おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

JR西日本「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」とはどんな列車?コース・料金などの詳細情報をご紹介!

広告

トワイライトエクスプレス瑞風は、JR西日本が2017年6月から運行を始めた観光周遊型の豪華寝台列車です。大阪・京都~下関間の山陰または山陽周りで走り、途中で下車して立ち寄り観光を楽しむ内容で、1泊2日や2泊3日など計5コースあります。車体はノスタルジック・モダンの瑞風グリーンで、客室や食堂車、ラウンジカー車両など10両で編成。車両内はホテルのような上質な空間で、快適な列車の旅や一流のシェフが腕をふるう食事を満喫できます。今回はこの列車旅の魅力やコース、部屋のタイプなどの詳細や申込方法などをご紹介します。夢のような豪華寝台列車の旅を体験してみませんか。

トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)とは?

トワイライトエクスプレス瑞風は、2017年6月からJR西日本が運行している大阪・京都~下関間の豪華寝台列車です。「美しい日本をホテルが走る」をコンセプトに、ホテルのような上質空間の車両で、西日本の山陰や山陽に立ち寄り周遊観光しながら1泊2日、または2泊3日の列車の旅ができます。車内での食事や車窓、人々とのふれあいも楽しめます。

前身はトワイライトエクスプレス

瑞風の前身は、1989年から2015年まで大阪から札幌まで運行していた豪華寝台列車の先駆け「トワイライトエクスプレス」。その伝統と誇りを受け継ぐ瑞風は、車体色をトワイライトエクスプレスと同じくダークグリーンにしたり、同じ丸形のヘッドライト、ヘッドマークの天使のデザインをロゴに取り入れたりと随所にその面影を見られます。

トワイライトエクスプレス瑞風の魅力

「美しい日本をホテルが走る」をコンセプトにしたトワイライトエクスプレス瑞風。懐かしさも兼ね備えたアール・デコ調の上質かつ洗練された車内で、心地よく優雅に過ごしながら、車窓の移り行く景色や一流シェフの手がけた沿線の味覚を楽しめます。沿線の街にも立ち寄り、日本の素晴らしさに出会うなど、日常から離れた非日常の心地よい旅を体験できます。

部屋のタイプ

部屋のタイプは3種類あり、全16室、定員は最大34人。部屋のタイプは1両1室でエントランスやプライベートバルコニー、リビング・ダイニング、寝室、本格的なバスタブのあるバスルームを備えたザ・スイート(1室、定員2~4人)、収納式ベッドや大きな窓のあるロイヤルツイン(13室)、1人でも2人でも使えるロイヤルシングル(2室)があります。

運行コースと料金

トワイライトエクスプレス瑞風の運行コースは、近畿から山陰、山陽にかけての西日本を中心にしたコース。1泊2日の片道コース(山陽下り・上り、山陰下り・上り)と2泊3日で山陽・山陰を巡る周遊タイプの計5コースがあります。料金はコースや部屋のタイプ、宿泊する人数、旅行する時期によって異なります。例えば2019年7~8月の山陰下り1泊2日のコースを2名で使用した場合、1名の料金は、ザ・スイートが75万円、ロイヤルツインが27万円、ロイヤルシングルが25万円です。同じ時期を2泊3日の周遊コースを2名で使用した場合の1名の料金はザ・スイートが120万、ロイヤルツインが50万円、ロイヤルシングルが47万円。ザ・スイートは4名で利用すると1人あたりが安くなり、ロイヤルシングルは1名利用では料金が高くなります。

広告

利用できる年齢

優雅で大人の上質な旅を提供するトワイライトエクスプレス瑞風は誰もが利用できるわけではなく、年齢制限があります。利用できるのは、出発時時点で中学生以上になっている方のみなので気を付けてください。小学生以下の子供は利用できません。また、中学生以上でも申し込み時点で、20歳未満の場合、親権者の同意が必要になります。

トワイライトエクスプレス瑞風での食事

トワイライト瑞風の食事は、基本的には1日2回、オープンキッチンのある食堂車で提供されます。フードコラムニストである門上武司氏プロデュースのもと、沿線の食材を使って 「菊乃井」の村田吉弘氏監修の和食、世界的にも有名な「ハジメ」の米田肇氏監修の西洋料理が出されるほか、沿線の一流料理人による郷土料理やフランス料理などが食べられます。

ドレスコード

車両内ではドレスコードがあります。食堂車でのディナーやパブタイムはセミフォーマル、ラウンジなど車内のパブリックスペースではスマートカジュアル、朝食や観光はカジュアルです。セミフォーマルは男性はネクタイ、スーツ、上着、女性はワンピース、スーツ、上着、スマートカジュアルは男性は襟付きシャツ、上着、女性はワンピース、上着、襟付きシャツです。

バリアフリー対応

バリアフリー対応に関しては、4号車に車イスで利用できるユニバーサル対応のロイヤルツインが1室あります。トイレや出入り口などゆったりとした幅をとった部屋になっています。そのほか、妊娠中の人、身体障害者補助犬を連れている人、健康を害している人など特別な配慮が必要な場合は申し込みの際、事前に相談しておく必要があります。

広告

申込みから乗車までの流れ

トワイライトエクスプレス瑞風への申し込みは郵送かホームページからになります。申し込み多数の場合は先着順ではなく抽選。抽選の結果は郵送で連絡があり、当選者には「ご旅行申込書」「お申込み金入金のご案内」も送られます。申し込み手続きは指定日までに「ご旅行申込書」の返送と申込金を入金し、この申込金の入金により契約成立になります。出発の3ヶ月前から順次、旅行契約成立後に送られてくる「お伺い書」をもとに、アレルギーや要望などの確認の電話があります。出発の3週間前までに残金を支払います。日程表が2週間前までに送付され、2日前までに最終連絡があり、当日の乗車となります。

当選する確率を上げるコツ

トワイライトエクスプレス瑞風の人気は高く、平均の抽選倍率は最高で約31倍、2018年も15倍前後で推移しています。そのため当選確率を少しでも上げる工夫や努力が必要です。当選確率をあげるコツは、平日で観光のオフシーズンを選び、山陰の倍率が高いので山陽コース、とくに平日運行の多い上りを選びます。また、部屋のタイプも客室数の多いロイヤルツインがおすすめです。申し込み時にはキャンセル待ちをチェックしておき、アンケートもしっかり記入するのがベスト。キャンセルが出る可能性があるので最後まで望みをもちましょう。また、落選しても申込み回数に応じて、次回応募時の抽選で優遇してもらえるので、募集のたびに申し込めば当選しやすくなります。

変更・キャンセルの方法

やむをえずキャンセルする場合は、早めに連絡しましょう。出発日の前日からさかのぼって20日前より旅行代金の20%のキャンセル料がかかります。その後の取り消しについては取り消し日に応じて、キャンセル料が変わります。また、代表者の変更は認められず、キャンセルになります。同行者については変更料1万円を支払うことで変更ができます。

部屋の設備

各部屋にはシャワールーム、トイレ(ウォシュレットタイプ)、洗面台を完備。また、デスク、冷蔵庫、ワードローブ、セーフティボックス、姿見も備えています。ザ・スイートには本格的なバスタブがあり、お風呂につかりながら車窓を眺められます。部屋にテレビはありませんが、車内Wi-fiは完備されており、山間部等の一部を除いてインターネットを楽しむことが可能です。

魅力的な設備1:ラウンジカー

5号車は乗客が集って語らうことができるラウンジカー。木のぬくもりに包まれ、高級なソファが置かれたサロンスペースは、ホテルのラウンジのようなゆったりとした重厚な雰囲気が漂います。お茶会やコンサートといったイベントも開かれます。さらにその隣にはバーカウンターがあり、クルーが24時間常駐しているので、いつでもドリンクを飲むことができます。

魅力的な設備2:展望車

1号車と10号車の最前部と最後部は展望車になっており、車窓や風を身近に感じられるよう工夫されています。展望室は空まで望むことができる大きな窓が開けており、昼は移り行く車窓をダイナミックに眺め、夜は夜景や星空に包まれたロマンチックな空間となります。その先には外に出られる展望デッキがあり、走りぬける自然の風を体感できます。

まとめ

トワイライトエクスプレス瑞風は、ホテルのようなラグジュアリーな空間で、美しい車窓と沿線の美味に彩られた列車の旅が楽しめる豪華寝台列車です。車内ではコンサートなども開かれたり、観光スポットにも立ち寄ったりするなど、豪華クルーズのような旅を体験できます。優雅な列車の旅を楽しみながら日本の魅力再発見をしてみませんか?

日本の交通でおすすめの記事

詳しく

どのルートがベスト!?東京〜鎌倉・江の島間のお得なアクセスはコレだ

鎌倉・湘南 - 行き方

鎌倉・江の島は、休日にふらっと日帰りでお出かけするのにはちょうどいい観光スポットですね。海岸ドライブを楽しみながら出かけるのもいいですが、藤沢~鎌倉をつなぐ江ノ電にのってぶらり途中下車の旅を楽しむにも、沿線は観光スポットで充実しています。鎌倉や江の島を1日満喫するのに、お得な切符があるのをご存知ですか?また、利用する列車のルートでも運賃に結構な差額があります。東京や新宿から鎌倉・江の島方面へのお出かけに便利な行き方を紹介します。

詳しく

日本三名泉に行こう!群馬・草津温泉への行き方を徹底比較。

草津・万座・四万 - 行き方,高速バス

草津温泉は、江戸時代の儒学者である林羅山が、日本三名泉のひとつとして賞賛したことで広く知られるようになり、当時の温泉番付でも最高位の東大関に格付けされた日本を代表する温泉地です。 今回は東京から草津温泉への行き方をわかりやすく比較してみました。特急草津を利用すれば車内で季節限定の駅弁を味わうこともできますし、高崎線の鈍行列車を利用すれば各駅ごとに異なる発車メロディーを聞き比べることもできます。高速バス「上州ゆめぐり号」を利用すれば、乗り換えの必要がないので、ゆったりとしたシートで眠っている間に到着することができます。 最適な行き方が見つかったら、時刻表で発車時刻を調べてからお出かけください。

詳しく

【東京ディズニーランド・シー】TDR駐車場の料金や開場時間、車中泊について解説

東京ディズニーリゾート - 駐車場

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーまで自動車で行く人にとって、深夜に家を出発し、早朝に到着する旅程は定番です。大人気テーマパークなだけに、駐車場の利用可能な時間や、周辺施設、渋滞情報など、さまざまな情報を仕入れておかなければ、スムーズな旅行はできません。車中泊の場合は何時にどこに到着すべきなのかや、駐車場が開くまで食事はどうすればいいかなどを知らないまま出発すると、きっと痛い目にあうでしょう。特に家族の場合、子供の体調の変化にも気を配らなければいけません。 自動車での東京ディズニーランド・シー旅行を考えている人に参考にしてほしい、東京ディズニーリゾートの駐車場情報をまとめました。(記事中の駐車料金は2017年2月現在のものです)

詳しく

大阪からのフェリーはどこへ行く? 大阪から行く船の旅

大阪 - フェリー

大阪から四国、九州へ向かうには電車や飛行機、バスや車など様々ですが、フェリーでのアクセスも可能。もの凄く時間はかかりますが、海の上で非日常を楽しむ事ができ、あまり船旅を経験したことがない。という方も一度利用してみると快適さが分かり、リピートをする方も少なくない様です。また大阪南港にあるフェリーターミナルは、 どこも駅から近く、アクセスが非常に便利と高評価です。船内にはレストランや売店、ラウンジなどがあり、新しい旅客船には、屋外に露天風呂が作られている船もあります。運賃も大部屋の利用なら片道¥5,000台〜と安く行く事ができ、各社割引の特典やプラン等も用意されています。

詳しく

東京からのフェリーはどこへ行く? 東京から行く船の旅

東京 - フェリー

東京の竹芝埠頭からは、徳島や九州、伊豆諸島に小笠原諸島といった、近場から遠方まで様々な場所とつながっているフェリーが毎日行き来しています。ここでは、そんな竹芝旅客ターミナルから出航している「オーシャン東九フェリー」「東海汽船」「小笠原海運」の3社のフェリーの概要とターミナル情報を、それぞれ簡単に紹介しています。近隣の島々を気軽に行き来できる高速ジェット船から、充実した館内設備の大型客船、海の旅を存分に満喫できる長距離フェリーなど、船の種類も様々です。ゆったり快適に過ごせるフェリーを利用して、移動時間も楽しい旅行にしませんか。

詳しく

【千葉】ドライブの途中で立ち寄りたいおすすめの観光スポット30選

千葉 - ドライブ

関東地方の南東側に位置する千葉県。ディズニーランドや九十九里など、エリアによってさまざまな雰囲気が楽しめます。千葉県には、大海原や四季折々の花、寺社仏閣、また個性的なレジャー施設もそろっています。近年では圏央道の工事が進み、ドライブでの観光も大変便利になっています。 今回は、千葉県のドライブで訪れたいおすすめの観光スポットを紹介します。関東屈指のデートスポットの九十九里浜をはじめ、東京ドイツ村、成田空港など、千葉県ならではの観光スポットを厳選しました。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに掲載された成田山新勝寺も紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

詳しく

【羽田空港】高級ラウンジから気軽に使えるラウンジまで、利用方法を徹底解説!

羽田・大森・蒲田 - 空港

羽田空港は、イギリスのSKYTRAX社のグローバル・エアポート・アワードで4年連続5つ星を獲得しています。世界でも最高レベルの施設を備え、待ち時間も快適に過ごせると評判の空港です。 そんな羽田空港の滞在をより快適なものにしたいなら、ラウンジを利用しましょう。ラウンジなら、フライト前に人混みを避けてリフレッシュしたり、落ち着いた環境で仕事をこなしたりと待ち時間を有効に使えます。さらに、他の空港ではあまりない、航空会社の高級感溢れるラウンジを使えるオプションがあるのも魅力です。 しかし、ラウンジと言うと敷居が高く感じてしまう人も多くいます。そこで、初めての人でも気兼ねなく入れるよう、羽田空港のラウンジの基本的な使い方や、どんなサービスが受けられるのかなどの情報をまとめました。ラウンジに興味がある方や、これから使ってみたいという方はぜひ参考にしてください。

詳しく

【栃木】東京から鬼怒川温泉への行き方(交通手段)を徹底比較

日本 - 行き方

東京から片道2時間台で行ける鬼怒川温泉。雄大な鬼怒川渓谷に広がる温泉街として全国的に有名ですが、週末だけでも気軽に行けるその近さも魅力のひとつです。鬼怒川温泉までの交通手段は様々。例えば、東京スカイツリーの開業とともに便利になった東武鉄道には、特急・快速・臨時列車など色々なタイプの列車があり、車窓の景色を楽しみながら駅弁を楽しむのも良し、途中下車して寄り道するのも良し。もちろんバスや車で快適に行く方法もあります。 今回は鬼怒川温泉までの交通手段にスポットを当ててご紹介します。ファミリー・カップル・グループ旅行など、用途に合わせてベストな方法を見つけて下さいね。

更新日: 2022年7月1日

広告

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社