おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

沖縄 モニュメント・記念碑のおすすめ情報

このページでは沖縄にあるモニュメント・記念碑を紹介しています。モニュメントや記念碑は、歴史上のできごとや人の功績を称えるために作られたもの。国や地域の象徴、歴史的な事件や戦争、記念日を示す目的があり、その形態は銅像やピラミッド、彫刻、門など多岐にわたります。各地にあるモニュメントは、都市の歩みを刻む歴史スポットやランドマークとして機能しています。ドイツのホロコースト記念碑やシンガポールの戦争記念公園といった戦争記念碑は、戦争による犠牲と深い傷跡を伝え、歴史から現代を見つめ直す機会を与えてくれます。エジプトのピラミッドやイースター島のモアイ像など、かつて存在した文明によるモニュメントは、目的や建築技術など今もなお謎に包まれたものが多く、有数の観光名所になっています。

関連するテーマ 旧市街・古い町並み 広場・公園 市場・夜市 モダン建築 史跡・遺跡 寺院・教会 城・宮殿 モニュメント・記念碑 複合遺産 文化遺産 自然遺産 砂漠・荒野 洞穴・鍾乳洞 森林・ジャングル 滝・河川・湖 草原・平原 山・渓谷 海岸・海 ビーチ・砂浜

沖縄 モニュメント・記念碑 のまとめ記事一覧

1〜5件を表示 / 全12件

  • まとめ

    【沖縄】糸数アブチラガマと周辺ガマ(壕)を巡る旅、沖縄戦の悲劇を伝えるものとは

    沖縄 - モニュメント・記念碑,史跡・遺跡

    沖縄といえば、琉球王国をはじめとした独自の文化や歴史を楽しめる、観光スポットがたくさんあります。しかし楽しい歴史や文化だけではなく、忘れてはいけないものに第二次世界大戦の沖縄戦があります。 沖縄県内には、この悲惨な沖縄戦を物語る、沖縄の方言で「ガマ」といわれる洞窟や壕が残っており、糸数アブチラガマもそのうちの1つ。この糸数アブチラガマは、沖縄戦で悲惨な運命を辿った、ひめゆり部隊が派遣されたことでも有名です。今回は糸数アブチラガマはもちろん、ひめゆり部隊や沖縄戦にかかわりのある周辺スポットも合わせて紹介します。

  • まとめ

    【沖縄】沖縄本島最南端の岬「喜屋武岬(きやんみさき)」ってどんなスポット?

    本島南部(糸満・知念) - 海岸・海,モニュメント・記念碑

    沖縄本島のほぼ最南端に位置する喜屋武岬。糸満市にある岬で、美しい海がパノラマで広がる絶景ポイントとして知られています。国指定名勝・天然記念物である「喜屋武海岸及び荒崎海岸」にも指定されています。この美しい岬は沖縄戦の際は激戦地となった歴史があります。戦いが進むにつれ、沖縄の人々や兵士達は沖縄本島南端の糸満市に行き着きます。追い詰められた人々は喜屋武岬の崖の上から自ら身を投げ、多くの人々が命を落としました。喜屋武岬には慰霊碑・平和の塔が建立されています。沖縄の悲惨な歴史に触れると共に、沖縄有数の絶景のオーシャンビューを見に行きませんか。

  • まとめ

    【沖縄】平和のメッセージを発信する「海軍壕公園」は隠れ絶景スポット!

    那覇 - モニュメント・記念碑

    沖縄県の那覇市と豊見城(とみぐすく)市の市境にある「海軍壕公園」は、那覇市街や東シナ海を一望できる高台にある公園です。ここは琉球王国時代に外国船の来航を知らせる狼煙(のろし)台が置かれていた場所で、太平洋戦争時には海軍の司令部壕が作られ、沖縄戦末期に多数の海軍兵が玉砕を遂げた悲しい歴史を持つ場所でもあります。現在は、戦没者慰霊塔のほか、展望台や子供向けの遊具広場も備えた戦跡公園として整備され、地域住民の憩いの場所として親しまれています。展望台からの眺めが素晴らしく、カップルやファミリーに人気のスポットなんですよ。 今回はそんな「海軍壕公園」について様々な情報をご紹介します。世界に向けて平和を発信する海軍壕公園に訪れてみませんか?

  • まとめ

    【沖縄】悲しい歴史を語り継ぐ極彩色の建物「唐人墓」とは?

    八重山列島(石垣島・竹富島) - モニュメント・記念碑

    石垣島といえば自然豊かで沖縄でも人気の観光地です。綺麗な海が広がることからマリンアクティビティを満喫しに訪れる観光客が多くいますが、実は様々な観光スポットもあります。その一つである唐人墓をご存知ですか。極彩色の慰霊碑で撮影スポットとしても人気ですが、実は悲しい歴史が残る場所でもあります。バウン号事件で亡くなった中国人の慰霊のために石垣島の人々が建てた慰霊碑で、当時の歴史と共に石垣島の人々の優しい思いが感じ取れる場所でもあります。そんな唐人墓周辺について、一緒に観光できるスポットから美味しいグルメと景色を楽しめるスポットまでご紹介します。

  • まとめ

    【沖縄】「平和の塔」は景勝地だけにとどまらない!沖縄の歴史を記憶に刻む

    沖縄 - モニュメント・記念碑

    第二次世界大戦末期に壮絶な沖縄戦が行われたことは多くの方に知られていることと思います。喜屋武岬では追い詰められた人々が自ら海へと身を投げたそうです。「平和の塔」はそんな人々を慰霊するために建てられました。戦争の足跡をたどることはとても辛いことですが、未来に向けて平和を維持するためには目を背けることはできません。実際に多くの観光客が訪れる観光スポットとなっています。この記事では「平和の塔」を観光する際に役立つ基本情報や絶景スポット・沖縄グルメの情報を紹介しています。沖縄旅行の際には美しく悲しい沖縄の表情にも触れてみませんか?

沖縄 モニュメント・記念碑のまとめをもっと

沖縄 モニュメント・記念碑 のスポット一覧

1〜2件を表示 / 全2件

  • スポット

    沖縄県平和祈念資料館

    本島南部(糸満・知念) - モニュメント・記念碑

  • スポット

    守礼門

    那覇 - モニュメント・記念碑,史跡・遺跡

    守礼門は、沖縄を代表する観光スポットの一つであり世界遺産に登録されている首里城公園にある門です。石垣と城門が多いことで知られる首里城の中でもデザイン上バランスがとれており、エレガントな雰囲気を持つ代表的な門になっています。 古くは首里門とも呼ばれていた門になっており、1527~55年に初めて建設されたものです。1933年には国宝に指定されましたが、沖縄戦で破壊されてしまいました。その後1958年に復元が行われ、現在に至ります。 門には、「守礼之邦」と書かれた扁額が掲げられ、「琉球は礼節を重んずる国である」という意味を指しているといわれています。

広告

運営会社