広告

【ペット】フクロウの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

広告

【ペット】フクロウの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

最近、テレビなどでもよく取り上げられるようになり、その愛らしい姿にファンが増えつつあるフクロウ。その為、フクロウと気軽にふれあうことができる「フクロウカフェ」もできはじめました。ネットでもかわいらしいフクロウの画像や動画がたくさん見られるようになりました。大きな丸い目とフワフワの羽毛に目を惹きつけられます。そのかわいい姿を毎日家で見たいと、ペットとして飼う人も増えています。今回は、フクロウを飼うためにはどんなものが必要なのか、購入するにはいくらくらいかかるのかなどについて紹介します。

この記事を監修するのは?

TravelBookママ部

TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。幼児から中学生までのママ達で構成。世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。

フクロウってどんな動物?生態を紹介!

大きな瞳と愛らしい立ち振る舞いが人気のフクロウは、フクロウ目フクロウ科フクロウ属に属する猛禽類の鳥です。フクロウは、肉や昆虫を食する肉食です。カッコイイ大型のものや、手乗りにもなる小型のものまで多数の種類があります。ふわふわの毛並みと大きな丸い目が特徴で、その大きな目に愛らしさを感じる人が多いですが、目を閉じると人間の笑顔の表情のようになることもあり、表情にも人気があります。健康的で身体が丈夫であり、寿命も長く正しく飼育すれば20年ほど一緒に生活ができます。夜行性ですが、鳴き声も行動も静かなため、それほど騒音に気になるということもないでしょう。種類によって異なりますが、たいていはおとなしい性格で、甘えんぼうな一面もあります。またフクロウは「福来郎」や「不苦労」、「不苦老」などの当て字が充てられ、縁起のよい動物と言われています。

フクロウの寿命はどのくらい?

最初に紹介するフクロウの情報は「寿命」。フクロウは種類や大きさによって寿命も異なります。小型のフクロウは10年~15年、中型で30年と言われ、大型だと40年ほどと言われています。ペットとして育てた場合、また野生のフクロウでは平均して20年の寿命です。ペットとして上手に育てた場合、60年ほど生きたフクロウもいると言われています。ペットとして飼う場合は、ストレスを与えない環境を整えて上げることが必要です。環境に合わないと2、3年で命を落としてしまう場合もあるので気をつけてください。

フクロウをペットショップで買うときの値段は?

次に紹介するフクロウの情報は「値段」。大きさや種類によって値段が異なりますが、10万~50万ほどで購入できます。一般的に小型なほど値段が低めであり、大型になりにつれ値段が上がっていく傾向にあります。また、人気や希少価値、入手の困難さによっても左右される場合があります。そのショップにいるフクロウの年齢によっても値段が異なりますので、事前に自分の欲しい種類の値段を調べてからペットショップへ行くことをおすすめします。

広告

フクロウの鳴き声は?動画で紹介

フクロウの種類は?

3番目に紹介するフクロウの情報は「種類」。現在、約220種類ものフクロウが地球上にいると言われています。日本では九州より北に分布し、本州北のフクロウ、本州南のモミヤマフクロウ、北海道に生息するエゾフクロウ、四国や九州などに生息するキュウシュウフクロウがいます。フクロウは本来、広範囲を飛び回るので、大型の種類はペットとして飼うにはあまりむきませんが、環境を整えてあげれば飼うことができます。

ヨーロッパコノハズク

4番目に紹介するフクロウの種類は「ヨーロッパコノハズク」。体長15cm~20cmで小型に分類されるヨーロッパコノハズク。目立たない保護色となっている羽の色が特徴で、ふわふわなめらかなのに、表面はザラザラした木の肌のような色をしています。個体差はありますが比較的人に慣れやすく、性格は温厚、体重も200g以下と軽いため、肩や腕にちょこんと座った姿がかわいらしく見えます。なついて手のりにした時に、指を甘噛みする姿もかわいくて女性に人気です。ヨーロッパコノハズクは水浴びが大好きで、水浴び姿も愛らしいです。

モリフクロウ

5番目に紹介するフクロウの種類は「モリフクロウ」。モフモフとした羽毛で、丸くて大きなクリクリとした目が特徴のモリフクロウ。体長30cm~45cmの中型に分類されます。繁殖期は攻撃的になることもありますが、性格は比較的おっとりとしていて、慎重に見定めてから行動します。鳴き声は数種類あり、「ほほほほほ」と鳴いたり、たまに大きな声で「くぅいくぅい」と鳴いたりします。餌をねだるときには「きゅうきゅう」と鳴く姿はとてもかわいらしいです。

スピックスコノハズク

6番目に紹介するフクロウの種類は「スピックスコノハズク」。南アメリカ原産で、体長20cm~24cm、体重200g以下の小型の種類、スピックスコノハズク。羽の模様が木の葉や木の肌のようになっています。とても耳がよく、虫が動く音を頼りにえさとなる虫を見つけることができます。性格的には温厚で人を恐れないため、飼い慣らしていけば、なついてくれます。身体も丈夫なので、とても飼育しやすい種類ですが、鳴き声は大きめです。

コキンメフクロウ

7番目に紹介するフクロウの種類は「コキンメフクロウ」。ギリシャ神話に登場する女神の従者として知られるコキンメフクロウ。体長20cm~25cm、体重200g程度の小型の種類になります。性格はやや頑固、神経質で臆病、警戒心も強く、活動的です。人にはなれにくいこともありますが、ヒナから人間との生活に慣れさせていけば、なついてきます。人間に慣れればスキンシップも可能ですが、比較的スキンシップは苦手です。鳴き声は小さめですが広範囲に響きます。

フクロウの餌(エサ)は?

広告

8番目に紹介するフクロウの情報は「餌(エサ)」。フクロウは夜行性鳥類の食物連鎖の頂点に立っており、餌は新鮮な生肉を食する、肉食です。血から栄養を取るため、スーパーで購入した血抜きされた精肉は不可です。ネズミやうずら、ひよこなどを一口大にカットして与えます。血から必要なミネラルやビタミンを、骨からカルシウムなどを摂取する為、不要な部分(内蔵や頭など)を取り除く必要があります。ペットショップやネットで処理済みの餌を購入できます。

フクロウのおすすめエサ一覧

参考価格:32,685円〜

フクロウの性格。ペットとしてなつくの?

9番目に紹介するフクロウの情報は「性格」。フクロウは人に慣れますが、犬のような感覚で「慣れる」ということはありません。もともと人に飼われるものではないので、あくまでも「人に慣れる」という感覚になります。それでもヒナの頃から上手に育てていけば、甘えるようにもなります。呼べば振り返るとか、手に乗ってスリスリと甘えてくるとか手から餌を食べてくれるとかはしてくれるようになります。あくまでも人にふれられることに慣れるという感じです。種類によっても違い、攻撃的な種類のフクロウもいますので注意してください。その場合はあくまでも観賞用としてください。比較的、小型の種類の方が穏やかな性格で甘えてくる傾向にあります。

フクロウは臭い?うるさい?

10番目に紹介するフクロウの情報は「臭い」。フクロウ自体は匂いはほとんどありません。糞もほぼ無臭ですが、フクロウには盲腸があり、粘り気の強い盲腸糞が出るとかなり匂いは強いです。フクロウはトイレのしつけができませんので、部屋で放し飼いにするとあちらこちらに糞をしますので、その匂いは気になるでしょう。また、消化できなかった骨や毛を吐き出す時があります。肉食の為、その吐瀉物は匂いがあります。また、フクロウは夜行性のため夜中に活動します。鳴き声も種別によって異なりますが、やはり夜中の鳴き声が騒音として聞こえないとも限りません。羽の音や鳴き声が気になるようであればゲージに防音カバーをつけるとよいでしょう。

フクロウをペットとして飼うために必要なもの

止まり木

フクロウは普段、木の上にいることが多いです。室内で飼うにもフクロウがゆっくり休める場所が必要です。さまざまなサイズのものがあるので、フクロウの体の大きさに合わせて選びましょう。

移動用ケージ

万が一の体調不良やメンテナンスの為に外に連れ出す必要があります。犬猫用のものを使用する場合はできる限り外が見えないようにカバーをしてあげてください。

爪切り・ヤスリ

爪やクチバシの手入れに使います。クチバシも爪と同様伸びてきます。爪をカットしたあとには先端が尖っているため、ヤスリで削ってあげたほうが良いでしょう。犬猫用の爪切りで大丈夫です。

フクロウのまとめ

いかがでしたでしょうか。最近は「フクロウカフェ」も流行っていて、その影響で実際に飼いたい人も増えています。大切に育ててあげれば、数十年と長い期間一緒にいられます。フワフワと愛らしいフクロウが家にいると、大変なこともありますがそれ以上に癒しの存在になるでしょう。

日本のペットでおすすめの記事

詳しく

【ペット】ハムスターの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

ハムスターは、犬や猫に続くメジャーなペットとして多くの人に飼われています。一度飼うとその可愛さのとりこになり長年飼い続ける人が多いと言われるハムスター。飼育スペースを取らず散歩なども不要、購入費も維持費もリーズナブルで、ペットを飼う手始めとしてハムスターを選ぶ人、一人暮らしのさみしさを紛らわせるために飼う人などにも人気です。 何よりも小さな可愛らしい存在が、心を癒す存在になることは間違いありません。毛に包まれた小さな体、短い手足を一生懸命動かしてえさを食べる姿、回し車を熱心に走る姿、つぶらな瞳でじっと見つめる表情など、いつまでも眺めていたくなる愛おしい存在です。 そんなメジャーなペットのハムスターですが、実際に飼うとなると生態や飼い方など分からないことが多いのではないでしょうか。そこでハムスターについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。これさえ読めばすぐにハムスターを飼うことができますよ。

詳しく

【ペット】チンチラの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

チンチラは環境に気を使えば割と手軽に飼うことのできる動物として人気があります。ネズミ系のペットのなかでは比較的大柄で、活発に動く様子は見ていて楽しめます。主人に慣れてくると肩に乗るなどとても愛らしい姿を見せてくれます。小さな動物ですが、しっかりと様子を見てあげれば15年近くも生きられるので、長く付き合えるペットとしてもおすすめです。 今回は、そのようなチンチラの種類・寿命・値段などを含め、チンチラの飼い方についてまとめてみました。チンチラに興味を持っていて飼育したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

詳しく

【ペット】ハリネズミの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

背中に針がいっぱいで痛いイメージのハリネズミ。でも実は、ハムスターやネズミのようなあどけない表情やちょこまかしたコミカルな動きが可愛いと、今熱い注目を集めている動物です。TwitterやYouTubeなどのSNS上では、ハリネズミの動画や画像が数多くアップされ、ハリネズミファンが急増しています。 そんなキュートなハリネズミ、ペットとして飼いたい人も増えていますが、犬や猫などのメジャーなペットと比べて情報が少ないですよね。針ばかりだけど触れるの? なつくの? エサは何を食べるの? 何年くらい生きるの? などなど、分からないことばかりで躊躇している人もいるのではないでしょうか。そこでハリネズミの飼い方について、種類や寿命、値段など詳しくまとめてみました。

詳しく

【ペット】カワウソの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

水族館の人気者、カワウソは水族館で見るだけのものだと思っていたら大間違い。実はペットとして自宅で飼うことができる動物だということはご存知でしょうか。ペットのカワウソの様子をこっそり撮影した動画がTwitterにアップされて以来、そのくるくる変わる表情や動きの愛らしさに熱い注目が集まっています。哺乳動物で水中だけでなく陸地でも活動でき、高い社会性をもつ賢い動物なのでペットにもぴったり。つぶらな瞳や愛らしい動き、ツヤツヤの毛並みを独り占めできますよ。 それでも犬や猫など一般的なペットと比べて分からないことも多くハードルが高そう、と思う方も多いでしょう。そこで、見ているだけで癒される可愛いカワウソについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。

詳しく

【ペット】ウサギの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。

詳しく

【ペット】キツネの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

昔話にもよく出てきたり、いろいろなマスコットにもなっているキツネ。ペットとしての馴染みはあまりありませんが、昔から私たちの生活の身近なところに存在している動物のひとつでもあります。北海道などでは、道路などでもよく見かけることがあるキツネですが、実は日本のいたるところに生息しており、ペットとして飼うことが認められている動物でもあります。 ペットショップでよく見かけると言うわけではありませんが、日本でもペットとしてキツネを販売しているペットショップなどもあるようで、実際にペットとして飼うことに関心がある人も増えてきているようです。とはいえ、実際キツネを飼うとなるといろいろとわからないことが多いのではないかと思います。そこで、今回は、キツネをペットとして飼うなら参考にしてほしい、種類や値段、寿命などをまとめて紹介します。

詳しく

【ペット】モモンガの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。

詳しく

【ペット】猿の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。

広告

広告

関連する記事

  • コストコで手に入る犬用サプリメントとは?人気の秘密をおすすめ!

    大切な家族の一員であるわんちゃんには、いつも健康でいてほしいと願う飼い主さんは多いはず。バランスの良い食事や適度な運動、ストレスのない生活など、日々気を使っている飼い主さんは多く、食事だけでは賄えない栄養を補うための犬用サプリメントは非常に人気。ドラッグストアやホームセンターなど様々なところに犬用サプリメントは販売されています。犬用サプリメントを購入するのなら、なるべく高品質なものをリーズナブルに購入したいもの。そんな飼い主さんたちの間で人気を集めているのが、コストコの犬用サプリメントです。今回は、コストコで手に入る犬用サプリメントについて、その人気の秘密にせまります。

  • 犬の網膜変性症とは?犬用おすすめサプリメント人気ランキング15選

    大切な家族の一員であるわんちゃんには、いつも健康でいてほしいと願う飼い主さんは多いはず。普段からバランスの良い食事や適度な運動、ストレスのない生活など気を使っている飼い主さんも多いでしょう。とは言え、様々な病気があり、気を付けているつもりでもかかってしまうことも。なかなか飼い主さんが気付きにくい病気の一つに、網膜変性症があります。いろいろな犬種がかかってしまうのですが、特にかかりやすい犬種などもあり注意が必要。そのような病気にならないために、食事では補えない栄養素をサプリメントで補ってあげるのもおすすめです。薬ではないので、病気を治したりならなくさせることはできませんが、健康をサポートしてあげることで、病気になりにくくすることは可能です。今回は、犬の網膜変性症についてと犬用おすすめサプリメントの人気ランキングを紹介します。

  • 犬の口内炎とは?犬用おすすめサプリメント人気ランキング15選

    大切な家族の一員であるわんちゃんには、いつも健康でいてほしいと願う飼い主さんは多いはず。わんちゃんの健康は、飼い主さんの管理にかかっているので、日ごろからバランスの良い食事や適度な運動、ストレスのない生活などを心がけている飼い主さんが多いかと思います。近年は、犬用サプリメントも多く販売されており、人間同様に食事では取り切れない栄養を、サプリメントで補うことで健康サポートを行うことができ、人気です。薬ではないので、病気を治したりならなくできるものではないですが、健康サポートが行えることで病気予防などにつながります。今回は、犬の口内炎についてと犬用おすすめサプリメントの人気ランキングを紹介します。

  • 犬の副鼻腔炎とは?犬用おすすめサプリメント人気ランキング15選

    大切な家族の一員であるわんちゃんには、いつも健康でいてほしいと願う飼い主さんは多いはず。わんちゃんも人間と同じように、様々な病気やケガになってしまうので、なるべくなら飼い主さんができることを行って予防してあげたいものです。最近は、わんちゃん用のサプリメントが多数発売されており、健康サポートに利用している飼い主さんも多いよう。薬ではないので、サプリメントを飲めば病気が治ったり、ならないというわけではないですが、食事では十分にとれない栄養を補うことで、健康をサポートすることができます。この記事では、わんちゃんの数ある病気の内の一つである副鼻腔炎についてと、犬用おすすめサプリメントの人気ランキングを紹介します。

  • 犬のリンパ腫とは?犬用おすすめサプリメント人気ランキング15選

    大切な家族の一員であるわんちゃんには、いつも健康でいてほしいと願う飼い主さんは多いはず。なるべく病気やケガをしないように、普段からバランスの良い食事や適度な運動、ストレスのない生活などに気を使っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。そんな飼い主さんに人気なのが、犬用サプリメント。人間用のサプリメントと同じように、普段の食事でとり切れない栄養を効率よく補える栄養補助食品です。薬とは異なり、副作用の心配もあまりなく気軽に利用できるのも魅力的。人間と同じように、わんちゃんの怖い病気の一つにリンパ腫があります。そんな病気にならないためにも健康サポートとしてサプリメントを利用してみるのも良いですね。今回は、犬のリンパ腫についてと犬用のおすすめサプリメントの人気ランキングを紹介します。

  • キャットフードで肝臓ケアにおすすめ|人気猫の餌ランキング15選

    猫を飼っている人は、猫が病気にならないように気を使っていると思いますが、それでも完全に防ぐことは難しいといえます。なかでも内臓のトラブルは、ペットの場合はなかなか気づかない場合もあるので注意したいところ。猫にも内臓トラブルはさまざまなものがありますが、肝臓病もそのひとつ。人と同様に、猫も肝臓は解毒や代謝という重要な役割を担っています。そして肝臓病は一度かかると、完全に治すのが困難。それだけに日頃のケアが大事になってきます。そこで今回は、肝臓ケアにおすすめのキャットフードをピックアップして、ランキング形式で紹介していきます。

  • お腹の弱い猫におすすめ!キャットフード人気ランキング15選を紹介

    猫好きで家で猫を飼っている人は、猫と一緒にいるだけで癒やされたり、楽しくなるのではないでしょうか。それだけに猫の体調管理には気を使っていることでしょう。胃腸が弱い人がいるように、猫にもお腹が弱いタイプがいるので、そうした猫を飼っている場合はなおさらです。そんな猫のキャットフードには、特に気をつけたいところ。最近ではお腹の弱い猫向けのキャットフードも出ているので、そうしたものを利用するのもひとつの方法です。そこで今回は、お腹の弱い猫におすすめのキャットフードをピックアップ。ランキング形式で紹介していきます。

  • ペット火葬の費用相場|ペット葬儀の料金はどのくらいかかる?

    愛するペットが亡くなった方は、毎日一緒に過ごしていた日々を思い出して、とても悲しく辛い日々を過ごしていることでしょう。亡くなったときに自分でできることは、いつも過ごしていた場所に安置して、体をきれいにしてあげたり、傷みを遅らせるため保冷剤などで冷やしたりすることです。そのままにしてはおけないので、心の整理がついてお別れができたら葬儀・火葬をしてあげます。ペットの葬儀では、人間と同じように僧侶がお経を読んでくださる場合もあります。葬儀費用は火葬費用がベースとなっており、それぞれの火葬方法によってペット火葬費用も異なります。家族にとって一番納得のいく火葬方法で見送ってあげるといいですよ。ペット火葬業者を選ぶときは、さまざまな会社とペット火葬費用や説明の丁寧さを比較して、トラブルを避けるため信頼がおけるかをよく確認することをおすすめします。

  • おすすめ犬用ビタミンDサプリメント*人気ランキング15選

    大切な家族の一員であるわんちゃんには、いつも健康でいてほしいと願う飼い主さんは多いはず。適度な運動やバランスの良い食事、ストレスの少ない生活など日々気を付けているという飼い主さんも多いのではないでしょうか?そんな飼い主さんたちに人気なのが、犬用サプリメント。人間用のサプリメントと同様に、食事でとり切れない栄養を補う栄養補助食品になっており、日々の健康サポートに役立てることができます。薬ではないので、気軽に取り入れることができ、副作用などの心配が少ないのも魅力。今回は、数ある犬用サプリメントの中からおすすめの犬用ビタミンDサプリメントの人気ランキングを紹介します。

  • 猫の口内炎とは?おすすめなキャットフード人気餌ランキング15選

    愛猫がいつも元気でいてくれるのは、飼い主にとってはうれしいこと。それだけに健康には気を使っていると思いますが、それでも病気を完全に防ぐことは難しいといえます。猫の病気にはさまざまなものがありますが、口内炎もそのひとつ。人もかかる口内炎ですが、猫の場合も口のなかに痛みを感じ、その影響で食欲もなくなり十分な栄養がとれなくなる恐れも。もちろん動物病院で診てもうことも大切ですが、治療している時の食事も気を使いたいところ。そこで今回は、口内炎の猫におすすめのキャットフードをランキング形式で紹介していきます。

広告

ピックアップ記事

広告

最近、テレビなどでもよく取り上げられるようになり、その愛らしい姿にファンが増えつつあるフクロウ。その為、フクロウと気軽にふれあうことができる「フクロウカフェ」もできはじめました。ネットでもかわいらしいフクロウの画像や動画がたくさん見られるようになりました。大きな丸い目とフワフワの羽毛に目を惹きつけられます。そのかわいい姿を毎日家で見たいと、ペットとして飼う人も増えています。今回は、フクロウを飼うためにはどんなものが必要なのか、購入するにはいくらくらいかかるのかなどについて紹介します。

広告

この記事を監修するのは?

TravelBookママ部

TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。幼児から中学生までのママ達で構成。世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。

フクロウってどんな動物?生態を紹介!

大きな瞳と愛らしい立ち振る舞いが人気のフクロウは、フクロウ目フクロウ科フクロウ属に属する猛禽類の鳥です。フクロウは、肉や昆虫を食する肉食です。カッコイイ大型のものや、手乗りにもなる小型のものまで多数の種類があります。ふわふわの毛並みと大きな丸い目が特徴で、その大きな目に愛らしさを感じる人が多いですが、目を閉じると人間の笑顔の表情のようになることもあり、表情にも人気があります。健康的で身体が丈夫であり、寿命も長く正しく飼育すれば20年ほど一緒に生活ができます。夜行性ですが、鳴き声も行動も静かなため、それほど騒音に気になるということもないでしょう。種類によって異なりますが、たいていはおとなしい性格で、甘えんぼうな一面もあります。またフクロウは「福来郎」や「不苦労」、「不苦老」などの当て字が充てられ、縁起のよい動物と言われています。

フクロウの寿命はどのくらい?

最初に紹介するフクロウの情報は「寿命」。フクロウは種類や大きさによって寿命も異なります。小型のフクロウは10年~15年、中型で30年と言われ、大型だと40年ほどと言われています。ペットとして育てた場合、また野生のフクロウでは平均して20年の寿命です。ペットとして上手に育てた場合、60年ほど生きたフクロウもいると言われています。ペットとして飼う場合は、ストレスを与えない環境を整えて上げることが必要です。環境に合わないと2、3年で命を落としてしまう場合もあるので気をつけてください。

フクロウをペットショップで買うときの値段は?

次に紹介するフクロウの情報は「値段」。大きさや種類によって値段が異なりますが、10万~50万ほどで購入できます。一般的に小型なほど値段が低めであり、大型になりにつれ値段が上がっていく傾向にあります。また、人気や希少価値、入手の困難さによっても左右される場合があります。そのショップにいるフクロウの年齢によっても値段が異なりますので、事前に自分の欲しい種類の値段を調べてからペットショップへ行くことをおすすめします。

フクロウの鳴き声は?動画で紹介

広告

フクロウの種類は?

3番目に紹介するフクロウの情報は「種類」。現在、約220種類ものフクロウが地球上にいると言われています。日本では九州より北に分布し、本州北のフクロウ、本州南のモミヤマフクロウ、北海道に生息するエゾフクロウ、四国や九州などに生息するキュウシュウフクロウがいます。フクロウは本来、広範囲を飛び回るので、大型の種類はペットとして飼うにはあまりむきませんが、環境を整えてあげれば飼うことができます。

ヨーロッパコノハズク

4番目に紹介するフクロウの種類は「ヨーロッパコノハズク」。体長15cm~20cmで小型に分類されるヨーロッパコノハズク。目立たない保護色となっている羽の色が特徴で、ふわふわなめらかなのに、表面はザラザラした木の肌のような色をしています。個体差はありますが比較的人に慣れやすく、性格は温厚、体重も200g以下と軽いため、肩や腕にちょこんと座った姿がかわいらしく見えます。なついて手のりにした時に、指を甘噛みする姿もかわいくて女性に人気です。ヨーロッパコノハズクは水浴びが大好きで、水浴び姿も愛らしいです。

モリフクロウ

5番目に紹介するフクロウの種類は「モリフクロウ」。モフモフとした羽毛で、丸くて大きなクリクリとした目が特徴のモリフクロウ。体長30cm~45cmの中型に分類されます。繁殖期は攻撃的になることもありますが、性格は比較的おっとりとしていて、慎重に見定めてから行動します。鳴き声は数種類あり、「ほほほほほ」と鳴いたり、たまに大きな声で「くぅいくぅい」と鳴いたりします。餌をねだるときには「きゅうきゅう」と鳴く姿はとてもかわいらしいです。

スピックスコノハズク

6番目に紹介するフクロウの種類は「スピックスコノハズク」。南アメリカ原産で、体長20cm~24cm、体重200g以下の小型の種類、スピックスコノハズク。羽の模様が木の葉や木の肌のようになっています。とても耳がよく、虫が動く音を頼りにえさとなる虫を見つけることができます。性格的には温厚で人を恐れないため、飼い慣らしていけば、なついてくれます。身体も丈夫なので、とても飼育しやすい種類ですが、鳴き声は大きめです。

コキンメフクロウ

7番目に紹介するフクロウの種類は「コキンメフクロウ」。ギリシャ神話に登場する女神の従者として知られるコキンメフクロウ。体長20cm~25cm、体重200g程度の小型の種類になります。性格はやや頑固、神経質で臆病、警戒心も強く、活動的です。人にはなれにくいこともありますが、ヒナから人間との生活に慣れさせていけば、なついてきます。人間に慣れればスキンシップも可能ですが、比較的スキンシップは苦手です。鳴き声は小さめですが広範囲に響きます。

フクロウの餌(エサ)は?

8番目に紹介するフクロウの情報は「餌(エサ)」。フクロウは夜行性鳥類の食物連鎖の頂点に立っており、餌は新鮮な生肉を食する、肉食です。血から栄養を取るため、スーパーで購入した血抜きされた精肉は不可です。ネズミやうずら、ひよこなどを一口大にカットして与えます。血から必要なミネラルやビタミンを、骨からカルシウムなどを摂取する為、不要な部分(内蔵や頭など)を取り除く必要があります。ペットショップやネットで処理済みの餌を購入できます。

フクロウのおすすめエサ一覧

参考価格:32,685円〜

フクロウの性格。ペットとしてなつくの?

9番目に紹介するフクロウの情報は「性格」。フクロウは人に慣れますが、犬のような感覚で「慣れる」ということはありません。もともと人に飼われるものではないので、あくまでも「人に慣れる」という感覚になります。それでもヒナの頃から上手に育てていけば、甘えるようにもなります。呼べば振り返るとか、手に乗ってスリスリと甘えてくるとか手から餌を食べてくれるとかはしてくれるようになります。あくまでも人にふれられることに慣れるという感じです。種類によっても違い、攻撃的な種類のフクロウもいますので注意してください。その場合はあくまでも観賞用としてください。比較的、小型の種類の方が穏やかな性格で甘えてくる傾向にあります。

フクロウは臭い?うるさい?

10番目に紹介するフクロウの情報は「臭い」。フクロウ自体は匂いはほとんどありません。糞もほぼ無臭ですが、フクロウには盲腸があり、粘り気の強い盲腸糞が出るとかなり匂いは強いです。フクロウはトイレのしつけができませんので、部屋で放し飼いにするとあちらこちらに糞をしますので、その匂いは気になるでしょう。また、消化できなかった骨や毛を吐き出す時があります。肉食の為、その吐瀉物は匂いがあります。また、フクロウは夜行性のため夜中に活動します。鳴き声も種別によって異なりますが、やはり夜中の鳴き声が騒音として聞こえないとも限りません。羽の音や鳴き声が気になるようであればゲージに防音カバーをつけるとよいでしょう。

フクロウをペットとして飼うために必要なもの

止まり木

フクロウは普段、木の上にいることが多いです。室内で飼うにもフクロウがゆっくり休める場所が必要です。さまざまなサイズのものがあるので、フクロウの体の大きさに合わせて選びましょう。

移動用ケージ

万が一の体調不良やメンテナンスの為に外に連れ出す必要があります。犬猫用のものを使用する場合はできる限り外が見えないようにカバーをしてあげてください。

爪切り・ヤスリ

爪やクチバシの手入れに使います。クチバシも爪と同様伸びてきます。爪をカットしたあとには先端が尖っているため、ヤスリで削ってあげたほうが良いでしょう。犬猫用の爪切りで大丈夫です。

フクロウのまとめ

いかがでしたでしょうか。最近は「フクロウカフェ」も流行っていて、その影響で実際に飼いたい人も増えています。大切に育ててあげれば、数十年と長い期間一緒にいられます。フワフワと愛らしいフクロウが家にいると、大変なこともありますがそれ以上に癒しの存在になるでしょう。

日本のペットでおすすめの記事

  • 日本 - ペット

ハムスターは、犬や猫に続くメジャーなペットとして多くの人に飼われています。一度飼うとその可愛さのとりこになり長年飼い続ける人が多いと言われるハムスター。飼育スペースを取らず散歩なども不要、購入費も維持費もリーズナブルで、ペットを飼う手始めとしてハムスターを選ぶ人、一人暮らしのさみしさを紛らわせるために飼う人などにも人気です。 何よりも小さな可愛らしい存在が、心を癒す存在になることは間違いありません。毛に包まれた小さな体、短い手足を一生懸命動かしてえさを食べる姿、回し車を熱心に走る姿、つぶらな瞳でじっと見つめる表情など、いつまでも眺めていたくなる愛おしい存在です。 そんなメジャーなペットのハムスターですが、実際に飼うとなると生態や飼い方など分からないことが多いのではないでしょうか。そこでハムスターについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。これさえ読めばすぐにハムスターを飼うことができますよ。

  • 日本 - ペット

チンチラは環境に気を使えば割と手軽に飼うことのできる動物として人気があります。ネズミ系のペットのなかでは比較的大柄で、活発に動く様子は見ていて楽しめます。主人に慣れてくると肩に乗るなどとても愛らしい姿を見せてくれます。小さな動物ですが、しっかりと様子を見てあげれば15年近くも生きられるので、長く付き合えるペットとしてもおすすめです。 今回は、そのようなチンチラの種類・寿命・値段などを含め、チンチラの飼い方についてまとめてみました。チンチラに興味を持っていて飼育したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

  • 日本 - ペット

背中に針がいっぱいで痛いイメージのハリネズミ。でも実は、ハムスターやネズミのようなあどけない表情やちょこまかしたコミカルな動きが可愛いと、今熱い注目を集めている動物です。TwitterやYouTubeなどのSNS上では、ハリネズミの動画や画像が数多くアップされ、ハリネズミファンが急増しています。 そんなキュートなハリネズミ、ペットとして飼いたい人も増えていますが、犬や猫などのメジャーなペットと比べて情報が少ないですよね。針ばかりだけど触れるの? なつくの? エサは何を食べるの? 何年くらい生きるの? などなど、分からないことばかりで躊躇している人もいるのではないでしょうか。そこでハリネズミの飼い方について、種類や寿命、値段など詳しくまとめてみました。

  • 日本 - ペット

水族館の人気者、カワウソは水族館で見るだけのものだと思っていたら大間違い。実はペットとして自宅で飼うことができる動物だということはご存知でしょうか。ペットのカワウソの様子をこっそり撮影した動画がTwitterにアップされて以来、そのくるくる変わる表情や動きの愛らしさに熱い注目が集まっています。哺乳動物で水中だけでなく陸地でも活動でき、高い社会性をもつ賢い動物なのでペットにもぴったり。つぶらな瞳や愛らしい動き、ツヤツヤの毛並みを独り占めできますよ。 それでも犬や猫など一般的なペットと比べて分からないことも多くハードルが高そう、と思う方も多いでしょう。そこで、見ているだけで癒される可愛いカワウソについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。

  • 日本 - ペット

ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。

  • 日本 - ペット

昔話にもよく出てきたり、いろいろなマスコットにもなっているキツネ。ペットとしての馴染みはあまりありませんが、昔から私たちの生活の身近なところに存在している動物のひとつでもあります。北海道などでは、道路などでもよく見かけることがあるキツネですが、実は日本のいたるところに生息しており、ペットとして飼うことが認められている動物でもあります。 ペットショップでよく見かけると言うわけではありませんが、日本でもペットとしてキツネを販売しているペットショップなどもあるようで、実際にペットとして飼うことに関心がある人も増えてきているようです。とはいえ、実際キツネを飼うとなるといろいろとわからないことが多いのではないかと思います。そこで、今回は、キツネをペットとして飼うなら参考にしてほしい、種類や値段、寿命などをまとめて紹介します。

  • 日本 - ペット

小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。

  • 日本 - ペット

テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。

広告

広告

広告

関連する記事

運営会社