おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【インド】ホーリー祭の観光ガイド:色粉をばらばけ! 世界一危険でカラフルなお祭り

近年、世界中でカラーパウダーを使用したイベントが行われていますが、インドなどでは、もともとカラーパウダーを使用して「ホーリー祭」とよばれるヒンドゥー教のお祭りを行っていました。ホーリー祭では、どんな人でも関係なく、お互いにカラフルな粉をつけ合い「ハッピーホーリー」と言って、抱き合います。主に北インドで見られるお祭りですが、賑やかで混沌とした様子から世界一危険なお祭りとも言われています。現在は外国人観光客でも参加する人が増え、日本から「ホーリー祭」に参加するためのツアーが行われるほどです。 しかし、ホーリー祭はただ騒ぐためのものではなく、基になったヒンドゥー教の神話や、インドの階級制度があるからこそ盛り上がるという理由をご存知でしょうか。ホーリー祭に込められた意味や神話の教えなど「ホーリー祭」の魅力についてご紹介していきます。

続きを読む

https://www.flickr.com

広告

「ホーリー祭」の概要&魅力

Holi

インドの「ホーリー祭」は、色とりどりの粉を相手に付けて祝うお祭りです。主に北インドで親しまれており、元々は、豊作祈願のお祭りでしたが、神話や地方の習慣が混じり合って、現在は春を迎える祭りとなっています。ホーリー祭は地域にもよりますが、毎年2月や3月に、2日間行われる行事です。一日目は、焚き火で悪霊を追い払い、2日目には朝から粉や水が飛び交います。知り合いだけでなく、見知らぬ人にもとにかく粉を塗りつけ、「ハッピーホーリー」と叫び抱き合い、音楽に合わせて踊る賑やかなお祭りです。

基本的にはヒンドゥー教のお祭りですが、宗教関係なく外国人でも参加できます。一旦道に出ると荷物をたくさん持っていたり、移動中でもとにかく色粉や水をかけられるため、非常に激しくカラフルなお祭りだといえるでしょう。

Two soles, one status

インドではカースト制という独自の社会的身分制度があり、バラモン、クシャトリヤ、ヴァイシャ、シュードラという4つの階級が存在し、最下位の不可触民という普段差別されている人々もいます。また、インドで未だに残る「男尊女卑」の意識から男女で格差が大きい国といえるでしょう。

そのような多くの強い縛りがあるインドですが、ホーリー祭のときだけは、階級、性別、年齢、宗教は関係なく唯一、無礼講が許される貴重な一日です。ただお互いに色をつけ合う行事ではなく、インド人が縛りから開放され、触れ合い、踊り、粉を付け合って、日ごろのうっぷんを晴らすためのお祭りなのです。

H.I.S. インド ツアー

H.I.S.
ツアーも航空券・ホテルも最大級の品揃え!希望の条件で簡単検索。現地24時間日本語サポート付。 早めの予約もH.I.S.なら安心。

「ホーリー祭」の見どころ1:ホーリー祭に参加してみよう!

ホーリー祭の街の様子

世界的に知られるようになったインドのホーリー祭は、その珍しさから観光客も参加することが多くなりました。ホーリー祭の期間には、軽快な音楽が鳴り響き、道には多くの人に溢れ、多くの人に人に粉を付けられて「ハッピーホーリー」と言い抱き合います。また、ビルの上などからいきなり水をかけられることもあるでしょう。一度付いた色はなかなか落ちず、男性は服を破かれることもあるので、捨てても良い服を着るのがベストです。

基本的にホーリー祭は、バイクに乗っていたり大荷物を抱えていても、とにかく色粉や水を振りかけられます。どんな状況でも、どんなに粉を振りかけられても怒ってはいけません。「ハッピーホーリー!」、「Bura na mano, Holi hai(気を悪くしないでください、ホーリーです。)」を合言葉に、みんな笑顔で楽しむ行事です。また、ホーリー祭が行われる期間は、バスやタクシー、そしてお店などほとんどが休みとなります。移動や買い物ができない場合が多いため、ホーリー祭の期間をしっかり確認して観光の予定を立てましょう。

また、ホーリー祭は礼節の厳しいインドで、カースト関係なくみんなが楽しめる行事ですが、犯罪も多数報告されています。女性への暴行や性犯罪、そして目立ちやすい外国人観光客への誘拐などもあるため、ホーリー祭に参加する際には集団での参加が望ましいでしょう。

ホーリー祭で使用される色粉の原料は?

Festival of Holi in India #1

ホーリー祭で使用されるカラーパウダーは、直接人にふりかけたり、少し水をつけてべっとりと顔に塗ったり、水と混ぜて水鉄砲の道具を使って相手にかけて騒ぎます。ホーリー祭に参加する場合、直接肌に触れるカラーパウダーに関して衛生面や、影響を心配することもあるでしょう。

ホーリー祭で印象的なカラーパウダーは、赤や黄色、そして緑の色が一般的に使用されてきました。赤は炎や血を表し、黄色は尿を、そして緑は豊かな自然を表します。これらの粉を直接肌につけたりインドではアーユルヴェーダの考えから化粧品などは自然由来のものが多く、このカラーパウダーも自然由来のものを使用している場合が多いです。

伝統的なカラーパウダーはハナモツヤクノキの花を天日干し後に粉末にしたものです。特に赤の原料のものは「レッド・サンダルウッド」といい、肌によい成分が含まれていると言われています。しかし、現在は「グラール」と呼ばれる化学染料粉や、泡が出るスプレーなどが使用されることが多く、健康被害が報告されることもあります。そのため、参加する際に気になる人は、参加する時間を短時間にしてすぐ洗い落としたりする工夫をしたほうが良いでしょう。

広告

「ホーリー祭」の見どころ2:ヒンドゥー教の聖地でのホーリー祭

Holi

ホーリー祭は、インドの北部、またスリランカ・インドネシア・ネパールでみられる行事ですが、現在はインド南部のバンガロールやチャンナイなどでも一部の小規模イベントとして開催されているようです。ホーリー祭が盛り上がる場所として、ヒンドゥー教がより深く信仰されている場所があげられます。

まず、マトゥラはヒンドゥー教7大聖地のひとつでクリシュナが誕生したと言われており、ホーリー祭では多くの人が集まる場所です。また、周辺のブリンダーバンにある「バンケ・ビハリ寺院」でも非常に賑わいを見せ、約1万人もの人が集まると言われています。次に、神のリクシュナである恋人のラーダの故郷と言われるバーサーナです。「ラーダ・ラニ寺院」の中で、人々が粉を付け合います。祭りの期間は、クリシュナ神の故郷であるナンドガオンからた男性たちを、バーサーナの女性が木の棒で応戦するという風習もあります。

また聖地と言われているガンジス河が流れるバラナシも非常にホーリー祭が盛り上がる場所です。外国人観光客が多く、国籍構わず楽しめるでしょう。ニューデリーなどの都会では一部で盛り上がる地域もありますが、ビジネス街などでは比較的静かなため、ローカルな場所ほど彫り上がる傾向にあります。

「ホーリー祭」の見どころ3:ホーリー祭の由来

Holi the festival of colours in India

ホーリー祭はインド暦パールグナ月の満月の日から2日間行われており、太陽暦の場合、3月にあたります。2018年の場合は3月1日、2019年の場合は3月20日の予定となっており、一日目を「ホーリー」、2日目を「ドゥルヘンディ」と呼びます。街は一週間ほど前から賑やかになり、水を掛け合う子供たちなどもおり、すでにお祭りムードです。ホーリー祭で使用する粉や、水鉄砲などもあちらこちらで販売されています。4月以降、急激に暑くなるインドではホーリ祭は今年の豊作を祈る行事でした。しかし、現在はさまざまな神話が組み合わさったものになっています。

ホーリカーの人形を燃やす焚き火

街の道や広場で、ホーリカという女性を模した女性の像を木々の真ん中に置き、燃やし始めます。「ホーリカー・ダーハ」と呼ばれる焚き火ですが、これはホーリカーの神話から伝えられている行事と言われています。

神話の中では、誰からも殺されないという特権を得たヒラニヤカシプという男性がおり、自分は神だと過信する傲慢な性格の持ち主でした。彼の息子であるプラフラーダは、ヒンドゥー教の神であるヴィシュヌ神を信仰する信仰心の深い人間でしたが、父のヒラニヤカシプは、息子が神を熱心に信仰していることが気に食わず、殺害する計画を立てます。毒薬を飲ませたり、象に踏ませたりしますが、ヴィシュヌ神から守られた息子プラフラーダは無傷のままでした。

そこで、火の中にいても燃えない特権を持っている娘のホーリカーを利用し、膝の上に息子プラフラーダを座らせ、二人を燃やしました。するとホーリカーの方が完全に燃えてしまい、息子プラフラーダだけ助かったと言われています。

A post shared by Ray Ducasse (@raywhatspoppin) on

この理由として2つの説があり、ひとつめはホーリカーが持っていた火から身を守るショールをプラフラーダにかぶせ、自分を犠牲にしてでも愛で相手を守ったという説です。この理由から、ホーリー祭ではホーリカーの犠牲を感謝するといわれています。また、もう一つの説として、ホーリカーは日ごろ子供たちに害を与える羅刹女だったため、自分が燃えてしまったのは「火の中では燃えない」という自分の与えられた恩恵を、傲慢に使用した結果だと捉える考え方です。人を殺めようとしてしまった自業自得の結果であり、焚き火は自分の内なる悪を浄化するための儀式だといわれています。

どちらの説にしても神への信仰心が命を救い、正義は悪に勝つということを意味しています。焚き火の儀式では、神話と同じように木とホーリカーの人形を燃やし、悪霊を退散させ、幸福を祈願します。

色を付けるクリシュナ神話

RMdarsan

二日目のドゥルヘンディの日には、カラフルな粉や色を付けた水を振りまいて、外に出ているすべての人が思いっきり騒ぐ日です。この「人に色をつける」というのはヒンドゥー教の中で最も人気のあるクリシュナの神話に基づくといわれています。

神話の神様であるクリシュナはヴィシュヌ神の第8番目の化身といわれており、クリシュナは、肌が白い恋人のラーダに憧れていました。自分の色黒の肌について母親ヤショーダに相談すると、母親のヤショーダは、「ラーダの顔に好きな色を塗ったら?」とアドバイスしました。そこで、いたずら好きのクリシュナが、本当にラーダの顔に色を塗ったことが始まりとされています。19世紀の絵画では、ホーリー祭で色粉を掛けるクリシュナとラーダも描かれています。

カシミール地方の伝承

広告

また、粉などを「振りまく儀式」というのは、インド北部のカシミール地方の「悪魔払いの日」に由来しているとも言われています。カシミール地方では、家に悪魔ビシャーチャが侵入するのを防ぐために泥や汚物などを投げつけて追い払ったと言われています。それが色水となり、現在の色とりどりの粉を付け合ったり、振りまいたりするというものに変わったようです。

このように、ホーリー祭ができた理由として明確な説があるわけではありませんが、長い間伝えられているさまざまな神話や地域独特の伝承を組み合わせた春の訪れを祝う賑やかなお祭りとなっています。

「ホーリー祭」へのアクセス

日本からインドまでは、成田空港からであればインドの首都であるデリーまでの直行便が出ています。航空会社はインドのエア・インディア、また日本航空か全日空となります。フライト所要時間は約9時間です。

Varanasi, India

インドの中でもより盛り上がるとされているバラナシへは、デリーから飛行機で1時間半、列車の場合、寝台列車で15時間ほどです。ホーリー祭への参加は無料で、通りには激しい粉の掛け合いが行われています。また、バスなどの公共交通機関も運行していない場合があるため、北インドでは、この期間の移動は極力避けたほうが良いでしょう。

「ホーリー祭」のまとめ

Holi / Festival of Colors 2013

ホーリー祭はインドを中心に春の訪れを祝うお祭りですが、現在ではカラフルな色を付ける新鮮さから、世界でもカラーパウダーを使用したイベントが開催されマラソンや フェスティバルなどで見かけるようになってきました。しかし、インドで行われる本場のホーリー祭は、インドの神話を信仰したヒンドゥー教のお祭りで、普段カーストで縛れられている身分制から解き放たれる意味合いもあり、インド人にとっても深い意味のあるイベントです。インドに来た際には、ホーリー祭で普段の縛りから解放されるインド人と共に、楽しく騒いでみてはいかがでしょうか?

インドのおすすめツアー

H.I.S. インド ツアー

H.I.S.
ツアーも航空券・ホテルも最大級の品揃え!希望の条件で簡単検索。現地24時間日本語サポート付。 早めの予約もH.I.S.なら安心。

観光のおすすめ記事

詳しく

【インド】ニューデリーでおすすめの観光スポット13選|インド経済の中心地

ニューデリー (デリー) - 観光名所

ニューデリーは、インドの行政直轄地デリーの首都です。1911年に新たに置かれた都であり、整然と整備された街並みが特徴です。商業・経済の中心地、そして高級住宅街でもあるニューデリー。インド独立記念日に首相の演説が行われる「赤い城」は、デリーを象徴するか大切な場所です。 重厚で大きな「ラホール門」、かつて市場として使われ現在もお店が並ぶ「チャッタ・チョウク」もインドならではのエキゾチックな雰囲気を味わえるスポット。本場のアーユルヴェーダのマッサージで身も心もリフレッシュするのも近年女性を中心に人気です。インドはヨガの発祥の地でもあり、ニューデリーにはヨガの体験レッスンができるスタジオも豊富にあります。 今回は、そんなニューデリーでおすすめの観光スポットを紹介します!

詳しく

【ニューデリー】インド門周辺でおすすめの観光スポット17選!インドを満喫!

ニューデリー (デリー) - 文化遺産,城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,市場・夜市,広場・公園

インド門はデリーのメイン通りであるラージ・パト通りの東端に位置する巨大な石造門です。高さは42mもあり、一見するとただの大きな門に見えますが、実は第一次世界大戦などで戦死した兵士の慰霊碑として作られており、近くで見てみると壁一面に戦没者の名前が刻まれています。 そんなインド門は慰霊碑ということもあり、下を潜り抜けることはできません。歴史的な門ということで常に観光客や地元の社会科見学の子供達が訪れています。周辺には緑の広場が広がっており、軽食の屋台などもあるので地元民の憩いの場ともなっています。今回は、 インド門周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【ニューデリー】クトゥブミナール周辺の観光スポットおすすめ8選!悠久の国へ

ニューデリー (デリー) - 文化遺産,寺院・教会,史跡・遺跡,広場・公園

クトゥブミナールはデリー郊外に位置する歴史あるモスクです。1200年頃、インド最初のイスラム王朝を開いたクトゥブッディーン・アイバクが建てた建築物で、イスラム様式とヒンドゥー様式が混在しています。 クトゥブミナールの特徴は天高くそびえるミナレットです。高さ72.5mで、赤砂岩や大理石がグラデーションになっています。さらにコーランの章句も刷り込まれているので、訪れた際は近くに寄って見てみてください。そして周辺には3、4世紀頃に建てられたと言われる純度ほぼ100%の鉄塔や、未完のミナレットなどもあります。 今回は、そんなクトゥブミナール周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【インド】世界遺産「エローラ石窟群」の観光ガイド:台地を掘って作られた世界で最も美しい石窟

エローラ - 文化遺産

数多くの世界遺産が点在するインドの中でも、有数の知名度を誇るのがこの「エローラ石窟群」です。大きさは南北に約2kmも続き、その存在感とインドの彫刻技術の美しさでは他の石窟よりも目を見張るものがあります。エローラは、インドのマハラシュトラ州にある村の名前で、そこにあることから「エローラ石窟群」と名付けられました。1983年には世界遺産に登録され、インドの宗教の歴史を知る上でも最も重要な場所と位置づけられています。ムンバイから東に約350km以上離れた場所にありますが、この聖地を一目見ようと世界中からも、そして、地元のインドからも多くの人が足を運んでいます。 今回は、世界に数ある石窟群の中でも最も美しいとされる「エローラ石窟群」の見どころをまとめました。事前に観光のポイントを知ることでかなり効率よく回れるので、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

【世界遺産】アジャンター石窟群は、インドに残った素晴らしい仏教壁画の宝庫

アジャンター - 文化遺産

1983年に世界文化遺産に登録されたアジャンター石窟群は、岩山を掘って造られた古代の仏教石窟寺院群です。デカン高原の北西部、ワーグラー(ワゴーラ)渓谷の断崖に約600mにわたって大小30の石窟が開かれ、現在も保存状態のよい壁画や彫像が豊富に残っています。 ムンバイの東約350kmの場所にある町、アウランガーバードまで出れば、アジャンター石窟群への行き方は簡単です。バスターミナルから朝8時30分発の観光バスが出ています。 また、マハーシュトラ州観光開発公団(MTDC)が運営する旅行代理店「クラシック・トラベル」の現地ツアーを利用するのも手です。 (写真:アジャンター石窟群 ©UNESCO/Bruno Poppe)

詳しく

【インド】リシケシでおすすめの観光スポット11選!インドを満喫!

リシケシ - 寺院・教会

インドのリシケシは、ヒマラヤ山脈のふもとの小さな街です。街の中心にはガンジス川が流れ、大きな吊橋が2つ架かっている風光明媚な街です。メインストリートである「クラシュマンジュラロード」には寺院や民芸品店、地元の人々に愛される食堂や屋台、チャイ専門店などが軒を連ねています。ヒンドゥー教三大神の1つであるシヴァ神を篤く信仰する街でもあり、街の至る場所に寺院や仏像などが置かれています。そして何といってもリシケシはヨガのメッカとして知られる街。数多くの「アシュラム(ヨガ道場)」があり、ヨガ愛好者の聖地となっています。世界的スターのビートルズも1960年代にこの地を訪れヨガの修業を行っています。今回はそんなリシケシでおすすめの観光スポットを紹介します!

詳しく

【インド】バンガロールでおすすめの観光スポット13選|インドのシリコンバレーへ行こう

バンガロール - 寺院・教会

インド南部のカルナータカ州の州都であるバンガロール。世界のトップ企業がバンガロールに集結する「インドのシリコンバレー」と称されるIT都市として、近年目覚ましい発展を遂げる地です。インドというと暑いイメージですが標高900mにあるバンガロールは年間を通して過ごしやすく、「グリーンシティ」と呼ばれるほど公園や緑が豊富。「インディアナガール」や「チャーチストリート」といったおしゃれなレストランやショップが軒を連ねる通りもあって、人気の観光地でもあります。 日本のコスプレイベントが開催されたり、日本食や和菓子のカフェレストラン、日本語の医療通訳が常駐する病院もあったりと日本人にとって人気の移住先でもあります。 今回はそんなバンガロールで人気の観光スポットを紹介します!

詳しく

【インド】コーチンでおすすめの観光スポット11選!様々な文化を楽しむ!

コーチン - ビーチ・砂浜,寺院・教会

コーチンは、インド西南部のアラビア海に面した街です。古くから貿易都市としてケララ州の主要産業都市として栄えてきました。穏やかで親切な南インドの人々のゆったりした暮らしを感じるのにぴったりの街であるコーチン。漁業が盛んなので美味しいシーフード料理を食べられます。シーフードやココナッツ、お米を多用するのが特徴の「ケララ料理」も味わえます。本場のアーユルヴェーダの施術を受けてみるのもおすすめです。コーチンの歴史地区であるフォート・コーチンでヨーロピアンな建造物の街並みを歩いたり、水郷「バックウォーター」のハウスボートツアーに参加したりと思い思いの楽しみ方が可能です。今回はそんなコーチンでおすすめの観光スポットを紹介します!

広告

のおすすめホテル

インドへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

インドの航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社