おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

日本 オタクカルチャーのおすすめ情報

トラベルブックのすべての旅行・観光情報から日本のオタクカルチャーに関する旅行・観光情報を人気順で探すことができます。世界の国、都市、エリアや目的、シーンにあった旅行・観光情報を絞り込むことが可能です。王道の観光コース、穴場、秘境、お土産情報など様々な旅行・観光情報から、あなたにぴったりな旅行情報を見つけてみましょう♪

関連するテーマ キッチン用品・料理グッズ 持ち寄り手土産・お弁当 料理・レシピ キャンプ・キャンプ用品 マリンスポーツ ゴルフ キャニオニング シュノーケリング パラグライダー ダイビング ラフティング ボルダリング

日本 オタクカルチャー のまとめ記事一覧

1〜5件を表示 / 全5件

  • まとめ

    【廃墟】国内の廃墟遊園地13選!かつての賑わいを失い無人となった遊園地は意外にも多い!?

    日本 - テーマパーク,オタクカルチャー

    かつては多くの人が来園し、子供から大人まで楽しめる遊園地として人気があった場所。バブルや入場者の減少、経営不振など何らかの理由により、閉園せざる負えなくなったテーマパークは廃墟になって、今もなお残っているところもあるんです。朽ちた遊具やアトラクションがそのまま残されており、ノスタルジックな雰囲気が漂います。今回はそんな国内にある廃墟遊園地を紹介します。化女沼レジャーランドや向ケ丘遊園、多摩テックなど誰もが知る遊園地ばかり。子供の頃に行ったことがある人もいるのではないでしょうか?そんな方はぜひチェックしてみてくださいね。

  • まとめ

    【ポケモンGO】都内のポケモン巣スポットを大調査!まずはココへGO!13選

    東京 - ボルダリング

    2016年に初リリースされたポケモンgo。スマホでできる無料ゲームアプリです。今までのゲームアプリと一線を画するのが、スマホの位置情報を利用することで現実世界そのものを舞台にしたという点。様々な場所に設定されたポケストップでアイテムを受け取りつつ、地図上に表れたポケモンのキャラクターを捕獲しに歩くゲームです。瞬く間に一大ブームを巻き起こし現在も根強い人気を誇るポケモンgoですが、ランダムに現れるポケモンたちが特定の場所で大量に現れる「ポケモンの巣」も都内で多数報告されているのです。目当てのポケモンが効率的に大量ゲットできる都内のポケモンの巣をまとめました。

  • まとめ

    【東京】オリジナルレーンで大熱戦が楽しめるミニ四駆カフェ&バー5選

    東京 - オタクカルチャー

    “走る模型”としてだけでなく、お気に入りのボディをカスタマイズして自分だけの夢の愛車が作れることも魅力なミニ四駆。公式の大会になると子供から大人まで約3000人が会場に集まります。子供にとって数百円で買えて簡単に作れるミニ四駆は人気が高く、速く走るために創意工夫の余地があるのが魅力。 80年代の「コロコロコミック」の漫画「ラジコンボーイ」と「ダッシュ! 四駆郎」をきっかけに第一次ミニ四駆ブームが、90年代の『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』で第二次ブームが起きました。当時の子供が昔より自由にお金が使える大人になった今、ミニ四駆熱が再発しています。 そんな大人を対象にしたミニ四駆専用サーキットを備えたカフェやバーが密かに人気を集めています。ぜひ懐かしのミニ四駆を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • まとめ

    東京ゲームショウ:世界最大級の規模を誇るゲームショウの魅力や楽しみ方を紹介

    千葉・幕張 - スタジアム・スポーツ観戦,アクティビティ・体験,オタクカルチャー

    コンピュータエンターテイメント協会の主催によって、1996年から一度も中止することなく開催されている「東京ゲームショウ」はコンピュータゲームをはじめとするコンピュータエンターテイメントの総合展示会です。1996年に開催された初めてのゲームショウは出展数87社、来場者数109,649人だったのに対し、2017年は出展数609社、来場者数254,331人と年々増加傾向にあり、毎年大きな賑わいを見せています。未発売ゲームの試遊やゲームの大会など様々なイベントが行われるステージ、ゲーム作品にちなんだコスプレ、恋愛ゲームの世界観を楽しむブースなど、ゲームファンだけでなくあまり詳しくない方や女性でも楽しめるゲームの祭典です。

  • まとめ

    【秋葉原】教室に図書館、Nゲージ!? 趣向を凝らしたおすすめメイド喫茶5選

    秋葉原・御茶ノ水・水道橋 - オタクカルチャー

    今やオタクカルチャーの元祖といわれるくらい、世界的にもメジャーになった秋葉原。そんな秋葉原には、趣向を凝らしたメイド喫茶がたくさんあります。しかも、定番のメイドにコスプレした店ばかりでなく、鉄道や学校など、特定のテーマやシチュエーションで楽しませてくれるメイド喫茶も増えていて、アニメオタク以外の客層にも喜ばれています。また、特定のテーマに特化しているため、普通のメイド喫茶に飽きてきた人でも楽しめます。メニューにこだわりがある店も多く、なかには欧州のビールが常時30種類も取りそろえているところや、オリジナルブレンドのオーガニック紅茶を扱うメイド喫茶など、様々です。敷居が高そうに見えますが、初心者でも入りやすい店もあるので、ぜひトライしてみて下さい! (※写真はイメージです)

日本 オタクカルチャー のスポット一覧

1〜2件を表示 / 全2件

  • スポット

    立川まんがぱーく

    高尾・八王子・町田・立川 - オタクカルチャー

    立川まんがぱーくは、旧立川市庁舎を改修した施設です。約3万冊の漫画が置いてあり、15歳以上は400円、小・中学生は200円の入館料を払えば一日中漫画を読めます。施設の特徴は普通の漫画喫茶と構造が異なることです。施設内は畳敷きで、押入れをイメージした木箱のような個室があり、中でくつろぐこともできますし、その上でも本を読めます。まるで自宅にいるような感覚で好きな本を読み放題なので立川の人気スポットです。

  • スポット

    はるな愛

    東京 - オタクカルチャー

    <経歴> 1972年7月21日生まれ、出身地は大阪 ニューハーフ、タレント、歌手、俳優及び実業家。物心ついた頃から自分は女性だと自覚し始めた。 松田聖子や松浦亜弥の口パクモノマネでブレイク、2009年にはタイで行われた「ミス・インターナショナル・クイーン」で優勝。2010年には「24時間テレビ・愛は地球を救う」でマラソンランナーに抜擢される。バラエティ、ドラマ、映画などで活躍する中、実業家としても頭角を表している。

広告

運営会社