おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ドイツのオプショナルツアー・現地ツアー:比較してお得に予約しよう

主要都市フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフへ直行便でアクセスできるドイツ。ノイシュヴァンシュタイン城やケルン大聖堂など、壮大な建造物が多数あり、アートギャラリーとなっているベルリンの壁、おとぎの国のような街の風景、ビールやソーセージなどのグルメと、魅力が溢れています。 世界遺産や中世の街を巡るオプショナルツアーも多数用意されており、時間を有効的に使いながら見どころをしっかりと観光することも可能。各地の歴史や文化、おいしいグルメも堪能でき、有意義な時間を過ごせること間違いなしです。 この記事では、ドイツの様々なオプショナルツアーをまとめて紹介。これからドイツに旅行に行こうと考えている人は、ぜひとも参考にしてみてください。

続きを読む

更新日: 2024年6月14日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

ドイツのアクティビティランキング

ドイツでおすすめの体験ランキング

ドイツのエリアから選ぶ

ミュンヘン

フランクフルト

ベルリン

ドイツ地方都市

ディッセルドルフ

ケルン

テーマからアクティビティを探す

あなたにおすすめのアクティビティ特集

ノイシュバンシュタイン城

ドイツの世界遺産

ロマンチック街道

ライン川クルーズ

ローテンブルク

ハイデルベルク

クラシックコンサート・ショー

オーストリア日帰りツアー

ドイツ格安Wi-Fi

日本とドイツの時差

06月13日 7時45分55秒

ドイツ/ベルリンと日本/東京との時差は、7時間です。
日本の方が、7時間進んでいます。

ベルリンの時差を詳しく見る

ドイツの為替

1ユーロは 168.61円

※2024年6月14日の為替価格です

ドイツの基本情報

ドイツのお金事情は?現金は1日にどのくらい必要?

ドイツの通貨単位はユーロ。補助通貨単位はセントです。ドイツ語読みは、それぞれ「オイロ」「ツェント」です。紙幣の種類は、5ユーロから500ユーロまで7種類。硬貨は1セントから50セント、1ユーロ・2ユーロの8種類です。ヨーロッパの他国と比べて比較的物価が安いのがドイツの魅力ですが、1つ注意しなくてはならないのが支払い方法。ドイツではクレジットカードが使用できない店舗も多いので、その分現金を多く用意しておく必要があるのです。券売機や有料トイレなどで小銭を使う機会も多いので、換金所で両替しましょう。1日30~50ユーロを現金で持っておくと安心です。

ドイツのオススメグルメは? 現地のマナーにも気をつけよう!

ドイツグルメといえば、何といってもソーセージとドイツビールが有名!肉料理が多いのがドイツ料理の特徴です。南ドイツの伝統料理であるシュパンヘルケルは、離乳前の子豚の丸焼きです。長時間塩漬けにされた豚肉の塊料理はアイスバイン。ボリューミーな料理が多いですが、白アスパラがメインのシュパーゲルなど野菜をふんだんに使った料理もあります。レストランではサービス料が含まれているので必ずしもチップは必要ではありませんが、一般的には支払いの10%ほどをテーブルでの支払い時に渡すのがマナー。ドイツでは挨拶も大切です。入店時やサービスを受けた際にはスタッフに声を掛けましょう。

ドイツの気候は?季節に合わせて服装を選ぼう!

ドイツは冬の寒さが厳しいことで知られる国。南ドイツに位置するミュンヘンでさえ、北海道より北に位置しているからです。冬にドイツ旅行をする際には防寒対策を万全に。イヤーマフやトレッキングシューズなど、洋服以外の装備も万全にして向かいましょう。春もまだ夜には冷え込むことも多々あります。寒暖差に備えて羽織り物は必須です。夏も最高気温は20℃ほど。それでも近年は温暖化の影響で一時的に30℃ほどまで気温が上がることもあるので紫外線対策ができる服装がおすすめです。高級レストラン以外ならカジュアルな服装でOKですが、ちょっといいお店に行く予定があるなら靴はスニーカー以外にしましょう。

ドイツ観光のオススメモデルコースを紹介!

ドイツは観光名所が各地に点在しているので、コースのプランニングが重要になります。1つの都市に絞るなら4泊6日、複数の都市を巡るなら8泊10日は必要です。都市を絞ったとしても、各都市で特色のあるドイツなら色濃い旅が実現可能です。例えば、北東ドイツのベルリンならコンサート巡りやクラシック音楽ゆかりの地巡りができます。所要期間は5泊7日。フランクフルト発着なら、ダントツ人気のドイツのロマンティック街道とノイシュヴァンシュタイン城の両方を訪れるコースが実現できます。所要期間は6泊8日あれば十分です。

ドイツの言葉事情は?

ドイツの公用語は、ドイツ語です。ドイツ語はドイツ国内のみならずオーストラリアやスイスなどでも公用語として広く使われている言語。ドイツ国内でもドイツ語が主流です。ですが、心配は不要です!世界的な観光大国であるドイツは、大都市ならば必ず英語表記の看板やホテルなどの英語対応など、英語が通じる環境が整備されています。近年のドイツでは英語教育にも力を入れており、小学校に上がると同時に英語の授業を受けています。ドイツの若者世代では、英語が広く通じます。観光地でない田舎町などに行かなければ、英語で十分コミュニケーションが取れます。

ドイツの治安は大丈夫?気をつけるべきエリアは?

ドイツは、ヨーロッパの中でも治安が良いことで知られている国です。ただし、治安が良いとは言ってもやはり海外。日本と同じ気分でいては、思わぬトラブルに巻き込まれかねないので注意しましょう。ドイツの中で最も治安が良いバイエルン州でさえも、犯罪件数は日本のはるか3倍にも当たります。ドイツで特に気を付けなければならないのが、スリ。陽気に話しかけてきたり写真撮影を頼んで来たりして気をそらしたすきに財布を盗む巧妙な手口にも要注意です。パスポートやカード、現金などを分散して持つ、鞄を肌身離さず持つなど自衛しましょう。夜道の一人歩きも危険です。

ドイツ観光の移動手段は目的別で使い分けよう!

ドイツ国内での交通手段で最もポピュラーなのが、鉄道です。ドイツ鉄道はドイツ全土を網羅している、ヨーロッパ第一と称される鉄道です。豪華寝台列車のシティナイトライン、ドイツ国内の主要都市を結ぶICEも広く利用されています。ドイツ鉄道を多く利用する場合は、期間内無制限で利用できるジャーマンレイルパスをぜひ購入しましょう。路面電車であるトラムや地下鉄・Uバーンも本数が多く便利です。長距離移動の場合は、バスもおすすめです。荷物の多い時にはタクシーが便利ですが、街中を走る流しのタクシーはいないので、乗り場を見つけて並びましょう。

感動!ドイツの世界遺産を満喫しよう!

古い歴史を持つドイツは、世界遺産も豊富。中でもキリスト教文化に関する世界遺産は必見です。中でも1978年に世界遺産登録された北部ヨーロッパ最古の聖堂であるアーヘン大聖堂は外せません。涙を流す伝説があるキリスト像を祀るヴィース巡礼教会も、多くの人々が訪れることで有名な世界遺産です。「バイエルンの真珠」と称されるハンベルク市街は、街全体が中世ドイツの佇まいをとどめています。ヨーロッパ最古の歌劇場であるバイロイト辺境歌劇場やレンガ造りの交易地であるハンブルクの倉庫街などの歴史ある建造物、ヴィルヘルムスヘーエ丘陵公園やデッサウ・ベルリッツの庭園王国など、美しい自然美もおすすめの世界遺産です。

ドイツはお祭り大国!? オススメのお祭りまとめ

質実剛健・実直なイメージがあるドイツ人ですがお祭り騒ぎも大好きで、年間を通して様々なお祭りが催されます。キリスト教の春を祝う祭り「カーニバル」はケルンで開催されます。豪華絢爛な山車や煌びやかに仮装した踊り子たち、山車の上から投げられるお菓子など、お祭り騒ぎのパレードが目玉です。ローテンブルクの「マイスタートルンクの祭り」は、中世の衣装に身を包んだ人々によるパレードが圧巻の祭り。ビール大国ドイツを象徴するのが「オクトーバーフェスト」。ドイツビールを味わいに世界中から多くの人々が訪れます。ドレスデンの「クリスマスマーケット」も有名です。

ドイツ旅行のベストシーズンは?

ドイツは日本とほぼ同じくらいの国土ですが、観光の観点からベストシーズンはいつごろになるのでしょうか。例えば日本にもお祭りやイベントが季節ごとにあるように、ドイツにも9月下旬か10月初旬に行われる世界最大のビール祭りオクトーバーフェストや、12月のクリスマスマーケットは有名ですね。ビールを飲みに行きたい方や、クリスマスの雰囲気を存分に楽しみたい方はお祭りの時期に合わせて行きましょう。
天候の観点からいうと、春や秋は曇りや雨が降りやすく、冬は日本よりも少し早めに始まり、遅めに終わるので長いです。日本の北海道をイメージするとよいでしょう。冬は氷点下になることがあるので極寒となります。ドイツへの旅行のベストシーズンは、雨が少なく天候の良い日が多く、さらに日照時間が長い5月~9月頃と言えます。

広告

ドイツへは何泊で行くのがいい?

ドイツを存分に満喫するためにはだいたい何泊ほどあればよいのでしょうか。日本からはドイツのフランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフなどの都市に直行便がありますが、ドイツは国土が広く、また見どころも点在しているため、全部を周るには長期間のお休みが必要です。しかし、例えば一つの都市や街道、ベルリンだけや、ロマンチック街道だけに絞るならば、最短で3泊5日ほどで行くことが可能です。オクトーバーフェストやクリスマスマーケットに参加することだけを考えた場合も上記のように3泊5日で行くことができます。複数の都市や街道を周りたいのであれば、最低でも8泊10日程度は必要と言えます。国内の移動には国内線や、バス、鉄道を駆使して効率よく周りましょう。

ドイツ国内の通貨は?物価は?カードは使える?

ドイツで使われている通貨はユーロです。1ユーロ=119円ほどです(2019年9月現在)。日本ではもちろん、現地でも両替が可能です。現地の銀行や両替所は比較的レートが良いのですが、現地の空港はレートがあまりよくありません。日本で両替しておくか、現地到着後に空港以外の場所で両替すると良いでしょう。クレジットカードもほとんどの場所で使うことができますが、個人のお店など使えなお店もあります。また、JCBやアメリアカンエクスプレスは使えないこともあるので、VISAカードかマスターカードを持っていくと安心です。現地で券売機を利用する際や、有料トイレを利用する際に現金が必要ですので、現金は少なからず持っていくようにし、両替の際できる限り小さいお金にしておくと便利です。
ドイツの物価は日本とほぼ同じくらいと考えてください。ランチがだいたい10ユーロ前後、ディナーは20ユーロ前後です。スーパーなどの食品は日本より安く感じるものもあります。特にビールはビール大国と言えるだけあって日本より断然安いです!

旅行中の生活は?交通や注意事項について

ドイツの国内が広く、1度の旅行で国内移動をする方も少なくはありません。国内移動方法には、鉄道、長距離バス、また国内線があります。ドイツ鉄道はドイツの全土を網羅しており、遅延も比較的少ないといわれており、利用しやすい移動手段の1つです。主要幹線には特急列車のICと呼ばれる列車や、ドイツの新幹線と言われるICEという列車もあるので、長距離の移動にも適しています。また、何度も国内を移動する方には周遊券と呼ばれる種類の券があり、割安になるうえ切符を毎回買う、という手間が省けるのでおすすめです。事前にチェックしておきましょう。安さ、という点においては長距離バスがおすすめですが、所要時間は一番かかります。また、鉄道でも4時間はかかる場所に移動する場合は国内線を使った方が効率的に周れます。
ドイツ観光では、古城や教会に訪れることがすくなくありません。その際は下記の点に注意してマナーを守りながら見学しましょう。
・撮影禁止の場所もあるので、気を付けましょう。特に、ミサ中の教会は撮影禁止です。
・見学禁止エリアには立ち入らない、調度品などをむやみに触らないようにしましょう。
・教会では露出の多い服は避け、飲食や喫煙はせず、祭壇への立ち入りはしないようにしましょう。

ドイツで人気の観光スポットは?

ドイツは国土が広いうえ、その見どころも国内に広がっています。その中でも人気の観光スポットはどこでしょうか。
まずドイツ北部にある首都ベルリンは観光しておきたい町の1つです。ドイツを東西に隔てていたベルリンの壁は現在野外ギャラリーとなっており、その歴史を感じるとともに沢山のアーティストが描いたアートを見ることもできます。ベルリン市内にあるブランデンブルク門もドイツを東西に分けていた時代にできた門です。壮大な門はベルリン市内観光の見どころの1つとなっています。またベルリンと言えば、ベルリン大聖堂の観光は外せません。ドイツ一有名な教会です。礼拝堂、地下墓所の見学、ドーム部分へ上ることも可能です。
大聖堂と言えば、ドイツ西部にあるケルンという町にあるケルン大聖堂も見逃せません。世界遺産に登録されている高さ約157mもあるゴシック様式の大聖堂です。またケルンはライン川流域にある町で、ライン川クルーズも人気です。

ほかにも行きたい!注目の観光スポット

ドイツ南部にあるミュンヘン郊外にあるフュッセンという町に、ノイシュヴァンシュタイン城というあまりにも有名なお城があります。あのディズニーランドのシンデレラ城のモデルとなった城で、ドイツの多々ある古城の中でも最も人気があります。
この城は外壁が白く、その美しさから別名白鳥城とも呼ばれています。19世紀後半に建てられたもので古城の中では新しい城です。バイエルン国王ルートヴィヒ2世が自身の理想の城を立てるために17年も費やして建てたまさに夢の城。ふもとからはシャトルバスや馬車で城まで行くことができます。馬車に乗ってお姫様や王子様気分を味わえるのもここならではの楽しみ方です。
ちなみにこの城の徒歩圏内にホーエンシュバンガウ城もあるので、合わせて見学するのがおすすめです。

フォトジェニックな写真を撮るならクリスマスマーケットで!

広告

ドイツと言えば、クリスマスマーケットを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。フォトジェニックな写真を旅で撮りたい!という方には、寒い季節になりますが、本場のクリスマスマーケットの時期に行くことをおすすめします。ドイツ3大クリスマスマーケットの1つである、ニュルンベルクのクリスマスマーケットは世界中から観光客が集まる人気ぶりです。日本でもクリスマスに特別な屋台が出る場所もありますが、本場のクリスマスマーケットは規模も違います。キラキラ輝くイルミネーションの中に、赤と白の縞模様の屋台が並び、そこから漏れる淡いオレンジ色の明かり。その景観は絵本から飛び出したようで、フォトジェニックな写真が撮れること間違いなしです。
また、クリスマスマーケットはクリスマス当日には終わってしまっていることがあるので、現地の開催日を確認してから旅の計画を立てるようにしましょう。

ドイツ旅行を楽しむならやっぱりロマンチック街道!

ドイツ旅行初心者の方にぜひおすすめしたいのが、ドイツの有名なロマンチック街道をめぐる旅です。ドイツの南部にあり、ヴュルツブルクという町から南下してノイシュヴァンシュタイン城があるフュッセンという町までをロマンチック街道と呼びます。その街道沿いには中世の面影を残す町並みがあるハイデルベルクや、ニュルンベルク、ローテンブルクという町があります。
ハイデルベルクは、ドイツ最古の大学都市ともいわれ、ゲーテやショパンがその美しさを作品でたたえたといわれている町です。ニュルンベルクは、全長約5キロの城壁に囲まれた赤いレンガでできた建物が並ぶ可愛らしい町です。木彫りのおもちゃも有名です。ローテンブルクはロマンチック街道の宝石箱とも呼ばれる美しい町で、こちらも城壁に囲まれています。赤い三角屋根の建物が立ち並ぶその景観はおとぎの世界のようですよ。
ドイツ旅行へ初めて行くなら、まずはこのロマンチック街道をおさえておきたいですね。

もっと楽しむならオクトーバーフェストにも挑戦して!

ビール好きの方なら、ドイツにはビールを飲みに行きたい!という方も多いのではないでしょうか。水の値段と同じくらいの値段で買えてしまうビールは、ドイツの人々の生活に非常に密着しています。そして、そんなドイツで秋に行われるオクトーバーフェストはまさに世界中からビール好きが集まるビールの世界最大の祭典です。
このオクトーバーフェストはミュンヘンが発祥と言われています。お祭り中は会場内に多数の大小のテントが設営され、様々なブランドのビールを飲むことができます。最大収容人数が1万人ともいえる規模の会場で、連日飲んで騒ぐ!というのがこのお祭りの醍醐味です。お酒好きは一生に一度は行ってみたいこのお祭り、旅の前にきちんと日程を確認し、そこを狙って計画を立てましょう。

グルメも満喫!必ず食べたいのは?

ドイツ料理と言えばビールとソーセージ!と想像する方も多いでしょう。肉料理はもちろんですが、北には海があるため、シーフード料理も楽しめます。代表的なドイツ料理をまとめました。
・アイスバイン:骨付きの豚肉を塩漬けにしたものを野菜などと一緒に柔らかくなるまで煮込んだもの。コラーゲンたっぷりで、つけ合わせにじゃがいもやザワークラフトを食べます。
・シュバイネハクセ:バイエルン地方の郷土料理で、豚のすね肉を煮込んだ料理。アイスバインとはソースの味、肉の部位が違います。
・マットィエスフィレ:ドイツの定番魚料理でニシンの酢漬けのこと。
・シュニッツェル:ドイツ版のカツレツのことで、レモン汁をかけて食べます。
・バウムクーヘン:言わずと知れたドイツでおなじみのケーキで、バウムとはドイツ語で木を意味し、年輪を表しているケーキです。本場の味を試してみましょう!

おすすめのおみやげは?バラマキ用からギフトまで

旅の楽しみのひとつとしてお土産選びがあげられます。ドイツのお土産にはどんなものがあるのでしょうか。
ハリボー(HARIBO)のグミ:日本でも買うことのできるハリボーグミですが、実はドイツの物です。本場ドイツには100種類以上もあるとか。変わったグミを見つけるのも楽しみの1つですね。
ドイツビール:やはりドイツと言えばビール。本場のドイツビールをお酒好きの方にいかがでしょうか。ただし、ビールを4本以上買って帰る場合には1Lごとに200円程度の課税がありますので、注意が必要です。
入浴剤:日本でも購入することのできる「クナイプ」の入浴剤もドイツの物です。日本未上陸のものもあるので、小分けになっているものを買えばバラマキ用に最適です。
シュトーレン:クリスマス定番のドイツパンの1つです。中にドライフルーツやナッツがたっぷりはいっており、外側は白くなるほど砂糖がついているものです。

大切な旅の思い出に!明日の自分へおみやげを選ぼう

自分自身にも旅の思い出にお土産を買いたい!という方も多いでしょう。ここでは自分の旅の思い出になるお土産を紹介いたします。
香水:ドイツのケルンは香水(オーデコロン)の発祥の地と言われています。オーデコロンとはケルンの水という意味があり、「4711」というブランドが世界初のオーデコロンを作ったといわれています。
伝統工芸品 くるみ割り人形:クリスマスの飾りとして有名なくるみ割り人形ですが、四季折々の様々なデザインのものがあります。インテリアのひとつとして人気です。
Steiff(シュタイフ)のぬいぐるみ:シュタイフは世界で初めてぬいぐるみを作ったといわれており、一つ一つ手作りのテディベアはドイツ人・観光客問わず人気です。お気に入りの表情のテディベアを見つけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ドイツでおすすめアクティビティのご紹介はいかがでしたでしょうか。ドイツは、首都ベルリンと同規模の都市が点在し、各地で特色豊かな文化が花開いているのが魅力です。ドイツビールやソーセージなどグルメも日本人好み。年間を通して楽しいお祭りも催されています。アーヘン大聖堂をはじめとした世界遺産も見ごたえ抜群。そんなドイツへ、パッケージツアーや航空券予約を利用してぜひ出かけてみてください。

ドイツのアクティビティ・体験でおすすめの記事

詳しく

【ドイツ】フランクフルト近郊都市を巡るオプショナルツアー10選

フランクフルト - アクティビティ・体験

ドイツ・フランクフルト周辺の都市は、さまざまな観光スポットに満ちています。ハイデルベルクでは、ライン川クルーズや世界遺産ケルン大聖堂の見学ができ、リンデンブルグでは、中世の街並みがほぼそのまま残る街を散歩できます。フロイデンベルグでは、白黒の家々が立ち並ぶ町並みを堪能でき、ヴュルツブルクでは、ワインの旅を楽しめます。 フランクフルトから少し足を伸ばせば、さまざまな観光体験ができます。地元に精通したガイドの下で周遊観光を楽しめる、おすすめのツアーを紹介します。フランクフルトに旅行する人は参考にしてください。

詳しく

【ドイツ】ミュンヘン発で近郊都市を楽しむオプショナルツアー10選

ミュンヘン - アクティビティ・体験

バイエルン州の州都ミュンヘンを起点に、世界的に有名な城や教会、学生の街、テディベアの生まれ故郷、ローマ帝国時代の歴史を感じられる街など、周辺都市を巡る周遊ツアーを紹介します。観光だけでなく、のどかなリゾート地や、ケーブルカーで行ける山の旅など、ドイツの自然を満喫できるツアーもあります。ドイツに旅行するならベルリンだけではもったいないですよ。おすすめツアー10選を紹介します。

詳しく

ケルンのオプショナルツアー | ドイツ・現地ツアーを徹底比較

ケルン - アクティビティ・体験

ドイツの有名な観光地のひとつとしてよく挙げられる街がケルンです。ケルンには、中世の建築物やローマ時代の遺産など、有名な美術館、博物館が多くあります。 最も有名なユネスコ世界遺産のケルン大聖堂は、ゴシック様式建築物としては世界最大で、高さ157mを誇ります。写真に収まりきらないほどの迫力の聖堂は一見の価値があるでしょう。72色の市松模様で構成されるステンドグラスも彩鮮やかで人気です。そんなケルンでおすすめのオプショナルツアーをご紹介します。

詳しく

【ドイツ】ライン川クルーズを楽しめるフランクフルト発オプショナルツアー5選

フランクフルト - アクティビティ・体験

ドイツの商業と金融の中心であり、高層建築が立ち並ぶフランクフルトを観光するツアーを紹介します。ドイツの顔として重要な街ですが、歴史的建造物も多く、過去と現在の顔を両方楽しむことができます。 ユネスコ世界遺産のライン渓谷ではライン川クルーズを体験でき、雄大な自然を満喫できます。切り立つ両岸には、威厳ある古城が次々に姿を現し、中世の街が点在する絶景を楽しめます。ワインの名産地を訪れ試飲を楽しむこともできますよ。フランクフルト旅行の際はぜひツアーを利用してください。

詳しく

【ドイツ】ノイシュバンシュタイン城を鑑賞する現地ツアー5選!ミュンヘン発

ドイツ - アクティビティ・体験

緑あふれる木々に囲まれた白い城のノイシュバンシュタイン城は、まるでおとぎ話にでも出てくるようなロマンティックな雰囲気です。ルートヴィッヒ2世が現実逃避のために建てたという城で、外観だけでなく内観も豪華な造りです。多くの人が人生に一度は見てみたいと思う名城の1つです。現在は、多くの観光客が殺到し、予約をとるのが難しいと言われる人気観光スポットですが、事前にツアーで予約すれば、スムーズに入場することがができます。ノイシュバンシュタイン城を見学したい人におすすめのツアーを紹介します。

詳しく

ディッセルドルフのオプショナルツアー | ドイツ・現地ツアーを徹底比較

デュッセルドルフ - アクティビティ・体験

ドイツ屈指の大都市デュッセルドルフには、人気の観光スポットが数多くあります。シンデレラ城のモデルになったことで知られるノイシュバンシュタイン城は、必ず行ってみたい場所に挙げる人も多い人気観光地のひとつです。日常を忘れてしまうような風景で、おとぎ話の国に行ったような気分になることは間違いないです。 ヴィーナ教会ではクリスマスコンサートが開催されます。クリスマスマーケットでは、さまざまなイベントが開催されており、日本では味わえないような音楽やイルミネーションを楽しめます。寒い季節におすすめの人気観光ツアーを紹介します。

詳しく

【ドイツ】新旧の文化が入り混じるフランクフルトの市内観光現地ツアー5選

フランクフルト - アクティビティ・体験

フランクフルトは、ローマ時代から現代にいたるまでの歴史をさまざまな場所で感じることができる街です。ライン川下りで美しい景色とともにフランクフルトの街並みを楽しんだり、ナイトウォーキングでビルの上からの景色を眺めたりできます。観光客向けのツアーもさまざまあり、自分で予定を決めるのが難しいというという人はぜひ利用してみてください。

詳しく

【ミュンヘン】王国の歴史やビールの街ならではの魅力を味わう現地ツアー5選

ミュンヘン - アクティビティ・体験

ドイツの中でも人気の観光地・ミュンヘンは、古いものでは中世時代の景観を今なお保ち続け、それでいて現代の文化ともうまく融合している貴重な都市です。当時の王国の歴史を色濃く残す場所も多く存在し、教会や王宮、博物館など歴史的スポットが数多くあります。今回はそんな魅力あふれるミュンヘンを巡る、おすすめのツアーを紹介します。歴史的な建物を見て回るだけでなく、お気に入りのドイツビールが見つけられるものなど多彩なツアーがそろっています。ぜひツアーに参加して、効率よくミュンヘンの歴史や文化、食に触れてみてはいかがでしょうか。

広告

広告

のおすすめホテル

ドイツへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

ドイツの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社