おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【ハワイ】サンセットを余すことなく満喫できる「マジックアイランド」の魅力を紹介

ハワイのアラモアナ・ビーチパークにある、絶景スポット「マジックアイランド」を知っていますか?ワイキキ中心部からも程近く、街の喧騒から抜け出し静かなビーチでの休暇を満喫したいのであれば、ぜひ訪れてほしい人気のスポットです。ロマンティックな南国ムードあふれる、マジックアイランドの魅力を紹介します。

続きを読む

更新日: 2024年3月2日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

マジックアイランドとは

ハワイのホノルルに位置する小さな人工の半島であり、アラモアナ・ビーチパーク内にあるレジャースポット。1964年にリゾート複合施設として計画していた場所を公園として整備し、「アイナ・モアナ(Aina Moana)」という正式名称に代わった今でもマジックアイランドと呼ばれる、人気のある観光名所です。

比較的波が少ないビーチと芝生が広がる静かな公園があり、美しい景色を見ながら海水浴や散歩、ジョギング、サイクリングを楽しむ人々の憩いの場所となっています。また半島の先端にはラグーンが形成されており、プライベートビーチのような贅沢が味わえる穴場スポット。ワイキキ一美しいと称される夕日が見られるのも魅力で、静かな時間を大事にしたい人たちにうってつけのビーチといえるでしょう。

マジックアイランドの観光情報

マジックアイランドの営業時間は早朝4:00から夜の 22:00までで、入場も無料で利用できる公園です。5月のメモリアルデーに行われる灯篭流しや、7月のインデペンデンス・デーの花火ショーなど、魅力的なイベントが多数開催される場所でもあります。マジックアイランドの付け根には無料パーキングがあり、他にも売店やシャワー、更衣室、テニスコート、ビーチバレーコートなどサービス施設が充実しています。

広告

マジックアイランドの最大の見どころ

最高のロケーションでのガーデンウェディング

マジックアイランドの最高なロケーションとウクレレの生演奏をバックに挙式が行える、アラモアナ・ビーチ沿いにある結婚式場「マジックアイランド・ガーデン」。青い海と空、ハワイの美しい景観を堪能しながらガーデンウェディングが叶う場所とあって、カップルから絶大な人気を誇るスポットです。また大自然の風景を活かしたトロピカルムードいっぱいの記念撮影もあり、他では味わうことができない、ロマンティックで忘れられない人生の門出が祝えます。

絶景スポットでサンセットを楽しむ

ハワイでサンセットを楽しむなら、夕景スポットとして有名なマジックアイランドがおすすめ。海に向かって突き出た先端のラグーン付近から、沈みゆく夕日を目の前で見ることができます。マジックアイランドのサンセットは息をのむ美しさで、ハワイには夕日が見られるスポットはいくつかありますが、誰にも邪魔されずに夕日を綺麗にフレームに収めたい方は、ぜひ穴場スポットであるマジックアイランドで夕日を満喫してみてください。

ダイヤモンドヘッドを眺めながらの釣り

マジックアイランドの東側、ワイキキビーチ側にあるヨットハーバー付近は、ダイヤモンドヘッドを眺めながら釣りが楽しめるスポットとして、地元民から観光客まで足繁く通う場所。アジや熱帯魚系、イワシなどが釣れやすく、サウス・キングストリート沿いにある「マックカリー・バイシクル &スポーティング・グッズ」や、ワード・アベニューにある「スポーツ・オーソリティー」で簡単な釣り道具が一式揃います。マジックアイランドに立ち寄った際は、絶景を見ながらフィッシングを体験してみましょう。

マジックアイランドの所要時間

広告

マジックアイランドでの所要時間は、写真撮影やツアーで周るのであれば、およそ1~2時間ほど。サンセットの時間までさまざまな楽しみ方を満喫するのであれば、一日中過ごすのも良いでしょう。

マジックアイランドへの行き方

アラモアナ・ビーチパーク内にあるマジックアイランドは、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)から車で約20分、ワイキキ中心部からはワイキキトロリー(Pink Line)や市バス(TheBus)で15分ほどの場所にあります。ワイキキのすぐ西側に立地しており、歩いていくことも可能ですが、日差しの強いハワイでの3km弱のウォークはなかなかハード。できれば交通機関やタクシーを利用して訪れることをおすすめします。

ワイキキトロリーの場合、ピンクラインに乗り、「アラモアナ・センター海側」停留所で降車。ザ・バスで向かうには、「クヒオ通り( Kuhio Ave) 山側」バス停から、8番・19番・20番・23番・42番・E番に乗車し、アラモアナ・センターやアラモアナ・ブールバード沿いにある停留所で降車。そこから歩いて5~10分ほどでマジックアイランドに到着します。

マジックアイランド

ハワイ / オアフ島

1201 Ala Moana Blvd, At the end of Ala Moana Beach Park, Honolulu, Oahu, HI 96814

マジックアイランドと合わせて行きたい周辺スポット4選

アラモアナセンター

ハワイ最大のショッピングスポットである「アラモアナセンター」が、マジックアイランドから徒歩圏内の場所に立地しています。350以上のショップやレストランが立ち並び、フラショーやアート作品展示などイベントも盛り沢山で、一日中滞在しても飽きることのない、まるでテーマパークのような商業施設です。十字架のような形をしたウィングが広がる4階建ての建物は、端から端まで歩くのに、20分はかかるほどの巨大施設。バスの乗り換え拠点にもなっており、ハワイ産のアクセサリーや雑貨、アロハシャツなどさまざまな種類のお土産も揃うので、多くの日本人観光客から人気のスポットです。

アラモアナ センター

ハワイ / オアフ島

1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, Oahu, HI 96814-4604
+1 808-955-9517

ワイキキビーチ

ハワイをイメージした時真っ先に思い浮かべられるのが、エメラルドブルーの海と白い砂浜が広がる「ワイキキビーチ」ではないでしょうか。ワイキキビーチは、ワイキキ市にある8つのビーチを総称した名前で、東はカピオラ二公園から西はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートまで続く、全長3kmにも及ぶ三日月型の美しいビーチ。周辺には高級ホテルやビーチリゾート、スパが並んでおり、旅行者がいつでも気軽に行けるビーチとして人気の場所です。海水浴やサーフィン、スキューバダイビング、カヤックなどマリンアクティビティはもちろん、海が見えるカフェでハワイのグルメを味わったり、パラソルやチェアを借りて、海辺でのんびりくつろいだり、さまざまな楽しみ方ができるスポットです。

ワイキキビーチ

ハワイ / オアフ島 / ワイキキ

Kalakaua Avenuue, Honolulu, Oahu, HI 96815

ハイキングに関連した現地ツアーはこちら

ハワイ諸島の中で最も大きなハワイ島。ヒロに都庁があり、人口は約16万3000人ほど、四国と同じくらいの10,430km²ほどの面積を持ちます。
海底火山の爆発によって100万年ほど前に現れたとされる島で、活火山であるキラウェア火山とマウナケア火山、マウナロア火山などが存在します。大地の生命力を感じられる溶岩ウォークのツアーに参加できるほか、マウナケア火山では天文台が設置され、星空観察ができるのがポイント。
また、島の4分の1を占めるパーカー牧場は全米最大級とも言われる広さがあり、牧畜道具の展示がされ、お土産品も購入可能です。カメハメハ大王の生誕の地であるカパアウも有名な観光スポットの1つで、大王像が静かに佇んでいます。

ハイキングに関連した現地ツアーはこちら

ダイヤモンドヘッド

ダイアモンドヘッドは、ワイキキの東側にそびえるクレーター状の死火山で、オアフ島のシンボル的存在というべきものです。マジックアイランドからは車で20分弱の場所にあり、登山道近くまでバスが通っています。約1.1kmの登山道を登り、迫力満点の頂上へ30~45分ほどで到着。標高232mの頂上には展望台が設けられており、ハワイの絶景を360度堪能することができます。比較的登りやすくはありますが、坂道や蛇行した道もありますので、スニーカーなどの歩きやすい靴でトレッキングするようにしましょう。

ダイヤモンド ヘッド

ハワイ / オアフ島 / ダイヤモンド・ヘッド周辺

18th Ave., Waikiki, Honolulu, Oahu, HI 96815
+1 808-587-0300
日 - 土 6:00 - 16:30

ホノルル美術館

マジックアイランドから車で10分弱のダウンタウン東側にあるベレタニアストリート沿いに、5万点以上もの重要な美術品を所蔵する「ホノルル美術館」はあります。アジア各国の美術品をはじめ、近代アメリカやヨーロッパ、アフリカまで幅広く優れた芸術作品が鑑賞できる、ハワイを代表する美術館です。施設内には、中国風や地中海風、現代風などさまざまな世界観を有する5つの庭園と庭に面した開放的なカフェがあり、市内の喧騒から離れ、アートと自然にどっぷりひたれる憩いのスポットとして人気の場所です。

ホノルル美術館

ハワイ / オアフ島 / キングストリート

900 S Beretania St, Honolulu, Oahu, HI 96814-1495
+1 808-532-8701
火 - 日 10:00 - 16:30
https://honolulumuseum.org/

マジックアイランドに行くならツアーがオススメ

マジックアイランドに行くなら、便利で記念に残るツアーがオススメ。ロケーション抜群のマジックアイランドで、ハワイ旅行の思い出をプロカメラマンに撮影してもらえるフォトツアーや、セグウェイや電気トライクに乗って潮風を浴びながらウォータフロントをのんびり散策できるツアーなど、楽しさ満載のツアーが揃っています。南国気分を存分に味わえるツアーを利用して、ハワイを満喫してみませんか?

観光のおすすめ記事

詳しく

ハワイの定番スポット「ワイキキビーチ」でマリンアクティビティを楽しもう!

ワイキキ - ビーチ・砂浜

青い海や白い砂浜が素敵で海水浴をしに行く人も多いハワイ。そんなハワイのビーチの中でも有名なワイキキビーチを訪問する際のポイントをまとめました。おさらいしたいワイキキビーチの基本情報や入場料、合わせて行きたい観光スポットなどをご紹介します。

詳しく

【ハワイ】天国の海・サンドバーを満喫できるおすすめツアー10選

オアフ島 - 観光

常夏の島・ハワイの中でも観光客に人気のオアフ島。島の北東に位置するカネオヘ湾には、干潮時に白い砂浜のサンドバーが出現します。白い砂浜とエメラルドグリーンの海のコントラストが美しく、天国の海と呼ばれています。音楽PVや映画などでも使用され、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のロケ地としても有名です。 そんなサンドバーにさまざまなツアーがあることをご存知でしょうか?今回はサンドバーに行けるおすすめのツアーをご紹介します。サンドバーでシュノーケリングやウミガメウォッチングを楽しむのはもちろん、島内観光がセットになったものもあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

【オアフ島】カネオヘでおすすめ観光地14選!映画ジュラシックパークのロケ地

カネオヘ - 観光名所

カネオヘは、ハワイ諸島に属するオアフ島にあるエリアのひとつです。アメリカ海兵隊米軍の基地がある町でもあり、日本からアクセスする際は、ホノルルのダニエル K. イノウエ国際空港から陸路を利用してアクセスするルートとなります。内陸部には住宅地が広がっているほか、規模の大きいショッピングセンターや養魚地として使用されていたフィッシュポンドなどもあり、同じエリア内でも場所によって全く異なる表情が見られるのが特徴となっています。 映画『ジュラシックパーク』のロケ地としても知られている場所で、映画ファンからも人気の高い場所となっています。クアロア・ランチをはじめ、天国の海とも称されるカネオヘ・サンドバーやクアロア・リージョナル・パークといった美しいビーチも点在しており、ビーチリゾートの拠点としての滞在もおすすめです。

詳しく

【オアフ島】カポレイで絶対失敗しない観光スポット11選!充実した旅行にしたいならココ

ホノルル - ビーチ・砂浜,海岸・海

カポレイは、オアフ島の西部に位置するエリアです。オアフ島を代表する他のエリアと比べるとあまり華やかさはないものの、ローカルな滞在ができるとあって近注目を集めているエリアでもあります。 かつてはパイナップルやさとうきびの栽培用の農地が多くあった地域ですが、近代化に伴い近年では大規模なショッピングセンターやスーパーマーケットなども増加しつつあります。観光スポットとしては複合プール施設であるウェット・アンド・ワイルド・ハワイや、閑静な雰囲気でビーチリゾートを楽しむことができるバーバーズ・ポイント・ビーチなどが有名です。滞在はもちろんのこと、ショッピング目的で日帰りで訪れるのもおすすめのエリア。

詳しく

【ハワイ】いざダイヤモンドヘッドの頂上へ!日の出ツアーおすすめ15選

ホノルル - 山・渓谷

ハワイに行ったら、ワイキキビーチと一緒にぜひ訪れたいのがダイヤモンドヘッド。ハワイを代表するダイヤモンドヘッドは、世界中から観光客が多く訪れる人気スポットです。ダイヤモンドヘッドは山のように見えますが、大昔に噴火したことがある火山だということをご存知でしたか?昔火山だったことを示すように、中央部分にクレーターがあります。 山頂まではトレイルがあり歩いて頂上まで登ることができます。山頂からの眺めはまさに絶景で、ハワイに来た際にはぜひ登ってみたいですね。今回はダイヤモンドヘッドから日の出を見る、おすすめの日の出ツアーを紹介します。

詳しく

【オアフ島】ダイヤモンドヘッド周辺でおすすめ観光地14選!役立ち情報を紹介

オアフ島 - ビーチ・砂浜

ダイヤモンドヘッドは、ハワイ諸島のオアフ島、ワイキキの東にある火山で、ハワイのシンボルとなっています。山頂には展望台があり、青い海とワイキキビーチ、ホテル群などを見渡せ、絶好の眺望・撮影ポイントとなっています。標高232mのこの山には、頂上まで約1.3km(片道約40分)の気軽に登れるハイキングトレイルも整備されており、手すりも付いているため子供から年配の人でも自分のペースで登ることが可能。ダイヤモッドヘッドの麓には、グルメスポットなども多いお洒落なサンモラット通りが通っています。今回は、そんなダイヤモンドヘッド周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【オアフ島】ワヒアワでおすすめ観光スポット6選!ローカルハワイを満喫!

ワヒアワ - 観光名所

ワヒアワは、ハワイのオアフ島の中央部に広がるエリアです。ワヒアワは、19世紀の後半にカリフォルニアなどから移住してきた13人の植民地によって、規模の大きいパイナップル畑や缶詰工場などが作られた町です。別名「パイナップルの町」とも呼ばれており、世界でも有数のパイナップル産業の町として栄えた歴史があります。 町の名前であるワイアヒは、ハワイ語で「騒がしい」という意味ですが、実際のところはそこまで人も多くなく、波の音を聞きながらのんびり滞在するのにもおすすめの町です。歴史的建造物であるクカニロコ・バースストーンや、ドール・プランテーションでの観光がおすすめです。

詳しく

【ホノルル】アラモアナセンター周辺でおすすめの観光スポット12選!出発前にチェック

ホノルル - ビーチ・砂浜

アラモアナセンターは、ハワイ・ホノルルにあるハワイ最大のショッピングセンターです。4つのデパートを併設していて、カジュアルから豪華ブランドまで幅広いジャンルの店舗が350軒以上入っています。 また、毎日開催されている無料のフラショーなどのエンターテインメントや著名なアーティストの作品を楽しめる機会も満載、フードコートもあって、買い物はもちろん、テーマパークのような雰囲気を味わえるスポットです。 周辺は、ビーチや公園、ショッピングスポット、オシャレなレストランなどが揃う便利な場所です。今回は、そんなアラモアナセンター周辺の見どころについて紹介します。

広告

広告

のおすすめホテル

ハワイへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

ハワイの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社