おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【ドイツ】ムンメル湖周辺でおすすめの観光スポット9選!ドイツを満喫!

海外旅行の醍醐味といえばやはり観光!その土地ならではのスポットを訪れることで旅行気分も盛り上がります。しかし、充実した旅行を楽しむには下調べが大切。特に行き慣れない海外だとなおさらです。下調べの際には観光スポットの場所や写真をチェックしておくだけでも現地の雰囲気が伝わってきて、気持ちに余裕ができるため、より楽しめます。 この記事ではドイツ・ムンメル湖への旅行をより楽しいものにしてくれる観光スポットをまとめました。充実した旅行のためにぜひ参考にしてください。

続きを読む

更新日: 2024年3月5日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

日本とドイツの時差

03月05日 9時40分01秒

ドイツ/バーデン=バーデンと日本/東京との時差は、8時間です。
日本の方が、8時間進んでいます。

バーデン=バーデンの時差を詳しく見る

ドイツの週間天気

ドイツの為替

1ユーロは 163.48円

※2024年3月5日の為替価格です

ドイツの言葉事情は?

ドイツの公用語は、ドイツ語です。ドイツ語はドイツ国内のみならずオーストリアやスイスなどでも公用語として広く使われている言語。ドイツ国内でもドイツ語が主流です。ですが、心配は不要です!世界的な観光大国であるドイツは、大都市ならば必ず英語表記の看板やホテルなどの英語対応など、英語が通じる環境が整備されています。近年のドイツでは英語教育にも力を入れており、小学校に上がると同時に英語の授業を受けています。ドイツの若者世代では、英語が広く通じます。観光地でない田舎町などに行かなければ、英語で十分コミュニケーションが取れます。

ドイツの治安は大丈夫?気をつけるべきエリアは?

ドイツは、ヨーロッパの中でも治安が良いことで知られている国です。ただし、治安が良いとは言ってもやはり海外。日本と同じ気分でいては、思わぬトラブルに巻き込まれかねないので注意しましょう。ドイツの中で最も治安が良いバイエルン州でさえも、犯罪件数は日本のはるか3倍にも当たります。ドイツで特に気を付けなければならないのが、スリ。陽気に話しかけてきたり写真撮影を頼んで来たりして気をそらしたすきに財布を盗む巧妙な手口にも要注意です。パスポートやカード、現金などを分散して持つ、鞄を肌身離さず持つなど自衛しましょう。夜道の一人歩きも危険です。

ドイツ旅行で現金は1日にどのくらい必要?

ドイツの通貨単位はユーロ。補助通貨単位はセントです。ドイツ語読みは、それぞれ「オイロ」「ツェント」です。紙幣の種類は、5ユーロから500ユーロまで7種類。硬貨は1セントから50セント、1ユーロ・2ユーロの8種類です。ヨーロッパの他国と比べて比較的物価が安いのがドイツの魅力ですが、1つ注意しなくてはならないのが支払い方法。ドイツではクレジットカードが使用できない店舗も多いので、その分現金を多く用意しておく必要があるのです。券売機や有料トイレなどで小銭を使う機会も多いので、換金所で両替しましょう。1日30~50ユーロを現金で持っておくと安心です。

ドイツの気候は?季節に合わせて服装を選ぼう!

ドイツは冬の寒さが厳しいことで知られる国。南ドイツに位置するミュンヘンでさえ、北海道より北に位置しているからです。冬にドイツ旅行をする際には防寒対策を万全に。イヤーマフやトレッキングシューズなど、洋服以外の装備も万全にして向かいましょう。春もまだ夜には冷え込むことも多々あります。寒暖差に備えて羽織り物は必須です。夏も最高気温は20℃ほど。それでも近年は温暖化の影響で一時的に30℃ほどまで気温が上がることもあるので紫外線対策ができる服装がおすすめです。高級レストラン以外ならカジュアルな服装でOKですが、ちょっといいお店に行く予定があるなら靴はスニーカー以外にしましょう。

ムンメル湖周辺でおすすめの観光スポットを紹介!

■ムンメル湖

ムンメル湖は、古くゲルマン時代から「神聖な場所」として崇められてきました。
バーデンバーデンから車で30分ほど南に下った所にあります。湖の近くには駐車場があるので、車でのアクセスが良いスポットです。
標高約1000mに位置しているムンメル湖は散策にも良い場所です。湖畔からは絶景を眺めることができ、晴れていればフランスのアルザス地方までも見渡すことができます。カフェやお土産物を販売しているショップ等も立ち並んでいるので、楽しく散策することができます。ペダルボートのレンタルもあるので、湖の上からの散策もおすすめです。

ムンメル湖

ドイツ / バーデン・バーデン

Schwarzwalderhochstrasse 11 | Seebach, 76534, Baden-Baden, Baden-Wurttemberg, Germany
+49 7842 99286

広告

■黒い森高原街道

黒い森高原街道は、温泉地のバーデンバーデンから、カッコー時計で知られるトリベルクまでの黒い森を抜ける人気の観光街道です。
黒い森は南北に160km、東西に20から60kmの広がりを持ち、モミの木などの針葉樹を主体とする森は遠くから黒く見えることからこの名が付けられました。
中世の雰囲気漂う家並みが美しいゲンゲンバッハや、日本ではあまり知られていないサスバッハヴァルテンなどの魅力ある町がたくさんあります。またフランス国境沿いに近いこのエリアには洗練されたフランス料理店が多いのも特徴の一つです。

黒い森高原街道

ドイツ / その他の観光地

Schwarzwald, ドイツ

■ゲロルサウの滝

ゲロルサウの滝は、バーデンバーデンの街の中心部から車で約15分の場所に位置する滝です。滝のすぐ近くの地点と滝から約800mの地点に駐車場があるので、車でのアクセスが良いスポットです。
水量は少なめの小さな滝ですが、周りには緑も多く、滝と緑とのコントラストが美しい景色を楽しむことができます。周りには、いくつかのハイキングコースも設置されているので、自然の絶景を見ながら散歩やトレッキングを楽しむこともおすすめです。
また、ゲロルサウの滝の近く、100mの所にはレストランがあります。景色を見ながら美味しい料理を楽しむことができます。

ゲロルサウの滝

ドイツ / バーデン・バーデン

Wasserfallstraße, 76534 Baden-Baden

■ホーエンバーデン城

ホーエンバーデン城は、市街地から北東へ1.5kmの所に位置します。1100年に建てられた城は廃墟となっていますが、無料で見学することができ、その物悲しい雰囲気が歴史の深さをより感じさせてくれます。
ホーエンバーデン城は、山の上に建っているので、城上部の塔からはバーデンバーデンの街並みやライン渓谷といった絶景を360度どこを見渡しても楽しむことができ、周辺は自然と景色を堪能することができるハイキングコースとなっています。
また、城内にはレストランもあり、城という他では体験することができない独特な雰囲気の中で、美味しい料理を楽しむこともできます。

ホーエンバーデン城

ドイツ / バーデン・バーデン

Alter Schloßweg 10, 76532 Baden-Baden
+49 7221 2815250

■マークアー登山鉄道

マークアー登山鉄道

ドイツ / バーデン・バーデン

Merkuriusberg 2 | What3words: Luring.results.fenced, 76530, Baden-Baden, Baden-Wurttemberg, Germany
+49 7221 31640
10時~20時
https://www.stadtwerke-baden-baden.de/de/mobilitaet-freizeit/merkurbahn/

■シュヴァルツヴァルト (黒い森) 野外博物館

シュヴァルツヴァルト (黒い森) 野外博物館は、1963年に作られた博物館で、16世紀から18世紀に作られた古民家を移築し展示しています。
5.5haの敷地には、工場、貯蔵施設、パン屋、鍛冶屋、農家、礼拝所などの建物が昔のままの姿で保存されており、内部を見学することができます。博物館は3月下旬から11月上旬まで毎日開園しており、施設内では工芸品の実演や家族向けのイベントなどを開催しています。
また園内には畑や菜園があり、ドイツ料理を味わえるレストランも併設され、ゆっくりと過ごす事ができます。

シュヴァルツヴァルト (黒い森) 野外博物館

ドイツ / その他の観光地

Schwarzwälder Freilichtmuseum Vogtsbauernhof, Wählerbrücke 1, 77793 Gutach (Schwarzwaldbahn), ドイツ

広告

広告

のおすすめホテル

ドイツへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

ドイツの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社