おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

南アフリカの都市一覧 旅行ガイド

南アフリカの人気都市

1〜23件を表示 / 全23件

  • ケープタウン

    南アフリカ共和国南西部の港湾都市である。もともと東アフリカ、インド、東アジア貿易に携わるオランダ船の食料基地として建設されており、それはスエズ運河が1869年に建設される200年以上も前のことであった。南アフリカに始めて白人が入植した土地であり、のちの内陸部へのすべての開拓の起点ともなり、そのため、南アフリカの白人からは「マザー・シティー」との愛称で呼ばれている。 市街の南側にそびえたつテーブルマウンテンはシンボルとなっている。ロープウェイもあり、トレッキングルートも充実している。頂上から町の中心部をみると、商業地区、住宅地区とくっきりと区分けされた都市だということがわかる。

  • ヨハネスブルグ

    南アフリカ共和国最大の都市である。アフリカを代表する世界都市の1つであり、総合的な世界都市ランキングで、世界第59位、アフリカではカイロに次ぐ第2位の都市と評価された。都市のGDPは1100億ドルで、南部アフリカ第1位である。アフリカ最大の証券取引所であるJSEの所在地でもあり、アフリカ最高の金融センターと評価されている。ヨハネスバーグともよばれている。 人種隔離政策アパルトヘイトが撤廃されてからは皮肉にも治安が劇的に悪化し、世界で最も治安の悪い犯罪都市の一つとされていたが、2010FIFAワールドカップ開催に合わせて行われた治安対策とその経済効果により、現在は都心部にも活気が戻りつつある。

  • 喜望峰自然保護区周辺

    ケープ半島の南部にあり、自然保護区内の南側にはケープ・ポイントと喜望峰がある。保護区内の面積は7750ヘクタールで、100種を越える野生植物が生い茂り、様々な動物などを見ることができる。半島周辺の海にはイルカやオットセイが生息し、8~11月にはクジラが現れることもある。 保護区内のルック・アウト・ポイントからは、ケープ・ポイントと大西洋とインド洋が交わるところを眺めることができる。バスコダガマが到着した場所として有名な喜望峰。当初は遭難する船が多かったため、”嵐の岬”と言われたが、バスコ・ダ・ガマのインド 航路発見を記念し、ポルトガル国王が、ポルトガルに希望を与える、という意味で”喜望峰”という名前がついた。

  • プレトリア

    南アフリカ共和国の首都であり、政府機関や官庁、各国の大使館が集まる行政の中心地である。政治・行政の中心として1855年に建設され、ヨハネスブルグの北方約50km、標高約1500mの高原都市である。コロニアル様式にわずかにアール・デコや南アフリカのスタイルが感じられる歴史的建造物が数多く存在する。 街のランドマークである、ユニオン・ビルディングスは南アフリカの政府の中枢機関が集まる重要な建築物である。フォールトレッカー・モニュメント、大統領官邸、国立劇場等訪れる価値のある見どころが沢山ある。またジャカランダが有名で、7万本も植えられた街路樹は街の名物で、開花時期には観光客が多くなる。

  • ダーバン

    アフリカ共和国クワズ―ル・ナタール州エテクウィ二都市圏に位置する大都市。2010年のワールドカップでは会場のひとつとなった。ヨハネスブルクに次いで人口が多く、その4分の1がインド系の移民である。大きな外港があり、世界第9位の港湾都市としても栄えている。温暖な気候とインド洋に面した美しいビーチがあることから、町全体として観光業に力を入れており、高級リゾート地として発展している。 16ヘクタールの巨大水族館「ウシャカ・マリンワールド」やズ―ルー族(インド系移民)が多く住んでいるズ―ルーランドという映画のセットをそのまま利用したテーマパークなど、多くの見所がある。

  • ポート・エリザベス

    南アフリカ共和国南部、ヨハネスブルクから飛行機で約 1時間40分、ケープタウンから約800kmに位置する港湾都市である。アジア系住民が多いことが特徴であり、自動車産業の中心地でもある。1820年、英国人が入植。名称は、植民地の総督代理であった「ルーデンス・ドンキン卿」の夫人エリザベスを偲んで建設した石碑に由来する。 インド洋に面するビーチは約 40kmも続いており、WCTのイベントが行われるジェフリーズベイなど世界に名だたるポイントが点在し、WCTサーファーを排出するほどレベルが高い。マリンスポーツが盛んであり、ビーチフロントには雰囲気の良いコンドミニアムや巨大なショッピング・コンプレックスがあり人気スポットとなっている。

  • ネルスプリット

    南アフリカ共和国ムプマランガ州エシャンゼニ郡ムボンベラにある地区、ネルスプロイトは2000年まで独立した自治体でした。モザンビークの国境より60km西に位置しており市内には、南アフリカ最大の都市ヨハネスブルクとのフライトに使われている「クルーガー・ネルスプロイト国際空港」をはじめ、南アフリカ共和国北東部のムプマランガ州とリンポポ州に面しているアフリカ有数の大きさを有す鳥獣保護区「クルーガー国立公園」やモザンビークへの主要な中継地になっています。1年を通して平均最高気温は23度から29度と温暖な気候なことから、レモンやバナナなどの果樹栽培が盛んに行われています。面積は72.63 km²と小規模な街で、2000年時点の人口は約221,474人。また2010年にムボンベラ・スタジアムでワールドカップの試合が開催された街として有名。街中も自由に歩けるため、南アフリカの中で比較的に治安も悪くない地域です。

  • レディスミス

    南アフリカ共和国のクワズール・ナタール州ウトゥケラ郡に位置する都市、レディスミス。1850年6月にはウィンザーと名付けられましたが、同年10月に半島戦争の古強者で総督のハリー・スミス卿の妻の名、レディスミスに変更されました。クワズールー ナタール州の海岸沿いにある都市ダーバンより 230km ほど北西側に位置し、南アフリカ最大の都市ヨハネスブルグよりも365km 南側に位置しています。クリップ川の岸にあるため市街地や住宅地域は洪水流域内にあります。2001年時点の人口は約11万人でタイヤ製造をはじめ食品加工と織物などが盛んに行われているのが特徴的。観光スポットとしておすすめなのが、1895年頃に最初に建設された市内で最も有名な建造物「スーフィ・モスク」や1884年に元々市役所として建てられた「シージ博物館」などがあります。

  • クルーガー国立公園周辺

    南アフリカ共和国北東部のリンポポ州とムプマランガ州に跨っており、北側にはジンバブエ、東側にはモザンビークが隣接している。この公園とジンバブエのゴナレゾウ国立公園、モザンビークのリンポポ国立公園とを合わせて大リンポポ越境公園と言う越境保護区の名で呼ばれる事もある。世界でも有数の広さを有す国立公園であり、19,485㎢の広さを有している。 公園内はいくつものエコゾーンが存在し、それぞれ地形や植生、そして生息する動物たちが異なる。また公園内には9つの異なる原住民族が住んでいる。中には夜通し、何日も人目に触れない種族もある。自然・動物保護に力を入れており、隣国と共同でいろいろな試みを行っている。

  • アピントン

    南アフリカ共和国の北ケープ州中部に位置し、ケープタウン北東約650Kmオレンジ川の沿岸にあるため1年を通して草花で溢れている美しい街、アピントン。地名の由来は、ケープ植民地首相であった「トーマス=アピントン」からちなまれています。国内にはアフリカ大陸南西部のナミビアと結ぶ鉄道もあったり、空港もあったりするため多くの観光客が足を運んでいます。面積580.8㎢、人口は2011年時点では7.483万人。穀類や果物、ワインの生産また銅の加工も行なわれており農鉱業が栄えているため活気に満ちている場所です。主な観光スポットと言えば、州都キンバリーとの間に位置している砂漠「ウィットサンド自然保護区」があります。ここでは、マウンテンバイクに乗って広大な白い砂丘を探検ができたり、またボードを使って砂丘を滑り降りたりすることができるボーディングがあり観光客から大人気です。

  • ステレンボッシュ

    ステレンボッシュは南アフリカ共和国の南西部に位置する、西ケープ州に属する都市となっています。南アフリカ共和国では2番目に古い都市といわれており、1679年に開拓され、オランダ人の内陸部進出の拠点として栄えた歴史を持ちます。街中を流れるアーステ川、またヨーロッパに似た気候と、豊かな大地に恵まれていたことからブドウ栽培にも適しているとされ、この地で栽培されたワインが現在の「ケープ・ワイン」の発祥となりました。この地で造られる「カベルネ・ソーヴィニヨン」は、風味がいいと世界中から好評価を得ています。人種構成はカラードが約半数を占めており、ほかバントゥー系民族や白人、アジア人からなります。ステレンボッシュで最も使われている言語はアフリカーンス語です。ケープタウンからはメトロレールが運行しており、所要約1時間20分程度でアクセスできます。ステレンボッシュ大学があることから、大学都市としても名高い街です。

  • オーツホーン

    オーツホーンは、南アフリカ共和国の南部に位置する西ケープ州に属する小さな街です。平均標高600〜900mのカルー高原の中心にある盆地状の土地となっており、南アフリカの他の地域と比べて降水量も少なく乾燥しているのが特徴です。南アフリカの主要観光ルートでもある「ガーデンルート」上にある街としても知られており、全長約3kmにわたる神秘的な鍾乳洞「カンゴー・ケープ」や、ダチョウ乗り体験などが楽しめる「カンゴー・オストリッチ・ショウ・ファーム」など、観光スポットも多数。アフリカの大地を広く見渡せる平坦な土地となっており、土地の形状を生かしたダチョウの飼育が行われており、羽毛産業がさかんなほか、ダチョウの食肉加工品や皮革を使用した工芸品なども製造・販売されています。

  • パール

    南アフリカ共和国の南西部に位置するパールは、人口約11万人が生活する歴史のある街です。ケープタウン、ステレンボッシュに次ぐ、西欧人が開拓した街の中では3番目に古い街とされており、美しい街並みとのどかな田園風景が特徴となっています。カラードと呼ばれる混血人種が全体の7割を占めており、ほかアフリカーナーを含む白人、バントゥー系民族と呼ばれる黒人人種によって形成されています。言語はアフリカーンス語が9割近くを占めているほか、英語、コサ語が使用されています。巨大な花崗岩塊を見ることができ、特に大きなものは「パール・ロック」と呼ばれて観光名所にもなっています。付近ではブドウの栽培がさかんに行われており、ワイン産地としても知名度を高めつつあります。ケープタウンからパール駅まではメトロレール利用で所要約1時間20分となっており、ワイナリーでの美食を目当てに訪れる観光客も多い街となっています。

  • イーストロンドン

    南アフリカ共和国、東ケープ州バッファローシティーに位置しインド洋に面している港湾都市、イースト・ロンドン。南アフリカの中で唯一の河港として造られたため1846年頃は「ポート・レックス」と呼ばれていましたが、1848年市街の建設時にケープ総督のH・スミスにより現在の名前に改称しました。人口は約夏は短く、冬は長めですが1年を通して晴れの日が多く12度から26度ほどなので比較的温度差がそんなにないため比較的に過ごしやすい気候となっています。1996年時点で人口は約22万人で、西岸部は繊維、自動車組立て、機械工場をはじめとした工業地帯でケープ東部鉄道駅が東岸にできたことによりゴルフコースや自動車レース場また博物館などの施設があります。また1938年にカルムナ川河口の沖合に生きた化石と言われる現生のシーラカンスが発見されたことでも有名です。

  • キンバリー

    南アフリカ共和国の北ケープ州にありブルームフォンテーンの西側に位置している都市、キンバリー。1867年頃のゴールドラッシュ時代に世界最大のダイヤモンドが採掘できる鉱山としてイギリスが侵攻し、1871年にケープ植民地に編入し街の開発が進みました。そのため地名の由来は、イギリスの植民地大臣と言われていたキンバリー伯爵ジョン・ウッドハウスから来ています。1998年時点での人口は210,800人程。ゴールドラッシュ時代の形をそのまま感じることができる観光地が点在しており、南アフリカの豪華寝台列車「ブルートレイン」も停車したり、キンバリー空港もあったりするためケープタウンやウィントフック、ナミビアなどを結ぶ主要場所として発展しているためとても便利な都市となっています。観光客が多いことから宿泊施設も複数存在しています。

  • ブルームフォンテン

    ブルームフォンテンは、南アフリカ共和国のフリーステート州の中心に位置する街です。南アフリカの司法首都として機能しており、約26万人の人口を擁する都市となっています。ブルームフォンテンはアフリカーンス語で、「花咲く泉」を意味しており、季節になると何千もの美しいバラが街を彩ることから、「バラの都市」という愛称でも呼ばれています。毎年秋には「ローズフェスティバル」が開催され、地元の人はもちろん、世界中から多くの観光客が訪れる一大イベントとなっています。ほか、国立博物館や南アフリカ兵器博物館、植物園であるオーキッド・ハウス、フランクリン自然保護区など、見どころとなる観光スポットも多数。1800年代に造られた建築物も多く残されており、街歩きも楽しむことができるほか、建築物を巡るガイドツアーなども開催されています。

  • サンシティ

    サンシティは、南アフリカ共和国に属するリゾート地として知られています。首都であるツワネ市都市圏のプレトリア地区へは車で約2時間の距離となっており、美しいビーチリゾートを擁するほか、大規模なカジノリゾートやゴルフ場もあることから、多くの観光客が訪れるエリアとなっています。サンシティは、南アフリカを代表するホテル・不動産グループである「サン・インターナショナル」によって築かれたもので、一時は白人専用の施設となっていましたが、アパルトヘイトの撤廃により、人種を問わず世界中の旅行者が訪れるリゾート地として賑わいをみせています。また、サンシティはピーランスバーグ国立公園と隣接しており、野生の象やサイ、ライオンといった動物を見学する「“ビッグファイブ”サファリ」といったアクティビティも人気です。

  • モッセル・ベイ

    南アフリカ共和国の南部、西ケープ州に位置する港町モッセルベイ。この地名の由来は、近くの海でムール貝「モッセル」がたくさん取れるという説とオランダ東インド会社の統治者のヤコブ・モッセルから来ているという2つの説があります。1488年にポルトガルの航海者バーソロミュー・ディアズによってモッセルベイを発見・上陸、その9年後の1497年にヴァスコ・ダ・ガマが寄航しました。人口は15万人ほどの小さな町ですが1年を通して温暖な気候のため、ビーチリゾートとして観光客にも人気があります。モッセルベイ・ストーンで有名な「目的の石」は歴史文化博物館に保存されていたり、「アフリカ初の郵便局の地」として記念碑が建てられていたりまた町の歴史や文化に関する博物館が集合している「バートロミュー・ディアス・ミュージアム・コンプレックス」などの観光スポットもあります。

  • ポロクワネ

    南アフリカ共和国の北東端に位置するリンポポ州の州都、ポロクワネ。2010年、ワールドカップが開催された国としても有名です。元々ヨーロッパ系移民のボーア人により、1886年頃に建設され当日は「ピーターズブルグ」という名前でしたが2002年に「ポロクワネ」に改称されました。人口は2007年時点で561,772人。南アフリカ最大都市ヨハネスブルグとプレトリア、またジンバブエを結ぶ主要場所として発展しています。標高1300メートル程の高原に位置し、1年を通しての平均気温は11度から22度で夏が長く冬が短いのが特徴的であるため、農業地帯で柑橘類などの集散地となっています。また観光スポットは市外にある日本では見ることができない、鳥類や爬虫類が飼育されている「ポロクワネ鳥類爬虫類パーク」、たくさんの野生動物を見ることができる「ポロクワネ自然保護区」などアフリカらしい自然に触れられます。

  • ハマナス

    ハマナスは、南アフリカ共和国の西ケープ州に属する街です。ケープタウンからは車で約1時間ほどでアクセスすることができ、毎年夏〜秋にかけては子育てのために親クジラがこの地を訪れることから「クジラの街」としても有名です。海岸沿いにはレストランやカフェ、リゾートホテルが立ち並び、風光明媚な海の眺めを楽しみながら散策を楽しめます。ホエールウォッチングをはじめとするアクティビティが充実しているほか、ゴルフ場も多くあり、クジラが見えるピークシーズン以外はゴルフ場を利用する人でにぎわいます。毎年9月には「ホエール・フェスティバル」が開催され、南アフリカのおいしいグルメとともに、コンサートやホエールウォッチング、マラソン大会といったアクティビティやイベントも楽しめます。

  • ナイズナ

    ナイズナは、南アフリカ共和国の西ケープ州に属する街です。19世紀頃にノルウェー人がこの地に移住し、開拓されたのが街のはじまり。南アフリカを代表するの風光明媚なドライブルートとして知られる「ガーデンルート」にある街で、ジョージ空港またはプレッテンバーグ・ベイ空港から車で約2時間半でアクセスすることが可能です。広大な干潟を擁していることから、南アフリカでも有数の牡蠣の名産地としても有名です。幻のカキと呼ばれる「ワイルドオイスター」は世界中の美食家から注目を集めており、街中のレストランで味わうことができます。毎年7月には「ピックンペイ・ナイズナ・オイスターフェスティバル」というグルメフェスが開催され、会場では新鮮なカキと南アフリカ産のワインが味わえるほか、マラソン大会や自転車の大会、アクティビティ体験などにも参加できる一大イベントとなっています。

  • ジョージ

    南アフリカ共和国の西ケープ州に属する街、ジョージ。約19万人の人口を擁しており、交通の要となるジョージ空港があるほか、付近に観光スポットが多いことから、経由地として訪れる観光客も多くいます。ウテニカ山脈の麓に街は広がっており、南アフリカ最大の都市・ケープタウンと、東に位置するポートエリザベスを結ぶルート上にあることから、古くから交通の拠点として栄えた歴史を持ちます。地中海性気候のため、年間を通して雨は降るものの、冬季はやや降水量は少なめ。森林が多いため、林業が主産業となっているほか、木材を加工した家具や工芸品の生産もさかんに行われています。ゴルフ場が多く、ワールドカップ女子ゴルフの大会会場として使用されたほか、ワールドカップの際には日本代表のベースキャンプ地として使われたことでも有名となっています。

広告

運営会社