おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【モンゴル】"ウランバートル"で使えるレンタルWi-Fiを比較検索|旅行や出張で大活躍

更新日: 2024年4月23日

普段何気なく使用しているインターネット。旅行や出張で海外に滞在する際も、目的地までの行き方を調べたり、同行者と連絡を取り合ったり、旅の思い出をSNSに投稿したりと欠かせません。海外用のモバイルWi-Fiルーターは、海外で快適にインターネットを利用するために便利なアイテム。現地通信会社の回線を利用できるWi-Fiルーターを事前にレンタルしておけば、お得な定額料金でスムーズにインターネットを利用することができます。

今回は、ウランバートルで使えるモバイルWi-Fiルーターをピックアップ。海外でインターネットを利用するためのその他の手段や注意点も合わせてご紹介します。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

モンゴルのWiFiレンタルプランを探す

モンゴルのWiFiレンタルプラン人気ランキング

  • 人気1位プラン

    モンゴル 4G LTE 超大容量(1.1GB/日) 4G
    申込期限 1~3日前まで
    819円/日

モンゴルのWiFiレンタルプラン一覧

ブランド プラン 申込期限 詳細・予約 ご利用料金
グローバルWiFi
モンゴル 4G LTE(300MB/日)
4G

1~3日前まで

608円/日

グローバルWiFi
モンゴル 4G LTE 大容量(600MB/日)
4G

1~3日前まで

609円/日

グローバルWiFi
人気1位
モンゴル 4G LTE 超大容量(1.1GB/日)
4G

1~3日前まで

819円/日

グローバルWiFi
モンゴル 4G LTE 容量無制限(無制限)
4G

1~3日前まで

1,259円/日

結局どれを選んだら良いかわからない方はこちらから!

一覧を見ても、何を基準に選んだらいいかわからない!とりあえず間違いないのはどれ?と思った方はこちら!トラベルブックからの予約数が多い順に、レンタル会社をランキングでご紹介。レンタルが初めての人や悩んでしまった人は、上から検討していきましょう。
速度は早い?料金は?空港で受け取れる?といった基本情報はもちろん、メリットやサポート体制などについてもまとめています。値段が安いだけでは心配……という人は、ぜひ参考にしてください。

海外で使える格安Wi-Fi!おすすめランキング順にご紹介!

■GLOBAL WiFi

「グローバルWi-Fi」は、利用者数が業界最多という人気のWi-Fi。最安値クラスの低価格なので、迷ったらこちらを選んでおけば間違いありません。
200以上の国と地域に対応しており、現地の通信会社の回線を使用しているため、どこでも高速で快適にインターネットを利用可能。料金も定額制のため、どのくらいの容量を使うかわからない、高額請求が怖い、という方も安心です。
24時間365日のサポート体制が整っており、電話やメール以外にLINEやスカイプのメッセージや通話でも問い合わせることができます。

フォートラベル グローバルWiFi

参考価格:90円~

■jetfi (ジェットファイ)

海外で使える格安Wi-Fi!おすすめランキング上位、2位は「jetfi (ジェットファイ)」です。
世界100ヶ国以上で使える海外用レンタルWi-Fiサービス。中国や台湾など一部の国で対応している無制限プランがあります。オプションサービスで「jet-phone機能」というものがあり、これに申し込むと1日180円で海外から日本へ電話がかけ放題となります。国際電話料金は高額ですが、仕事などでどうしても通話する必要がある人におすすめです。

jetfi (ジェットファイ)

参考価格:680円~

■クラウドWiFi東京

海外で使える格安Wi-Fi!おすすめランキング上位、3位は「クラウドWiFi東京」です。
2019年11月にサービスを開始したクラウドWiFi。1ヶ月間は解約不可ですが、その後は契約期間も違約金も設定されていないのが特徴です。対応エリアが広く、135ヵ国でインターネットを利用することが可能。海外によく行く人におすすめです。渡航先でのトラブル時には、カスタマーサポートが年中無休・24時間対応してくれます。

クラウドWiFi東京

参考価格:3,380円~

■どこよりもWiFi

海外で使える格安Wi-Fi!おすすめランキング上位、4位は「どこよりもWiFi」です。
月額3,280円で月間300GBまで使えるWiFiサービス。公式サイトに「使い放題」との記載がありますが、実際には月間300GBの上限があります。ただしかなりの大容量であるため、実質無制限での利用が可能ということです。別途料金はかかりますが、海外でもそのまま使うことができます。1年以内に解約すると違約金が発生するので念のためご注意下さい。

どこよりもWiFi

参考価格:3,280円~

■Mugen WiFi

海外で使える格安Wi-Fi!おすすめランキング上位、5位は「Mugen WiFi」です。
容量制限がなく、海外でもそのまま使えるWiFiサービス。格安プランなら月額3,280円です。海外使用時に便利な「翻訳機能」、「地図機能」などを備えた「Glocal Me G4」が使える「アドバンスプラン(月額3,880円)」を用意。30日間の解約であれば違約金が発生しないサービスがあり、とりあえず1度試してみたい人におすすめ。

Mugen WiFi

参考価格:3,280円~

■JAPAEMO(ジャパエモ)

海外で使える格安Wi-Fi!おすすめランキング上位、6位は「JAPAEMO(ジャパエモ)」です。
容量が最大でも500MBまでしかありませんが、比較的レンタル料金が安いJAPAEMO(ジャパエモ)は、速度は気にせず安く海外用Wi-Fiをレンタルしたい人におすすめのサービスです。「通信が遅い」という口コミが多い反面、「料金が安くてお得」「マニュアル対応でない丁寧なサポートが良い」といった口コミも目立ちます。

JAPAEMO(ジャパエモ)

参考価格:290円~

■グローバルモバイル

海外で使える格安Wi-Fi!おすすめランキング上位、7位は「グローバルモバイル」です。
100ヶ国以上で対応している海外用Wi-Fiサービス8。往復送料については完全無料ですが、事前にネットで申し込みをして空港で受け取ることができます。料金が安く、タイや台湾などでの無制限プランもあるのが魅力ですが、ローカルな場所などネット回線が整っていない場所では一部繋がりにくいところもあるとの口コミがありました。

グローバルモバイル

参考価格:690円~

■Fast-fi(ファストファイ)

海外で使える格安Wi-Fi!おすすめランキング上位、8位は「Fast-fi(ファストファイ)」です。
予算に合わせて簡単にプランを選べるシンプルな料金体系が特徴の海外用Wi-Fiサービス。対応エリアは100ヶ国以上。500MBと1GBのプランで貸し出される端末には、23ヶ国語に対応する翻訳機能が搭載されています。長期の旅行や短期留学にぴったりの長期プランを用意。60日、90日プランもあり、長期でレンタルしたい人におすすめです。

Fast-fi(ファストファイ)

参考価格:410円~

■エクスモバイル

海外で使える格安Wi-Fi!おすすめランキング上位、9位は「エクスモバイル」です。
世界170の国と地域で低価格の高速通信を提供している海外用レンタルWi-Fiルーター。容量は200MB・300MB・500MBの3つのプランから選べます。最も容量が大きいプランでも500MBであるためビデオ通話など多用する予定のある人には不向きですが、通常の旅行で高速通信に対応している海外用Wi-Fiを探している人にはおすすめです。

エクスモバイル

参考価格:550円~

■Lucky wifi(ラッキーWi-Fi)

海外で使える格安Wi-Fi!おすすめランキング上位、10位は「Lucky wifi(ラッキーWi-Fi)」です。
中国、韓国、台湾、香港の4ヶ国のみに対応している海外用Wi-Fiレンタルサービス。韓国と台湾とでは550円で容量無制限プランが使えます。空港での受取は空港郵便局にて行います。自宅受取にしても空港受取にしても往復の送料が1,100円以上かかります。ルーター自体の料金は安いですが、送料を含めた総額が激安とはならないので念のためご注意下さい。

Lucky wifi(ラッキーWi-Fi)

参考価格:550円~

■NOZOMI WiFi

海外で使える格安Wi-Fi!おすすめランキング上位、11位は「NOZOMI WiFi」です。
国内で100GB利用可能な大容量プランでレンタルされるWiFiは、世界90ヶ国以上での利用にも対応。1回1,000円のチャージにより海外で500MBを使えるようになります。通常は日本国内でも使用できるため、普段から使っているルーターをそのまま持っていける手軽さが魅力。継続して利用を考えている人におすすめのWi-Fiレンタルサービスです。

NOZOMI WiFi

参考価格:1,000円~

格安Wi-Fiを見つけたい方はこちらの記事をチェック!

海外でインターネット利用するための4つの手段

目的地をマップで確認したり、人気のお店を調べたり、同行者と連絡を取ったり、海外旅行にもインターネットは欠かせません。旅先で困ったことにならないためには、事前に現地のWi-Fi事情について調べたり、現地で利用できるインターネット環境を手配しておくことが肝心です。ネットの使用頻度や目的、予算などに合わせて適切な方法を選んでください。

フリーWi-Fiを利用する

コストを極力抑えるなら、無料で利用できるフリーWi-Fi。Wi-Fi設備のある施設の周辺でしか使用できないので利用できるタイミングが限られる、通信速度やセキュリティが保証されないなどのデメリットもあるので、現地でほとんどインターネットを利用しないという方にはおすすめの手段です。

携帯電話会社の海外パケット定額(国際ローミング)を使う

海外でも普段と同じようにスマホを利用したいという方には、携帯電話会社の海外パケット定額が手軽です。ただし1日あたりの料金が比較的割高なので、長期滞在の場合はかなり高額な出費になることも。特定の日だけインターネットを利用したいという方にはおすすめです。

現地のSIMカードを購入する

海外出張などで海外に行く頻度が高い、滞在日数が長いという方は現地の携帯電話会社に対応したSIMカードの購入を。SIMフリーのスマホに差し替えると現地の国内通話扱いとなり、割安な料金で比較的安定した通信環境が確保できます。ただし現地でSIMカード調達する必要があり初心者には難易度の高い手段です。

海外用モバイルWi-Fiルーターをレンタルする

頻繁にスマホを利用したい方やグループで旅行する場合におすすめなのが、モバイルWi-Fiルーターのレンタル。通信速度が早く、1台で複数の端末をカバーできるのがメリットです。レンタル費用も割安で、グループでシェアすればさらにお得。ルーターはネットで予約し、空港の専用カウンターで受け取ることができます。

海外でインターネットを利用するときの注意点

国内旅行の感覚でインターネットを利用していると、高額請求や不正アクセスといった思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。ここでは楽しい旅行を台無しにしないためにも知っておきたい、海外旅行初心者のためのインターネット利用の注意点を紹介します。

データローミング機能による高額請求

スマホには海外でも通信ができるデータローミングという機能が備えられています。ただし、この機能は通常のパケット定額サービスの適用外となるため、帰国後に高額が料金が請求されることも。高額請求を防ぐためには、あらかじめスマホのデータローミングサービスをオフに設定しておきましょう。

フリーWi-Fiでの不正アクセス

海外のホテルや空港などでフリーWi-Fiを利用する際に気をつけたいのがセキュリティ問題。セキュリティ設定されていないWi-Fiスポットでは、ウイルス感染や個人情報を盗まれるリスクがあるので注意が必要です。特にIDやパスワードの入力が必要なサイトへアクセスする場合は、セキュリティ設定された海外用モバイルWi-Fiルーターを利用するのが安心です。

モンゴルの基本情報

東アジア北西部に位置するモンゴルは、東と南を中国、北をロシアと接する内陸国です。首都はウランバートル。面積は1,566,500k㎡、人口は約308万人です。国土は山脈・高原・針葉樹林・高山砂漠・草原ステップからなりますが、近年は国土の90%が砂漠化し、69,000k㎡の牧草地帯が姿を消したと言われています。
国民は大半がモンゴル系の民族で、主な宗教はチベット仏教。公用語はモンゴル語です。モンゴルの料理では羊肉がよく使われ、「チャナサン・マフ(ゆで肉)」「ホルホグ(蒸し肉)」などの調理法で食べられます。
文化遺産「モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群」「オルホン渓谷の文化的景観」「大山ブルカン・カルドゥンと周辺の神聖な景観」の3件および自然遺産「ウヴス・ヌール盆地」が世界遺産に登録されています。

ウランバートルの基本情報

ウランバートルはモンゴルの首都です。モンゴルの中心から東側にあり、標高1300メートルの場所に位置している最大の都市です。人口は約1300000人を超え、人口の約半分が集中する極端な一極集中となっているのが特徴的です。
街中には大きなビルが立ち並び会社や企業ががあります。人気観光地であるテレルジ国立公園はモンゴルらしいスポットで、ウランバートルからは車で約2時間程度でアクセスができます。
国立民族歴史博物館では生活文化や民族衣装などが展示されており、モンゴルの伝統文化を学ぶことができるスポットです。また、ザイサン・トルゴイは定番の人気観光で、約300段の階段を上ると展望台があり、ウランバートルの街を一望することができます。

日本とモンゴルの時差

04月23日 7時05分09秒

モンゴル/ウランバートルと日本/東京との時差は、1時間です。
日本の方が、1時間進んでいます。

ウランバートルの時差を詳しく見る

モンゴルの週間天気

モンゴルの為替

1トゥグルグは 0.0449円

※2024年4月23日の為替価格です

地形によって異なるモンゴルの気候。行先や時期に合わせて服装を選ぼう!

モンゴルは国土が広大であることから地域、地形によって気温が異なります。西モンゴルは山岳地帯型の気候、南部は砂漠型の気候、中央部のウランバートルはとにかく冬の寒さが厳しいなどといった特徴を持ちます。また、夏は気温が30度を越える日もありますが、朝晩の気温が5度前後になり一日のうちの寒暖差が激しいのも特徴です。訪れる地域によって異なりますが、モンゴルのベストシーズンは7月から10月です。
目的地の気候を事前に把握し、地域に合わせた服装を準備しておきましょう。どこに行くのにも便利なのが体温調節ができるカーディガンなどです。

モンゴルで英語は通じる?覚えておくと便利なモンゴル語は?

モンゴルで使用されているのはモンゴル語です。モンゴル語は日本語の文法とよく似ていて、かつては縦書きで文字が綴られていました。文学に関してロシアと中国の影響が大きく受けているのもモンゴルの特徴です。
モンゴルでは英語がほとんど通じません。ホテルや空港には英語を話すことができるスタッフもいますが、現地の人との会話では英語を使うことができません。アルファベットを読める人もごくわずかなので、旅行の際には現地の数字の数え方をマスターしておくことをおすすめします。挨拶やお礼の言葉も旅行を機に勉強してみてください。

モンゴル旅行で注意すべきトラブル

魅力的なポイントがたくさんあるモンゴルですが、旅行の際にはいくつか注意が必要です。モンゴルだけに限ったことではありませんが、海外旅行者はお金を持っていると思われがちです。そのためスリやひったくり、置き引きなど盗難のターゲットとして狙われやすく、日本人は特に被害に遭いやすくなっています。貴重品はむやみに持ち歩かないようにし、外出時はお金は小分けにして持ち歩くようにしてください。
また、人通りの少ないスポットや夜間不用意に出歩くこともトラブルの原因となります。楽しい旅行を台無しにしないためにも防犯の意識を高めて渡航するようにしてください。

ウランバートルでおすすめの観光スポットをご紹介!

■チンギスハーン像テーマパーク

チンギスハーン像テーマパークは、モンゴル帝国の歴史や遊牧民の生活を知ることができるスポットです。周辺は広大な大草原。そんな大草原の中にポツンと建っています。
メインは全長約40mものチンギス・ハーン騎馬像。圧倒的な存在感を感じさせる巨大な像です。馬の首の部分は展望台になっており、像の途中までは、エレベーターもあります。敷地内には博物館やお土産店等もあります。
ウランバートル市内から東へ54kmの所にあるこのスポットへは、車で約1時間でアクセスすることができます。レンタカーやタクシー、ツアーでアクセス可能です。

チンギスハーン像テーマパーク

モンゴル / ウランバートル

Tsonjin Boldog, Ulaanbaatar, Mongolia
9:00 - 18:00

■チンギスハーン広場

チンギスハーン広場は、ウランバートルの中心部にある広場です。地元住民の憩いの場にもなっており、休日には自転車やローラースケートといった子ども向けの乗り物の貸し出しもあるため、家族連れも多く訪れます。
広場の正面奥にあるのは、政府宮殿(国会議事堂)。大きく見ごたえのあるチンギスハーンの銅像はぜひ見ておきたい所です。広場の中心では、革命家スフバートルの騎馬像を見ることができます。
周辺には、モンゴル国立オペラ劇場や中央郵便局を含め、観光名所やホテル等も多く立ち並んでいるため、どこへでも行きやすく、観光の拠点としても適しています。

チンギスハーン広場

モンゴル / ウランバートル

Ulaanbaatar

■日本人墓地跡

日本人墓地跡は、ウランバートルの北部にあります。戦時中にモンゴルに抑留されたまま帰国することなく命を落とした日本人の墓地跡です。
遺骨はすでに遺族によって日本に持ち帰られており、慰霊碑が建立されています。現在は植樹活動が行われ、花壇の整備なども進められているので、夏は色とりどりの花々に囲まれています。
バスでアクセスすることができ、ウランバートル市内循環バス「ダンバダルジャー」路線、終点バスターミナルから北西に徒歩で約7分弱。日本語のパンフレットも配布されています。年中無休で、24時間いつでも慰霊参拝受付しています。

日本人墓地跡

モンゴル / ウランバートル

Ulaanbaatar

■ナーダム

ナーダム

モンゴル / ウランバートル

Ulaanbaatar,Mongolia

■国立ホスタイ公園

国立ホスタイ公園は、ウランバートルから西に約100kmの所にある国立公園です。公園内は大自然が満載。森林、岩山、湿地、草原等、自然界にある様々な環境が公園内には存在しています。野生動物も多く生息しており、野生馬タヒ・鹿・タルバガン・ガゼルといった哺乳類や、ワシ等の猛禽類にも出会うことができます。ハイキング等で、自然の観察をするのがおすすめです。
また、遺跡もおすすめ。モンゴルの歴史を感じることができます。
公園内にあるツーリストキャンプでは宿泊も可能です。英語か日本語のパンフレットをもらえるので、安心して見学ができます。

国立ホスタイ公園

モンゴル / ウランバートル

Ulaanbaatar13
http://www.hustai.mn/?alang=2

■チョイジンラマ寺院博物館

チョイジンラマ寺院博物館

モンゴル / ウランバートル

Ulaanbaatar

世界各国のWi-Fiページはこちら!

のおすすめホテル

モンゴルへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

モンゴルの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

運営会社