おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【クレジットカード比較】旅行者に嬉しい!旅先で便利なカード4選

旅行に先立って準備しておきたいアイテムはいろいろありますが、大事なもののひとつがクレジットカードではないでしょうか。小銭で財布を膨らませる機会を減らせるだけでなく、とくに海外では手元に現金がなくなった際の保険的な意味合いでも、いくつか持っておくと安心です。また海外旅行保険付帯のカードを持っておけば、万一病気や盗難・紛失にあったときにも補償をうけることができます。 とはいえ、クレジットカードにもたくさんの種類があって、どれを選べばいいか悩んでしまうものですよね。こちらでは数あるカード会社やブランドのなかから、旅行シーンで活躍するクレジットカードを厳選してご紹介します。【1枚持っていて損はない、旅行者向きの特典が充実したカード】。ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む

ツアーを検索する

出発地

目的地

出発日

日数

日間〜日間
最安値を検索

更新日: 2024年3月5日

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

JALカード:マイルをためて使う楽しさ

http://commons.wikimedia.org

最初におすすめする旅行に最適なクレジットカードは「JALカード」。「 JALカード 」は、JALマイレージバンク(JMB)カードにクレジット機能が付いたもの。JMBは、インターネットショッピングや、お店でのカード提示で「マイル」がたまるプログラムで、ためたマイルはJALグループほか、提携航空会社の特典航空券への交換や、座席のアップグレードに使えたり、電子マネーの「WAON」や「Suica」、ビックカメラのポイントに交換できます。

http://www.jal.com

クレジットカード機能が付いた JALカード では、日々のショッピングでのカード支払い200円ごとに1マイルがたまります。つまり、マイルがよりたまりやすくなるわけです。「200円=1マイル」というと、還元率は高くないように一見思えますが、マイルは交換する商品によって大きく価値が異なるしくみのため、一般には「1マイル=2~3円」程度が換算時の相場だと言われています。

たとえば、東京-大阪間の往復航空券の交換に必要なのは、通常12,000マイル。この区間のJALの最安値は2万円程度です。一方、東京-ハワイ間では40,000マイルで、JAL最安値は約11万円。前者では「1マイル=1.7円」相当ですが、後者では「1マイル=2.8円」にもなります。ため方だけでなく、 使い方次第でその価値を上げることができる 。それがマイルの魅力!

※ボーナスは時期により変更になる場合があります。こちらでご確認ください。

さらに、フライト時のマイルがJMB会員よりも還元率アップ! カードのグレードによっても異なりますが、最大25%プラスまで可能。日々のショッピング、JALグループ便に搭乗するたびにたまるボーナスマイルで、無料航空券をゲットしちゃいましょう♪

JALカード

旅でもショッピングでもマイルがたまる
http://goo.gl/615DDL

エポスカード:年会費無料、海外旅行保険が充実

http://commons.wikimedia.org

次に紹介する旅行に最適なクレジットカードは「エポスカード」。 年会費永年無料 & 海外旅行傷害保険が自動付帯 が最大の魅力の「 エポスカード 」。丸井グループが発行するカードで、マルイでの買い物をお得にするのがこのカードのもっともシンプルな意義になります。ですが、もちろんそれだけではありません。5,000もの提携店舗で割引や各種サービスの優待を受けることができるんです。

代表的なところでいえば、ロイヤルホストでの食事代が10%オフ、カラオケSHIDAXではルーム料金30%オフ&ポイント5倍、といった飲食店での特典や、映画館で300~500円引の特典、各種ミュージカルや人気アーティストのライブチケットの割引・ポイント還元、などなど・・・。

ほんの一部を挙げただけでも、身近な活用シーンがいくつも見つかりそうですよね。もちろんマルイでも、定期的に開催される「マルコとマルオの7日間」にて、 全国のマルイ各店・ネットショップで10%オフ!

エポスカード では、カードでの支払い200円ごとに1ポイント貯まります。「1ポイント=1円」相当の価値で、たまったポイントは各種ギフトカードへの交換や他社ポイントへの移行が可能です。通常のカード利用でのポイント還元率そのものは控えめですが、エポスカードの魅力はなんといっても優待店舗での割引やポイント倍増の恩恵を受けられること。10%以上の割引特典を受けられるお店も多いので、ポイント還元率の高い他社カードと比べても、実質の支払い額ではお得になるケースも珍しくありません。

トラベル関連のサービスでは、「アパホテル」でポイント5倍&チェックアウト1時間延長のサービスを受けられるほか、「HIS」の海外航空券・ツアー購入時にポイント最大5倍の特典などもあります。

https://www.eposcard.co.jp

さらに旅行者にとってうれしいのは、 海外旅行傷害保険が自動付帯 という点。海外で食事に慣れず現地で緊急入院してしまった場合に、治療費・入院費を保険金として受け取れたり、観光中にデジカメをうっかり落とし壊してしまった際にも、デジカメの損害額に応じて補償を受けられるんです。しかも出発前の届け出や手続きは一切不要!

もちろん海外旅行傷害保険は他社カードでもカバーしていますが、 エポスカード の大きな魅力は、これだけの特典が受けられて 年会費永年無料 というところ。まさに1枚持っておいて損はないカードではないでしょうか。

エポスカード

入会金・年会費永年無料のクレジットカード
http://goo.gl/XvSzkx

ANA VISAカード:効率的にマイルを運用したい人に

http://commons.wikimedia.org

3番目におすすめする旅行に最適なクレジットカードは「ANA VISAカード」。全日空や共同運航便のフライトで「ANAマイレージ」が貯まるANAマイレージクラブ(AMC)。そこにクレジットカード機能が付いたものが「 ANAカード 」です。

まず通常のカード利用時には、三井住友VISAカードのポイント「ワールドプレゼント」が加算(1,000円=1ポイント)され、そのポイントをマイルに交換する、というのがマイル獲得の基本的なしくみ。ポイントからマイルへは、 「1ポイント=10マイル」の高レートで交換 ができます(マイル移行手数料が無料の「1ポイント=5マイル」コースもあり)。さらにANAカードマイルプラス提携店舗では、ポイントとは別に100〜200円につき1マイルを追加でためることができるため、日々の生活のなかで効率的にマイルをためたい方に人気のカードとなっています。

http://trendy.nikkeibp.co.jp

ANA便でのフライト時にはもちろんマイルがたまりますが、Suica一体型の「 ANA Suicaカード 」なら、さらに、 Suicaのチャージでもポイントをためる ことができます。残高が少なくなったら自動でSuicaに入金してくれるオートチャージ対応なので、非常に便利。“陸(おか)マイラー”には欠かせない一枚といえるでしょう。

そのほか、空港内店舗「ANA FESTA」や、国内線・国際線の機内販売で10%オフの特典をうけられるなど、優待カードとしても活躍してくれます。

https://www.ana.co.jp

ためたANAマイレージは、全日空の特典航空券や座席のアップグレード特典へと交換できます。また全日空では 「ANA SKY コイン」という10円単位から支払いに利用できる制度 が用意されているため、ムダなくマイルを活用することができるのも魅力のひとつ。「1コイン=1円」として航空券や旅行商品の支払いに充てることができます。

ANA VISAカード/ANA Suicaカード の年会費は初年度無料で、2年目以降は2,000円(税抜)が必要になりますが、条件を満たせば2年目以降も年会費が割引になる三井住友カードの年会費優遇をうけられるほか、継続ボーナスとして毎年1,000マイル(約1,500円分)がもらえるため、実質負担もすくないカードといえます。

ANA VISAカード

空の旅を身近に!日々の生活でマイルが貯まる
http://goo.gl/6V9nom

のおすすめホテル

航空券とホテルをセットでお安く予約!

航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

運営会社