おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【ツェルマット】名所9選とともに紹介! 夏のマッターホルン完全観光ガイド

146,020 views

広告

【ツェルマット】名所9選とともに紹介! 夏のマッターホルン完全観光ガイド

スイスとイタリアの国境を成し、その特徴的な三角錐の形からスイスのシンボルとしても愛される標高4,478mのマッターホルン。この美しい山の観光や登山をする人々の拠点になる場所が、谷間の小さな村ツェルマットです。

マッターホルンの懐に抱かれたツェルマットの村からは、天気や時間帯によってその表情を変えるマッターホルンの姿を望むことができ、周辺には角度や標高を変えて美しい山の姿を見ることができる様々な展望台やハイキングコースが充実しています。そこで今回は、ツェルマットを訪れたらおすすめしたい、とっておきの観光スポットやマッターホルンの楽しみ方を紹介します。

ツェルマットの観光事情について

ツェルマットの主要観光エリアとその特徴とは?

マッターホルン観光の拠点に人気の村ですが、周辺にはマッターホルンや美しい自然の風景を楽しめるスポットがあります。湖面に映り込むマッターホルンが楽しめるリッフェル湖。風の弱い好天の日のみ見る事ができる貴重な景色です。夏は湖の周りに高山植物が咲き乱れ絶好のハイキングスポットとなります。また街の中心街から1番近い展望台からは鋭く尖ったマッターホルンの頂上部が見えると人気のスポット。景色を楽しみながら食事ができるレストランもあり、時間を忘れゆっくりと過ごす事ができます。

■マッターホルンの観光シーズン

【ツェルマット】名所9選とともに紹介! 夏のマッターホルン完全観光ガイド

観光のベストシーズンとも呼べるのが、7~9月の夏の時期。この時期は観光客で特に賑わいます。たくさんの高山植物が出迎えてくれ、山岳リゾート地でアウトドアを楽しめます。アルプスでは真夏にも雪が降る事がありますが9月中旬頃までは凍りつく事も無く、天候が安定し、花も多く咲いているのでハイキングに最適です。但し季節の変わり目はいつも一定ではなく、天気が急変する事もあります。夏場でも夜は冷えるので上着は必ず持って行ってください。

9月は紅葉と湖のコントラストが綺麗ですが、10月を過ぎると観光地が長期休暇になることもあります。冬はスキーやスノーボードも楽しめますので、防寒対策を徹底してスノーアクティビティを楽しみましょう。

■マッターホルンの名所9選

1. ゴルナーグラート (Gornergrat)

A post shared by JF (@photonashcity) on

はじめに紹介するマッターホルンの名所は「ゴルナーグラート (Gornergrat)」。アクセスのしやすい点とマッターホルンの美しい眺望で人気。

ツェルマット駅前から発車するオレンジ色の車体がレトロな雰囲気のゴルナーグラート登山鉄道に乗れば、約30分で標高3,089mの展望台に到着します。途中には、カラマツ林やマッターホルンの姿が右手に広がり、段々と標高が上がるにつれてワクワク感も膨らみます。

頂上の展望台からはマッターホルンはもちろん、モンテローザ、リスカムなど、ヴァレー地方を代表する4,000m級の山々や雄大なゴルナー氷河を一望できます。展望台にはお土産ショップやカフェも併設されているので、ぜひゆっくりと大自然の絶景を楽しんでください。

展望台には絶景自慢のホテル「クルムホテル・ゴルナーグラート」が建っています。ここに宿泊すれば、美しい名峰の数々を背景に夕暮れや星空、そして幻想的な朝焼けを体験できます。夏期には、日の出に合わせたサンライズ・ツアーも実施しているので、ツェルマットで特別な体験をしたい人は、ぜひチェックしてみてください。

ゴルナーグラート

スイス / ツェルマット

Gornergrat, 3920 Zermatt

2. リッフェル湖周辺のハイキング

2番目におすすめするマッターホルンの名所は「リッフェル湖周辺のハイキング」。ゴルナーグラート鉄道のゴルナーグラート頂上駅のひとつ下「リッフェルベルク駅」で下車すると、そこからハイキング初心者にも人気の「リッフェルベルク~ローテンボーデン間」のハイキングルートを歩けます。

エイッフェルベルク駅のすぐ近くには、リッフェルベルク湖が広がっているので、ぜひそこから美しいマッターホルンの姿を楽しんでください。晴天で風のない穏やかな日であれば、湖に映り込む逆さマッターホルンを見られるでしょう。7月初旬ごろからは色鮮やかな高山植物もあちらこちらで目にできます。

ハイキングルートの終点「ローテンボーデン駅」近くには、レストランカフェもあるので、疲れた体をリフレッシュさせるのにも便利。まだまだ歩き足りない人は、ここからさらにツェルマットの村を目指してハイキングを続けることもできるので、体調や気分によってコースを決めてみてはいかが?

リッフェル湖

スイス / ツェルマット

riffelsee

3. スネガ パラダイス (Sunnegga Paradise)

A post shared by keiko (@keiko.1990) on

3番目におすすめするマッターホルンの名所は「スネガ パラダイス (Sunnegga Paradise)」。あまり標高の高い展望台は体力的に自信がない人という人におすすめなのが、標高2,288mのスネガ展望台です。

ツェルマットからは地中を走るケーブルカーで約3分という早さでアクセスできる手軽な展望台です。簡単にアクセスできるうえ、展望台から眺めるマッターホルンの姿は格別で、見る角度によってその表情を変える"山の女王"マッターホルンの、最も美しく見える角度がスネガからの眺めだと言われています。

ケーブルカーの駅には、ゆったり座れるカフェレストランもあるので、晴れた日には日向ぼっこしながら雄大なアルプスの峰々の眺望を楽しんではいかがですか? 展望台のすぐそばには、アルプスに生息する小動物マーモットが観察できるスポットや、逆さマッターホルンが映ることで知られるライ湖もあるので、周辺のちょっとした散策を楽しむのもよいでしょう。

スネガ パラダイス

スイス / ツェルマット

Zermatt, Switzerland

広告

4. ロートホルン パラダイス (Rothorn Paradise)

A post shared by Karin (@fitnesszermatt) on

4番目におすすめするマッターホルンの名所は「ロートホルン パラダイス (Rothorn Paradise)」。スネガからゴンドラ・ロープウェーを乗り継いでアクセスできる標高3,103mの展望台。

スネガ展望台と並び、「マッターホルンが最も美しい角度で見られる展望台」として人気のスポットです。6月下旬から9月中旬までの夏季限定で、マッターホルンと周辺の山々の頂きが紫からピンクへと変わっていく朝焼けの時間帯の早朝ツアーも実施しているので、興味があるからはチェックしてみましょう。

ロートホルン展望台のひとつ下の展望台「ブラウヘルト」からは、3つの湖とスイスを代表する貴重な高山植物エーデルワイスの群生地を訪ねる人気のハイキングコースがあります。初級~中級向けで、所要時間は約2~2.5時間です。雄大な大自然を肌で感じたい人はぜひチャレンジしてみてください。

ロートホルン パラダイス

スイス / ツェルマット

Rothorn, 3920 Zermatt

5. シュヴァルツゼー パラダイス (Schwarzsee Paradise)

A post shared by Syfra van de Loo (@syfra) on

5番目におすすめするマッターホルンの名所は「シュヴァルツゼー パラダイス (Schwarzsee Paradise)」。ツェルマットの村をマッターホルン方向に進んだ村はずれに、高速ケーブル「マッターホルン・エクスプレス」の乗り場があります。空中遊覧を楽しむこと約12分で到着するのが、マッターホルン北壁の麓にある「シュヴァルツゼー・パラダイス」です。

「黒い湖」という意味のシュヴァルツゼーは、ケーブルカーを降りたすぐ近くに広がる山上湖で、その名前の通り深い色をした湖からは自然の造形の美しさを感じます。また、湖畔に小さな礼拝堂が佇む様子は、人々の自然への畏怖と尊敬も感じさせ、幻想的ですらあります。湖の周囲に目をやると、美しい大自然が広がっており、山々の間から特徴的なマッターホルンの三角形も顔をのぞかせています。近くにはカフェレストランもあるので、天気の良い日には湖周辺でのんびり過ごしたり、ハイキングを楽しむのがおすすめです。

シュヴァルツゼー パラダイス

スイス / ツェルマット

3920 Zermatt

6. マッターホルン グレーシャー パラダイス (Matterhorn Glacier Paradise)

6番目におすすめするマッターホルンの名所は「マッターホルン グレーシャー パラダイス (Matterhorn Glacier Paradise)」。"クラインマッターホルン展望台"とも呼ばれる標高3,818mの展望台が、グレーシャーパラダイスです。ツェルマットからは、フーリ、トロッケナーシュテークを経由して約20分でアクセスできます。

マッターホルンを間近に望む大型ケーブルで頂上に到着したら、山肌を掘って造られたトンネルの先にあるエレベータでさらに頂上を目指しましょう。なお、一気に標高が上がっていくので体調を崩さないようご注意ください。元気な人はさらに階段を上がって、ヨーロッパで一番高い場所にある高さ3,883mの展望台から、万年雪をかぶった4,000m級のアルプスの壮大なパノラマを楽しんでください。驚くほどに近くにに迫るマッターホルンやブライトホルン、モンブランなどの姿に感動することは間違いありません。

マッターホルン グレーシャー パラダイス

スイス / ツェルマット

Klein Matterhorn, 3920 Zermatt

7. マッターホルン博物館 (Matterhorn Museum)

A post shared by Leila Azevedo (@leilaazvdo) on

7番目におすすめするマッターホルンの名所は「マッターホルン博物館 (Matterhorn Museum)」。ツェルマット駅前からバーンホフ通りをまっすぐ歩くと、村の中心に当たる教会前広場が目の前に開けます。その一角にあるガラスのドーム型の外観が特徴的な建物が、マッターホルン博物館の入り口です。

館内では、マッターホルンの地学的な研究や登頂を目指したアルピニストたちの歴史の展示、そしてツェルマットを含むヴァリス地方の昔の生活や暮らしぶりを再現したコーナーなどを見てまわることができます。
なかでも、19世紀に初登頂に成功したイギリス人登山家ウィンパーの使ったピッケルやザイルの展示は注目で、下山時に大きな事故を引き起こした途切れたザイルの展示は、マッターホルンが"魔の山"と恐れられていた歴史を物語っているようです。

マッターホルン博物館

スイス / ツェルマット

Tempel 6, 3920 Zermatt

8. バーンホフ通り(Bahnhofstrasse)

A post shared by @bahnhofstrasse.zurich on

広告

8番目におすすめするマッターホルンの名所は「バーンホフ通り(Bahnhofstrasse)」。ツェルマットの鉄道駅の前から伸びるバーンホフ通りは、ツェルマットを南北に貫く村のメインストリートです。駅前から南方向の教会までの通りにはホテルやレストラン、お土産ショップなどがひしめき合い、人通りが絶えません。食事場所やお土産を探す場合には、バーンホフ通りを歩いてみるのがおすすめです。

バーンホフ通りを歩くのは人間だけではありません。朝と夕方には、小屋から牧草地を往復する羊の群れが通りを大行進します。なんとも牧歌的な光景なので、チャンスがあれば一度は目にしたいシーンです。また、駅前とホテルを行き来する電気自動車や馬車なども通るので、通行の際には注意してくださいね。

バーンホフシュトラッセ

スイス / ツェルマット

Runs north-south west of Limmat River, Zurich, Switzerland

9. ネズミ返しの小屋(Mazot)

A post shared by @mrsswannh on

最後におすすめするマッターホルンの名所は「ネズミ返しの小屋(Mazot)」。ホテル「モンセルヴァンパレス」と村の中心を流れるマッターフィスパ川の間に広がるヒンタードルフ通り周辺の保存地区には、ツェルマットを含むこの地域の伝統的な穀物倉庫が残されています。これらは、黒いカラマツ材で造られた高床式の建物で、ネズミの侵入を防ぐために倉庫と床柱の間に円盤状の石(ねずみ返し)が取り付けられていることがわかります。

ネズミ返しの小屋

スイス / ツェルマット

Stadelpfosten und stelze, Zermatt

ツェルマットの名物・名産品はコレ!

ツェルマットの郷土料理・ご当地グルメ

スイスのグルメといえばチーズフォンデュ。ツェルマットでもチーズフォンデュの有名なお店があり、パンやジャガイモをワインの風味が効いたチーズにたっぷりと絡めていただきます。そのほかスイスといえばラクレット、ジャガイモ料理のレシュティなどもありますが、マッターホルンの麓の農場で飼育されたラム肉を使った料理も絶品。街の中でも1.2を争う人気店では、なんとラム肉のカルパッチョを食べる事ができます。上に乗ったチーズとの相性は抜群で、ラムの肉自体の美味しさに驚かされます。

ビュンドナーフライシュ

ひとつめのツェルマットの郷土料理として最初に紹介するのが、「ビュンドナーフライシュ」。山岳部の伝統的な保存食です。味のついた牛肉の塊を乾燥させたドライビーフで、カンナのような道具で削ってそのまま食べます。口の中でスパイスの風味が広がり、赤ワインのお供にピッタリ。現地では主にパンと一緒に食べられています。

ラクレット

【ツェルマット】名所9選とともに紹介! 夏のマッターホルン完全観光ガイド

2つめに紹介するツェルマットの郷土料理は、「ラクレット」です。フランス語で「削る・ひっかく」という意味の料理で、大きなチーズの切り口を温めて、溶けたところをナイフで削って食べます。茹でたジャガイモやパンにつけて食べるもので、「アルプスの少女ハイジ」の食事シーンに登場したこともあります。近年日本でも人気が出ているチーズグルメですね。

レシュティ

【ツェルマット】名所9選とともに紹介! 夏のマッターホルン完全観光ガイド

最後のツェルマットの郷土料理は、「レシュティ」。スイスの国民食とも言われるのがこちら。粗くおろしたジャガイモをパンケーキのように焼いたもの。もとはドイツ語圏の定番料理で、主に朝食として食べられていて、多くのレストランでも見かけます。料理の付け合わせとしても、メイン料理としても楽しめます。

■マッターホルンのアクセス情報

チューリッヒ ー ツェルマット

【ツェルマット】名所9選とともに紹介! 夏のマッターホルン完全観光ガイド

チューリッヒ国際空港

http://yap.blog.so-net.ne.jp

ツェルマットはマッター谷の一番奥のイタリア国境に近いところに位置しています。スイスの北部にあるチューリッヒ国際空港からはスイス国鉄に乗って3時間30分ほどかかります。途中フィスプ駅で乗り換えてからは渓谷の中のようなところを進みます。マッターホルンはあまり車窓からは見えませんので、到着が待ち遠しくなります。2007年に完成したトンネルのおかげで、所要時間は以前より1時間ほど短縮されました。

ジュネーブ ー ツェルマット

【ツェルマット】名所9選とともに紹介! 夏のマッターホルン完全観光ガイド

ジュネーブ国際空港

http://blog.livedoor.jp

スイス西部フランスとの国境近くにあるジュネーブ国際空港からも鉄道でツェルマットに向かうことができます。チューリッヒからのアクセス同様、途中フィスプ駅で乗り換えます。ちなみに、ツェルマットからさらに谷奥へのアクセスにガソリン車の乗り入れは厳禁。電気自動車がメインで、キレイな山岳の空気はそうやって保たれています。

ツェルマット観光の注意点

ツェルマット観光で気になる治安情報

一般的に治安が良いと言われるスイスですが、その中でもツェマルトは、自然環境の面から速度の遅い小さな電気自動車しか乗り入れる事が出来ない為、交通事故なども心配ありませんし、街全体が落ち着いた雰囲気で街の繁華街には海外からの観光客も多く常に人の目があり非常に治安の良い村と言えます。しかしそこは海外のため、スリや置き引きなどには充分気をつけましょう。

ツェルマットの通信環境、無料Wi-Fiは使えるの?

ツェルマットでのインターネット、WIFI環境について、殆どのホテルには無料のWIFIが飛んでおり、中央駅の隣にあるインフォメーションでも無料WIFIが飛んでいて大変便利です。スイスでは国内最大の通信会社Swisscomが提供する無料のホトスポットが空港や駅、ホテルなど約1700箇所以上で利用可能。また日本からポケットWIFIなどを持参して行けば、街中でも問題なくWEB利用が可能です。

スイスで使えるレンタルWi-Fiルーターの最安値を調べる

■まとめ

【ツェルマット】名所9選とともに紹介! 夏のマッターホルン完全観光ガイド

いかがでしたか?アルプスの環境保護を目的としてガソリン車の乗り入れを禁止しているカーフリー・リゾートであるツェルマットにアクセスするには鉄道を使うのが一番便利で、ホテルやレストラン、お土産ショップがずらりと軒を連ねる駅前を中心に、徒歩で楽々と村内の移動ができてしまうこともツェルマットの魅力のポイントです。ぜひツェルマットで楽しい思い出を作ってきてくださいね。

マッターホルンに関連するまとめ

詳しく

【ツェルマット】マッターホルン観光の村ツェルマットでオススメのカフェ5選

ツェルマット - カフェ・茶館

今回は、ツェルマットの村でおすすめのカフェを紹介します。 名峰マッターホルン観光の拠点となるツェルマットは、夏は展望台観光やハイキング、冬はスノーアクティビティを楽しむ人々で賑わい、年間を通じて観光客の姿が絶えません。 そんなツェルマットで過ごす際、外で活動したらちょっと一休み。現地の美味しい食事が旅をより印象的にしてくれるでしょう。美しい山々を眺めながら休憩が取れるカフェにも寄っておきたいですよね。ちょっとした休憩時間を取るのに便利なのが、心地の良いカフェです。ぜひ本記事を参考に気になるカフェに足を運んでみて下さい。

詳しく

【ツェルマット】マッターホルン観光の合間に食べたい!スイス名物料理5選

ツェルマット - 各国料理

名峰マッターホルンの懐に抱かれた村ツェルマット。年間を通して観光客の姿が絶えないこの山間の小さな村には、ホテルやレストランがずらりと並び賑やかな様子を見せています。 今回は、そんなツェルマットの数あるレストランの中でも、特におすすめの食事が楽しめるとっておきのレストランをご紹介していきます。あわせて、スイスならではの名物料理もご紹介しますので、ぜひ旅の参考にしてください。

詳しく

スイス旅行で絶対乗りたい!アルプスを疾走する絶景の登山鉄道5選

スイス - 観光

国土のほとんどが山岳地帯のスイス。そんなスイスでは、古くから山岳地帯での輸送力の向上は大きな課題で、鉄道網整備に力を入れてきました。各地の山岳鉄道の中には、整備後100年を超えて今もなお営業を続ける鉄道もあります。険しい岩肌や急勾配を上っていくもの、高低差が1000メートルを超えるものなど、スイスの鉄道ならではの力強い馬力が特長で、登山旅行者や写真愛好家らから重宝されています。もう一つの特長は、かわいらしいデザインです。真っ赤な列車やロープウェイのようなこじんまりとした見た目は、女性たちからも人気です。現在は、山頂の展望台に行く為やスキーやハイキングに行く為の足として使われています。車窓から見えるアルプスの絶景は、ほかの国では味わえない一生の思い出になるでしょう。おすすめの山岳鉄道を5つ紹介します。

広告

【ツェルマット】名所9選とともに紹介! 夏のマッターホルン完全観光ガイドに関連するタグ

ツェルマット 観光 ツェルマット 自然・景勝地 ツェルマット 観光名所 ツェルマット 山・渓谷 スイス 観光 スイス 自然・景勝地 スイス 観光名所 スイス 山・渓谷

広告

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する