おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【セブシティ】コロンストリートでおすすめの観光スポット18選!フィリピンを満喫!

コロンストリートは、セブ島のダウンタウン地区で古くから栄えている通り。商店や露店、屋台や家電ショップなどが軒を連ねています。安く買い物ができるショッピングスポットとして地元の人々から愛されるこちらは、観光スポットとしても外せない場所。 ただし、例えばレイバンのサングラスが1つ100円程度でたくさん並んでいるなど、偽物も多数あります。また、セブのダウンタウン地区の特徴として、貧困層が多く集まるため夜になると治安があまり良くないエリアとなることがあるので念のためご注意下さい。 今回は、そんなコロンストリート周辺の見どころについて紹介します。

続きを読む

更新日: 2024年6月24日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

日本とフィリピンの時差

06月24日 5時47分27秒

フィリピン/セブ島と日本/東京との時差は、1時間です。
日本の方が、1時間進んでいます。

セブ島の時差を詳しく見る

フィリピンの週間天気

フィリピンの為替

1フィリピン・ペソは 2.71円

※2024年6月24日の為替価格です

フィリピンの気候は?季節に合わせて服装を選ぼう!

フィリピンは熱帯性気候に属しています。一年間を通して暖かい気候が続くので旅行の際には夏服を想定していれば大丈夫です。また行き帰りの飛行機の中やレストラン内では冷房が効いていることがあるので薄手のカーディガンやストールなど温度調節ができる衣類を用意しておくと快適に過ごすことができますよ。フィリピンの季節は雨期と乾期に分けることができ6月から11月が雨期、12月から5月が乾期となっています。雨期に旅行する場合はレインコートや折り畳み傘など携帯できる雨具があれば安心ですよ。雨期であっても日中は日差しが強いのでサングラスや帽子を忘れないようにしてください。

フィリピンの代表的なグルメを紹介!

観光の際に抑えておきたいのがフィリピンのグルメです。フィリピン料理は日本人にあまり馴染が無いですが、フィリピンの主食はお米と鶏、豚、牛、魚なので日本人の口にも合いやすいのが特徴です。味付けも塩、醤油、ケチャップ、オイスターソースなどを使用しているのでおいしい料理がたくさんあります。細かく刻んだ豚肉をビネガーやニンニク、唐辛子で炒めて作るシシグや子豚の丸焼きレチョンなどは旅行中にもおすすめの料理です。そのほかにもお肉や野菜が入った具だくさんスープであるシニガンやナス、インゲン等の野菜と牛肉をピーナッツソースで煮込んだカレカレがあります。

フィリピンのお土産といえば?

フィリピンの定番のお土産はドライマンゴーです。スーパーなどで気軽に手に入り、南国テイストのお土産で安価なのでバラマキ用のお土産としても人気ですよ。また、バナナチップスや現地のインスタントラーメンも安価でおすすめのお土産で日本では見ることのないパッケージなので喜ばれます。お酒好きの人にはマンゴーリキュールも人気ですよ。食品以外のお土産としてはココナッツ石鹸がおすすめです。パッケージも可愛らしく、甘い香りにはリラックス効果も期待できます。同じくスキンケア用品としてココナッツオイルクリーム・リップも人気です。

コロンストリートでおすすめの観光スポットを紹介!

■コロン通り

コロン通りは、セブ市のダウンタウンにある通りで、アヤラモールから3kmほどのところにあります。全長1kmほどの通りに沿いにはスーパーマーケットやショッピングモール、ストリートフードなどのローカルマーケットが並んでいるほか、周囲には歴史や文化を感じられるスポットも。
観光客だけでなく地元の人も多く集まるスポットとなっているのが特徴です。通り沿いにあるメトロ・ガイサノから南東に位置するフィリピン最古のカトリック寺院であるサントニーニョ教会、教会に隣接しているマゼランクロス、さらに進むとサンペドロ要塞など、見どころの多いスポットとなっています。

コロン通り

フィリピン / セブ島 / セブシティー

Cebu City, Philippines
http://www.cebu-tourism.techcellar.net/colon-street/

広告

■スクボ博物館

1871年に刑務所として建設された建物で、1946年から2004年までは実際に刑務所として使用されていた。現在は博物館として使用されている。セブ博物館とも呼ばれ、セブの遺産を確認し、文化や歴史を学ぶのに最適な場所となっており、訪問する価値のある博物館となっている。

スクボ博物館

フィリピン / セブ島 / セブシティー

Former Cebu Provincial Jail/CPDRC, MJ Cuenco Avenue, Brgy. Tejero, 6000 Cebu City, Philippines
http://www.facebook.com/pages/Museo-Sugbo/136798743014629

■マゼラン・クロス

マゼラン・クロスはフィリピンのセブ島に存在する十字架のことを指します。
1521年、探検家であったマゼランがフィリピンにたどり着いた際に打ち込んだものが元となり、現在もセブ島内のサント・ニーニョ教会のそばの小さなチャペルの中に存在。チャペルの中心には木造の大きな十字架が打ち込まれており、その中に本物のマゼランの十字架が入っていると説明されていますが、実物はすでになくなっており、レプリカのみが残されています。
チャペルの天井に描かれた絵なども見どころの一つです。

マゼラン・クロス

フィリピン / セブ島 / セブシティー

35 Lopez Jaena Street, Cebu City 6004, Philippines
+63 78 945 6321
8:00-18:00
入場料:無料
https://www.cebucitytour.com/cebu-destinations/cebu-magellans-cross/

空港送迎に関連した現地ツアーはこちら

広告

空港送迎に関連した現地ツアーはこちら

■サン ペドロ要塞

サン ペドロ要塞はフィリピンのセブ島にある要塞です。
スペインによって統治されていた時代に原型が作られ、その後18世紀ごろに石造りの要塞としてさらに造営が進みました。19世紀ごろまでは実際に要塞としての機能を果たしており、スペイン入植者たちが主に利用してきたという歴史があります。要塞の壁は石造りで三角形を描いており、現在もその重厚な雰囲気を感じることができます。格安の入場料を支払うと、要塞を歩いて回ることができ、周辺の様子や要塞の様子などを目にすることができます。
展示室では、戦いに関する展示やセブの歴史などに関する展示が行われていて学びも得られます。

サン ペドロ要塞

フィリピン / セブ島 / セブシティー

A.Pigafetta, Cebu City 6000, Philippines
+63 32 256 2284
8:00〜19:00
http://www.ceblocal.com/enjoy/2139

■カサ ゴロルド博物館

セブシティ、サントニーニョ教会から歩いて約10分のところにある、フィリピン人最初の司教「ジュアンゴロルド」が住んでいた邸宅である。19世紀半ばに建てられ、フィリピンの文化遺産かつ博物館になっている。中には当時を思わせる家具や生活用品が展示されており、歴史を知るのには最適な場所である。

カサ ゴロルド博物館

フィリピン / セブ島 / セブシティー

Tinago, Cebu City
+63 32 411 1767
9:00-17:00
月曜日
https://www.casagorordomuseum.org/

■ウォーターフロント セブシティ カジノ

セブシティの中心部に位置するカジノを有する高級ホテルである。フィリピンでは他国に比べると還元率が高く、カジノの人気が上がっている。ただし、スローで真剣さが足りないように感じるので、初心者など軽く遊びたい人向けである。プレイヤーは韓国人が多い。夜は観光客で賑わうが日中は空いている。

ウォーターフロント セブシティ カジノ

フィリピン / セブ島

1 Salinas Drive, Lahug, Cebu City
+63 32 232 6888
https://www.waterfronthotels.com.ph/

広告

広告

のおすすめホテル

フィリピンへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

フィリピンの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社