おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【和歌山】那智の滝:古来より崇拝されてきた聖なる滝

広告

【和歌山】那智の滝:古来より崇拝されてきた聖なる滝

和歌山県那智勝浦町にある那智の滝は、2004年にユネスコ世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」に属する昔からの信仰と自然がそのまま残る「熊野三山」の中にある有名な滝です。

栃木県の華厳の滝、茨城県の袋田の滝とともに「日本三大名瀑」のひとつに数えられる滝で、その歴史は古く、日本の初代天皇とされる神武天皇がその輝く滝を見てご神体として祀ったのが始まりといわれています。ご神体としてふさわしく神々しい那智の滝は「飛瀧神社(ひろうじんじゃ)」と呼ばれ、本殿や拝殿は存在せず、滝を拝むという非常に珍しい神社でもあります。

滝の水しぶきにふれることによって延命長寿のご利益があるといわれています。那智山信仰の原点ともいえる霊験あらたかな那智の滝と世界遺産に登録された神々がやどる周辺の自然や神社の魅力をお伝えします。

まさに名瀑!圧倒される滝の姿

那智の滝

飛瀧神社の参道を歩いていると那智の滝の水が落ちる音がもう聞こえてきます。毎秒約1トンもの水が高さ133mのところから流れ、滝壺は10mという日本一の落差をほこる、まさに名瀑です。

太古の昔から神として崇拝されてきた那智の滝はその姿を見るだけで神々しさも感じさせてくれます。またダイナミックに流れ落ちる滝のまわりにはマイナスイオンがたっぷり。何度でも訪れたくなる場所です。

那智の滝

那智の滝の東には広さ33.5haの国の天然記念物に指定されている那智原始林が広がっています。この原始林は隣接する熊野那智大社の社有林とされており、昔から伐採が禁止されていたため現在も300種におよぶさまざまな樹木や植物が群生して、価値ある希少な植物も発見されています。

昔からの手つかずの自然が残る原始林は、神秘的な雰囲気に包まれています。高低差もあまりなく散策するには最適の場所です。のんびりと神々が宿る原始林を散策しておごそかな気分にひたってみるのはいかがでしょう。

那智原始林には那智の滝のほかにも大小60ほどの滝があります。平安時代から明治時代にかけて非常に厳格な滝修行の場として48の滝に番号と名前がつけられました。そのためこれらの滝は「那智四十八滝」と呼ばれています。

四十八滝はそれぞれに違った魅力があり、上記の滝は「奈珂悟(なかご)の滝」または「陰陽の滝」と呼ばれる人気の高い滝のひとつです。岩盤にはさまれて二筋に分かれて流れることから「夫婦滝」とも呼ばれています。

日常の喧騒を忘れさせてくれる那智原始林を散策しながら48の滝を鑑賞すると心身ともにリフレッシュできるでしょう。

飛瀧神社のご神体とされている那智の滝は「一の滝」呼ばれており、ユネスコの世界遺産だけではなく、国の名勝にも「那智大滝(なちのおおたき)」として登録されています。

飛瀧神社としての那智の滝

A post shared by 堀 和貴 (@h_orizontas) on

那智の滝をご神体とする飛瀧神社は現在は近くにある熊野三山のひとつ「那智熊野大社」の別宮となっていますが、もともとは那智の滝への自然崇拝を起源としているとか。明治から昭和にかけて活躍した、俳人高浜虚子はこの地を訪れ「神にませば まことうるわし 那智の滝」と句を詠んでいます。

御瀧拝所舞台

A post shared by Hisano (@hsn7311_aynumosir) on

御滝拝所舞台とは那智の滝を一番間近に拝観できる朱塗りの柱で囲まれた舞台です。この場所から見る那智の滝はまさに圧巻のひとこと。
御滝拝所舞台の入り口の近くでは、その水しぶきにふれただけで延命長寿のご利益があるという「延命水」を飲むことができます。100円をお納めすれば「熊野那智大社 那智御滝」と書かれた白い盃をいただけます。

御瀧拝所舞台への参入料は、大人300円、小中学生200円、幼児は無料です。那智の滝を訪れたなら、ぜひこの御瀧拝所舞台で神とあがめられてきた那智の滝を間近に感じたいものです。

光ヶ峯遥拝石(ひかりがみねようはいせき)

飛瀧神社の参道途中に「光ヶ峯遥拝石」という石が祀られています。烏帽子山、大雲取山とともに「那智三峰」に数えられる標高685.5mの光ヶ峯に那智山権現が降臨したという伝説から、光ヶ峯に通じる石として崇拝されています。
この石をなでると願い事が成就するとか。飛瀧神社に参拝した際にはぜひこの石をなで、そのパワーをもらってくださいね。

広告

本宮・熊野那智大社

熊野那智大社

那智の滝を訪れたら忘れてはならないのが飛瀧神社の本宮である「熊野三山」のひとつ熊野那智大社。那智の滝からは徒歩20分の場所にあります。もともとは那智の近くにあったという社殿は約1700年前、仁徳天皇の時代に現在の場所に遷されました。6棟からなる朱塗りの美しい本殿には熊野夫須美神(くまのふすみのかみ)を始めとする12柱の神々が祀られています。

拝殿の前には護摩木が焚かれています。ここでお清めをしてから参拝しましょう。

八咫烏(やたがらす)

熊野那智大社 Kumano Nachi Shinto shrine

八咫烏とは古くは「日本書紀」にも登場する太陽の化身といわれる三本足のカラスのことです。熊野那智大社ではこの八咫烏を良い方向へ導いてくれる熊野神のお使いとして敬っています。

「熊野牛王宝印(くまのごおうほういん)」という烏文字で書かれた熊野三山特有のお札や八咫烏が描かれた勝守、やたがらす守、烏みくじなど八咫烏をモチーフにした授与品が多く販売され、八咫烏が化身したいとわれる「烏石」が境内にあります。

またこの八咫烏はサッカー日本代表のユニフォームのエンブレムにもなっています。縁起の良い八咫烏のお守りはお土産にもぴったりです。

ジャンボおみくじ

熊野那智大社

抱えるのがやっとの大きさのジャンボおみくじ。これは那智の滝の落差133mにちなんで作られた133cmのジャンボおみくじです。大きくても値段は100円と通常のおみくじと変わりませんので、記念にひいてみたいものですね。

障霊社(しょうれいしゃ)の胎内くぐり

A post shared by Raku Tam (@xdamak) on

拝殿の横には平重盛お手植えの樹齢800年になるご神木「那智の大楠」があります。この楠の根元には大きな空洞があり「障霊社の胎内くぐり」といって護摩木に願いごとを書いて空洞をくぐり抜けると願いが叶うといわれています。願いごとを書いた護摩木はそのまま奉納します。

大門坂(だいもんざか)

熊野古道 大門坂

熊野那智大社へと向かう杉木立の石畳の道は大門坂と呼ばれ「熊野古道で最も美しい道」といわれています。往時の熊野古道の面影をそのまま残す苔むした石畳道は独特の趣きがあります。

大門坂茶屋

大門坂を入ってすぐのところに大門坂茶屋があります。ここでは、平安時代の貴族の旅装束のレンタルと着付けをしており観光客に大人気です。衣装は男性用、女性用、子供用があり、種類も豊富に揃っており家族連れや七五三に利用することも多いようです。

大門坂茶屋のすぐ近くにある夫婦杉をバッグに記念撮影をするモデルコース(所要時間約1時間)2,000円、那智山を散策する体験コース(所要時間約3時間)3,000円の2種類があり、特に女性客に人気です。平安時代の貴族たちが極楽浄土への憧れを胸に歩いた熊野古道を当時の衣装をつけて歩くのも素敵ですね。

那智の滝周辺での食事情報

那智ねぼけ堂

A post shared by かずみ (@kazumi5858) on

那智の滝付近で人気の食事処といえば、那智の滝から車で8分ほどの場所にある那智ねぼけ堂です。那智勝浦漁港から水揚げされた新鮮なまぐろを使った「生まぐろ丼」が人気です。
「生まぐろ丼」は通常の丼のほかに2倍盛り、3倍盛りまでメニューにあり、3倍盛りは丼からまぐろがはみ出るほどのボリューム。新鮮まぐろをたっぷり堪能できるお店です。

滝つせ

広告

A post shared by Tomoko (@tomo.momo77) on

滝つせは飛瀧神社の境内にあり軽食などをとることができるお店です。那智の滝に近いので昼食をとるのにおすすめですが、人気のメニューは黒飴ソフトクリーム。和歌山県を代表するお土産で黒砂糖を使った「那智黒飴」の味をした黒い一風変わったご当地スイーツです。
ほかにも滝つせでは、ほんのり梅ソフトやみかんソフト、いちごみるくソフトなど変わり種のソフトクリームを販売しています。

那智の滝の観光情報・アクセス

那智の滝

那智の滝がある和歌山県南部は気候は温暖ですが、年間を通して日本一雨の多い土地として知られています。那智の滝を訪れる際には雨具を用意しておきましょう。また山門入り口から境内へ行くまでは上り坂が続くため歩きやすい靴でお出かけするのがおすすめです。

現地でおすすめのコースは大門坂入り口から大門坂を通り、熊野那智大社に参拝して、隣接する那智山青岸渡寺へ参ったあと、那智の滝へ行くコースです。徒歩で大門坂入り口から熊野那智大社は約15分、熊野那智大社から那智山青岸渡寺までは1分、那智山青岸渡寺から那智の滝までは約12分です。

電車でのアクセス

A post shared by 大佐 (@akaitaisa) on

遠方からのアクセスは新幹線利用が便利です。JR新大阪駅からJR特急くろしおに乗り換えて3時間42分でJR那智勝駅に到着。JR紀伊勝浦駅からは熊野交通バスの那智山行きに乗り、20分で大門坂バス停に到着します。那智の滝を先に観光する時は同じく那智山行きのバスに乗り24分の那智の滝前バス停で下車します。

名古屋からのアクセスはJR名古屋駅からJR特急ワイドビュー南紀に乗り3時間44分でJR紀伊勝浦駅まで行く方法もあります。

各バス停から徒歩での所要時間は、大門坂バス停から熊野那智大社までは約15分、那智の滝前バス停から那智の滝は1分です。

飛行機でのアクセス

A post shared by yui ushiro (@back_yui.tei) on

羽田空港からは南紀白浜空港への直通便が発着しています。所要時間は片道1時間15分。空港からはリムジンバス南紀白浜空港線(片道360円)で約22分でJR白浜駅に到着します。JR白浜駅からJR紀伊勝浦までは2通りの交通手段があります。JR特急くろしおに乗って1時間21分で行くか、またはJRきのくに線で2時間9分で行く方法です。

南紀白浜空港からレンタカーやタクシーで那智の滝まで行く場合は紀勢自動車道(無料区間)経由で所要時間は約1時間40分です。

車でのアクセス

那智の滝

車でのアクセスは大阪の吹田JCTから近畿自動車道、阪和自動車道を経由し、南紀田辺ICで降ります。南紀ICからは紀勢自動車道、県道46号線、42号線、那智勝浦新宮道路を通り1時間50分ほどで那智の滝に到着します。

名古屋方面からは名古屋高速から東名阪自動車道を四日市、亀山方面へと進みます。東名阪自動車道・名古屋西ICから伊勢自動車道、紀勢自動車道を経由して那智の滝に到着です。

駐車場情報

A post shared by しげと (@shigebo_) on

那智の滝周辺には熊野那智大社の専用駐車場や土産店が設置している駐車場などたくさんの駐車場が点在しています。那智の滝に一番近いのが第一パーキング、第二パーキングの2ヵ所です。営業時間は6時30分~16時30分で、料金は400円~500円。時期によって収容台数が異なります。

収容台数30台の熊野那智大社専用の駐車場は営業時間が8時~15時30分(時期によって変更あり)で、料金は1回800円です。

那智の滝:神が宿る大自然からパワーをもらいましょう

那智の滝

紹介した那智の滝はいかがでしょうか?平安時代から貴族や庶民にいたるまで、那智山への信仰を胸に幾日もかけて参拝した那智の滝。現在の私たちは電車や車で簡単に訪れることができますが、おごそかな気持ちで参拝したいものです。神々が宿る大自然に囲まれた那智の滝を訪れて、そのパワーをいただいて帰りませんか。

観光のおすすめ記事

詳しく

熊野古道:世界遺産に登録された「信仰」の道を歩く

新宮・勝浦・熊野本宮 - 自然遺産,複合遺産,史跡・遺跡

熊野古道とは京都や伊勢から和歌山県にある3つの聖地、本宮の熊野本宮大社、新宮の熊野速玉大社、那智の熊野那智大社の熊野三山を目指した古い参詣道のことです。その歴史は古く平安時代から鎌倉時代にかけて皇族や貴族が多く利用した古道です。江戸時代には庶民の間にもこの参詣ブームが広まり参詣道は大変な人で混みあっていたとか。 2004年にこの地はユネスコ世界遺産に登録されました。「紀伊山地の霊場と参詣道」として「霊場」と「参詣道」およびそれを取り巻く環境が昔と変わらず今も保存され、利用されていることが評価されて日本で17番目の世界文化遺産となりました。参詣道は1本ではなく「紀伊路」「小辺路(こへち)」「中辺路(なかへち)」「大辺路(おおへち)」「伊勢路」ら複数の道があります。 熊野詣は熊野三山に参詣するだけではなく、その険しい参詣道を歩いて行くということも修行のひとつと考えられています。世界遺産登録から10年以上がたった現在も多くの参拝客でにぎわう観光スポットです。広がる大自然の中に神々が宿る熊野古道の魅力をお伝えします。

詳しく

和歌山城観光ガイド:そびえる天守閣に無料の動物園も!

和歌山・和歌の浦・加太 - 城・宮殿

「和歌山城」は、和歌山県和歌山市にある徳川御三家の居城としても知られる城です。和歌山県の中心都市、和歌山市内にあり、アクセスも便利な立地から、観光やお出かけの際にも足を運びやすい観光スポットです。国の史跡にも選ばれた広大な敷地の城で歴史覧策を楽しみましょう。 こちらの城にはしっかり現在もなお天守閣が残り、荘厳な外観で訪れた人々を出迎えてくれます。城をぐるっと囲んだ石垣にも見どころがいっぱいです。その他にも、敷地内に入場無料の動物園まで兼ね備えているなど、お城だけにとどまらない観光の魅力があります。 そんな見どころ豊富な「和歌山城」を観光をより楽しめる耳寄りな情報や注目スポットを掘り下げて紹介していきます。

詳しく

夏、涼しみたい時はここへ!関東のおすすめ避暑地スポット16選

栃木 - 自然・景勝地

暑い夏がやってくると、涼しいどこかへ出かけたくなります。今回は、涼しさが感じられる関東のおすすめ避暑地をご紹介していきます! 避暑地と言ってもリゾートとは限らず、関東には自然の中で暑さが凌げる涼しい場所や、ひんやりとした地下の観光スポットがいくつかあります。ここでは、標高の高い土地や、気温の低い森林、水の音を聞いて涼しさを感じられる場所や涼みながらユニークな体験ができる施設などを、ピックアップしています! 家族や仲間、恋人と涼しい夏が過ごせる場所がきっと見つかるはずです。都心から2時間ほどで行ける場所がほとんどですが、温泉がある場所も多いので泊りもおすすめです。是非計画して出かけてみて下さい!

詳しく

関西のおすすめ避暑地13選:夏でも涼しく心地よい観光スポット

兵庫 - 自然・景勝地

ここでは関西でおすすめの避暑地を紹介します。 年々暑くなっているのでは?と言われる日本の夏。夏になると、毎朝天気予報で聞く「真夏日、猛暑日、熱中症、、」という言葉にうんざり、、という方も多いのでは?特に関西の夏は関東に比べて、湿度が高く「蒸し暑い」と言われており、暑い夏をいかに乗り切るのか、悩むところですよね。 海やプールにはなかなか行けないし、ショッピングセンターには飽きたし、という方。実は関西には暑い夏を乗り切るための涼しいスポットがたくさんあります。森林浴を楽しみながら雄大な滝を眺めたり、ひんやり涼しい洞窟をしたりと、あなたもいつもとは違う涼しみ方を楽しんでみませんか。

詳しく

関東の御朱印まとめ:美しい御朱印を紹介!

日本 - 寺院・教会

もとはお寺で納経の証しとして授与されるものでしたが、のちに庶民が納経をしなくても参拝の証しとして受けられるようになり、江戸時代には神社にも広まりました。御朱印は仏様や神様の分身と言われ、絆が結ばれたことを意味しますので、粗略に扱うことがないようにしましょう。 寺院の御朱印は中央に御本尊やお堂の名が記され、寺紋や仏法僧法印などが押されます。神社の御朱印は中央に社名が記され、社号や社紋が押されます。最近では絵が入ったり、お使いの動物の印が入ったり、限定の印が入ったりします。今回は関東の美しい御朱印をご紹介します。マナーを守って御朱印集めを楽しんでみて下さい。

詳しく

参拝だけで終わりじゃない! 明治神宮観光で押さえておきたいたくさんの魅力

渋谷・原宿・表参道 - 寺院・教会

毎年の初詣で日本一の参拝者数を誇る明治神宮。その人手は三が日で300万人以上にもなっており、成田山新勝寺や川崎大師、浅草寺を抑えて、堂々のナンバーワン人気の神社です。 神社と言えば、参拝をしたらそれで終わりというイメージがあるかもしれませんが、明治神宮は本殿へ参拝する以外にも、たくさんの見どころがあり、隅々まで見て回って楽しめます。自然豊かなな立地環境に加え、東京でも屈指と言われるパワースポットもあり、老若男女問わず楽しめることでしょう。今回はそんな隠れた魅力がいっぱいの明治神宮について詳しく紹介します。

詳しく

【奈良】法隆寺観光でじっくり見るべき6つの国宝建築:五重塔・夢殿ほか

生駒・法隆寺 - 文化遺産,寺院・教会,史跡・遺跡

日本古代の名刹が建ち並ぶ古都・奈良。その奈良の古寺のなかでも、真っ先に見ておきたい観光スポットといえば、法隆寺でしょう。法隆寺は、教科書でもおなじみの聖徳太子(厩戸皇子、うまやどのおうじ)ゆかりの寺です。境内の広さは18万7000㎡と、東京ドーム4個分の広さとなっています。日本初の世界遺産として、日本人はもちろん、外国人観光客にも大人気の観光名所です。その法隆寺には、法隆寺を世界遺産に登録たらしめた、190以上もの国宝・重要文化財があります。指定文化財以外を含むとその数は2300点におよび、飛鳥時代の栄華を今に伝えています。 有名な五重塔をはじめ見どころ満載の法隆寺ですが、今回はそのなかでも特に注目すべき法隆寺の国宝建築物を6つ、ピックアップしました。法隆寺に向かわれる方はぜひ、ここで法隆寺観光の予習をしていってくださいね。

詳しく

神奈川県で身の毛もよだつおすすめ心霊スポット15選

神奈川 - 観光名所

幽霊の目撃情報などが多数あり、肝試しが行われることもある心霊スポット。心霊体験の話を聞くのは怖いですが、興味本位で聞いたり見たりしたくなる方も多いのではないでしょうか。このような心霊スポットは、意外と身近に存在しており、神奈川にも有名な心霊スポットが多数ありますよ。心霊エピソードを読むだけで、身の毛もよだちますよ。 そこで今回は、神奈川で有名なおすすめの心霊スポットを15箇所ご紹介します。普段の生活で利用していた場所もあるかもしれませんよ。興味本位で訪れるには危険な場所もありますが、実際に訪れる際にはルールを守って充分に注意して訪れてくださいね。

広告

【和歌山】那智の滝:古来より崇拝されてきた聖なる滝に関連するタグ

和歌山 観光 和歌山 自然・景勝地 和歌山 世界遺産 和歌山 滝・河川・湖 和歌山 複合遺産 新宮・勝浦・熊野本宮 観光 新宮・勝浦・熊野本宮 自然・景勝地 新宮・勝浦・熊野本宮 世界遺産 新宮・勝浦・熊野本宮 滝・河川・湖 新宮・勝浦・熊野本宮 複合遺産 日本 観光 日本 自然・景勝地 日本 世界遺産 日本 滝・河川・湖 日本 複合遺産

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

じゃらんからのおすすめホテル

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する