料理。「パクチー」がタイ語であるのはご存知でしたか?特に東京では、至るところでタイ料理店を見かけるようになりました。和食のシンプルな味わいとは違い、タイ料理の特徴は、複雑ながらも病みつきになる味と辛さ。そのトリコになる方が多いのではないでしょうか。 タイを旅行するなら、本場のタイグルメを味わうのも楽しみのひとつ。今回はまずタイグルメの種類や特徴を、3つの地域別にご紹介。実際にタイ料理の作り方を習える料理教室や、今話題の「ピントー」についても取り上げます。そして首都バンコクでローカルグルメを食べられるレストランに、SNSで話題の最新グルメスポット、夜景の綺麗なルーフトップバーまで、本場のグルメを味わい尽くせるよう情報を網羅しました!ぜひ参考にしてください。

続きを読む

エスニック料理の代表!タイ料理

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介

いろんな種類の「タイカレー」と独特の酸味と海老の風味が特徴の「トムヤムクン」

タイはまさに食の宝庫。日本人にも馴染みのある料理に、世界三大スープのひとつ「トムヤムクン」や、ライスに蒸し鶏を添えた「カオマンガイ」、ひき肉やバジルなどを炒めたものをライスと混ぜ合わせて食べる「ガパオライス」などがあります。
地方によっても食の特色や文化が異なり、北部料理の「カントーク」や「カオソーイ」、東北部イサーン料理の青パパイヤのサラダ「ソムタム」、地鶏の炭火焼き「ガイヤーン」など種類がたくさんあります。タイ料理=辛いというイメージが強いですが、それだけではありません。「辛味」以外にもマナオというタイ版ライムなどの「酸味」、ココナッツミルクやパームシュガーのコクのある「甘味」、そしてナンプラー(魚醤油)の「塩味」とパクチーやレモングラスなどのハーブの香りがうまく混ざり、タイ料理独特の味を生み出すのです。複雑な味ながらそこに旨味もあるため、やみつきになります。
また、タイ料理は自分の好みで辛さが調整できるものもあるので、お子様や辛いものが苦手な方でも食べられるタイ料理がいくつもあります。パクチーが苦手な方は、「マイサイパクチー(パクチーを入れないでください)」というタイ語を覚えておくと便利です。

マイルドな味が特徴の北部料理

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介

マイルドな味が特徴のチェンマイカレーラーメン「カオソーイ」

チェンマイやチェンライなどの北部で食べられている「タイ北部料理」。ミャンマーの食文化の影響を受けており、比較的辛さも控えめでやさしい味が特徴です。
北部料理で有名なものと言えば、「カントーク」。丸いお膳(カントーク)に小鉢を並べ、ミャンマー風カレーや野菜炒めなどの数種類のおかずともち米を盛り付けた地元の郷土料理です。チェンマイ市内には、タイ舞踊のショーを鑑賞しながらカントークが食べられるレストランがいくつかあり、旅行者に人気です。そして、もうひとつはずせないのが「カオソーイ」。ココナッツミルクのマイルドなカレーの中に卵麺が入っていて、さらに上には揚げ麺がのっている食感も楽しいカレーラーメンで、トッピングはチキンが一番人気です。

バンコクでおすすめの北部料理が味わえるお店をご紹介!
わざわざチェンマイへ行かなくても、おいしい北部料理がバンコクで味わえます。チェンライ出身のご夫婦が営む「ジェンハーイ」。本格的な北部料理が味わえると人気のお店です。

ジェンハーイ(Jeanghai)

148 Soi 4,Ladprao Rd,Chom Phon, Chatuchak, Bangkok, 10900
11:00-22:00
https://www.facebook.com/jeanghainoodle

日本人にも馴染みのあるタイ料理がたくさん!東北部イサーン料理

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介

シャキシャキ食感の青パパイヤのサラダ「ソムタム」と地鶏の炭火焼き「ガイヤーン」

紅い睡蓮の湖で有名なウドーンターニーがあるタイ東北部の「イサーン料理」。タイ東北部は、野菜や畑の用水路でとれる魚、イナゴなどを使った料理がよく食べられています。味はすっきりとした酸味と辛さが特徴です。
イサーン料理は、青パパイヤのシャキシャキ食感とマナオというライムのような酸味が特徴的な青パパイヤのサラダ「ソムタム」や、細かく刻んだ肉類をハーブ類とナンプラーなどで味付けした煎り米入りのスパイシーサラダ「ラープ」が代表的。さらにナンプラーや唐辛子、にんにくなどで鶏肉を漬け込んで炭火焼きにした「ガイヤーン」など、日本人にも馴染みのものがあります。特に女性には、ヘルシーなイサーン料理はダイエットにも最適と人気です。

バンコクでおすすめのイサーン料理が味わえるお店をご紹介!
「マダム・ソムタム」では、絶品のソムタムが味わえます。ラープやガイヤーンといった定番の料理もおいしい、バンコクで人気のお店。

マダム・ソムタム(Madam Somtum)

888/14 Mahatun plaza, Phloen Chit Rd, Pathum Wan, Bangkok, 10330
10:00-22:00
日曜日
https://www.facebook.com/madamsomtum/

辛さがやみつきになる!南部料理

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介

ミシュランガイドにも掲載のMEE TON POE(ミートンポー)の福建麺

プーケットやクラビ、サムイ島などのタイ南部で食べられている「南部料理」。特徴はなんといっても「辛味」です。タイの地方料理で一番辛いといわれていて、「酸味」・「塩味」と強い濃い目の味付けの料理が多くみられます。タイ湾やアンダマン海に面しているため、海の幸を使った料理が多いのも特徴。
代表的な南部料理といえば、アメリカCNNの情報サイトで「世界でもっともおいしい食べ物」1位に選ばれたご当地カレー「ゲーンマッサマン」です。その他には、南部の海で捕れた新鮮な海老と、南部料理でよく使われているサトー豆を「ガピ」という海老味噌発酵調味料で炒めた「パッサトー・ガピクン(サトー豆の海老味噌炒め)」。野菜やハーブ、フルーツ、ナームブドゥー(発酵調味料)などをご飯と混ぜて食べるヘルシーな「カーオヤム」も定番です。またミシュランガイドにも紹介された福建麺も食べやすく、人気の料理です。

バンコクでおすすめの南部料理が味わえるお店をご紹介!
濃い味付けの多い南部料理は、一度食べたら虜になること間違いなし。バンコクには南部料理のお店がたさくんありますが、その中でも「クアクリン・パックソッド」がおすすめ。家庭的な南部料理が味わえます。

クアクリン・パックソッド(Khua Kling Pak Sod)

98/1 Soi Thonglor 5,Sukhumvit 55
11:00~14:30 / 17:30~21:30
http://khuaklingpaksod.com/

クッキングスクールで本場のタイ料理の作り方を学ぼう!

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介

タイ料理教室にて、ソムタム作りに挑戦している様子

タイ料理をただ食べるだけでは物足りない方や、本場のタイ料理の作り方を学んでみたいという方におすすめなのが、クッキングスクール。バンコクにはたくさんの料理教室があり、タイ人シェフから直接本格的なタイ料理の作り方を教わることができます。
スクールによっては、食材をローカル市場で調達するところから体験できるところも。ローカル市場のひと味違う楽しみ方ができるので、さらに深く楽しくタイ料理について学べます。
そして何よりも、自分で作ったタイ料理の味は格別。次回のタイ旅行の際は、本場のタイ料理を作ってみてはいかがでしょうか。いつもとは違うタイ旅行になるはずです。

タイ・バンコクでおすすめのクッキングスクールをご紹介!
「オールドタウン・タイクッキング・スタジオ・バイ・シェフプリダ」は旅行者でも気軽に参加できる料理教室。トゥクトゥク(オート三輪タクシー)に乗り、ローカル市場へ食材を調達するところから体験できます。

オールドタウン・タイクッキング・スタジオ・バイ・シェフプリダ(Old Town Thai Cooking Studio by Chef Purida)

19/12-14 Charoenkrung 67 Road Yannawa Sathorn Bangkok 10120
午前:9:00~13:00 / 午後13:30~17:30
日曜日
サートーン船着き場から徒歩約15分、BTSサパーンタクシン駅Exit3から徒歩約15分
https://oldtownthaicooking.com/

響きが可愛い!「ピントー」ってどんなもの?

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介

「ピントー」とは、タイのお弁当のこと。語源は、日本の「弁当」からきていると言われています。
タイではホーローの円筒形で2段以上を重ねた、持ち手つき容器が一般的。レトロなものからカラフルなものまで種類は様々です。今このピントーが若者を中心に人気を集めています。最近では、ハンドバッグなどのファッショングッズにもピントー型のデザインが取り入れられ、高級ショッピングモールでも販売されています。

タイで注目のピントー!注目の理由とは?

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介

現在タイではプラスティックゴミの削減に国として力を入れています。2020年からタイのスーパーやコンビニエンスストアでは使い捨てのビニール袋の配布が廃止され、エコバッグの使用を推奨しています。世界的にもエコバッグやエコストローなどが推奨され、使い捨てのゴミを減らす動きがありますが、タイはプラスティックゴミを削減する活動を推奨しているエコ先進国と言えます。そういった背景で、エコなピントーが食のシーンで注目を集めています。

話題のスポットからフォトジェニックなグルメをご紹介

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介

近年タイでは、話題のスポットが続々オープン。フォトジェニックで可愛く乙女ゴコロをくすぐられるカフェや、高層ビルの屋上にあるルーフトップバーなど、SNSを中心に特に女性からの人気を集めています。
そこで今回は、厳選したカフェとスポットをご紹介します。

ブルーラテがSNS映え!「ブルーホエール・マハラート」

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介

SNS映えのブルーホエール・マハラートの「ブルーラテ」

ブルーホエール・マハラート(Blue Whale Maharaj)は、SNSで話題の青いラテが味わえるカフェ。ここにしかない珍しいブルーラテを求めて連日多くのお客さんがタイ国内外から足を運んでいます。この綺麗な青い色はタイのバタフライピーという花の色。この花を使うことで、独特な青いラテが作られています。このラテの他にもコーヒーや軽食など様々なメニューがあります。店内の壁も青で統一するなど内装にもこだわっているオシャレな空間です。
バンコクの人気観光地であるワット・ポーが近くにあるため、観光後にぜひ立ち寄ってみたいスポットです。

ブルーホエール・マハラート(Blue Whale Maharaj)

392/37 Maha Rat Rd Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Bangkok
10:00-20:00
木曜日
BTSサパーンタクシン駅から船でターティアン(Tha Tien)まで行き、船着き場から徒歩5分 / ワット・ポーから徒歩約7分
https://ja-jp.facebook.com/bluewhalebkk/

タイ・バンコクの街を一望できる「ルーフトップバー」

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介

61階からの眺めが綺麗なホテル「バンヤンツリー・バンコク」のルーフトップバー

ルーフトップバーは、タイ旅行で行ってみたいスポットのリストに入っている方が多いのではないでしょうか。タイのルーフトップバーは、お酒を飲みながら、綺麗なタイ・バンコクの街を一望できるとあって観光客にも人気のスポットのひとつ。バンコク市内にはたくさんのルーフトップバーがあり、どこへ行けばよいのか迷いますよね。
中でもおすすめなのが、高級ホテル「バンヤンツリー・バンコク」にあるルーフトップバー「Vertigo & Moon Bar(ヴァーティゴ&ムーンバー)」。61階から眺めるバンコクの夜景は宝石を散りばめたような美しさです。食事もできるので、家族や友人、恋人と特別な日を過ごしたい方は、ここで非日常を味わってみてはいかがでしょうか。

※Vertigo & Moon Bar(ヴァーティゴ&ムーンバー)は、2020年4月1日現在一時休業中となっています。

バンヤンツリー・バンコク(Banyan Tree Bangkok)

21/100 South Sathorn Road, Sathorn, Bangkok 10120, Thailand
スワンナプーム国際空港から約40分
https://www.banyantree.com/en/thailand/bangkok

まとめ

タイ料理の地域ごとの特徴から、注目のお店までをまとめました。現地で行ってみたいお店はありましたか?
タイ料理と一口に言っても、マイルドな北部料理、スッキリした酸味と辛さが特徴の東北部のイサーン料理、辛く濃いめの味付けをする南部料理と、地域ごとに異なる魅力があります。
海外旅行に行ったら、その土地の料理を習ってみるのも楽しみ方のひとつ。タイで話題のグルメスポットを巡り終えたら、ぜひタイならではの料理を教えてくれるクッキングスクールにも参加してみてください。

「タイファンクラブ」メルマガ会員募集中

タイの観光情報はこちら

写真提供:タイ国政府観光庁

距離は遠くても、想いは届く!まごころEカードを送ろう

タイの画像を選んで→メッセージを入れて→SNSでカンタン送信!

タイにいるお友達
一緒に旅行する予定だった仲間
いつかはタイ旅行に誘いたいと思っているあの人……

今すぐ会いにいくことはできないけれど、心はそばにいたい。早くタイに行きたいね。そんな気持ちを、メッセージにして送ってみましょう。
タイ国政府観光庁の「TATまごころEカード」なら、タイの美しい景色や笑顔の画像とともに、あなたの想いが大切な人に届きます。

タイ国政府観光庁「TATまごころEカード」

※本サイトに掲載した内容は、予告なく変更になる場合があります。
予めご了承ください。

※2020年4月1日現在、タイ国内のいくつかのホテルやレストラン、商業施設は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部を除きクローズしています。
詳細は、タイ国政府観光庁の 公式サイト をご確認ください。

タイのタイ料理や大衆料理・ローカルフードでおすすめの記事

詳しく

【バンコク】屋台から有名店まで!おいしすぎるパッタイのお店10選

バンコク - タイ料理,露店・屋台・夜市

タイ王国の首都バンコクは東南アジアを代表する世界都市です。歴史的建造物を多数有する世界でも有名な大観光都市で、物価の安さも人気の秘密です。バンコクを訪れる観光客にはおいしい料理の数々も魅力のひとつ。特にパッタイの屋台には地元タイ人が通う人気店も多いので要チェックです。「パッタイ」とは、パッ→「炒める」とタイ→「タイ王国」の2つの単語からなる言葉です。パッタイは辛くなく、クセも強くないので誰にでも親しめる料理です。値段は20バーツ前後の手軽なものから、エビなどの食材を贅沢に使った100ユーロほどするものまで様々です。バンコクで特に人気の有名店10軒を紹介します。

詳しく

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介

タイ - タイ料理,大衆料理・ローカルフード

近年パクチーブームに火が付いた日本では、定番化しているタイ料理。「パクチー」がタイ語であるのはご存知でしたか?特に東京では、至るところでタイ料理店を見かけるようになりました。和食のシンプルな味わいとは違い、タイ料理の特徴は、複雑ながらも病みつきになる味と辛さ。そのトリコになる方が多いのではないでしょうか。 タイを旅行するなら、本場のタイグルメを味わうのも楽しみのひとつ。今回はまずタイグルメの種類や特徴を、3つの地域別にご紹介。実際にタイ料理の作り方を習える料理教室や、今話題の「ピントー」についても取り上げます。そして首都バンコクでローカルグルメを食べられるレストランに、SNSで話題の最新グルメスポット、夜景の綺麗なルーフトップバーまで、本場のグルメを味わい尽くせるよう情報を網羅しました!ぜひ参考にしてください。

詳しく

コスパ抜群!チェンマイで絶品北タイ料理のレストランおすすめ5選

チェンマイ - タイ料理

チェンマイには、地元ならではの独特なタイ料理があるのをご存知ですか?同じタイでも、日本でよく知られているタイ料理とは、多少志向が違う北タイ料理。チェンマイを中心とした料理なのです。 ココナッツミルクを多用しない料理がほとんどのため、料理に油が浮いているように見えるものが多いのが特徴です。タイだけでなく、ミャンマー料理などの影響も受けているのですが、そんな北タイ料理は絶品!しかもコスパも抜群となっているのです! こちらでは、そんな北タイ料理のおすすめのレストランを紹介します。

詳しく

【バンコク】サイアム・スクエア周辺でおすすめのタイ料理人気店!

サヤーム・スクエア周辺 - タイ料理

バンコクきっての繁華街サイアム。サイアム地区は学生が多く集まり熱気に溢れ、ビジネスの上でも時代の変化を敏感に感じられる街でもあります。サイアム・スクエア周辺にはオシャレにグルメを楽しめるお店がたくさんあります。 ちょっとラグジュアリーにタイ料理を満喫できる「マンナ タイレストラン」やカジュアルにお袋の味が楽しめる「バーン・クン・メー」、イーサン風フライドチキンで人気の「ソムタム・ヌア」など、タイだから味わえるグルメ店が目白押し。味にうるさいバンコクの人々がこぞって訪れる、サイアム・スクエア周辺グルメを思いっきり堪能しよう!

詳しく

【プーケットタウン】格安グルメが楽しめる!人気のグルメスポット5選

プーケット・タウン - 大衆料理・ローカルフード

プーケットに来たなら、美味しいタイ料理は外せませんよね!プーケットタウンは、タイ人のベッドタウンでもあり、ビーチに比べてローカルで低価格なタイ料理が味わえると人気の場所です。市場を散策したり、ショッピング、タイマッサージを楽しみならタイ人も通うローカルシーフードを手軽に楽しんでみませんか。 タウンのいたるところに、屋台も多く定番のタイラーメンやカオマンガイはもちろん、タイのスイーツも20B程度から売られているので、お祭り気分であちこち回ってみるのも楽しいかもしれません。 今回はそんなプーケットタウンでおすすめしたいグルメスポットを紹介します。

詳しく

【バンコク】タイ料理は麺だって美味い! 安くて手軽なヌードルの名店4選

バンコク - タイ料理

タイ料理のひとつでもある”タイヌードル”。1杯の値段はフードコートでは30B、レストランで50~200B程度で頂くことができます。 麺の種類も一種類でだけでなく、小麦粉から造られたもの、お米から作られたものと様々あり、またスープの種類は、ヘーン(汁なし)、ナーム(汁あり)から選べるほか、もやしや高菜漬け、ムーデン(焼き豚)など、女性に嬉しいトッピングも豊富にあり、お店によって様々な種類を楽しむことができます。 タイならではの麺、スープ、オリジナルの具材を堪能でき、そして楽しいひと時を過ごせるお店を紹介します。

詳しく

【バンコク】おいしくてヘルシー!美味しいタイスキが味わえるおすすめのお店5選

バンコク - 鍋料理,タイ料理

タイの鍋料理といえばタイスキですよね!現地では「スキー」と呼ばれていますが、その由来はズバリ日本のすき焼き! 見た目は、どちらかというと水炊きの寄せ鍋に近い感じですが、とにかく海の幸・川の幸に恵まれたこの国らしく、新鮮な魚介類と野菜がたっぷり入ってヘルシー。たっぷりダシが沁みだしたスープから具を豪快にすくって、タレに浸けていただきます。店によって味付けは異なりますが、このタレが美味しさを120%引き出してくれるんです。 鍋好きな日本人にはもちろんのこと、地元タイの人たちも大人気のタイスキ。その本場バンコクから、味に肥えた地元の人も舌を巻くという評判のお店6選を紹介します。

詳しく

【タイ】地元の味を味わいたい!!プーケットでおすすめのローカル・フード5選

プーケット - 大衆料理・ローカルフード

今回は、そんなプーケットで食べないと損しちゃうかも!?って思えるここでしか食べれないローカル・フードを提供するおすすめのお店を紹介します。 タイ料理と言えば、トム・ヤム・クンやタイカレーなどの定番タイ料理やシーフードなど、何をたべたらいいか悩んでしまうほど。でも、たまにはプーケット島ならではの料理も堪能してみてはいかがでえしょうか。プーケットに移住した中国系の人たちが伝え、独自に発展した料理がプーケットには多い点が特徴です。

タイのグルメを味わい尽くす!地方料理や話題の「ピントー」、最新のグルメスポットまでご紹介に関連するタグ

タイ グルメ タイ タイ料理 タイ 大衆料理・ローカルフード

のおすすめホテル

タイへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

タイの航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

運営会社