広告

【ペット】フクロウの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

【ペット】フクロウの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

最近、テレビなどでもよく取り上げられるようになり、その愛らしい姿にファンが増えつつあるフクロウ。その為、フクロウと気軽にふれあうことができる「フクロウカフェ」もできはじめました。ネットでもかわいらしいフクロウの画像や動画がたくさん見られるようになりました。大きな丸い目とフワフワの羽毛に目を惹きつけられます。そのかわいい姿を毎日家で見たいと、ペットとして飼う人も増えています。今回は、フクロウを飼うためにはどんなものが必要なのか、購入するにはいくらくらいかかるのかなどについて紹介します。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

この記事を監修するのは?

TravelBookママ部

TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。幼児から中学生までのママ達で構成。世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。

フクロウってどんな動物?生態を紹介!

大きな瞳と愛らしい立ち振る舞いが人気のフクロウは、フクロウ目フクロウ科フクロウ属に属する猛禽類の鳥です。フクロウは、肉や昆虫を食する肉食です。カッコイイ大型のものや、手乗りにもなる小型のものまで多数の種類があります。ふわふわの毛並みと大きな丸い目が特徴で、その大きな目に愛らしさを感じる人が多いですが、目を閉じると人間の笑顔の表情のようになることもあり、表情にも人気があります。健康的で身体が丈夫であり、寿命も長く正しく飼育すれば20年ほど一緒に生活ができます。夜行性ですが、鳴き声も行動も静かなため、それほど騒音に気になるということもないでしょう。種類によって異なりますが、たいていはおとなしい性格で、甘えんぼうな一面もあります。またフクロウは「福来郎」や「不苦労」、「不苦老」などの当て字が充てられ、縁起のよい動物と言われています。

フクロウの寿命はどのくらい?

最初に紹介するフクロウの情報は「寿命」。フクロウは種類や大きさによって寿命も異なります。小型のフクロウは10年~15年、中型で30年と言われ、大型だと40年ほどと言われています。ペットとして育てた場合、また野生のフクロウでは平均して20年の寿命です。ペットとして上手に育てた場合、60年ほど生きたフクロウもいると言われています。ペットとして飼う場合は、ストレスを与えない環境を整えて上げることが必要です。環境に合わないと2、3年で命を落としてしまう場合もあるので気をつけてください。

フクロウをペットショップで買うときの値段は?

次に紹介するフクロウの情報は「値段」。大きさや種類によって値段が異なりますが、10万~50万ほどで購入できます。一般的に小型なほど値段が低めであり、大型になりにつれ値段が上がっていく傾向にあります。また、人気や希少価値、入手の困難さによっても左右される場合があります。そのショップにいるフクロウの年齢によっても値段が異なりますので、事前に自分の欲しい種類の値段を調べてからペットショップへ行くことをおすすめします。

広告

フクロウの鳴き声は?動画で紹介

フクロウの種類は?

3番目に紹介するフクロウの情報は「種類」。現在、約220種類ものフクロウが地球上にいると言われています。日本では九州より北に分布し、本州北のフクロウ、本州南のモミヤマフクロウ、北海道に生息するエゾフクロウ、四国や九州などに生息するキュウシュウフクロウがいます。フクロウは本来、広範囲を飛び回るので、大型の種類はペットとして飼うにはあまりむきませんが、環境を整えてあげれば飼うことができます。

ヨーロッパコノハズク

4番目に紹介するフクロウの種類は「ヨーロッパコノハズク」。体長15cm~20cmで小型に分類されるヨーロッパコノハズク。目立たない保護色となっている羽の色が特徴で、ふわふわなめらかなのに、表面はザラザラした木の肌のような色をしています。個体差はありますが比較的人に慣れやすく、性格は温厚、体重も200g以下と軽いため、肩や腕にちょこんと座った姿がかわいらしく見えます。なついて手のりにした時に、指を甘噛みする姿もかわいくて女性に人気です。ヨーロッパコノハズクは水浴びが大好きで、水浴び姿も愛らしいです。

モリフクロウ

5番目に紹介するフクロウの種類は「モリフクロウ」。モフモフとした羽毛で、丸くて大きなクリクリとした目が特徴のモリフクロウ。体長30cm~45cmの中型に分類されます。繁殖期は攻撃的になることもありますが、性格は比較的おっとりとしていて、慎重に見定めてから行動します。鳴き声は数種類あり、「ほほほほほ」と鳴いたり、たまに大きな声で「くぅいくぅい」と鳴いたりします。餌をねだるときには「きゅうきゅう」と鳴く姿はとてもかわいらしいです。

スピックスコノハズク

6番目に紹介するフクロウの種類は「スピックスコノハズク」。南アメリカ原産で、体長20cm~24cm、体重200g以下の小型の種類、スピックスコノハズク。羽の模様が木の葉や木の肌のようになっています。とても耳がよく、虫が動く音を頼りにえさとなる虫を見つけることができます。性格的には温厚で人を恐れないため、飼い慣らしていけば、なついてくれます。身体も丈夫なので、とても飼育しやすい種類ですが、鳴き声は大きめです。

コキンメフクロウ

7番目に紹介するフクロウの種類は「コキンメフクロウ」。ギリシャ神話に登場する女神の従者として知られるコキンメフクロウ。体長20cm~25cm、体重200g程度の小型の種類になります。性格はやや頑固、神経質で臆病、警戒心も強く、活動的です。人にはなれにくいこともありますが、ヒナから人間との生活に慣れさせていけば、なついてきます。人間に慣れればスキンシップも可能ですが、比較的スキンシップは苦手です。鳴き声は小さめですが広範囲に響きます。

フクロウの餌(エサ)は?

広告

8番目に紹介するフクロウの情報は「餌(エサ)」。フクロウは夜行性鳥類の食物連鎖の頂点に立っており、餌は新鮮な生肉を食する、肉食です。血から栄養を取るため、スーパーで購入した血抜きされた精肉は不可です。ネズミやうずら、ひよこなどを一口大にカットして与えます。血から必要なミネラルやビタミンを、骨からカルシウムなどを摂取する為、不要な部分(内蔵や頭など)を取り除く必要があります。ペットショップやネットで処理済みの餌を購入できます。

フクロウのおすすめエサ一覧

フクロウの性格。ペットとしてなつくの?

9番目に紹介するフクロウの情報は「性格」。フクロウは人に慣れますが、犬のような感覚で「慣れる」ということはありません。もともと人に飼われるものではないので、あくまでも「人に慣れる」という感覚になります。それでもヒナの頃から上手に育てていけば、甘えるようにもなります。呼べば振り返るとか、手に乗ってスリスリと甘えてくるとか手から餌を食べてくれるとかはしてくれるようになります。あくまでも人にふれられることに慣れるという感じです。種類によっても違い、攻撃的な種類のフクロウもいますので注意してください。その場合はあくまでも観賞用としてください。比較的、小型の種類の方が穏やかな性格で甘えてくる傾向にあります。

フクロウは臭い?うるさい?

10番目に紹介するフクロウの情報は「臭い」。フクロウ自体は匂いはほとんどありません。糞もほぼ無臭ですが、フクロウには盲腸があり、粘り気の強い盲腸糞が出るとかなり匂いは強いです。フクロウはトイレのしつけができませんので、部屋で放し飼いにするとあちらこちらに糞をしますので、その匂いは気になるでしょう。また、消化できなかった骨や毛を吐き出す時があります。肉食の為、その吐瀉物は匂いがあります。また、フクロウは夜行性のため夜中に活動します。鳴き声も種別によって異なりますが、やはり夜中の鳴き声が騒音として聞こえないとも限りません。羽の音や鳴き声が気になるようであればゲージに防音カバーをつけるとよいでしょう。

フクロウをペットとして飼うために必要なもの

止まり木

フクロウは普段、木の上にいることが多いです。室内で飼うにもフクロウがゆっくり休める場所が必要です。さまざまなサイズのものがあるので、フクロウの体の大きさに合わせて選びましょう。

移動用ケージ

万が一の体調不良やメンテナンスの為に外に連れ出す必要があります。犬猫用のものを使用する場合はできる限り外が見えないようにカバーをしてあげてください。

爪切り・ヤスリ

爪やクチバシの手入れに使います。クチバシも爪と同様伸びてきます。爪をカットしたあとには先端が尖っているため、ヤスリで削ってあげたほうが良いでしょう。犬猫用の爪切りで大丈夫です。

フクロウのまとめ

いかがでしたでしょうか。最近は「フクロウカフェ」も流行っていて、その影響で実際に飼いたい人も増えています。大切に育ててあげれば、数十年と長い期間一緒にいられます。フワフワと愛らしいフクロウが家にいると、大変なこともありますがそれ以上に癒しの存在になるでしょう。

関連する記事

詳しく

おすすめの半生タイプドッグフード*人気15選

おすすめの半生タイプドッグフードを人気紹介していきます。犬を飼っている人はたくさんいますが、ドッグフード選びはとても大変ですよね。犬種や年齢によってもドッグフードの種類は違いますし、当然、犬の好みもあります。最近はドッグフードの種類もたくさん増え、美味しさだけでなく健康のことを考えて作られたドッグフードも人気です。中でも「食いつきがいい」「歯が弱った犬でも食べやすい」といった理由から、人気となっているのが半生タイプのドッグフード。そこで今回は、本当に安心して犬に食べさせることができる半生タイプのドッグフードを人気紹介していきます。

詳しく

キャットフードで肝臓ケアにおすすめ|人気猫の餌15選

猫を飼っている人は、猫が病気にならないように気を使っていると思いますが、それでも完全に防ぐことは難しいといえます。なかでも内臓のトラブルは、ペットの場合はなかなか気づかない場合もあるので注意したいところ。猫にも内臓トラブルはさまざまなものがありますが、肝臓病もそのひとつ。人と同様に、猫も肝臓は解毒や代謝という重要な役割を担っています。そして肝臓病は一度かかると、完全に治すのが困難。それだけに日頃のケアが大事になってきます。そこで今回は、肝臓ケアにおすすめのキャットフードをピックアップして、紹介していきます。

詳しく

お腹の弱い猫におすすめキャットフード15選!人気商品を比較

猫好きで家で猫を飼っている人は、猫と一緒にいるだけで癒やされたり、楽しくなるのではないでしょうか。それだけに猫の体調管理には気を使っていることでしょう。胃腸が弱い人がいるように、猫にもお腹が弱いタイプがいるので、そうした猫を飼っている場合はなおさらです。そんな猫のキャットフードには、特に気をつけたいところ。最近ではお腹の弱い猫向けのキャットフードも出ているので、そうしたものを利用するのもひとつの方法です。そこで今回は、お腹の弱い猫におすすめのキャットフードをピックアップしてご紹介していきます。

詳しく

ペット火葬の費用相場|ペット葬儀の料金はどのくらいかかる?

愛するペットが亡くなった方は、毎日一緒に過ごしていた日々を思い出して、とても悲しく辛い日々を過ごしていることでしょう。亡くなったときに自分でできることは、いつも過ごしていた場所に安置して、体をきれいにしてあげたり、傷みを遅らせるため保冷剤などで冷やしたりすることです。そのままにしてはおけないので、心の整理がついてお別れができたら葬儀・火葬をしてあげます。ペットの葬儀では、人間と同じように僧侶がお経を読んでくださる場合もあります。葬儀費用は火葬費用がベースとなっており、それぞれの火葬方法によってペット火葬費用も異なります。家族にとって一番納得のいく火葬方法で見送ってあげるといいですよ。ペット火葬業者を選ぶときは、さまざまな会社とペット火葬費用や説明の丁寧さを比較して、トラブルを避けるため信頼がおけるかをよく確認することをおすすめします。

詳しく

猫の口内炎とは?おすすめなキャットフード人気餌15選

愛猫がいつも元気でいてくれるのは、飼い主にとってはうれしいこと。それだけに健康には気を使っていると思いますが、それでも病気を完全に防ぐことは難しいといえます。猫の病気にはさまざまなものがありますが、口内炎もそのひとつ。人もかかる口内炎ですが、猫の場合も口のなかに痛みを感じ、その影響で食欲もなくなり十分な栄養がとれなくなる恐れも。もちろん動物病院で診てもうことも大切ですが、治療している時の食事も気を使いたいところ。そこで今回は、口内炎の猫におすすめのキャットフードを紹介していきます。

詳しく

高カロリーキャットフードのおすすめ15選!人気猫の餌を比較

愛する猫の健康を気遣う飼い主は多いと思いますが、運動とともに大事なのがやはり食事。キャットフードを与えるにしても、猫の体調に合わせて、どんなタイプのものを与えるかを決めたいところです。肥満気味の猫には低カロリーなダイエット用がおすすめですが、逆に痩せ気味や成長過程にある子猫には、高カロリータイプが適しています。そしてそのほかにも、原料や成分などにも気を使って選んでやれば、より猫も喜んでくれることでしょう。しかし現在はさまざまなキャットフードが出ているので、どれが良いのか迷うことも。そこで今回は、おすすめの高カロリーキャットフードを紹介していきます。

詳しく

低脂肪キャットフード人気15選|おすすめな猫用低カロリーダイエットの餌

人でも肥満はさまざまな弊害をもたらしますが、それは猫も同じ。体重が増えてきたと感じたら、ダイエットをすることも考えたほうがいいでしょう。まずは運動をさせるのがおすすめ。猫は室内で飼われていることが多く、ただでさえ運動不足になりがち。おもちゃを使って一緒に遊んであげるなどして、運動をするように仕向けるのもひとつの方法。そしてやはり重要なのは食事。これまでのキャットフードを見直してみてはいかがでしょうか。そこで今回は、低脂肪・低カロリーを中心におすすめのダイエット向けキャットフードを紹介していきます。

詳しく

人気通販キャットフード15選|おすすめな猫ちゃんの餌

猫好きの人にとって、愛猫と過ごすのは至福の時間といえるでしょう。仕事疲れやストレスも一緒にいるだけで癒やしてくれる、家族の一員のような存在といえます。そんな可愛い猫には、良いキャットフードを食べさせてあげたいと思っている飼い主は多いと思いますが、数あるキャットフードの中から、自分の猫に合ったキャットフードを見つけ出すのは簡単ではありません。国産か外国産か、肉や魚など材料は何が使われているか、添加物は入っているかなど、選ぶポイントはいくつもあります。そこで今回は、通販で手に入る人気キャットフードをセレクト。紹介していきます。

詳しく

安全な国産キャットフードおすすめ15選!人気の猫の餌はこちら

猫は日本国内でもポピュラーなペットです。家族の大切な一員である猫にとってもご飯は大切な栄養源なのでバランスの取れた安全なキャットフードを選んであげましょう。キャットフードはいろいろな種類が登場しているのでどれを選んだらいいかわからないという飼い主さんも少なくありません。そこで今回は大切な猫の健康をサポートしてくれる安全で安心な国産キャットフードを紹介する記事を作成してみました。外国のキャットフードも栄養価が高く、高品質なキャットフードがあるのですが今回は購入のしやすさを考慮し、国産のキャットフードをピックアップしています。参考にしてみてください。

詳しく

子猫用ドライキャットフードの人気11選!おすすめの餌はこちら

小さくて可愛い子猫は日々の生活を癒してくれる大切な家族です。毎日少しずつ成長して大きくなっていく子猫にはたくさんの栄養が必要になるので、キャットフードも栄養満点でバランスの取れたフードを選んであげるようにしてください。とは言っても、初めて猫を飼う人はどんなキャットフードが猫に良いかわからないこともあります。今回はそんな飼い主さんの為におすすめの子猫用ドライフードをピックアップしてまとめてみました。おすすめポイントやキャットフードの特徴と一緒に紹介しています。キャットフードの選び方やキャットフードの違いも紹介しているので参考にしてみてください。

詳しく

無添加キャットフードおすすめ8選を紹介

大切な家族の一員である猫のご飯には安全で品質の良いものを選びたいと思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。キャットフードは猫の健康を支える大事なご飯なので栄養バランスのとれた良いものを選びたいと思うのは当然のことです。キャットフードに含まれる成分を気にしている飼い主さんも少なくありません。そこで今回は猫のご飯にもこだわりたい飼い主さんの為におすすめの無添加フードをまとめてみました。キャットフードの特徴やおすすめポイントを記載しながら無添加キャットフードを紹介しています。キャットフードの種類や選び方も紹介しているので参考にしてみてください。

詳しく

高齢猫におすすめのウェットフード15選! 総合栄養食を紹介!

人間が歳を取るように、猫も歳を取っていきます。愛する猫にいつまでも健康に長生きしてほしい場合は高齢猫用のご飯に切り替えて食事面でもサポートしてあげることが大切です。高齢猫は食欲が低下していたり、消化器官が弱っていたりもします。猫の健康状態を把握して猫に合ったキャットフードを選んであげましょう。今回は高齢猫にもおすすめのキャットフードを紹介する記事を作成してみました。キャットフードの中から比較的高齢猫でも食べやすいウェットフードをピックアップしています。キャットフードの選び方などと一緒に紹介しているので高齢猫用のウェットフードを探している人は参考にしてみてください。

詳しく

おすすめの高級キャットフード17選!猫の餌でおすすめの商品は?

人間のご飯と同じように愛猫のご飯もこだわりたいという飼い主さんは多くいます。中には愛猫の誕生日やイベントの日などにいつもと違う特別なキャットフードをあげたいと考える人もいるのではないでしょうか。上質な素材を使用してつくるキャットフードは高級で、猫の健康もサポートしてくれます。食物アレルギーが気になる場合にも、素材にこだわる高級キャットフードなら飼い主さんの悩みを解決してくれるかもしれません。今回はおすすめの高級キャットフードを紹介する記事を作成してみました。おすすめポイントやキャットフードの特徴と一緒に紹介しているので参考にしてみてください。

詳しく

猫用ウェットフードおすすめ15選!人気の猫の餌を紹介

愛する猫の為にキャットフードにこだわる飼い主さんは少なくありません。栄養バランスが取れていて、猫の食いつきが良いキャットフードは飼い主さんにとっても猫にとっても理想です。しかし現実は猫の好みや価格などさまざまな要因から理想のキャットフードに出会うのが難しくなっています。今回は飼い主さんにとっても猫にとってもおすすめのウェットタイプのキャットフードを紹介する記事を作成してみました。キャットフードの選び方なども記載しているのでウェットフードを探している飼い主さんはもちろん、理想のキャットフードを探している人も参考にしてみてください。

詳しく

安くておすすめのキャットフード8選!安全な餌の選び方も紹介!

人間にとって食事が大切な習慣であることと同じように猫にとっても食事は欠かすことが出来ない大切な習慣です。キャットフードから必要な栄養を補給することで元気で健やかな状態をキープすることができます。とは言え、毎日の食事にあまりお金をかけることが出来ないという飼い主さんがいるのも事実です。今回は安くても猫の体調をキープしてくれるキャットフードを紹介します。安くても安全で猫の健康にも良いキャットフードをピックアップしているので、参考にしてみてください。キャットフードの選び方やキャットフードに関するトピックスもまとめています。

詳しく

ウェットドッグフードのおすすめ!人気15選

大切な家族の一員であるわんちゃん。そんなわんちゃんの食事は、飼い主さんにすべてが任せられており、栄養管理もわんちゃんが美味しく食べられるかどうかも飼い主さんのドッグフード選び次第になっています。一般的にドッグフードには、ドライタイプとウェットタイプがあり、ドライタイプが一般的によく購入されています。でも食欲がなかったり、いつものドライフードに飽きてしまった時には、ちょっと高級感のあるウェットタイプを購入してみるのがおすすめ。ウェットタイプだけをあげるのも良いですし、いつものドライフードと混ぜて上げるとドライフードも食べやすくなるのでおすすめです。今回は、ウェットドッグフードのおすすめを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

詳しく

キャットフードの選び方とは?よいフードを見分けるポイントを解説

キャットフードの種類は総合栄養食、間食、療法食、その他の目的食(一般食・副食など)に分けられます。総合栄養食は猫に必要な成分がバランス良く配合されているので、フードと水だけで十分な栄養がとれます。ドライフードは長期保存が可能で、簡単に与えられることが特徴。ウェットフードは嗜好性が良く、水分も同時に補給できます。キャットフードの選び方は、原材料の肉類が具体的に表示されているかをチェック。また愛猫の年齢に合ったフードを選びましょう。高品質にこだわるならプレミアムフードがおすすめ。療法食を与える場合は必ず獣医師に相談してください。手作りフードは栄養バランスをとるのが難しいので、普段の食餌はキャットフードをメインにし、手作りフードはたまに与えるようにしましょう。

詳しく

猫が尿路結石になったら?餌や治療法・再発予防の方法を詳しく解説

猫がおしっこをしない、おしっこに血が混ざっているなどの気になる症状があるときは尿路結石を疑い、餌を替えるなどの対策をしましょう。尿路結石とは膀胱や尿道に石のような結石が溜まってしまうことで、結石が膀胱を刺激して痛みが出る、尿道を塞いでおしっこが出にくくなるなどの症状が出ます。結石が大きいときは外科手術を、そうでない場合は療法食を与えて結石を溶かし、おしっことともに排出させます。治療後再発を予防するには、水をいつでも飲めるように工夫し、おしっこを我慢させないようにしましょう。加えて、尿路結石向けの餌を継続することも大切です。

詳しく

このこのごはんドッグフード*口コミや評判を紹介!

わんちゃんを飼っているという人ならば、わんちゃんの健康をつくる大切な食事・ドッグフードは気になるところですね。さまざまなドッグフードが販売されていますが、どのドッグフードが良いのか迷ってしまう人も多いかと思います。数あるドッグフードの中でも特に人気が高く、SNSなどでも話題となっているものの一つに、このこのごはんドッグフードがあります。主に小型犬を飼っている人向けのドッグフードになっており、獣医師も進めるという信頼性のある商品。 今回は、そんなこのこのごはんドッグフードについて、どんなドッグフードなのかや口コミや評判をまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

詳しく

モグワンドッグフード*口コミや評判などを紹介!

大切な家族の一員であるわんちゃん。そんなわんちゃんの健康は、飼い主の人にすべてかかっています。健康管理の第一歩は、食事。人間もわんちゃんも、毎日の食べているもので体が作られています。健康的な食事は、何よりも大切ですね。わんちゃんの場合は、食事はドッグフードというのが一般的。ただし、ドッグフードと一口に言っても、その材料や配合はさまざま。なるべくならば安心・安全な材料を使用し、栄養バランスに優れたドッグフードを選んであげたいものですね。そんな飼い主の人に注目を集めているのがモグワンドッグフード! 今回は、モグワンドッグフードとはどんなドッグフードなのかや口コミや評判などをまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

詳しく

モグワンは子犬にもおすすめ!その理由を紹介☆

皆さんは、モグワンドッグフードはご存知ですか?ペットの健康を気にする多くの飼い主の人たちから絶賛されているSNSなどでも話題のドッグフードです。安心・安全で栄養面にも優れており、わんちゃんの食いつきも良いという口コミも多数あるこのドッグフード、全種類・全ライフステージのわんちゃんに与えることができるものになっています。体のさまざまな機能が未熟で、成長段階にある子犬は、特に食事の内容がとても大切。そんな子犬に与えるドッグフードとしても大変おすすめの商品です。 今回は、モグワンドッグフードが、子犬になぜおすすめなのかの理由や子犬に与える場合の注意点などをまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

詳しく

柔らかいドッグフードのおすすめ15選*人気上位を紹介

ドッグフードといえば、コロコロとしたドライフードが一般的ですが、犬によっては柔らかいドッグフードが適している場合も多くあります。例えば消化機能が低下してきてしまったシニア犬や、もともと消化器官が弱い犬などです。他には水分をあまりとらない犬や歯が少ない、歯周病など口腔内トラブルがある犬にはドライフードよりも柔らかいドッグフードのほうが身体のためには適しています。今までドライフードではあまり食が進まなかった子でも、柔らかいドッグフードならば食欲が回復することもあります。 そこで今回は柔らかいドッグフードについてまとめてみました。柔らかいドッグフードのメリットやおすすめ15選までご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

老犬におすすめの柔らかいドッグフード人気17選*シニア犬の食事に!

若い頃は硬いドライフードを食べていた犬も、年をとるにつれてだんだんと食べなくなってきたということはよくあることです。犬も人間と同様に消化機能や代謝、口腔環境が加齢と共に低下してしまいます。そんな時は食べにくいドライフードを無理してあげずに、柔らかいドッグフードに切り替えてあげましょう。食事の負担も減り、栄養も摂れるようになります。では、老犬にあげるドッグフードは柔らかければなんでもいいのでしょうか?柔らかいドッグフードってどんな種類があるのでしょうか?いろいろな疑問がわきますよね。 そこで今回は老犬におすすめの柔らかいドッグフードについてまとめてみました。そろそろドッグフードを変えてみようかなと考えている愛犬家の皆様、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

本当に良いキャットフード|おすすめ人気20選

猫を飼っている飼い主さんにとっての悩みになりがちなのが、キャットフード。フードを変えると急に食欲がなくなったり、好き嫌いをするようになったりとなかなか合ったフードが見つけられないということもあります。 そこで今回は口コミ評価の高い本当に良いキャットフードのをお届けします。子猫からシニア猫まで幅広い年齢をカバーしているので、ご自宅に猫ちゃんに合ったものがきっと見つかるはずです。人気の高いおすすめ商品ばかりなので、これから猫を家に迎える方はもちろん、キャットフードの見直しや切り替えをされる方は、ぜひ参考にしてください。

詳しく

おすすめ海外キャットフード*人気20選を紹介!

日本では近年の猫ブームにより、キャットフードの種類も非常に多くなりたくさんのメーカーから色々な種類が買えるようになりました。しかし、欧米諸国はペットフードが非常に進んでおり、日本よりもより多くの種類や高品質なキャットフードがあったりします。そこで今回は海外のおすすめキャットフードのをお届けします。国産も良いですが、海外のフードも原材料がシンプルであったり安全性にこだわっていたりと、猫ちゃんの健康を維持するサポートに役立ちます。フードの切り替えや味替えにも使えるので、ぜひ今回のを参考に愛猫好みのフードを探してみてください。

詳しく

おすすめグレインフリーキャットフード*人気15選を紹介!

大切な愛猫の健康を考えるに当たって、まず気になるのは毎日の食事です。なるべく体に優しく、美味しく食べられるものをあげたいと思うのは当然ですよね。そんな時におすすめできるのが、グレインフリーという穀物を使用していないタイプのキャットフード。猫本来の食事を再現しているので、効率よく必要な栄養素を摂取させることができるため、健康管理だけでなく猫ちゃんの食いつきもばっちりです。 今回は人気のグレインフリーキャットフードを紹介。これから猫を飼うという方はもちろん、キャットフードの切り替えや味替えなどに良いフードをお探しの飼い主さんも参考にしてください。

詳しく

【市販】おすすめ猫餌!人気のキャットフードを紹介

警戒心が強く、選り好みしやすいと言われる猫。飼い主にとってたくさんおいしく食べてくれるキャットフードを選びたいものですが、栄養についても気になる人も多いでしょう。猫の餌は年齢や体格により適したタイプを選ぶのがポイントです。とはいえ、毎日あげなくてはならないため、コスパの良い餌を選ぶのも1つの方法。 今回は、市販もされているおすすめのキャットフードを人気紹介します。安全性が高いのはもちろん、口コミも参考に厳選しました。安全なキャットフードの選び方や餌の与え方などにも触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

おすすめ猫用ドライフード*人気15選

猫を家に迎え入れるうえで欠かせない餌選び。そしてキャットフードの代表と言えばドライフードです。別名のカリカリという呼び方をする飼い主さんもいますね。比較的安価で、常温で保存ができるので使いやすいものではありますが、猫ちゃんの好みや体調によっては今までのドライフードを食べてくれなくなったということもあり、飼い主さんにとっては悩みの種にもなります。 そこで今回は人気の猫用ドライフードのを紹介します。大切な猫ちゃんの好みや年齢、健康状態のためにいつもと違ったドライフードを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

猫用ウェットフードのおすすめ15選*人気を紹介!

昨今の猫カフェや猫ブームで、猫を飼い始めるお宅も増えています。しかし猫によっては好き嫌いがあったり、年齢や健康上の問題でキャットフードに色々工夫をして食べさせなければならないという問題も。そんな時に役に立つのが猫用ウェットフード。スープ状のものや、パテ状、柔らか仕立てのものなど様々な形状があるので、好みや目的、健康状態などによって使い分けやすいのも魅力。そして香りがよく食いつきも良いので、食の細い猫ちゃんにもおすすめです。 今回は人気の猫用ウェットフードのを紹介。ぜひ愛猫の毎日のご飯のヒントにお役立てください。

詳しく

ペット用消臭剤のおすすめ15選*口コミ人気上位を紹介

猫や犬などペットを飼っていると、ペットは家族同然になりますよね。しかし、どうしても気になるのがペットのニオイ。ペットのニオイは自宅内だけでなく、衣類などにもついてしまい、出かけるときにも気になるものです。いくらキレイに掃除をしていても、ペットのニオイは消えないのが現実。そんなとき、とっても役に立つのがペット用消臭剤です。しかし、ペット用消臭剤はたくさんの商品があり、実際にどの商品が効果的なのか迷う方も多いでしょう。 そこで今回は、おすすめのペット用消臭剤を口コミ人気紹介していきます。ペットを飼っている方に必見の情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

広告

広告

ピックアップ記事

広告

運営会社