おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

リヨンでおすすめの観光地15選:ヨーロッパ有数の商業都市でフランスの美食の街

世界文化遺産の街として名高いリヨン。日本とも深いつながりがあり、近年世界遺産に登録された群馬の富岡製糸場は明治時代、欧州最大の絹織物産地であったリヨンから技術指導を受けたことで知られています。そんな文化と高い技術を持ったリヨンの旧市街は北から流れるソーヌ川の西側にあり、リヨンの象徴サン・ジャン大教会の建つフルヴィエールの丘が美しい街です。石畳みの残る街並みの夜のライトアップも息を飲む美しさです。 また北東から流れ込むローヌ川の東側には金融の中心部クレディリヨネタワーなど建物が並ぶ近代都市があり、フルヴィエールの丘からは統一感のある街並みとフランス第二の都市らしい景色も望めます。観光局にて発行しているリヨンシティーカードは観光にとても便利ですよ。こちらの記事を参考に、是非リヨンを存分に堪能してください。

続きを読む

更新日: 2024年3月5日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

フランス全体

フランス格安Wi-Fi

リヨン格安ツアー

リヨンおすすめの観光特集

世界文化遺産の街として名高いリヨン。日本とも深いつながりがあり、近年世界遺産に登録された群馬の富岡製糸場は明治時代、欧州最大の絹織物産地であったリヨンから技術指導を受けたことで知られています。
また、リヨン旧市街地には建物同士を建物内でつなぐ「トラブール」と呼ばれる小道があります。絹織物が有名なリヨンでは、できあがった生地を濡らさないように移動するために利用されたと言われています。その中でも特に美しいとされるトウ通りのトラブールは白い壁に天井まで吹き抜けを施された道となっており一見の価値が有ります。1日見て回ってもまだまだ時間が足りない魅力満載のリヨンを堪能できる現地ツアーを紹介しましょう。

リヨンのアクティビティランキング

リヨンは、フランスの南東部、ローヌ川とソーヌ川の2つの美しい川がゆったりと流れる国内第2の都市です。ローマ時代からの長い歴史を持ち、ソーヌ川西側の旧市街からクロワルースにかけてのエリアは世界遺産「リヨン歴史地区」に登録されています。ベルクール広場、サン・ジャン大聖堂、フルヴィエールの丘といった観光名所がいっぱいあります。また、ローヌ川の東側にはクレディリヨネタワーをはじめとする近代的な建物が建ち並ぶビジネス街が広がっています。また、「美食の街」としても名高く、グルメでも魅力はつきません。そんなリヨンでおすすめのオプショナルツアーをご紹介します。

リヨン発でおすすめの体験ランキング

リヨンでおすすめのホテル特集

リヨンでの滞在に便利な、おすすめのホテルを紹介します。その国独自の文化や雰囲気を楽しめる宿での滞在時間は、海外旅行の楽しみのひとつ。自分の旅行イメージに合わせて、どこに滞在しようか、どんな過ごし方をしようかと想像するだけでも、旅行前のうきうきした気分が膨らみますね。
リヨンの宿泊施設には種類がいろいろあり、選択肢も豊富。旅先で余計なことに心をわずらわせたくない人には、サービスの行き届いた高級ホテルや大手チェーンのホテルがおすすめです。また、できるだけ宿泊費を抑えたいのであればホステルやゲストハウスなどの簡易宿泊施設に泊まるのもひとつです。
理想の旅行スタイルが固まれば、おのずと泊まりたいホテルの種類も決まってくるはず。じっくり考えて、自分のイメージにぴったりのホテルを選びましょう。

日本とリヨンの時差

03月05日 8時00分49秒

フランス/リヨンと日本/東京との時差は、8時間です。
日本の方が、8時間進んでいます。

リヨンの時差を詳しく見る

フランスの為替

1ユーロは 163.48円

※2024年3月5日の為替価格です

リヨンのおすすめ観光スポットを紹介!

■フルヴィエールの丘(Fourviere)

http://radiomap.eu

最初におすすめするリヨンの観光地は「フルヴィエールの丘(Fourviere)」。リヨンの市街を一望できる「フルヴィエールの丘」は、ローマ時代にリヨンの街建設で最初に造られた丘といわれています。丘まではケーブルカーで登れます。バス・地下鉄・トラム1日乗車券(4.40ユーロ)を購入するとケーブルカーにも利用できるので便利です。丘には1872年にリヨン市民の寄付により建てられた「フルヴィエール教会」があります。整えられた街並みの間を流れるローヌ川とソーヌ川、夜に広がる夜景も美しく絶景です。

丘からの景色

http://commons.wikimedia.org

フルヴィエールの丘

フランス / リヨン

8 Place Fourviere, 69005 Lyon
+33 4 72 57 15 40

■リヨンの旧市街(Vieux Lyon)

https://fr.wikipedia.org

2番目におすすめするリヨンの観光地は「リヨンの旧市街(Vieux Lyon)」。ソーヌ川に沿って広がり、中世からルネッサンス様式の歴史的建造物が多く残る旧市街。旧市街のサン・ジャン通りにはおいしいリヨン料理やカフェ、雑貨屋さんなどのお店が立ち並び、おいしい一品に出会えるでしょう。敷き詰められた石畳の道やトラブールという抜け道も沢山あり、とても風情のある街並みです。また、リヨンの伝統人形劇である「ギニョール」を観覧できる「ギニョル劇場」もあります。レトロな昔懐かしい人形劇は子供から大人まで大人気です。

リヨンの旧市街(ヴュー リヨン)

フランス / リヨン

Vieux Lyon

■フルヴィエール教会-ノートルダム大聖堂-(Basilique Notre Dame de Fourviere)

http://ndll.eklablog.com

次に紹介するリヨンの観光地は「フルヴィエール教会-ノートルダム大聖堂-(Basilique Notre Dame de Fourviere)」。フルヴィエールの丘に建つ「ノートルダム大聖堂」。ロマネスク建築とビザンチン建築の2つの建築様式、大理石・美しいモザイク画・ステンドグラス及び使徒ヨハネのクリプトを特徴とします。最上部には金色の聖母マリア像が備えられています。「社会主義に対する勝利を神に感謝」の意味で建築されたそうです。実際には2つの教会に分かれており、上部のサンクチェリアは金やステンドグラスなどを使われたきらびやかな造りに、下部の教会は控えめで落ち着きある造りになっているので、ぜひ見比べてみて下さい。

http://commons.wikimedia.org

フルヴィエール教会

フランス / リヨン

BASILIQUE DE FOURVIERE Lyon

リヨンで人気のの現地ツアーをチェック

リヨン 人気の現地ツアー

パリから行く!世界遺産 モンサンミッシェルの現地ツアーをチェック

モンサンミッシェルはフランスにあるカトリックの巡礼地のひとつです。1979年に、“モンサンミッシェルとその湾”としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。パリからも日帰り可能な位置にあり、毎年多くの観光客が訪れ日本人にも大人気のスポットになっています。島の中央にそびえ建つ修道院は、幾度にもわたる増改築の結果、何層にもおよび、ゴシックやノルマンなどの様々な中世の建築様式を見ることがで、建築物ファンにはとても魅力的です。

パリ発 モンサンミッシェルへ行くオプショナルツアー

世界遺産 ロワールの古城へ行く現地ツアー

VELTRA

フランスで人気の観光地の一つであるロワール地方。ロワールはパリを出発して車で2時間ほどで、離れていると思っていても案外気軽に行ける場所です。ロワール川に添って並ぶようにお城が点在しており、川と一体化したような景色となっているシュノンソー城は、その名前を聞いたことがある人も多いでしょう。古城巡りが人気の観光コースとなっており、外観の美しさもさることながら、内部を見学すれば緻密な装飾も目を楽しませてくれます。
フランス観光で抑えておきたい、ロワールの古城を巡れるおすすめの現地オプショナルツアーを紹介します。