おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ハワイの定番スポット「ワイキキビーチ」でマリンアクティビティを楽しもう!

青い海や白い砂浜が素敵で海水浴をしに行く人も多いハワイ。そんなハワイのビーチの中でも有名なワイキキビーチを訪問する際のポイントをまとめました。おさらいしたいワイキキビーチの基本情報や入場料、合わせて行きたい観光スポットなどをご紹介します。

続きを読む

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

ワイキキビーチの基本情報

ワイキキビーチはアメリカ合衆国ハワイ州オアフ島ホノルル市にあるビーチです。観光の名所であるワイキキビーチは、およそ3kmにおよぶ7つのビーチの総称であり、ビーチごとに名前がついています。それぞれ特徴が異なり、入場料金やできるアクティビティも違うので、目的や施設に合わせてビーチを選ぶのがおすすめです。

ワイキキビーチの歴史

ワイキキとはハワイ語で「新鮮な水が湧くところ」という意味です。元々は湿地帯であり、19世紀まではハワイ王朝のリゾート地でした。その後ハワイがアメリカの自治領となり、1901年にワイキキ初となる大型ホテルが登場。以降1930年まではアメリカ本土から豪華客船に乗ってハワイを訪れる観光客をターゲットにホテルが建てられました。そして戦後、大型ホテルが次々と建てられ、今ではホノルル市最大の観光スポットとなったのです。なおワイキキは湿地帯だったため、もちろん砂浜はありませんでした。ワイキキビーチは白砂を運び込んで作られた人工浜なのです。

7つのビーチ別にワイキキビーチの設備や入場料

それではワイキキビーチを構成する7つのビーチについてそれぞれ詳しく見ていきます。ビーチごとに施設や入場料、実施可能なアクティビティや営業時間、駐車場の有無が異なるのでしっかり情報を確認してから観光するのをおすすめします。

安全性・設備・利便性が揃った「デューク・カハナモク・ビーチ」

ワイキキビーチの最西端にあるのがデューク・カハナモク・ビーチです。ワイキキ中心部からは徒歩20分の距離にあり、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの目の前にあります。シャワーやトイレが完備されており、ライフセーバーもいるため安心して海水浴を楽しめます。またヒルトン・ハワイアン・ビレッジが運営する人工のラグーンが隣接しているので、小さい子ども連れのかたはこちらを利用するのもおすすめ。デューク・カハナモク・ビーチの営業時間は朝6時から夜10時で、カヤックなどのアクティビティを楽しむ人もいます。ラグーンの裏側に無料の駐車場も完備されているので、レンタカーで向かうことも可能です。

デュークカハナモクビーチ

ハワイ / オアフ島 / アラモアナ

Duke Kahanamoku Beach Honolulu HI 96815

ゆったりとしたビーチライフを楽しむなら「フォート・デ・ルッシー・ビーチ」

米軍専用ホテルのハレ・コア・ホテルとフォート・デ・ルッシー公園に隣接しているのが「フォート・デ・ルッシー・ビーチ」です。ホテルと隣接していることもあり、このビーチを利用する人はホテル利用者がほとんど。そのため比較的、日本人観光客の利用の少ない穴場的なビーチです。シャワー・トイレ・売店があり、ビーチグッズやサーフグッズの貸し出しもあります。奥行きのあるフラットな砂浜のため、ビーチパラソルやシートを引いてゆっくりとビーチライフを楽しむ人が多いです。またフォート・デ・ルッシー公園には無料のバーベキューコンロも設置されていますよ。

フォート デ ルッシー ビーチパーク

ハワイ / オアフ島 / ホノルル

Fort DeRussy Beach Park Honolulu, Oahu, HI 96815
+1 800-367-6027

2ヶ所に分かれた小さな浜辺「グレイズ・ビーチ」

アウトガリー・リーフとハレクラニ・ホテルの前にある2ヶ所の小さな浜辺が「グレイズ・ビーチ」です。ハレクラニ・ホテルの前のビーチは、昔はカヴェヘヴェヘと呼ばれており病気を治すために現地の方が水浴びをしたパワースポットでもあります。また、地層から真水が湧き出る、珊瑚の生息には適さない場所があるため、サンゴ礁の切れ目が存在します。トイレ・シャワー・売店があるため比較的快適にビーチを楽しめます。小さなビーチのため、活発なアクティビティよりもゆっくりとサンセットを眺めるのに最高の場所として有名です。

グレイズビーチ

ハワイ / オアフ島 / ワイキキ

Kalia Rd Grays Beach, HI

ハイキングに関連した現地ツアーはこちら

ハワイ諸島の中で最も大きなハワイ島。ヒロに都庁があり、人口は約16万3000人ほど、四国と同じくらいの10,430km²ほどの面積を持ちます。
海底火山の爆発によって100万年ほど前に現れたとされる島で、活火山であるキラウェア火山とマウナケア火山、マウナロア火山などが存在します。大地の生命力を感じられる溶岩ウォークのツアーに参加できるほか、マウナケア火山では天文台が設置され、星空観察ができるのがポイント。
また、島の4分の1を占めるパーカー牧場は全米最大級とも言われる広さがあり、牧畜道具の展示がされ、お土産品も購入可能です。カメハメハ大王の生誕の地であるカパアウも有名な観光スポットの1つで、大王像が静かに佇んでいます。

ハイキングに関連した現地ツアーはこちら

ビーチパラソルが立ち並びホテル宿泊客で賑わう「カハロア&ウルコウビーチ」

高級リゾートホテルのロイヤルハワイアンホテルとモアナ・サーフライダー・ウェスティンホテルの前にあるのが「カハロア&ウルコウビーチ」です。ホテル前のビーチのため、ホテル宿泊客の利用が大半で、各ホテル専用のビーチパラソルがたくさん並び、観光客が常に多いビーチです。誰でも利用可能ですが、ホテル専用エリアもあるので注意しましょう。シャワーやトイレも完備されていますが、こちらもホテル専用のものが多いので宿泊客としてビーチを利用しない人からすると不便に感じる部分も多いかもしれません。

ワイキキのメインビーチ「クヒオ・ビーチ」

モアナ・サーフライダー・ホテルからワイキキウォールと名前がついた防波堤までのビーチが「クヒオ・ビーチ」です。ビーチ沿いにはモアナ・サーフライダー・ホテルしかないため、開放感に溢れています。ここには写真スポットとしておなじみの「デューク・カハナモク像」やパワースポットとして有名な「ウィザードストーン」などの、ハワイの名物が集まっています。また、本格的なフラダンスのショーを楽しめるフラステージもあります。シャワーやトイレが完備されライフガードも常駐、ビーチアイテムのレンタルも行われているので大変快適に、ハワイの海を堪能できます。防波堤で囲まれているため波が穏やかでファミリーや、サーフなどのアクティビティに初挑戦する人におすすめの場所です。

クヒオ ビーチパーク

ハワイ / オアフ島 / ワイキキ

2552 Kalakaua Avenue Honolulu, HI 96815
+1 808-768-3003
https://www.to-hawaii.com/oahu/beaches/kuhiobeach.php

ボディボード専用の「クイーンズ・サーフ・ビーチ」

ワイキキウォールからカピオニラ公園の前のビーチが「クイーンズ・サーフ・ビーチ」です。メインのクヒオ・ビーチもすぎ、ワイキキの中心地から離れるため、人も少なく静かな雰囲気の中ゆったりと海水浴を楽しめます。トイレとシャワーがあり、赤いパラソルが目印のカフェもあるため過ごしやすいビーチです。サーフ禁止エリアのためボディボードを楽しめます。海の透明度が高く、小さい魚を観察することもできますよ。

クイーンズサーフビーチ

ハワイ / オアフ島 / ワイキキ

2800 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815

100mほどの小さな浜辺「カイマナ・ビーチ」

サン・スーシー・ビーチとも呼ばれる「カイマナ・ビーチ」はニューオータニの目の前にある小さなビーチです。このビーチは観光客も少なくゆったりとした空気が流れています。砂の質が細かくサラサラとしているため、ファミリーで静かに砂場遊びを楽しめます。また沖にはサンゴ礁が多く。魚もたくさん見られます。シュノーケリングを楽しむのにもぴったりの場所です。カイマナ・ビーチにはトイレとシャワーはあるものの、売店はないため食べ物や飲み物を忘れずに持参しましょう。

カイマナビーチ

ハワイ / オアフ島 / ダイヤモンド・ヘッド周辺

Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815

広告

ワイキキビーチの見どころ

7つのビーチの特徴や場所をそれぞれ詳しく見たところで、ワイキキビーチ全体の見どころをピックアップ。ワイキキビーチで外せないおすすめの体験をご紹介します。

シュノーケルで海の中を満喫!

7つあるワイキキビーチの多くに売店やレンタルショップがあり、気軽にシュノーケリングが楽しめます。サンゴ礁やそこで暮らす魚をぜひその目で確認してみてください。

波の上を楽しむ!サーフ体験

ビーチでできるマリンスポーツといえばサーフィンも欠かせません。ワイキキビーチでサーフィンをするなら、朝がおすすめだと言われています。朝割りを行っているレンタルショップもあり、サーフボードをレンタルする場合には、朝のうちに利用するのがおすすめです。ただしビーチによってはサーフ禁止の場所もあるので事前にサーフィンができるビーチかどうか確認するようにしましょう。

バナナボートやジェットスキーなどのマリンスポーツも外せない!

日本の海でもおなじみのバナナボートやジェットスキーといったマリンスポーツも体験可能です。ただしこうしたアクティビティの多くはツアーに組み込まれていることが多い傾向にあります。そのためこうしたアクティビティをワイキキビーチで楽しみたいという方は、ツアーでワイキキ旅行を行うのがおすすめです。

ワイキキビーチからの日没と夜景はどちらも写真映え確実

ワイキキビーチの海はもちろん、夕暮れに沈み行く太陽や、ホテルの明かりがキラキラと海に反射する夜景も見応え抜群です。7つあるどのビーチからもサンセットを眺めることができますので、夕方に海水浴に行く人は日没の瞬間を目に焼き付けてみてはいかがでしょうか。

ワイキキビーチを楽しむための所要時間

広告

ワイキキビーチは朝早くから日没まで海水浴が可能です。海水浴や日光浴、マリンスポーツなどを楽しんでいたらあっという間に1日が終わってしまいます。ワイキキには他にもたくさんの観光スポットがあるため、半日だけ海水浴を楽しみ、残りの半日はショッピングをしたり、観光スポットを巡ったりといった旅行の仕方もできます。ご自身の観光プランによって、所要時間は大きく変わります。時間が区切られているツアー参加でワイキキビーチを楽しむ場合を除けば、時間に縛られることなく好きなだけワイキキビーチを堪能することもできますよ。

ワイキキビーチのアクセス方法

ワイキキビーチはワイキキ観光の目玉です。基本的にどのホテルからでも徒歩で行くことが可能です。
ホノルル空港からワイキキまでは10kmほど離れています。空港からホテルまでのシャトルバスやレンタカー、配車サービスのウーバーなどを利用して向かうのがおすすめです。

ワイキキビーチ

ハワイ / オアフ島 / ワイキキ

Kalakaua Avenuue, Honolulu, Oahu, HI 96815

ワイキキビーチと合わせて行きたい観光スポット

ワイキキの街には、ビーチと合わせて行きたい観光スポットが目白押しです。そこでおすすめの観光スポットをいくつかピックアップしてみました。

ハワイ最大級の朝市「KCCファーマーズマーケット」

「KCCファーマーズマーケット」は毎週土曜日にカピオラニ短大で開催される朝市です。100店舗以上の屋台が並ぶKCCファーマーズマーケットで、ハワイ料理やハワイ産の食材などハワイのグルメを堪能してみてはいかがでしょうか。

KCC ファーマーズマーケット

ハワイ / オアフ島 / ダイヤモンド・ヘッド周辺

4303 Diamond Head Road, Honolulu, HI 96816
7:30 - 11:00

ランドマークでもあるワイキキ最大級のショッピングモール「ロイヤルハワイアンセンター」

ワイキキでショッピングをしたい人におすすめなのが「ロイヤルハワイアンセンター」です。ワイキキのメインストリート・カラカウア大通りにある110店舗以上のショップやレストランが入ったワイキキのランドマークなのです。一流アパレルブランドも勢ぞろいしていますので、じっくりとモール内でショッピングを楽しめます。

ロイヤル ハワイアン ショッピングセンター

ハワイ / オアフ島

2201 Kalakaua Ave, Honolulu, Oahu, HI 96815-5201
+1 808-922-2299

ファミリー旅行者に人気「ワイキキ水族館」

「ワイキキ水族館」は子ども連れのファミリー観光客に人気です。アメリカの公立水族館の中で2番目に古いこちらの水族館では、ハワイアン・モンクシールをはじめとしたハワイ固有の海洋生物を目にできます。

ワイキキ水族館

ハワイ / オアフ島 / ダイヤモンド・ヘッド周辺

2777 Kalakaua Ave, Honolulu, HI. 96815
+1 808-923-9741
9:00~16:30
http://www.waikikiaquarium.org/

ハワイのシンボルであり人気観光名所「ダイヤモンドヘッド」

ハワイのシンボルとも言える火山「ダイヤモンドヘッド」に登頂することも可能です。一見登山と聞くとハードルが高く見えますが、1時間半ほどで往復可能とあって実際にはお手軽に登山できます。早朝・昼間・日暮れでガラッと表情を変えるハワイの景色を、ダイヤモンドヘッドの頂上から見渡してみるのもまた、ハワイの楽しみ方のひとつです。

ダイヤモンド ヘッド

ハワイ / オアフ島 / ダイヤモンド・ヘッド周辺

18th Ave., Waikiki, Honolulu, Oahu, HI 96815
+1 808-587-0300
日 - 土 6:00 - 16:30

オプショナルツアーでワイキキビーチを楽しもう!

ワイキキはハワイの有名観光スポットのため、オプショナルツアーが盛んに組まれています。オプショナルツアーは、ディナークルーズやハイキング、観光スポットを巡る旅など様々なプランが用意されています。ワイキキ旅行を余すところなく楽しみたい人は、ワイキキで様々な体験ができるオプショナルツアーでワイキキ観光してみてはいかがでしょうか。

観光のおすすめ記事

詳しく

【ハワイ】サンセットを余すことなく満喫できる「マジックアイランド」の魅力を紹介

ワイキキ - ビーチ・砂浜

ハワイのアラモアナ・ビーチパークにある、絶景スポット「マジックアイランド」を知っていますか?ワイキキ中心部からも程近く、街の喧騒から抜け出し静かなビーチでの休暇を満喫したいのであれば、ぜひ訪れてほしい人気のスポットです。ロマンティックな南国ムードあふれる、マジックアイランドの魅力を紹介します。

詳しく

【ハワイ】天国の海・サンドバーを満喫できるおすすめツアー10選

オアフ島 - 観光

常夏の島・ハワイの中でも観光客に人気のオアフ島。島の北東に位置するカネオヘ湾には、干潮時に白い砂浜のサンドバーが出現します。白い砂浜とエメラルドグリーンの海のコントラストが美しく、天国の海と呼ばれています。音楽PVや映画などでも使用され、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のロケ地としても有名です。 そんなサンドバーにさまざまなツアーがあることをご存知でしょうか?今回はサンドバーに行けるおすすめのツアーをご紹介します。サンドバーでシュノーケリングやウミガメウォッチングを楽しむのはもちろん、島内観光がセットになったものもあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

【オアフ島】カネオヘでおすすめ観光地14選!映画ジュラシックパークのロケ地

カネオヘ - 観光名所

カネオヘは、ハワイ諸島に属するオアフ島にあるエリアのひとつです。アメリカ海兵隊米軍の基地がある町でもあり、日本からアクセスする際は、ホノルルのダニエル K. イノウエ国際空港から陸路を利用してアクセスするルートとなります。内陸部には住宅地が広がっているほか、規模の大きいショッピングセンターや養魚地として使用されていたフィッシュポンドなどもあり、同じエリア内でも場所によって全く異なる表情が見られるのが特徴となっています。 映画『ジュラシックパーク』のロケ地としても知られている場所で、映画ファンからも人気の高い場所となっています。クアロア・ランチをはじめ、天国の海とも称されるカネオヘ・サンドバーやクアロア・リージョナル・パークといった美しいビーチも点在しており、ビーチリゾートの拠点としての滞在もおすすめです。

詳しく

【オアフ島】カポレイで絶対失敗しない観光スポット11選!充実した旅行にしたいならココ

ホノルル - ビーチ・砂浜,海岸・海

カポレイは、オアフ島の西部に位置するエリアです。オアフ島を代表する他のエリアと比べるとあまり華やかさはないものの、ローカルな滞在ができるとあって近注目を集めているエリアでもあります。 かつてはパイナップルやさとうきびの栽培用の農地が多くあった地域ですが、近代化に伴い近年では大規模なショッピングセンターやスーパーマーケットなども増加しつつあります。観光スポットとしては複合プール施設であるウェット・アンド・ワイルド・ハワイや、閑静な雰囲気でビーチリゾートを楽しむことができるバーバーズ・ポイント・ビーチなどが有名です。滞在はもちろんのこと、ショッピング目的で日帰りで訪れるのもおすすめのエリア。

詳しく

【ハワイ】いざダイヤモンドヘッドの頂上へ!日の出ツアーおすすめ15選

ホノルル - 山・渓谷

ハワイに行ったら、ワイキキビーチと一緒にぜひ訪れたいのがダイヤモンドヘッド。ハワイを代表するダイヤモンドヘッドは、世界中から観光客が多く訪れる人気スポットです。ダイヤモンドヘッドは山のように見えますが、大昔に噴火したことがある火山だということをご存知でしたか?昔火山だったことを示すように、中央部分にクレーターがあります。 山頂まではトレイルがあり歩いて頂上まで登ることができます。山頂からの眺めはまさに絶景で、ハワイに来た際にはぜひ登ってみたいですね。今回はダイヤモンドヘッドから日の出を見る、おすすめの日の出ツアーを紹介します。

詳しく

【オアフ島】ダイヤモンドヘッド周辺でおすすめ観光地14選!役立ち情報を紹介

オアフ島 - ビーチ・砂浜

ダイヤモンドヘッドは、ハワイ諸島のオアフ島、ワイキキの東にある火山で、ハワイのシンボルとなっています。山頂には展望台があり、青い海とワイキキビーチ、ホテル群などを見渡せ、絶好の眺望・撮影ポイントとなっています。標高232mのこの山には、頂上まで約1.3km(片道約40分)の気軽に登れるハイキングトレイルも整備されており、手すりも付いているため子供から年配の人でも自分のペースで登ることが可能。ダイヤモッドヘッドの麓には、グルメスポットなども多いお洒落なサンモラット通りが通っています。今回は、そんなダイヤモンドヘッド周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【オアフ島】ワヒアワでおすすめ観光スポット6選!ローカルハワイを満喫!

ワヒアワ - 観光名所

ワヒアワは、ハワイのオアフ島の中央部に広がるエリアです。ワヒアワは、19世紀の後半にカリフォルニアなどから移住してきた13人の植民地によって、規模の大きいパイナップル畑や缶詰工場などが作られた町です。別名「パイナップルの町」とも呼ばれており、世界でも有数のパイナップル産業の町として栄えた歴史があります。 町の名前であるワイアヒは、ハワイ語で「騒がしい」という意味ですが、実際のところはそこまで人も多くなく、波の音を聞きながらのんびり滞在するのにもおすすめの町です。歴史的建造物であるクカニロコ・バースストーンや、ドール・プランテーションでの観光がおすすめです。

詳しく

【ホノルル】アラモアナセンター周辺でおすすめの観光スポット12選!出発前にチェック

ホノルル - ビーチ・砂浜

アラモアナセンターは、ハワイ・ホノルルにあるハワイ最大のショッピングセンターです。4つのデパートを併設していて、カジュアルから豪華ブランドまで幅広いジャンルの店舗が350軒以上入っています。 また、毎日開催されている無料のフラショーなどのエンターテインメントや著名なアーティストの作品を楽しめる機会も満載、フードコートもあって、買い物はもちろん、テーマパークのような雰囲気を味わえるスポットです。 周辺は、ビーチや公園、ショッピングスポット、オシャレなレストランなどが揃う便利な場所です。今回は、そんなアラモアナセンター周辺の見どころについて紹介します。

広告

広告

のおすすめホテル

ハワイへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

ハワイの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社