おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

マカオでおすすめの世界遺産30ヶ所:すべてを歩いて巡るための徹底ガイド

旅行に行ったらその国の世界遺産を見たいと思う方が多いと思いますが、なかなか全ての世界遺産を見ることは難しいですよね。しかし、マカオならばそんな贅沢な旅行をすることが可能です。マカオには30個の世界遺産があり、22の建造物と8つの広場が登録されています。これらは歩いて見てまわることができるので、ぜひ一日じっくり時間をとって全てを見学してみてください。 様々なルートで見ることができますが、今回はこの順番で行くと回りやすいという順番で世界遺産30件をご紹介します。旅行のスケジュールの参考にしていただけると嬉しいです。

続きを読む

更新日: 2024年2月26日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

マカオでおすすめのホテル特集

マカオでの滞在に便利な、おすすめのホテルを紹介します。その国独自の文化や雰囲気を楽しめる宿での滞在時間は、海外旅行の楽しみのひとつ。自分の旅行イメージに合わせて、どこに滞在しようか、どんな過ごし方をしようかと想像するだけでも、旅行前のうきうきした気分が膨らみますね。
マカオの宿泊施設には種類がいろいろあり、選択肢も豊富。旅先で余計なことに心をわずらわせたくない人には、サービスの行き届いた高級ホテルや大手チェーンのホテルがおすすめです。また、できるだけ宿泊費を抑えたいのであればホステルやゲストハウスなどの簡易宿泊施設に泊まるのもひとつです。
理想の旅行スタイルが固まれば、おのずと泊まりたいホテルの種類も決まってくるはず。じっくり考えて、自分のイメージにぴったりのホテルを選びましょう。

マカオでおすすめの世界遺産ツアー

マカオ観光の定番と言えば、やっぱり世界遺産巡り。なんとマカオには歩いてまわれるだけでも世界遺産が20個以上もあるんです。中には少し離れた場所にあり、すべて制覇するには観光ツアーなどを利用するのもおすすめ。今回はマカオで予約できるおすすめ世界遺産を巡る観光ツアーをご紹介します。もちろん歩いて見える範囲でも楽しめるほど世界遺産が密集していますが、せっかくだから全て制覇したいとか、効率よく観光したい人にもおすすめの観光ツアーをご紹介していますので、マカオ観光の参考にしてみてください。また、実際にみんなが予約してる体験ツアーを形式でご紹介しますので、参考にしてください。

マカオでみんなが体験してる世界遺産ツアーランキング

マカオの世界遺産を歩いて回りやすい順番にご紹介

1.媽閣廟 (Templo de A-Má)

マカオの世界遺産の最初におすすめしたいのは「媽閣廟 (Templo de A-Má)」。マーコミュウと読みます。バラ岬にある古廟です。バラ岬はポルトガル人が初めて植民を行った場所と言われており、「媽閣廟」の媽閣を広東語で読みがマカオの国名の由来になったと言われているほど歴史のある場所です。4つの廟で構成されており、1つには阿媽という海の女神を祀っています。

マー コ ミュウ (媽閣廟)

マカオ / マカオ / マカオ半島

中国マカオ澳門半島南端媽閣山西面山腰上
日 - 土 7:00 - 18:00

広告

2.バラ広場 / 媽閣廟前地 (BarraSquare)

http://ja.wikipedia.org

次に紹介するマカオの世界遺産は「バラ広場 / 媽閣廟前地 (BarraSquare)」。媽閣廟の目の前にある広場がバラ広場です。カルサーダスというポルトガル式の石畳が波の模様に敷き詰められています。ここには移動屋台のアイスクリーム屋がよく出店しており、観光客にも人気を集めています。またダンスやオペラの上演がされることもあり、活気に満ちています。

バラ広場(媽閣廟前地)

マカオ / マカオ / マカオ半島

RuadeBarra

3.港務局 (CapitaniadosPortos)

続いておすすめのマカオの世界遺産は「港務局 (CapitaniadosPortos)」。1874年に建設され、元はムーア人の兵舎として使われていたのが港務局です。ムーア人はマカオの治安を守るためインドから派遣されており、多くがイスラム教徒でした。そのため港務局はイスラム教の影響を色濃く残しています。現在はマカオの港務局事務所と海上警察の本部として利用されています。

港務局大樓

マカオ / マカオ / マカオ半島

CalcadadaBarra

4.リラウ広場 (LargodoLilau)

4番目におすすめするマカオの世界遺産は「リラウ広場 (LargodoLilau)」。素敵な公園に様に見えるこのリラウ広場も世界遺産です。昔よりポルトガル人が多く住んでいた場所で、その理由として湧水があります。かつては貴重であった水が湧いており、ポルトガル人に愛されていた場所です。この湧水が出た井戸は現在はふさがれており水を見ることはできません。

リラウ広場(亞婆井前地)

マカオ / マカオ

RuadoLilau

5.鄭家屋敷 (Mandarin'sHouse)

続いておすすめのマカオの世界遺産は「鄭家屋敷 (Mandarin'sHouse)」。1881年に建設された思想家・鄭觀應の邸宅跡です。鄭觀應は中国の有名な毛沢東や孫文にも大きな影響を与えていると言われた思想家です。邸宅は中国建築に西洋建築が混ざっており、美しい作りになっています。修繕の様子を記録している資料室もあり、見学が可能です。

鄭家屋敷

マカオ / マカオ

10TravessadeAntoniodaSilva
+853 2896 8820
木 - 火 10:00 - 18:00

6.聖ローレンス教会 (Igreja de S. Lourenço)

6番目におすすめするマカオの世界遺産は「聖ローレンス教会 (Igreja de S. Lourenço)」。別名風順堂と呼ばれる、マカオ三大古堂の中の一つがこちらの聖ローレンス教会です。この場所から良い風が吹くようにとの願いを込めて建てられた教会には、聖ローレンス像が祀られています。金色と白で作られており、天井はブルーグリーンが特徴的な美しい場所です。聖母伝説を表したステンドグラスも注目してみてください。

聖ローレンス教会

マカオ / マカオ

RuadeS.Lourenco

広告

広告

のおすすめホテル

マカオへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

マカオの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社