おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【ドイツ】マインツの観光スポット6選:フランクフルトから好アクセスの穴場観光スポット

シンデレラ城のモデルとなったノイシュヴァンシュタイン城や中世の街並みを楽しめるロマンチック街道など、多くの観光地があるドイツですが、「マインツ」という街の名前を聞いたことがある人は少ないかもしれません。マインツは、ラインラント=プファルツ州の州都で、活版印刷を発明したヨハネス・グーテンベルク誕生の地でもあります。あまり大きい都市ではないものの、ライン川とマイン川の合流地点として栄え、意外と見どころが多い穴場観光スポットです。 「ドイツの有名観光地はすべて見てしまった」、「もっとマイナーな街に行きたい」、という方には、マインツは特におすすめ。フランクフルトから30分ほどというアクセスの良い位置にあり、大聖堂や博物館、遺跡など観光名所が盛りだくさんの街です。

続きを読む

更新日: 2024年4月13日

マインツ旅行のポイント

どんな街?

マインツはラインラント=プファルツ州の州都。ライン川とマイン川の合流地点にあり、河川交通の重要な拠点となっています。ドイツ有数の大聖堂であるマインツ大聖堂や、活版印刷を発明したグーテンベルク生誕の地としても有名。

見所は?

マインツの必見スポットは、マインツ大聖堂。1036年に完成したロマネスク様式の大聖堂で、ケルン、トーリアとともにドイツの3大大聖堂と呼ばれています。赤レンガ風の外観は、重厚で風格があります。内部のステンドグラスも見どころ。

おすすめのグルメ

名物として知られているのがマウルタッシェン。ラビオリに似た料理で、具はさまざまなものが入りますが、定番はひき肉とほうれん草です。ソースをかけて食べたり、具としてスープの中に入れたりと、バリエーションも豊富。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

憧れのあの場所へ楽々アクセス!ランドクルーズで行く!

お得で便利な中欧の旅
[PR] ヨーロッパムンドバケーションズ(JTBグループ)

マインツでおすすめの観光特集

マインツはラインラント=プファルツ州の州都。ライン川とマイン川の合流地点にあり、河川交通の重要な拠点となっています。ドイツ有数の大聖堂であるマインツ大聖堂や、活版印刷を発明したグーテンベルク生誕の地としても有名。マインツは、ラインラント=プファルツ州の州都で、活版印刷を発明したヨハネス・グーテンベルク誕生の地でもあります。あまり大きい都市ではないものの、ライン川とマイン川の合流地点として栄え、意外と見どころが多い穴場観光スポットです。

マインツでおすすめのホテル特集

マインツでの滞在に便利な、おすすめのホテルを紹介します。その国独自の文化や雰囲気を楽しめる宿での滞在時間は、海外旅行の楽しみのひとつ。自分の旅行イメージに合わせて、どこに滞在しようか、どんな過ごし方をしようかと想像するだけでも、旅行前のうきうきした気分が膨らみますね。
ドイツの宿泊施設には種類がいろいろあり、選択肢も豊富。旅先で余計なことに心をわずらわせたくない人には、サービスの行き届いた高級ホテルや大手チェーンのホテルがおすすめです。また、できるだけ宿泊費を抑えたいのであればホステルやゲストハウスなどの簡易宿泊施設に泊まるのもひとつです。
理想の旅行スタイルが固まれば、おのずと泊まりたいホテルの種類も決まってくるはず。じっくり考えて、自分のイメージにぴったりのホテルを選びましょう。

日本とマインツの時差

04月12日 8時02分02秒

ドイツ/マインツと日本/東京との時差は、7時間です。
日本の方が、7時間進んでいます。

マインツの時差を詳しく見る

ドイツの為替

1ユーロは 163.02円

※2024年4月13日の為替価格です

マインツでおすすめの観光スポットを紹介

■グーテンベルク博物館

マインツは、ヨハネス・グーテンベルク誕生の地として知られています。ヨハネス・グーテンベルクとは、1445年ごろに活版印刷という技術を考案した人物です。活版印刷とは、すでに文字が彫られている判子状のものを、たとえば「S」「U」「N」のように並べて枠に嵌め、その判子に塗料を塗り印刷するという技術です。いわゆる版画のようなイメージですね。活版印刷により印刷技術が向上し、知識や思想を伝達することが容易になったため、宗教改革や科学革命を後押しすることになりました。歴史的な発明なのです。
そんな偉業を成し遂げたグーテンベルクを記念した博物館では、どのような道具をどのように使って印刷していたかがわかるユニークな展示品が収蔵されています。「最も美しい本」のひとつと言われているグーテンベルク聖書や、印刷された日本の浮世絵、中国語の印刷のために用意されたおびただしい数の漢字など、興味深い展示ばかりです。印刷の歴史に興味がない方でも楽しめます。

グーテンベルク博物館

ドイツ / マインツ

Liebfrauenplatz 5, 55116 Mainz

■マルクト広場(マインツ)

マルクト広場へは、マインツの中央駅から徒歩で20分少々。新市街を抜けて行けるので、ショッピングしながら散策したい方は徒歩でもいいでしょう。旧市街の街並みを楽しみながらマルクト広場へ行きたい方は、電車でRömisches Theaterまで行き、そこから10分程度歩きましょう。バスを利用する場合、HöfchenやSchusterstraße/Galeria Kaufhofなどで下車するとすぐに大聖堂が目に入るので、そちらを目指して歩けばすぐにつきます。バスの本数は多いので、困ることはありません。

マルクト広場(マインツ)

ドイツ / マインツ

Marktplatz 11, 55116 Mainz

中世の街並みを味わえるロマンチックな街・ローテンブルクへ行こう

ドイツ南部に位置しているローテンブルクは、ロマンチック街道にある小さな街です。中世の街並みが綺麗に保存されていることで知られており、ロマンチック街道に点在する街の中でも「宝石」と呼ばれるほど美しく、まるでおとぎの国に迷い込んだかのよう。世界中から多くの観光客が訪れる人気の観光地で、絶好の撮影スポットにもなっています。旧市街の中心地であり見所が多い定番観光スポット「マルクト広場」では、毎週土曜に市場が開かれるほか、クリスマスマーケットも開催され、クリスマスシーズンは特にたくさんの人が訪れています。

フランクフルトからローテンブルグへの現地ツアー

世界最大級のスケールと細部まで施された装飾・ケルン大聖堂

ドイツには数多くの大聖堂がありますが、その中でも最も大きく、多くの人を魅了してやまないのがケルン市にあるケルン大聖堂です。ドイツだけでなく世界最大規模のゴシック建築の大聖堂は、見る者を魅了する荘厳な作りの2つの塔や美しいステンドグラス、貴重な品々が納められた宝物館など外観・内観共に見どころが多いのが特徴です。

ケルン大聖堂へいく現地ツアー

ディズニーランドのお城のモデルになったとも言われる・ノイシュバンシュタイン城へ行こう

ノイシュヴァンシュタイン城は、ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったと言われている世界的に有名なお城です。息を飲むほど美しい外観と内装は、見るだけで圧倒される豪華さです。世界遺産ヴィース教会とアルプスの麓の町フュッセンも合わせて観光でき、フュッセンでは昼食と自由時間を設けているので街を散策できます。フランクフルト郊外の観光地を訪れたい人におすすめです。

ノイシュバンシュタイン城への現地ツアー

歴史的建造物から最新の文化まで同時に味わえる・フランクフルト市内を楽しもう!

フランクフルト市内の観光オプショナルツアー

安心して楽しめる日本語ガイド付きツアー

日本語ガイド付き現地ツアー

マインツに行くならここが楽しい!

■聖シュテファン教会

グーテンベルク博物館と並んでマインツ観光の目玉となるのが、聖シュテファン教会です。マルク・シャガールという有名なフランスの画家(生まれはベラルーシ)によるステンドグラスで知られている教会です。
教会の外からもステンドグラスを楽しめますが、やはり圧巻なのは、教会内部から見た光景です。日の光によってステンドグラスが青く光り、教会内は幻想的で神秘的な雰囲気が満ちています。観光客の満足度も高いスポットなので、ぜひチェックしてみてください。観光地のようになっているとはいえ、あくまで教会。信者の方たちの礼拝の邪魔にならないように、マナーはしっかりと守りましょう。
市街地から徒歩20分ほどで行くことができますが、聖シュテファン教会は「山の上の教会」として親しまれているとおり、坂道の上にあります。散策気分で歩くのもいいですが、ささっと見学だけしたい場合は、中央駅からトラムもしくは徒歩でShillerplatzまで行き、そこからバスでAm Gautorへ向かうのがいいでしょう。乗車時間は2分ほどではありますが、時間と体力を節約できます。

聖シュテファン教会

ドイツ / マインツ

Kleine Weissgasse 12, 55116 Mainz

■大聖堂(マインツ)

聖シュテファン教会と並んで、多くの人が訪れるマインツ大聖堂。マルクト広場にあり、荘厳で堂々としたたたずまいをしています。975年に建設がはじまったと言われており、ドイツの歴史ある建造物として、そしてマインツのシンボルとして多くの人に愛されています。
ケルン大聖堂のような華美で凝った装飾がされているわけではありませんが、シンプルで洗練されたロマネスク建築の聖堂とされています。遠くからでも聖堂が見えるので、広場へ行く際は目印にしましょう。マインツに行くのなら、絶対に外せないスポットです。

大聖堂(マインツ)

ドイツ / マインツ

Domstrasse 10, 55116 Mainz

世界遺産・ライン川を優雅にクルーズしよう!

ライン川クルーズのオプショナルツアー

旅の計画を早めに確定させたい人はこちらがオススメ!

即日確定のオプショナルツアー

マインツでおすすめの観光スポットさらに紹介!

■Theodor Heuss Bridge

マインツはライン川をはさんでヘッセン州の州都であるヴィースバーデンと向かい合っており、ヴィースバーデンとマインツを繋ぐためにいくつか橋がかかっています。そのなかでも、Theodor-Heuss-Bridgeという橋は写真スポットとしておすすめです。ヴィースバーデンからマインツ側へ渡る際、マインツの街並みが一望できるのが魅力です。写真撮影がお好きな方は、きっといい写真が取れるでしょう。夕暮れどき、日が落ちてからはより一層ロマンチックな風景を味わえます。
ヴィースバーデン側から橋へ向かう場合、ヴィースバーデンの中央駅からバスで20分ほどでMainz-Kastel Brückenkopf, Wiesbadenという停留所に行けますので、そこで降りましょう。橋の上を歩いて、橋を渡ってからもう一度バスに乗るのもいいかもしれません。橋を渡った先にバス停からマインツの市街地まで5分ほどで、橋から旧市街まで歩くこともできます。マインツ中央駅からは、バスでBrückenplatzまで行きましょう。乗車時間約7分。

Theodor Heuss Bridge

ドイツ / マインツ

Mainz , Germany

■ローマ ゲルマン博物館

マインツには大きなローマ・ゲルマン博物館があり、ローマ帝国時代のマインツを覗き見しているような気持ちになれるユニークな展示が魅力的です。また、古代航海博物館という、これまたかわった博物館もあります。博物館めぐりが好きな方には特におすすめです。
実はマインツは、ローマの遺跡が多く残っている街でもあります。ほとんど廃墟のようになってしまっていますが、、駅を作る際に、ローマ時代の劇場が発掘されました。すぐとなりに線路があり電車が走っているので、ローマ時代の遺跡と現代的な風景を同時に見られます。

ローマ ゲルマン博物館

ドイツ / マインツ

Ernst-Ludwig-Platz 2, 55116 Mainz

ドイツの基本情報はこちら

マインツへの旅行前に押さえておきたい4つの事!

ドイツの治安は大丈夫?気をつけるべきエリアは?

ドイツは、ヨーロッパの中でも治安が良いことで知られている国です。ただし、治安が良いとは言ってもやはり海外。日本と同じ気分でいては、思わぬトラブルに巻き込まれかねないので注意しましょう。ドイツの中で最も治安が良いバイエルン州でさえも、犯罪件数は日本のはるか3倍にも当たります。ドイツで特に気を付けなければならないのが、スリ。陽気に話しかけてきたり写真撮影を頼んで来たりして気をそらしたすきに財布を盗む巧妙な手口にも要注意です。パスポートやカード、現金などを分散して持つ、鞄を肌身離さず持つなど自衛しましょう。夜道の一人歩きも危険です。

ドイツ観光の移動手段は目的別で使い分けよう!

ドイツ国内での交通手段で最もポピュラーなのが、鉄道です。ドイツ鉄道はドイツ全土を網羅している、ヨーロッパ第一と称される鉄道です。豪華寝台列車のシティナイトライン、ドイツ国内の主要都市を結ぶICEも広く利用されています。ドイツ鉄道を多く利用する場合は、期間内無制限で利用できるジャーマンレイルパスをぜひ購入しましょう。路面電車であるトラムや地下鉄・Uバーンも本数が多く便利です。長距離移動の場合は、バスもおすすめです。荷物の多い時にはタクシーが便利ですが、街中を走る流しのタクシーはいないので、乗り場を見つけて並びましょう。

ドイツの気候は?季節に合わせて服装を選ぼう!

ドイツは冬の寒さが厳しいことで知られる国。南ドイツに位置するミュンヘンでさえ、北海道より北に位置しているからです。冬にドイツ旅行をする際には防寒対策を万全に。イヤーマフやトレッキングシューズなど、洋服以外の装備も万全にして向かいましょう。春もまだ夜には冷え込むことも多々あります。寒暖差に備えて羽織り物は必須です。夏も最高気温は20℃ほど。それでも近年は温暖化の影響で一時的に30℃ほどまで気温が上がることもあるので紫外線対策ができる服装がおすすめです。高級レストラン以外ならカジュアルな服装でOKですが、ちょっといいお店に行く予定があるなら靴はスニーカー以外にしましょう。

ドイツはお祭り大国!? オススメのお祭りまとめ

質実剛健・実直なイメージがあるドイツ人ですがお祭り騒ぎも大好きで、年間を通して様々なお祭りが催されます。キリスト教の春を祝う祭り「カーニバル」はケルンで開催されます。豪華絢爛な山車や煌びやかに仮装した踊り子たち、山車の上から投げられるお菓子など、お祭り騒ぎのパレードが目玉です。ローテンブルクの「マイスタートルンクの祭り」は、中世の衣装に身を包んだ人々によるパレードが圧巻の祭り。ビール大国ドイツを象徴するのが「オクトーバーフェスト」。ドイツビールを味わいに世界中から多くの人々が訪れます。ドレスデンの「クリスマスマーケット」も有名です。

まとめ

州都でありながら、あまり観光地としては注目されていないマインツ。ですがグーテンベルク生誕の地であり、ワインが有名で、ローマ時代の遺跡もあり……と見所がたくさんあるのです。フランクフルト空港からのアクセスも良く、ほかの観光地へもかんたんに行くことができます。
「みんなが行ったことのない街に行きたい」という方に、マインツはとてもおすすめです。ぜひ足を運んでみてください。

観光のおすすめ記事

詳しく

マインツの観光情報まとめ:大聖堂が魅力のドイツの穴場観光地

マインツ - 観光名所 ,散歩・街歩き ,雑学

ドイツには多くの観光地がありますが、「観光化されすぎていない街に足を運んでみたい」という方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、マインツという都市です。マインツはフランクフルト空港から電車で30分ほどの位置にあり、ラインラント=プファルツ州の州都となっています。 マインツの歴史は古く、現在でもローマ時代の遺跡が残っています。また、活版印刷の技術を発明したグーテンベルクの出身地としても有名です。有名な大聖堂やシャガールのステンドグラスで有名な教会があり、レストランやカフェなども充実しているので、穴場観光地をしたいという方にはぴったりです。ドイツ観光を予定している方は、ぜひマインツに足を運んでみましょう。

詳しく

【ドイツ】マインツ中央駅周辺でおすすめの観光スポット9選!編集部厳選

マインツ - 文化遺産,モニュメント・記念碑,寺院・教会,広場・公園

ドイツのマインツにあるマインツ中央駅は、マインツの主要駅で、遠距離列車のICEとIC、近距離列車のSバーン、RB、MRB、REなどの電車が止まる地上駅です。 マインツ中央駅は1882年から1884年の約3年間かけて建設された駅で、駅構内にはスーパーマーケット、本屋、ファーストフード店、パン屋、雑貨店などがあります。地下にある有料トイレや1階にあるコインロッカーを利用できます。 マインツ中央駅の駅前にあるトラム乗り場やバスターミナルを利用できて、駅近くにはたくさんの飲食店があります。今回は、そんなマインツ中央駅周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【ドイツ】デュッセルドルフでおすすめ観光地15選:世界一美しい並木道を歩く!

デュッセルドルフ - 観光名所

デュッセルドルフはドイツの西部にある経済都市で、ライン川河畔に位置し、街の名の由来でもあるライン川支流のデュッセル川がデルタ状に市街を流れています。経済だけでなく、芸術においても有名で美術館や博物館も多く、芸術家も多数輩出しています。 街のシンボルでもあるライン川のほとりにはゆったりとした時間が流れ、ヨーロッパらしい石畳が特徴の旧市街地、世界で最も美しいといわれる並木道など観光名所や、一流ブランドのブティック、宝飾店なども軒を連ねています。伝統的でありながら都会的でもあるデュッセルドルフはおすすめの街です。 そんなデュッセルドルフのおすすめ観光名所を紹介します。

詳しく

【ドイツ】デュッセルドルフの観光名所&日帰りで行ける周辺観光ガイド

デュッセルドルフ - 観光名所 ,散歩・街歩き

ノルトライン=ヴェストファーレン州の州都であるデュッセルドルフは、ドイツの中心都市のひとつです。多くの日本企業があり、日本のスーパーや本屋、飲食店などが立ち並ぶ通りがあるので、日本人が住みやすい街としても注目されています。デュッセルドルフはヨーロッパの雰囲気を存分に味わえる旧市街と、モダンな建物が立ち並ぶエリアがあり、散策にもショッピングにもぴったりの街です。また、ライン川が織り成す美しい風景を楽しめるので、観光地としても人気です。 比較的治安もよく、ナイトライフも充実しているので、目一杯ドイツを楽しみたい方にはおすすめのスポットです。日本からの直行便もあり、日帰りでベルギーやオランダなどへ行くことができるので、中央ヨーロッパ観光の基点にするのもいいでしょう。

詳しく

【ドイツ】ボンでおすすめの観光スポット10選!ドイツを満喫!

ボン - 観光名所

ボンはドイツのジーベンゲビルゲ山脈北部、ライン川沿いの都市です。フランクフルト中央駅から鉄道を利用してケルン中央駅まで約1時間、そこからさらに乗り継いで約20分で到着します。かつては西ドイツの旧首都であり、現在も首都機能の一部を分担していますが芸術都市としても注目されています。偉大な作曲家ベートーベンの生誕地、シューマンの終焉の地でもあり、音楽祭をはじめ国際的なフェスティバルも多く開催されています。ボンでおすすめの立ち寄りスポットは日本でも人気のグミキャンディで知られる有名な「ハリボー」。黄色い子熊の看板が目印です。工場にショップを併設し、グミの量り売りから袋入り・缶入り、オフィシャルグッズなどがそろっています。お土産にも最適です。 この記事ではボンでオススメの観光スポットを解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

【ドイツ】シュツットガルトでおすすめの観光スポット16選!ドイツを満喫!

シュツットガルト - 観光名所

ドイツの南西部に位置するシュツットガルト。バーデン ヴュルテンベルク州の州都です。ドイツの主な産業都市であり、中でもメルセデスベンツやベンツ、ポルシェといった車産業の大手が本拠地を置いています。一方で、自然と芸術が共存する都市としても知られています。 街の中心部には緑があふれ、ローゼンシュタインパークなど大きな公園が多く点在しています。ローゼンシュタイン城近くにあるヴィルヘルマはヨーロッパの中でも有数の規模を誇る有名な動植物園です。また、街中には美術館や劇場も多く、有名な管弦楽団やバレエ団も点在しています。さまざまなスタイルで散策を楽しめるのもシュツットガルトの魅力です。日本から直行便がなく、フランクフルト経由でアクセスします。 この記事ではシュツットガルトでオススメの観光スポットを解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

ニュルンベルクの観光ガイド:中世の街並みが美しくお祭りもグルメも楽しい!

ニュルンベルク - 観光名所

ニュルンベルク裁判が行われたことで知られているバイエルン州の第2の都市、ニュルンベルク。第二次世界大戦では壊滅的な被害を受けたものの、かつての町並みを再現するために復興が進められ、中世の雰囲気が漂う美しい街として蘇りました。 ニュルンベルクには、ニュルンベルク城やシェーナー・ブルンネン、市庁舎、フラウエン教会など、さまざまな観光地があります。9月に行われる旧市街祭りやクリスマスマーケットが有名で、そのシーズンになると多くの観光客で賑わいます。有名なニュルンベルガ―・ソーセージや地ビールもあるので、ドイツグルメに興味がある人はもちろん、中世ヨーロッパの雰囲気がお好きな方にも特におすすめな観光地です。

詳しく

フランクフルト観光情報ならお任せ!名所や地元グルメ、おすすめのお土産なども紹介

フランクフルト - 観光名所

ロマンチック街道を中心として、多くの観光地が点在する国・ドイツ。そのなかでも特に日本からのアクセスが良く、たくさんの人が訪れるのが、フランクフルトです。中央ドイツに位置し、ヨーロッパのほかの都市にも行きやすいため、周遊観光の際も便利ですよ。 フランクフルトはヘッセン州最大の都市で、ドイツの中でも5番目に大きな街です。世界最大規模のハブ空港であるフランクフルト空港を擁し、欧州中央銀行やドイツ連邦銀行などが位置する国際金融都市でもあります。 ですがフランクフルトは、ビジネス街としてだけではなく観光地としても魅力的で、多くの見所があります。今回はフランクフルトの歴史や定番・穴場観光地はもちろん、地元グルメやおすすめのお土産、さらには周辺観光地など、フランクフルトの観光情報を全てお伝えします。

のおすすめホテル

ドイツへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

ドイツの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

運営会社