おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【アメリカ】自由の女神周辺の観光スポットおすすめ15選!充実した旅行を

自由の女神はニューヨーク湾に浮かぶリバティ島に立つ、全長93mの巨大な女神像。フランスからアメリカの独立100周年を祝い、変わらぬ友好の印として贈られたもので、世界遺産にも登録されています。 右手に松明、左手に独立宣言書を持ち、足元は引き裂かれた鎖と足枷を踏みつける格好をしており、アメリカの自由と民主主義を象徴。冠の7つの突起は、7つの大陸と7つの海に、自由が広がることを表しています。 ニューヨーク湾内には、移民博物館などで有名なエリス島もあります。今回は、そんな自由の女神周辺の見どころについて紹介します。

続きを読む

更新日: 2024年4月22日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

日本とアメリカの時差

04月22日 1時15分52秒

アメリカ合衆国/ニューヨークと日本/東京との時差は、13時間です。
日本の方が、13時間進んでいます。

ニューヨークの時差を詳しく見る

ニューヨークの週間天気

アメリカの為替

1USドルは 154.62円

※2024年4月22日の為替価格です

英語以外で通じる言語はある?アメリカの言葉事情

アメリカの公用語はもちろん英語なのですが、さまざまな国の人が集まる国であることから英語以外の言語も通じます。公用語である英語に次いでよく使われているのがスペイン語です。3番目以降に使用されている言語は地域によって異なります。カナダ国境付近、ルイジアナ州ではフランス語、フィリピン系が多いハワイ州ではタガログ語などが挙げられます。とは言え、旅行の際には簡単な英語を話せるようにしておくと現地の人ともスマートに会話することができますよ。現在はアプリの普及によりリアルタイム翻訳も可能ですが、旅行を機会に英語への理解も深めてみてくださいね。

アメリカの代表的なグルメといえば!

旅行の際に外すことができないのが現地での食事です。アメリカ旅行の際には現地のダイナミックなハンバーガーに挑戦してみてください。大きな口を開けてかぶりつけば本場のジューシーなパティと食欲をそそるソースが口いっぱいに広がりますよ。ハンバーガー以外にもシカゴ風ピザやバッファローウィング、バーベキューリブ、ナチョスといったボリューミーなグルメを味わうことができますよ。街中にはレストランやカフェといったお店のほかにアメリカンダイナーもあります。アメリカといえばダイナーでの食事も魅力なので立ち寄ってみてくださいね。

州ごとに特徴が変わる!?日本人が観光しやすい州は?

アメリカは4つの地域と9つの地区からなる広大な国です。日本人が観光しやすいのはニューヨークが属している北東部(ニューイングランド・大西洋岸中部)やアメリカの中でもカントリーサイドである中西部(東北中部・西北中部)となっています。地域ごとに特色や政治思想、宗教、文化が異なるので、渡航の前には必ずその土地のルールやマナーを調べてアクセスするようにしてください。郷に入っては郷に従えの精神がより快適で楽しい海外旅行に繋がります。危険な伴うエリアでは日本人が犯罪に巻き込まれるケースも少なくないので安全確認も重要です。

自由の女神周辺でおすすめの観光スポットを紹介!

■自由の女神

合衆国独立100周年を記念し、フランスから贈呈された。自由、そして新天地の象徴として今も昔も人々に愛されている。ユネスコ世界遺産。リバティ島へはバッテリーパークからのフェリーの他、NJ州側からのフェリーもある。王冠まで登るなら早めの予約が必要。上陸はしないが、スタテン島への無料フェリーから眺めるのもおすすめだ。マンハッタンの景色と共に楽しみたい。

自由の女神

アメリカ / ニューヨーク / マンハッタン

Liberty Island, New York, NY 10004
+1 212-363-3200

広告

■9/11メモリアル

9/11メモリアルはアメリカ同時多発テロの標的となった、ワールド・トレード・センターの跡地にあります。NY地下鉄・WTC Cortlandt駅から徒歩5分ほど。
館内では事故後に最後まで残っていた鉄筋「The Last Column」や、惨事に巻き込まれた人々の生前の写真などを展示。その他、かろうじて生き延びた人々が駆け下りてきた「The Survivors' Staircase」などもそのまま保存されています。
展示物説明は英語のみですが、911アプリには日本語対応しているオーディオガイドがあるので、事前にダウンロードしておくとより便利です。

9/11メモリアル

アメリカ / ニューヨーク / ブルックリン

180 Greenwich St, World Trade Center, New York City, NY 10007-0089
+1 212-312-8800
日 - 土 9:00 - 20:00

■エリス島移民博物館

エリス島は「移民の島」と呼ばれ、移民受け入れのためにのクリントン砦跡(キャッスル・クリントン)が移民局の建物に利用されるようになった、その役割を終えた移民局は、エリス島移民博物館としてリニューアルした。博物館内には上述した移民審査の歴史が再現されている。1954年にエリス島の移民局は閉鎖され、現在は博物館になり、アメリカ史の文化遺産に指定されている。

エリス島移民博物館

アメリカ / ニューヨーク

Battery Park and Liberty Island, New York City, NY 10017
+1 212-883-1986

日帰り観光ツアーに関連した現地ツアーはこちら

ワシントンD.C.はアメリカの首都で、正式にはコロンビア特別区という名称をもっています。メリーランド州とヴァージニア州の間に位置しており、ポトマック川がすぐそばを流れています。
ワシントンが首都となったのは1791年。独立戦争が終結してから15年後のことでした。それから8年の歳月をかけ、首位機能を充実させた計画都市として建設されました。政府の中心地だけに、ホワイトハウスや連邦議会、最高裁判所など重要機関が集中していますが、観光スポットとしても魅力にあふれています。
おすすめなのがナショナルモール。ワシントンD.C.の中心にある国立公園で、169mの高さを誇るワシントン記念塔や、無料で名画が鑑賞できるナショナルギャラリーなどがあります。貯水湖のダイダルベイスン沿いに咲く桜も見どころのひとつ。

広告

日帰り観光ツアーに関連した現地ツアーはこちら

■ブルックリン橋

マンハッタン島南端付近とブルックリンをつなぐ橋。マンハッタンの街並や美しい景色が楽しめ、天気の良い日は自由の女神を眺めることもできる。歩道とサイクリング用の道が整備されているので、休日にはレンタルサイクルを利用する観光客や橋の上をランニングする地元市民でにぎわっている。

ブルックリン橋

アメリカ / ニューヨーク / ブルックリン

Brooklyn Bridge, NY 10038, United States of America
https://www1.nyc.gov/html/dot/html/infrastructure/brooklyn-bridge.shtml

■ワンワールド展望台

ワンワールド展望台はアメリカ同時多発テロの跡地に建つワンワールドトレードセンターの最上階にあります。この建物は西半球で最も高い建物として知られており、展望台からはマンハッタンやブルックリンの摩天楼が織りなす大パノラマが一望。夜景スポットとしても人気となっています。
ただし展望台にはイスなどがなくスタンド形式のため、窓際は大混雑ということも珍しくありません。また入場時には厳しいセキュリティチェックがあり行列ができることも多いので、時間には余裕を持って行くのがおすすめ。
レンタルできるオーディオガイド用タブレットは、日本語にも対応しています。

ワンワールド展望台

アメリカ / ニューヨーク / マンハッタン

285 Fulton St, One World Trade Center, New York City, NY 10007-0089
+1 212-602-4000
日 - 土 9:00 - 21:00

■マンハッタン スカイライン

高層ビルが立ち並ぶ世界一の街と称されるニューヨークらしい景色として、マンハッタン島の120丁目からマンハッタン南部に位置するバッテリーパークまでを「マンハッタンスカイライン」と呼びます。
遊歩道が整備されたブルックリン橋や、無料で乗船できるスタテンアイランドフェリーなど、スカイラインの美しい景色を様々な角度から見ることができ、特にスタテンアイランドフェリーからは、自由の女神やブルックリン橋、高層ビル群のマンハッタン島を一望することができます。
まばゆいばかりのニューヨークの夜景も格別で、ヘリコプターでのスカイラインツアーもあります。

マンハッタン スカイライン

アメリカ / ニューヨーク

New York City, NY

ナイアガラの滝に関連した現地ツアーはこちら

ボストンはアメリカ合衆国のマサチューセッツ州北東部のサフォーク郡にあります。ボストンの面積は232.1平方キロメートル、人口は66万人を超えています。ボストンは独立戦争発端の地でもあり歴史深い街です。観光スポットが沢山あり観光客が多く訪れています。
観光スポットに外せないのが全米トップクラスを誇るボストン美術館です。この美術館ではフランス印象派絵画やエジプトの出土品など50万点を超える収蔵品が展示されています。
ヘイマーケットはボストンの住人が集まる青空市です。新鮮な野菜や果物がお手頃価格で販売されており毎週金曜日と土曜日に開催されています。この他にも自然が豊かなパブリックガーデン、ボストン最古であるオールドノース教会など見どころが沢山あります。

ナイアガラの滝に関連した現地ツアーはこちら

広告

広告

のおすすめホテル

アメリカへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

アメリカの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社