おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

沖縄 城・宮殿のおすすめ情報

このページでは沖縄にある城・宮殿を紹介しています。広大な敷地にそびえ立つ宮殿やお城は、王の権勢を今に伝える人気の歴史スポットです。贅を尽くした装飾や庭園、特徴的な建築様式などで世界各地からの観光客を魅了しています。フランスのヴェルサイユ宮殿は、豪華絢爛な装飾品が並ぶ鏡の回廊や大トリアノン宮殿、広大で美しい庭園が魅力です。同じく有名なお城として、おとぎ話のような美しい外観を持つドイツのノイシュヴァンシュタイン城や、八角系を象徴的に取り入れた設計で知られるイタリア南部の城カステル・デル・モンテなどがあります。また、イギリスのウエストミンスター宮殿は議事堂として、バッキンガム宮殿は女王の公邸や執務の場として現在も使われており、ロンドンを象徴する建物です。

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

沖縄 城・宮殿 のまとめ記事一覧

1〜5件を表示 / 全10件

  • まとめ

    首里城観光ガイド:琉球王国の栄華の極み、世界遺産の美と歴史を紹介

    那覇 - 文化遺産,城・宮殿,史跡・遺跡

    ※首里城公園(有料施設を含む園内施設)は2019年10月の正殿火災の影響により、立ち入りが制限されています。最新情報は、公式サイトにてご確認ください。 首里城公園:http://oki-park.jp/shurijo/ 沖縄県那覇市にある「首里城」は琉球王朝時代の、栄華の歴史を物語る沖縄のお城です。琉球王朝が繁栄していたのは、今から約600年前の1400年頃のお話です。中国や日本の、特に九州薩摩藩との国交があり、琉球王国の文化は、中国文化と日本文化を融合させながら、琉球独自の美や文化を育くんでいきました。 そんな琉球王朝の栄華の美を、首里城と周辺地域に見ることができます。お城へは小高い丘陵を登っていくのですが、そのお城までの道のりにも琉球王朝の、想いが込められていて、楽しい散策ができます。首里城は世界遺産にも指定されている、文化の面でも重要なスポットです。 今回は琉球の美を、お城と周辺の公園に的を絞って紹介します。そしてお城で味わえる、沖縄のおいしい料理や、アクセス情報も合わせて紹介していきます。

  • まとめ

    【沖縄】三重城の魅力!多くの旅人を見送った琉球時代の古城を散策しよう

    那覇 - 城・宮殿,史跡・遺跡

    琉球王朝時代に築かれた三重城(ミーグスク)。沖縄県那覇市にある史跡で、ミーグスクとは新城を意味しています。かつて朝鮮半島や中国大陸沿岸で活動していた海賊・倭寇から那覇港を防衛するための砦として築かれた三重城。地元の人々にとっては、港から旅立つ人の無事や帰国した人の無事を感謝する場所として親しまれてきました。現在、三重城跡は先端部分を残すのみで埋め立てられてしまいましたが、石段を登った先にある拝所からは那覇港から出発する船や那覇空港から発着する飛行機を見ることができます。海の広がる穴場の絶景スポットでもある三重城は散策にもおすすめです。

  • まとめ

    【沖縄】首里城跡の御庭(うなー)とは?何のためあるのか歴史を紐解こう!

    那覇 - 城・宮殿

    ※首里城公園(有料施設を含む園内施設)は2019年10月の正殿火災の影響により、立ち入りが制限されています。最新情報は、公式サイトにてご確認ください。 首里城公園:http://oki-park.jp/shurijo/ 世界遺産に登録されている沖縄本島で有名な観光地である首里城跡について、特に正殿のすぐ近くにある「御庭(うなー)」に的を絞ってご紹介します。「御庭(うなー)」とは中庭広場のことで、昔から琉球王国において儀礼を行う場所として重要な位置を占めていました。広場はオレンジと白の縞模様でデザインされていて、見学者に当時の姿を時代を越えて示しています。そして首里城跡の周辺では、多くのお店で沖縄そばやアイスクリームなどが提供されています。首里城見学の合間に一息つくことができてとても便利です。沖縄に旅行に出かける時には、是非首里城公園を訪れてみてはいかがでしょうか?

  • まとめ

    【沖縄】沖縄本島南部最大級のグスク「糸数城跡」は隠れた絶景スポット!

    沖縄 - 城・宮殿,史跡・遺跡

    沖縄本島の南東部に位置している南城市にある糸数城跡は、沖縄が3人の王によってそれぞれ統治されていた時代に築かれた古城跡です。糸数按司とよばれる首長によって築城された糸数城は、沖縄本島の南部エリアで最大級の規模を誇ったものと考えられており、現在は城壁のみが当時の様子を今に伝えています。積み上げられた石から糸数城の大きさをイメージしてみたり、高台にあるため周辺の景色を楽しんだり、魅力がたくさんある糸数城跡。周辺にも様々なジャンルの観光スポットが存在します。今回は、そんな糸数城跡について基本情報や周辺情報などを紹介します。

  • まとめ

    【沖縄】世界遺産・今帰仁城跡(なきじんじょう)の城壁は圧巻!桜や海を望む絶景も

    本島北部(名護・美ら海) - 文化遺産,城・宮殿,史跡・遺跡

    沖縄の今帰仁城跡は9つからなる世界遺産「琉球王国グスク及び関連遺産群」の1つで、別名“北山城(ホクザンジョウ・ホクザングスク)”と呼ばれる城跡です。今帰仁城は琉球王朝が成立する14世紀以前から存在していた城で、現在は堅牢な城壁と平郎門などの城跡となった景色をみることができます。世界遺産であり史跡にも指定されている今帰仁城跡はカンヒザクラの名所としても知られており、毎年1~2月(2019年は1/26~2/11)には桜祭りが開催されます。桜祭りでは“手作り市”“特産品・雑貨・パンやスイーツなどの特売会”“ライブイベント”“夜桜のライトアップ”“フォトコンテスト”などが行われます。

沖縄 城・宮殿のまとめをもっと

沖縄 城・宮殿 のスポット一覧

1〜1件を表示 / 全1件

広告

運営会社