おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【ドイツ】僧院の島ライヒェナウ周辺にあるおすすめ観光スポット6選!情報はこちらから

ドイツのライヒェナウにある僧院の島ライヒェナウは、コンスタンツ湖(ボーデン湖)にある島で、ライヒェナウ島と本土は人工の道路でつながっています。別名「幸せな島」といわれていて、島自慢の白ワインと魚料理を楽しめます。 ライヒェナウ島にはたくさんの教会があって、千年以上前に描かれた貴重な壁画がある聖ゲオルク教会、島で一番古い教会といわれている聖マリア・マルクス教会、イエスキリストの彫刻を見られる聖ペテロ・パウロ教会などがあります。 ライヒェナウ島は「僧院の島ライヒェナウ」として世界文化遺産に登録されています。今回は、そんな僧院の島ライヒェナウ周辺の見どころについて紹介します。

続きを読む

更新日: 2024年3月5日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

日本とドイツの時差

03月05日 7時50分33秒

ドイツ/コンスタンツと日本/東京との時差は、8時間です。
日本の方が、8時間進んでいます。

コンスタンツの時差を詳しく見る

ドイツの週間天気

ドイツの為替

1ユーロは 163.48円

※2024年3月5日の為替価格です

ドイツの治安は大丈夫?気をつけるべきエリアは?

ドイツは、ヨーロッパの中でも治安が良いことで知られている国です。ただし、治安が良いとは言ってもやはり海外。日本と同じ気分でいては、思わぬトラブルに巻き込まれかねないので注意しましょう。ドイツの中で最も治安が良いバイエルン州でさえも、犯罪件数は日本のはるか3倍にも当たります。ドイツで特に気を付けなければならないのが、スリ。陽気に話しかけてきたり写真撮影を頼んで来たりして気をそらしたすきに財布を盗む巧妙な手口にも要注意です。パスポートやカード、現金などを分散して持つ、鞄を肌身離さず持つなど自衛しましょう。夜道の一人歩きも危険です。

ドイツ旅行で現金は1日にどのくらい必要?

ドイツの通貨単位はユーロ。補助通貨単位はセントです。ドイツ語読みは、それぞれ「オイロ」「ツェント」です。紙幣の種類は、5ユーロから500ユーロまで7種類。硬貨は1セントから50セント、1ユーロ・2ユーロの8種類です。ヨーロッパの他国と比べて比較的物価が安いのがドイツの魅力ですが、1つ注意しなくてはならないのが支払い方法。ドイツではクレジットカードが使用できない店舗も多いので、その分現金を多く用意しておく必要があるのです。券売機や有料トイレなどで小銭を使う機会も多いので、換金所で両替しましょう。1日30~50ユーロを現金で持っておくと安心です。

ドイツのオススメグルメは? 食事のマナーにも気をつけよう!

ドイツグルメといえば、何といってもソーセージとドイツビールが有名!肉料理が多いのがドイツ料理の特徴です。南ドイツの伝統料理であるシュパンヘルケルは、離乳前の子豚の丸焼きです。長時間塩漬けにされた豚肉の塊料理はアイスバイン。ボリューミーな料理が多いですが、白アスパラがメインのシュパーゲルなど野菜をふんだんに使った料理もあります。レストランではサービス料が含まれているので必ずしもチップは必要ではありませんが、一般的には支払いの10%ほどをテーブルでの支払い時に渡すのがマナー。ドイツでは挨拶も大切です。入店時やサービスを受けた際にはスタッフに声を掛けましょう。

感動!ドイツの世界遺産を満喫しよう!

古い歴史を持つドイツは、世界遺産も豊富。中でもキリスト教文化に関する世界遺産は必見です。中でも1978年に世界遺産登録された北部ヨーロッパ最古の聖堂であるアーヘン大聖堂は外せません。涙を流す伝説があるキリスト像を祀るヴィース巡礼教会も、多くの人々が訪れることで有名な世界遺産です。「バイエルンの真珠」と称されるハンベルク市街は、街全体が中世ドイツの佇まいをとどめています。ヨーロッパ最古の歌劇場であるバイロイト辺境歌劇場やレンガ造りの交易地であるハンブルクの倉庫街などの歴史ある建造物、ヴィルヘルムスヘーエ丘陵公園やデッサウ・ベルリッツの庭園王国など、美しい自然美もおすすめの世界遺産です。

僧院の島ライヒェナウ周辺でおすすめの観光スポットを紹介!

■ライヒェナウ島

ライヒェナウ島はドイツ南部、スイスとの国境となるボーデン湖に浮かぶ島です。Reichenau(Baden)駅から島の中心部までは5.3km、徒歩7分ほどでアクセスできます。
島全体が世界遺産に登録されており、修道院が多く建てられたことから修道院の島と称されていました。かつては陸路はなく、船のみの移動手段だったため、島独自の文化が栄えたことも特徴の1つです。ライヒェナウ修道院のほか、各教会は歴史ある佇まいとなっており、自然あふれる豊かな土地も見られます。
野菜のほか、ワインの生産地として知られ、湿地帯などの美しい風景も望めるのがポイントです。

ライヒェナウ島

ドイツ / その他の観光地

Reichenau, 78479 Reichenau, ドイツ

■聖ゲオルク教会 (ライヒェナウ)

聖ゲオルク教会 (ライヒェナウ)は、ライヒェナウ島の東部に位置する教会です。
本土から続く陸路の入り口付近にある教会で、建設は9世紀ごろと長い歴史を持ちます。内部の壁には「キリストの奇跡」のフレスコ画が描かれているのが特徴。素朴な外観で周囲の草花との風景が懐かしさを感じさせます。

聖ゲオルク教会 (ライヒェナウ)

ドイツ / その他の観光地

Sankt Georg, Seestraße 2, 78479 Reichenau, ドイツ

広告

■聖マリア・マルクス教会 (ライヒェナウ)

聖マリア・マルクス教会 (ライヒェナウ)は、ライヒェナウ島の中央北部にある教会です。
9世紀ごろに建てられた教会で最も古い部分は816年ごろの建設と言われ、島内で最古の教会となっています。素朴な外観とシンプルな内装が印象的。中世初頭から11世紀ごろの建築様式が垣間見れるのもポイントです。

聖マリア・マルクス教会 (ライヒェナウ)

ドイツ / その他の観光地

Münster St. Maria und Markus, Münsterpl. 4, 78479 Reichenau, ドイツ

■聖ペテロ・パウロ教会 (ライヒェナウ)

広告

聖ペテロ・パウロ教会 (ライヒェナウ)は11〜12世紀ごろに建てられたとされる教会です。ライヒェナウ島西部に位置し、島の入り口付近の駐車場からは4.5kmほどの距離があります。
オレンジ色の屋根で素朴な雰囲気の外観で、内部は白い外壁とアーチ状の柱が見られます。優しい色合いのフレスコ画、キリストの生々しい彫刻があり、神聖な雰囲気が感じられるのがポイントです。

聖ペテロ・パウロ教会 (ライヒェナウ)

ドイツ / その他の観光地

Sankt Peter und Paul, Reichenau, Eginostraße 19, 78479 Reichenau, ドイツ

■ライヒェナウ博物館

ライヒェナウ博物館はライヒェナウ島中心部に位置する博物館です。島の入り口にある駐車場からは2.6km、徒歩30分ほどのところにあります。
ドイツらしい木組みの建物で、以前は修道院として使われていました。島独自の修道士たちの暮らしや歴史に関する資料のほか、島の発掘物などが展示されています。

ライヒェナウ博物館

ドイツ / その他の観光地

Museum Reichenau, Ergat 1, 78479 Reichenau, ドイツ

■ボーデン湖

ボーデン湖は、スイス、ドイツ、オーストリアの国境になる湖でコンスタンツ湖とも呼ばれ、ヨーロッパでは温暖なリゾート地として知られています。
ボーデン湖には花の島マイナウ島(ドイツ)や世界遺産の島ライヒェナウ島(ドイツ)、さらにはメーアスブルク(ドイツ)やシュタイン・アム・ライン(スイスといった中世の面影を残す美しい町々まで多くの魅力ある観光地があります。
ボーデン湖畔最大の町はボーデン湖の西端に位置する古都コンスタンツ(ドイツ)で、4世紀半ばにローマ皇帝コンスタンス・クローレによって築かれたといわれ、1414年から1418年にかけては、教会大分裂を終結させた「コンスタンツの公会議」の舞台となりました。コンスタンツのシンボルとして港の突堤に回転するインぺリア像があります。

ボーデン湖

オーストリア / ブレゲンツ

Bodensee, Austria

まとめ

ドイツは、首都ベルリンと同規模の都市が点在し、各地で特色豊かな文化が花開いているのが魅力です。ドイツビールやソーセージなどグルメも日本人好み。年間を通して楽しいお祭りも催されています。アーヘン大聖堂をはじめとした世界遺産も見ごたえ抜群。そんなドイツへ、パッケージツアーや航空券予約を利用してぜひ出かけてみてくださいね!

観光のおすすめ記事

詳しく

【世界遺産】ムスカウ公園は、ドイツとポーランドとにまたがる庭園

その他の観光地 - 文化遺産

ナイセ川の両岸に広がるムスカウ公園一帯は、かつてはプロイセン領で、19世紀のドイツ貴族、ヘルマン・フォン・ビュックラー=ムスカウ侯爵が所有していました。旅行家、作家、園芸家などさまざまな方面で活躍したムスカウ侯爵は、ランドスケープアーキテクトとしても優れた才能の持ち主で、1814年に旅行したイギリスで目にした風景や庭園をもとに、1815年から自身の屋敷の庭園の設計と造園を開始しました。侯爵が造った広さ560haにも及ぶ水と緑が織りなす美しい庭園は、景観デザインの傑作として、2004年に文化遺産に登録されました。

詳しく

【世界遺産】アルフェルトのファグス工場は、1911年建造とは思えないドイツの超モダン建築

その他の観光地 - 文化遺産

ファグス工場を見ると、これが100年以上昔に建てられた、それも工場の建物だとは信じられないかもしれません。全面ガラス張りで、建物の角に支柱はありません。明るい黄色の煉瓦と、ガラス製のカーテンウォールだけで構成されたラーメン(骨組み)構造のビルは、現在でも、モダンなオフィスビルそのものです。 ファグス工場は、のちにバウハウスの中心となって活躍する、ヴァルター・グロピウスとアドルフ・マイヤーによって、1911年に建設が始められました。ガラス張りの造りは、作業中の事故を激減させ、労働環境の改善にも役立ちました。バウハウスの始まりを告げる記念すべき建造物であり、また、光あふれる作業場が、その後の工場建築に多大な影響を及ぼしたことが評価されて、2011年に文化遺産に登録されています。 (写真:アルフェルトのファグス工場 ©UNESCO/Fagus-GreCon)

詳しく

【ドイツ】ポツダム・世界遺産に登録されているサンスーシ宮殿の見どころまとめ

その他の観光地 - 文化遺産

第二次世界大戦時に会談が行われた町として知られるドイツ・ポツダム。歴史的に大きな出来事のあった都市ということもあって世界的にも有名な都市ですが、世界遺産にも登録されている宮殿や美しい庭園があることでも有名です。 その1つであるサンスーシ宮殿は世界的に見ても独創的な装飾のある宮殿として知られており、ドイツ観光のスケジュールの中にもぜひ入れて欲しいスポットとなっています。ここからはサンスーシ宮殿について紹介していきます。

詳しく

【ドイツ】ムスカウ公園周辺でおすすめの観光スポット5選!世界遺産を巡ろう

その他の観光地 - 文化遺産,広場・公園,城・宮殿

ムスカウ公園は、ドイツとポーランドにまたがる総面積約830haの公園で、世界遺産に指定されています。19世紀前半に造営されたムスカウ公園は、イギリス式庭園の傑作と言われており、ドイツとポーランドの和解の象徴ともなっています。蛇行するナイセ川の複雑な地形を壊すことなく活かし、異なるコンセプトで設計された各エリア。公園内には新城と旧城、温室や騎士の館、バーデ&ベルクパルクなどの見どころも満載です。4月~10月のシーズン限定で森林鉄道(ヴァルトアイゼンバーン/Waldeisenbahn)も走っています。 ムスカウ公園へは「ヴァイスヴァッサー(Weißwasser)」駅から250番バスに乗り、「キルヒプラッツ(Kirchplatz)」というバス停で降車。そこから徒歩5分ほどのところにあります。 今回は、そんなムスカウ公園周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【ドイツ】ムンメル湖周辺でおすすめの観光スポット9選!ドイツを満喫!

その他の観光地 - 滝・河川・湖,森林・ジャングル

海外旅行の醍醐味といえばやはり観光!その土地ならではのスポットを訪れることで旅行気分も盛り上がります。しかし、充実した旅行を楽しむには下調べが大切。特に行き慣れない海外だとなおさらです。下調べの際には観光スポットの場所や写真をチェックしておくだけでも現地の雰囲気が伝わってきて、気持ちに余裕ができるため、より楽しめます。 この記事ではドイツ・ムンメル湖への旅行をより楽しいものにしてくれる観光スポットをまとめました。充実した旅行のためにぜひ参考にしてください。

詳しく

【ドレスデン】バスタイ橋周辺にあるおすすめ観光スポット6選!情報はこちらから

その他の観光地 - 山・渓谷,滝・河川・湖,森林・ジャングル,城・宮殿,史跡・遺跡,広場・公園

バスタイ橋はドイツ東部ザクセンスイス国立公園にあります。ザクセンスイス国立公園はドレスデン南東部の砂岩山地の区域であり、保護されています。白亜紀に起きた地殻変動の影響、水による浸食で数々の奇岩が残っています。それらの岩と岩をつなぐように作られたバスタイ橋は「天空の橋」と称され、隠れた絶景スポットとして人気が高いです。バスタイ橋から見える国立公園の美しい山々とエレベ川が織りなす景色は必見。ドレスデンからも日帰り観光も可能なので、多くの観光客が訪れます。 今回は、そんなバスタイ橋周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【ドイツ】ワンダーランドカルカー周辺にあるおすすめ観光スポット5選!情報はこちらから

その他の観光地 - 城・宮殿

ドイツのカルカーにあるワンダーランドカルカーは、カルカー高速増殖炉の跡地につくられたテーマパークで、年間約60万人の来場者が訪れる観光スポットです。 ワンダーランドカルカー内には、ケルニー・ファミリーパーク(遊園地)があって、ローラーコースター、観覧車、ゴーカートなどのアトラクションで遊べます。レストラン、ホテル、テニスコートなどの施設もパーク内にあります。 ワンダーランドカルカーでは入場券を買うだけで、食べ放題、飲み放題、乗り放題を楽しめます。今回は、そんなワンダーランドカルカー周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【プットガルテン】アルコナ岬周辺でおすすめの観光スポット6選!編集部厳選

その他の観光地 - 海岸・海,山・渓谷,森林・ジャングル,自然遺産,広場・公園

まだ見ぬ場所での新たな出会いにワクワクする海外旅行。その楽しみ方は人それぞれ。事前にしっかり調べて旅行に出かける人や現地で気のおもむくままに旅行を楽しむ人などなど。自分の旅行のスタイルに合わせて観光の予定も組み立てて行きたいところです。 この記事ではドイツ・アルコナ岬での厳選した観光スポットを紹介しているので、ドイツ・アルコナ岬への旅行を考えている人や今、まさに旅行中の人にもぴったりです。準備の時から観光中もトラベルブック片手に自分なりの旅行を楽しんでください。

広告

広告

のおすすめホテル

ドイツへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

ドイツの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社