おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

ワシントン記念塔はアメリカ首都ワシントンD.C.のランドマーク!アクセスや入場方法を解説!

高さ169メートルのランドマークタワー、ワシントン記念塔。映画「スパイダーマン:ホームカミング」でスパイダーマンが登るシーンが話題を呼ぶなど、ワシントンD.C.を象徴する建物です。今回はワシントン記念塔内部の入場方法や近辺のおすすめスポットなど、ワシントン記念塔にまつわる情報をご紹介していきます。

続きを読む

更新日: 2024年2月26日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

地上169m!世界一高い石でできた独創建造物、ワシントン記念塔

ワシントンD.C.の中心部にある国立公園ナショナル・モールにそびえ立つワシントン記念塔。アメリカ合衆国初代大統領ジョージ・ワシントンの功績をたたえて1884年に建てられました。169メートルあり、石でできた独立建造物としては世界一の高さをほこります。内部は無料で見学でき、エレベーターで上部まで登って景色を楽しめます。

ワシントン記念塔の歴史

ワシントン記念塔建設計画のはじまりは1791年。他界したジョージ・ワシントンの記念碑を作ることを彼の死後すぐに議会委員会が提案しました。しかし、デザインや遺体の移動などでもめたため、ワシントン生誕100周年の1833年にやっとワシントンの記念碑を建てる協会が設立されます。図案が決まり、着工が始まったのはさらに15年後の1848年。その後も寄付金が尽きたり、南北戦争が勃発したりと幾度も建設を中断したのち、1884年にようやく完成しました。計画から完成まで実に90年以上の歳月がかかった建築物なのです。そのため、外側の石の色が途中から変わっているのを確認できます。2011年には、アメリカ東部の地震により破損が起きたため2014年まで立ち入り禁止になりました。また、エレベーター老朽化による工事のため2015年より再び閉鎖。4年後の2019年9月に工事が終わり、リニューアルオープンしました。

ワシントン記念塔の予約方法は?入場料は必要?

ワシントン記念塔への入場料は無料です。しかし、当日直接入口へ行っても入場できません。あらかじめ入場整理券を取得しておく必要があります。こちらでは、ワシントン記念塔の整理券入手方法をご紹介します。

整理券取得か事前予約が必須

当日の整理券は、朝8:30よりワシントン記念塔の東側にあるワシントンモニュメント・ロッジにて配布されます。4月から9月、特に夏期は人気のため、あっという間に整理券がなくなることも。確実に入手するために、なるべく早く(配布開始時間より前)から並びはじめることをおすすめします。

ワシントン記念塔の公式ホームページからは、90日後までの予約を申し込めます。人気の期間は1カ月後まですぐに予約が埋まってしまうので、予定が決まったら早めにとっておくと良いでしょう。1人あたり1ドルの予約手数料がかかります。予約が完了したらプリントアウトをするか、スマートフォンの画面で提示できるようにしておきましょう。当日は、予約時間の少し前にワシントン記念塔のふもとにある広場に集合して看板に書かれた予約時間にしたがって待ちます。そのあと、予約時間になれば内部へ案内してもらえます。荷物チェックがあり、飲食物は持ち込み不可なので注意が必要です。大きな荷物も不可で、預ける場所もないので空港からスーツケースを持ってそのまま見学、というプランはやめておきましょう。

整理券の入手に不安がある場合は、ワシントン記念塔を含むさまざまなワシントンのモニュメントを巡るツアーの利用もおすすめします。

広告

ワシントン記念塔の見どころをご紹介!

ワシントン記念塔にはどういった見どころがあるのでしょうか。こちらでは、ワシントン記念塔の見どころをご紹介していきます。

リフレクティング・プールと合わせた眺め

リンカーン記念堂の前に広がる大きな人工池、リフレクティング・プールから眺めるワシントン記念塔はフォトスポットとしておすすめ。天気の良い日にはワシントン記念塔がきれいにリフレクティング・プールの水面に映り、2つのワシントン記念塔が楽しめます。リフレクティング・プールからの景色は、映画『フォレスト・ガンプ』で印象的なシーンにも使われており、映画ファンにも人気のスポットになっています。

展望台から眺める景色

もちろん、ワシントン記念塔内部の展望台から眺める景色もおすすめです。ワシントン記念塔の頂上のピラミッド部分に窓が開いており、東西南北全方向の景色を楽しめます。北側からはホワイトハウスも見え、ワシントンを一望できます。広大なナショナル・モールの緑が広がる美しい景色を楽しめるため、春から夏にかけてが最もおすすめです。

エレベーターから見る記念石

展望台から降りるエレベーター内では、ぜひ内部にある数々の記念石を見てください。約36,000個の石でできたワシントン記念塔。内側には数々の自治体の寄付の証である記念石があしらわれています。194枚ある記念石にはさまざまな彫刻がほどこされ、電子ブラインド式のエレベーターのドアから見ることができます。

ワシントン記念塔見学にかかる所要時間は?

ワシントン記念塔見学に時間制限はありません。そのため、入場してからは好きなだけ滞在可能ですが、展望台は広くないため、あまり見学に時間がかかりません。所要時間は入場時間から1時間から2時間見ておけば十分でしょう。

ワシントン記念塔へのアクセス方法

広告

ワシントン記念塔へは、地下鉄のブルー・シルバー・オレンジいずれかのラインの駅、Fedeal triangleから南西に18分歩きます。高いモニュメントなので、地上からは探しやすいでしょう。隣りのSmithonian駅からも徒歩10分ほどで便利です。

ワシントン記念塔

アメリカ / ワシントンD.C.

2 15th St. NW, Near 15th St. & Madison Dr. NW, Washington DC, DC 20560, United States of America
+1 202-426-6841
9:00-22:00
https://www.nps.gov/wamo/index.htm

ワシントン記念塔と合わせていきたいおすすめスポットをご紹介!

ワシントン記念塔付近にはワシントンD.C.がほこる重要な観光スポットがたくさんあります。こちらでは、ワシントン記念塔と合わせて行きたいおすすめスポットをご紹介していきます。

スミソニアン博物館

ワシントンD.C.にあるさまざまなテーマで展開される19の博物館や教育研究機関群の相称、スミソニアン博物館。ワシントン記念塔のすぐそばに、スミソニアン博物館の中でもぜひ訪れてほしい主要な博物館がたくさんあります。まずは、ワシントン記念塔から東へ徒歩10分の場所にあるスミソニアンキャッスル。赤い砂石で作られた建物は、白い建築物の多いナショナル・モールの中で異彩を放っています。内部はスミソニアン博物館のインフォメーションセンターになっており、スミソニアン博物館群全ての施設の情報を得られます。ミュージアムショップやカフェもあるのでゆっくり博物館めぐりの計画をたてるのにぴったりです。

スミソニアン博物館群

アメリカ / ワシントンD.C.

1000 Jefferson Dr SW, Washington DC, DC 20560-0008
+1 202-633-1000
日 - 土 8:30 - 17:30

国立航空宇宙博物館(スミソニアン博物館内)

続いてのおすすめは、国立航空宇宙博物館。スミソニアン博物館の中でもとても人気のある博物館です。航空機や宇宙飛行に関連する展示物がたくさんあり、ライト兄弟の飛行機や、実際に使用された宇宙船など、珍しい展示物の数々を楽しめます。映画『ナイト・ミュージアム』の舞台にもなった国立自然史博物館もおすすめ。1億を超える化石や隕石などのコレクションは圧巻です。迫力ある恐竜の化石や動物の剥製だけでなく、持つ人を不幸にするという呪いのダイヤモンド、“ホープ・ダイヤ”も展示されています。ワシントンD.C.らしく、アメリカ合衆国の成り立ちを知ることのできる国立アメリカ歴史博物館もあります。戦争についてだけでなく、アメリカの人々の暮らしに関する展示や、歴代ファーストレディーの衣装なども展示されており、おすすめです。

国立航空宇宙博物館

アメリカ / ワシントンD.C.

Independence Ave SW 600 Independence Ave SW, Washington DC, DC 20560, United States of America
+1 202-633-2214
日 - 土 10:00 - 17:30
https://airandspace.si.edu/

スミソニアン国立航空宇宙博物館に関連した現地ツアーはこちら

ワシントンD.C.はアメリカの首都で、正式にはコロンビア特別区という名称をもっています。メリーランド州とヴァージニア州の間に位置しており、ポトマック川がすぐそばを流れています。
ワシントンが首都となったのは1791年。独立戦争が終結してから15年後のことでした。それから8年の歳月をかけ、首位機能を充実させた計画都市として建設されました。政府の中心地だけに、ホワイトハウスや連邦議会、最高裁判所など重要機関が集中していますが、観光スポットとしても魅力にあふれています。
おすすめなのがナショナルモール。ワシントンD.C.の中心にある国立公園で、169mの高さを誇るワシントン記念塔や、無料で名画が鑑賞できるナショナルギャラリーなどがあります。貯水湖のダイダルベイスン沿いに咲く桜も見どころのひとつ。

スミソニアン国立航空宇宙博物館に関連した現地ツアーはこちら

リンカーン記念堂

リフレクティング・プールを隔ててワシントン記念塔の西側に位置するリンカーン記念堂。古代ギリシャ風の建物が目をひきます。建物内には巨大な第16代大統領エイブラハム・リンカーンの像があることでも有名です。壁には「人民の人民による人民のための政治」というフレーズで知られるリンカーンの“ゲティスバーグ演説”が彫られています。

リンカーン記念堂

アメリカ / ワシントンD.C.

2 Lincoln Memorial Cir NW, Washington DC, DC 20037,United States of America
+1 202-426-6841
24時間
https://www.nps.gov/linc/index.htm

ホワイトハウス

アメリカ合衆国大統領の住居兼執務を行う建物、ホワイトハウスはワシントン記念塔から北へ徒歩20分ほどの場所にあります。現在は情勢の変化により敷地内部のツアーへは簡単には参加できませんが、外観をながめたり、南東部にあるビジターセンターでホワイトハウスや大統領に関する展示を見たりと、十分に見学を楽しめます。

ホワイトハウス

アメリカ / ワシントンD.C. / ホワイトハウス周辺

1600 Pennsylvania Ave NW, Washington, DC 20500 United States of America
+1 202-456-1111
https://www.whitehouse.gov/

アメリカ合衆国議会議事堂

ナショナル・モールの東側に位置するアメリカ合衆国議会議事堂も、おすすめのスポットです。こちらもワシントン記念塔同様無料の見学ツアーが催行されており、荘厳な内部を見学できます。見学ツアーは所要時間が2~3時間ほどと長いため、時間に余裕があるときにおすすめ。

アメリカ合衆国議会議事堂

アメリカ / ワシントンD.C.

East Capitol St NE & First St SE, Washington DC, DC 20004 United States of America
+1 202-226-8000
月 - 土 8:30 - 16:30

国立スパイ博物館

一風かわったアメリカの博物館、国立スパイ博物館。ワシントン記念塔から南東へ徒歩20分ほどの場所にあります。レーザーセンサーで照らされたようなカッコいい外観が目を引く博物館で、内部ではスパイに関するさまざまな展示を楽しめます。別人のデータを渡され、その人物になりきって行動するよう指示を出されるなど、自分もスパイになった気分で楽しめるのもおすすめポイントのひとつ。実際に使われたスパイ道具の展示は、ドラマや映画顔負けの仕掛けの数々に驚かされます。

国際スパイ博物館

アメリカ / ワシントンD.C.

700 L'Enfant Plaza SW, Washington DC, DC 20024, United States of America
+1 202-393-7798
日 - 土 10:00 - 18:00
入場料:大人-24.95 ドル / ユース(7-12)- $ 14.95 / 子供(6歳以下)- 無料
https://www.spymuseum.org/

ワシントン記念塔へは便利なツアーがおすすめ!

ワシントン記念塔付近には、ワシントンD.C.観光に欠かせない観光スポットが数多くあります。そのため、主要な観光スポットをめぐるだけでもとても時間がかかり、計画をたてるのはなかなか大変。その点、現地ツアーなら、観光スポットをガイドの解説つきで複数まわってもらえるものもあり、効率よくワシントンD.C.観光をしたい人におすすめです。

内部見学を開催している時がチャンス!

ワシントン記念塔は細長い建物なため、内部見学ができることを知らない人も多い観光スポット。しかし、地震やエレベーターの不調などで近年入場禁止になっていた期間がとても長くありました。内部見学ができる間にぜひ是非一度、行ってみることをおすすめします。

観光のおすすめ記事

詳しく

【ワシントン】ナショナルズパーク周辺の観光スポットおすすめ18選!楽しい旅の計画を

ホワイトハウス周辺 - 海岸・海,モニュメント・記念碑,広場・公園

ナショナルズパークはアメリカのワシントンD.C.にある野球場です。41000人収容可能な球場で、MLBのワシントン・ナショナルズのホームグラウンドになっています。 野球の試合以外にも、ガイド付きの球場ツアーや音楽ライブ、ビールフェスティバル、クリスマスイベントなども開催されています。 最寄り駅は地下鉄・グリーンラインのネイビーヤード駅になっており、メトロバスやシャトルなどでも簡単にアクセスできます。球場周辺にはレストランやカフェ、ホテルが多く並んでいるのも魅力です。今回は、そんなナショナルズパーク周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【ワシントン】ジェファーソン記念館周辺でおすすめの観光スポット12選!アメリカを満喫!

ホワイトハウス周辺 - モニュメント・記念碑,広場・公園

ジェファーソン記念館は、1943年に完成したワシントンにある記念館です。第3代大統領トーマス・ジェファーソンの生誕200年を記念して建てられました。 トーマス・ジェファーソンはアメリカ独立宣言の起草者にあたる人物。記念館は古代ネオクラシック建築のパンテオンを模して造られています。 一目見て、ローマの神殿を想像させる柱が並ぶ円形の建物。内部は大理石が敷かれ、高さ6mのジェファーソンのブロンズ像が立ちます。壁には、独立宣言の文章の一節が刻まれるなど、興味あるものばかりです。今回は、そんなジェファーソン記念館周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

スミソニアン博物館:一生に一度は訪れたい!1億4000点を収蔵するアメリカ屈指の博物館群

ホワイトハウス周辺 - 博物館

「スミソニアン博物館」は、アメリカワシントンD.Cとその周辺にある博物館群の名称です。 科学、産業、技術、芸術、自然史など19の博物館、教育研究機関の集合体で、スミソニアン学術協会が運営しています。スミソニアン学術協会が収蔵しているコレクションは1億4000点にものぼると言われており、モネやフェルメールなど有名画家が手がけた絵画はもちろん、月の石やアポロ月着陸船、世界初の飛行機、恐竜の骨格模型、世界最大のブルーダイヤモンド、動物のはく製など様々なジャンルの展示が楽しめるのが魅力です。 一部の特別展示会場を除く、全ての施設が無料で利用できるのもスミソニアン博物館の大きな魅力で、常にアメリカ国内だけでなく、全世界から訪れる観光客で賑わっています。 ここでは、そんな「スミソニアン博物館」について詳しく紹介します。

詳しく

【アメリカ】ワシントン大聖堂周辺の行っておくべきの観光スポットおすすめ6選!

ホワイトハウス周辺 - 寺院・教会

ワシントン大聖堂は、アメリカのワシントンD.C.の中心から車で10分のところにある歴史的モニュメントの一つ。 国家行事や歴代米大統領の葬儀も営まれたことで知られています。2011年には地震によって甚大な被害を受け、現在も修復工事が行われています。 内部の入場料には無料のガイド付きツアーが含まれており、大聖堂の建築様式や歴史、ミッションについて学ぶことができます。ほかにもバックグラウンドツアーやティ―タイムがセットになったツアーもあります。館内にはギフトショップが併設しており、ポストカードや書籍なども購入できます。今回は、そんなワシントン大聖堂周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

アメリカの国会議事堂を見に行きたい!国会議事堂を訪ねてワシントンDCを徹底調査

ワシントンD.C. - モダン建築,広場・公園

アメリカの国会議事堂はジョージ・ワシントンが大統領の時代につくられた建物で、キャピタルヒルといわれている小高い丘にあります。国会議事堂は全米50州にある州議会議事堂の建物の雛形で、巨大なドームが特徴です。国会議事堂内では無料の見学ツアーに参加できて、著名人の彫刻やツアーでしか見られないフレスコ画を見られます。国会議事堂周辺には世界で一番大きな図書館と博物館があって、国会議事堂と一緒に観光できる人気観光スポットになっています。今回はアメリカにあるワシントンDCのランドマーク、国会議事堂について紹介します。

詳しく

【アメリカ】ペンタゴン周辺でおすすめの観光スポット17選!出発前にチェック

アーリントン - 博物館,観光名所

ペンタゴンは、ワシントンD.C郊外のバージニア州アーリントンにあるアメリカ国防総省の本部庁舎です。建物が5角形(=Pentagon)であることから、ペンタゴンと呼ばれています。 世界最大のオフィスビルで、アメリカ国防の中心地でありながら、年間10万人以上もの見学者が訪れる観光スポットともなっています。ガイド付き見学ツアーもあり、内部には郵便局やドラッグストア、フードコートなどの施設が充実。廊下には、アメリカが関わった戦争の写真や物品などを展示、9.11のメモリアルもあります。 周囲には、アーリントン国立墓地や航空宇宙博物館などの観光スポットからショッピングセンター、ホテルも揃っています。今回は、そんなペンタゴン周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

ワシントンD.C.でおすすめの観光スポット13選!世界の政治・経済の中心都市

ワシントンD.C. - 観光名所

ワシントンD.C.は、アメリカの首都として知られている世界の政治と経済の中心地です。日本からも直行便が運航しており、フライト時間は、約12時間半。ワシントン記念塔に国会議事堂、国立美術館や博物館、モニュメントなど様々な見どころがあり、世界中からたくさんの人たちが、ビジネス、観光などさまざまな目的で訪れています。美術館や博物館は、ほとんどの所が無料で見学できるのもうれしいポイント。 さらに世界中から人が集まるワシントンD.C.は、グルメも宝庫でもあります。ハンバーガーやステーキなどのアメリカを代表するグルメから和食やフレンチなどまで幅広いお店がそろっています。 今回はワシントンD.C.でおすすめの観光スポットを紹介します。ぜひ参考にしてみて下さいね。

詳しく

【アメリカ】ワシントンD.C・ナショナルギャラリーは名画の宝庫!価値あるコレクションを観賞しよう

ワシントンD.C. - 美術館

アメリカの首都ワシントンD.Cにあるナショナルギャラリーは、誰もが知る有名な画家の作品を展示する世界的に有名な美術館です。見どころの一つは、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「ジネブラ・デ・ベンチの肖像」。ダヴィンチの絵画は北米でこの1枚だけと言われている非常に貴重な作品です。モネやゴッホ、ルノワールなど印象派の作品も多く展示されているのも特徴。作品はもちろん、建物の構造やデザインが面白いのも見どころとなっています。この記事では、ナショナルギャラリーの歴史から魅力、コレクション、アクセスまで紹介しています。入場無料で世界の名画を見れる美術館は必見です。

広告

広告

のおすすめホテル

アメリカへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

アメリカの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社