おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【カンボジア】シアヌークビルでおすすめ観光地5選:いま超注目のアジアンリゾート

カンボジア旅行というと、多くの人のお目当てはやはりアンコールワット。実際に2015年には年間450万人の外国人観光客の半分以上がアンコールワットを訪れているといいます。しかし、ここでは日本人がまだあまり知らないカンボジアの観光地に光を当ててみましょう。 こちらで紹介するカンボジア南西部の街・シアヌークビルは、エメラルドグリーンの海が印象的な国内きってのビーチリゾート。タイランド湾に面したビーチ沿いにはリゾートホテルも建ち、まだ開発の進んでいるエリアであることからリゾート感と大衆さが入り混じっている今後注目の観光都市です。 シェムリアップからは飛行機で1時間で行くことができ、アンコールワット旅行との組み合わせにもぴったり。遺跡観光にビーチでのくつろぎをアレンジして、カンボジア旅行をもっともっと満喫しちゃいましょう!(取材協力/ベトナム航空)

続きを読む

広告

カンボジア全体

カンボジア格安ツアー

シアヌークビル格安Wi-Fi

シアヌークビルでおすすめのホテル特集

シアヌークビルでの滞在に便利な、おすすめのホテルを紹介します。その国独自の文化や雰囲気を楽しめる宿での滞在時間は、海外旅行の楽しみのひとつ。自分の旅行イメージに合わせて、どこに滞在しようか、どんな過ごし方をしようかと想像するだけでも、旅行前のうきうきした気分が膨らみますね。
シアヌークビルの宿泊施設には種類がいろいろあり、選択肢も豊富。旅先で余計なことに心をわずらわせたくない人には、サービスの行き届いた高級ホテルや大手チェーンのホテルがおすすめです。また、できるだけ宿泊費を抑えたいのであればホステルやゲストハウスなどの簡易宿泊施設に泊まるのもひとつです。
理想の旅行スタイルが固まれば、おのずと泊まりたいホテルの種類も決まってくるはず。じっくり考えて、自分のイメージにぴったりのホテルを選びましょう。

日本とシアヌークビルの時差

07月05日 3時49分45秒

カンボジア/シアヌークビルと日本/東京との時差は、2時間です。
日本の方が、2時間進んでいます。

シアヌークビルの時差を詳しく見る

カンボジアの為替

1リエルは 0.0333円

※2022年7月5日の為替価格です

■カンボジア南部の街・シアヌークビルへはシェムリアップから空路で1時間!

シアヌークビルはシェムリアップから南に約550kmの位置にあります。シェムリアップ空港からシアヌークビル空港まではカンボジア・アンコール・エアなどの航空便が1日3便運航。所要1時間。首都・プノンペンからはバスを利用して4時間で行くことができます。なお、プノンペンからのバスは、ホテルなどで予約が可能です。

シアヌークビルでおすすめの観光スポットを紹介!

■オーチティルビーチ

カンボジア・シアヌークビルの観光地の最初におすすめしたいのは「オーチティルビーチ」。シアヌークビルには、周辺の島々行きの高速船が発着するセレンディピティビーチをはじめ、ソカビーチ、ヴィクトリービーチなど7つのビーチがあります。その中で最もにぎわっているのがオーチティルビーチです。

5kmにわたるロングビーチにはバンガローのレストランが建ち並び、ローカルフードも楽しめます。欧米人観光客の姿も多く、マッサージを受けたり、ボードゲームに興じたりと、ゆったりとした時間が流れています。

オーチティルビーチ

カンボジア / シアヌークビル

Ochheuteal Beach

広告

■ゴールデンライオン

2番目におすすめするカンボジア・シアヌークビルの観光地は「ゴールデンライオン」。セレンディピティビーチへ続く通りなど、街の主要道がぶつかる円形の交差路の真ん中に置かれている2匹のライオンの像です。市内を移動していれば、ほぼ必ずその姿を目にすることでしょう。

1996年に造られたものと歴史は浅いですが、開発の進むシアヌークビルの中で街のシンボルとして親しまれています。像の周りはちょっとしたスペースになっていて、夕方以降には市民の憩いの場となります。

ゴールデンライオン

カンボジア / シアヌークビル

■プサルー市場

次に紹介するカンボジア・シアヌークビルの観光地は「プサルー市場」。大きな建物の市場を中心に、ところ狭しと商店が集まっている市民の台所です。建物の中には魚介類、野菜、衣類、靴などの商品が場内を埋め尽くすように並び、通りの真ん中にも食料品を売る人々の列ができ、大衆的な活気を発しています。

港町ならではの豪快に並べられた魚介類は必見。日本ではなかなか見られない形のカニやエビなど、買って帰るのは難しいけれど見るだけでも楽しめますよ。

プサルー市場

カンボジア / シアヌークビル

7 Makara St, Krong Preah
5:30〜18:00ごろ
なし

■ワット・レウ

次に紹介するカンボジア・シアヌークビルの観光地は「ワット・レウ」。シアヌークビル市内を見下ろす高い丘の上に立つ寺院。階段にナーガの手すりが付いた、金色に輝くお堂が印象的です。寺院の奥が展望台のようになっており、そこから市内を展望できます。地元では夕日スポットとしても知られています。

広告

ワット レウ

カンボジア / シアヌークビル

Krong Preah Sihanouk,Cambodia

■カジノ

カンボジア・シアヌークビルの観光地の最後におすすめしたいのは「カジノ」。シアヌークビルにはカジノリゾートとしての側面もあります。市内には3つのカジノがあり、24時間営業しています。写真はソカ・ビーチ・リゾートに隣接しているカジノ。マカオやラスベガスなどに比べると静かなにぎわいですが、バカラ、ポーカー、スロットマシンなどが楽しめます。

ビーチでたっぷり遊んだ後の夜には、ちょっとカジノで運試しなんていうのもよいかもしれません。もしかしたら一攫千金が当たるかも。

シアヌークビルの基本情報はこちら

カンボジアの週間天気

カンボジアの気候は?雨季節に気をつけましょう!

カンボジアは年間を通して温暖な気候が続く常夏の熱帯モンスーン気候に属しています。気温は30度を越える日が多く、日本の夏のような気候をイメージすると服装を選びやすくなります。また、注意が必要なのが乾季と雨季です。日本には四季がありますが、カンボジアは大きく分けて乾季と雨季に季節を分けることができます。乾季は11月から5月頃で観光のベストシーズンも乾季となっています。雨季は5月半ばから6月頃から始まるので雨季に旅行する場合はレインコートや折り畳み傘など携帯できる雨具を用意しておくと安心です。季節に限らず温度調節ができる衣類があると便利ですよ。

カンボジアの代表的なグルメとは!

カンボジアで食されているのはクメール料理です。クメール料理は日本人の口にも馴染みやすい味付けが特徴なので旅行中はいろいろ食べ比べてみてくださいね。ライムと牛肉のマリネであるプリアサイッコーはさっぱりしていておいしいクメール料理です。クメール料理にはライムが良く使用され、さっぱりとした味わいが印象的な料理となっています。魚を発酵させて作るプラホックはクセもほとんどなく野菜スティックなどをディップして食べるとおいしい料理です。カンボジアらしい味わいの料理はアモックという食べ物で、淡水魚や、鶏肉、野菜をココナッツミルク入りの卵液で蒸します。

カンボジアで注意しておきたいマナーは??

カンボジアではチップの文化が普及していません。従って、レストランでの食事やトゥクトゥクを利用した際にチップを支払う必要ないです。ただし高級ホテルへ宿泊する場合はベルボーイやルームサービスに対してはチップを支払う必要があるので注意してください。また、ガイドや専属ドライバーを雇う場合にもチップが必要になります。旅のシーンに合わせてチップの有無を判断してください。カンボジアで注意すべきマナーですが、寺院を参拝する際、短パンやミニスカートなど露出の多い服を避けてください。お堂に上がるときは履物を脱ぐようにしましょう。

まとめ

シェムリアップでおすすめの観光情報はいかがでしたか。カンボジアは日本からもアクセスしやすく、世界遺産であるアンコールワットや巡礼地を観光することができる魅力的な国です。日本とも関わりがあり、親日国であることから安心して旅行を楽しむことができますよ。日本では見ることができない光景や景色に触れて、世界の美しさを体感してみてくださいね。観光の後はお気に入りのお土産を探してみるのもおすすめです。

観光のおすすめ記事

詳しく

プノンペンでおすすめの観光地10選:カンボジアの首都を堪能しよう

プノンペン - 観光名所

カンボジアの首都プノンペンの定番観光スポットを集めてみましたので、訪れる際にはぜひ参考にしてください。 カンボジアは政治的に不安定な時期もありあまり身近な観光地ではありませんでしたが、最近は政治の安定と経済の発展を背景に観光のために訪れる人も増えてきています。特に、悲しい歴史を残す場所は今でも大きなメッセージを我々に伝えてくれていますのでぜひ訪れて頂きたい場所です。 とても悲しい近代の遺産と古代クメールから続く穏やかで優しい人々の伝統の文化を両方観ていくと、ここはただの観光だけでなく人類の過去の過ちやこれからの未来のために深く考える有意義な旅が出来る場所だと感じられるはずです。

詳しく

【シェムリアップ】アンコールワット以外で見逃せないおすすめ観光地6選

シェムリアップ - 文化遺産

カンボジアのシェムリアップの観光地といえばなんと言ってもアンコールワットなのは誰でも異論が無いところですが、周辺にはクメール文化の最盛期の遺跡群がたくさんあります。一帯はアンコールワットを含めてアンコール遺跡群としてユネスコの世界遺産に登録されています。入場券はプノン・クーレンとベンメリアを除くアンコール遺跡群共通なので、ぜひ足を伸ばしてみましょう。 どの遺跡も一つ一つに個性があり、当時の文化や世界観に思いをはせながらじっくり巡りたいところばかりです。ここではアンコールワット以外のシェムリアップ周辺の遺跡観光について紹介します。

詳しく

【プノンペン】観光・グルメ・ショッピングを楽しめる満足モデルコース3選

プノンペン - 観光

フランス植民地時代は「東洋のパリ」と呼ばれたこともある、カンボジアの首都です。熱帯モンスーン気候に位置し、タイのバンコクと気候はほぼ同じで、6~10月の雨季、11~5月の乾季があります。旅のベストシーズンは11~2月で、暑さも少し和らぎ、雨量も比較的少なくなりますが、乾季末の4~5月は1年でもっとも暑い時期。最高気温が40度近くなることもありますので、熱さ対策はしっかりして、旅の準備をしましょう。 プノンペンは鉄道のプノンペン駅の近くにあるセントラルマーケットを中心に広がっています。また、トレンサップ川沿いには王宮やシルバーパゴダ、ワットプノン、観光船乗り場など、見所はぎゅっと詰まっています。旅行の計画のお役に立てそうなプランを3つご紹介します!

詳しく

【シェムリアップ】観光・グルメ・ショッピングを楽しめるモデルコース4選

シェムリアップ - 観光

カンボジア首都プノンペンのから北西約300km。素朴で小さな町ながら、世界遺産遺跡があり、観光の町として成長し続けているシェムリアップ。都市の南に位置するトンレサップ湖は東南アジア最大の湖として知られ、湖畔には漁業を営む住人の水上家屋が密集しています。 アンコールワット以外にも、観光、グルメ、お買い物、どれをとってもカンボジアのよさが凝縮されていて、見所がたくさん集まっているシェムリアップ。エステ、スパからレストランまで、そして朝から晩まで楽しめる、人気のおすすめスポットばかりをちりばめたプランです。

詳しく

【カンボジア】シェムリアップでおすすめ観光地15選:アンコール遺跡の観光拠点

シェムリアップ - 観光名所

シェムリアップはカンボジアの首都プノンペンから北西へ約300kmの所に位置し、アンコールワットなどで知られるユネスコの世界遺産・アンコール遺跡の観光拠点となっています。人口は20万人にも満たない小さな都市ながらも、近年は観光産業が盛んになり、新しい建物がどんどん増えて発展し続けている街です。また、東南アジア最大の湖であるトレンサップ湖を有し、周辺では伝統的な水上生活が営まれています。 ここでは、シェムリアップに行ったら是非訪れたい、おすすめ定番観光地15選をご紹介します。是非、参考にしてみてください。

詳しく

【カンボジア】絶景撮影術も伝授! アンコールワットの朝日を見に行こう!!

アンコール・ワット/アンコール・トム周辺 - 世界遺産

「一度は行ってみたい世界遺産」として、必ずと言っていいほどその名が挙がるカンボジアのアンコールワット。12世紀に建設された巨大寺院は、訪れる時間によって様々な姿を見せてくれます。そのハイライトのひとつと言えるのが日の出の時間。寺院の背後から現れる朝日は、ご来光のような神々しさで、見る者にこの上ない感動を与えてくれます。こちらでは早起きして必ず行くべきアンコールワットの朝日をガイド。入場チケットの購入方法から撮影ポイント、ガイドブックにも度々登場する絶景を撮るためのちょっとしたポイントもお教えします。憧れの世界遺産が魅せる神秘的な景色を朝から満喫しちゃいましょう!(取材協力/ベトナム航空)

詳しく

【カンボジア】「アンコールワット」を徹底ナビ!やっぱり行きたいアジアNo.1観光地

アンコール・ワット/アンコール・トム周辺 - 文化遺産

おそらく旅行好きなら誰もが知っているカンボジアの世界遺産・アンコールワット。様々なメディアの「行ってみたいアジアの観光地」でナンバーワンを獲得するほど日本人にも人気が高く、世界中から年間200万人以上の人が訪れている憧れの観光地の大定番です。こちらではそんなアンコールワットの行き方、歴史、見どころをご紹介。カンボジアにもっともっと行きたくなるような情報をお届けします! 9世紀〜13世紀にかけて広大な国を築いたアンコール王朝の夢の跡。壮大さと神秘さで見る人誰もを圧倒させる巨大寺院遺跡にあなたも出かけてみませんか?(取材協力:ベトナム航空)

詳しく

【カンボジア】南国旅行なら一度は味わいたいスパ・エステ・マッサージコース5選

カンボジア - 観光

カンボジアの世界遺産アンコールワット遺跡巡りの後は、上質なアジアンマッサージはいかがでしょうか。旅行で疲れた身体のコリをほぐしてくれます。シェムリアップにはアンコールワットの遺跡群があり、たくさんのスパやエステ店が集まっています。施術はアロマセラピー、タイ式マッサージ、カンボジア伝統マッサージ、スウェディッシュマッサージなどのさまざまな様式があり、メニューもマッサージ、ボディ・トリートメント 、ボディ・ラップ、セラピューティック・フェイシャルなど、サロンによってこだわりがあります。高い技術とリラックス空間にこだわった雰囲気で、異国情緒を味わいながらリラクゼーションの時間を堪能しましょう。

更新日: 2022年7月5日

広告

のおすすめホテル

カンボジアへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

カンボジアの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社