おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

グアテマラの都市一覧 旅行ガイド

グアテマラの人気都市

1〜10件を表示 / 全10件

  • ティカル遺跡周辺

    1979年に世界遺産の複合遺産に登録されたティカル遺跡の周辺には、グアテマラのペテン低地にあった古典期マヤの大都市であるティカルがあります。この都市は、マヤ文明の政治、経済中心都市として紀元4世紀から9世紀ごろにかけて繁栄を極めました。 ティカルの中心的な遺跡が「大ジャガーの神殿」です。高さが51メートルあるピラミッド状の建築物で、最上部の神殿入口でジャガーの彫刻が発見されました。神殿の前にはたくさんの石碑が立っており、支配者たちの姿が浮き彫りにされたレリーフがあります。

  • アンティグア

    グアテマラ・サカテペケス県にある都市で、市名は単にアンティグア(Antigua)またはラ・アンティグアとも呼ばれることが多いです。同名の基礎自治体の中心地であるとともに、サカテペケス県の県都になっています。 グアテマラ高地にあり、スペインのムデハル様式の影響を受けたバロック建築と、植民地時代に建てられた多数の教会の遺構で知られています。1979年にアンティグア・グアテマラは、ユネスコ世界遺産に登録されました。現在、アンティグア・グアテマラには数多くの物件が、文化遺産として世界遺産に登録されています。

  • パナハッチェル

    パナハッチェルはグアテマラの西武高原地域にある内陸の県、ソロラ県にある都市です。ソロラ県は山がちな地形と、カルデラ、アティトラン湖を中心に成り立っている地域で、亜熱帯気候に分類されます。パナハッチェルはそのなかでもアティトラン湖のふもとにあり、湖畔の村をめぐることができるため、観光の拠点として知られています。グアテマラシティからはバスを乗り継いで到着できます。湖は126km2もの面積がある広大な湖で、アティトラン山やトリマン山、サン・ペドロ山といった火山に囲まれており、山々と湖が織りなす壮大な自然の景色を楽しみながら、湖畔のレストランで食事を楽しめます。湖を望む町にはのどかな空気があり、繁華街のサンタンデール通りにはグアテマラの民芸品を扱っている土産屋さんがあります。

  • チチカステナンゴ

    チチカステナンゴは、グアテマラの中でも人口が多いキチェ県にある町です。キチェ県は中央高地や南西部の火山地帯の山地が面積のほとんどを占めており、川や湖が点在しています。チチカステナンゴは、そのなかでもマヤのキチェ族の文化が色濃く残っており、中心部にあるサント・トマス教会は、マヤの聖典である「ポポル・ブフ」が発見された場所として、国内の人々に大切にされてきた町です。木曜日と日曜日にはグアテマラ最大といわれる市場がたち、サント・トマス教会前の道路両側に店が並びます。特に際立つのは色鮮やかな布や糸で作られた民族衣装や小物たちで、すべて手作りの1点もの。市場の内部には食事をとれる場所もあり、生活用品、食料品にいたるまで幅広くそろう市場は、国内外から多くの人が集まっており、活気に満ちています。

  • グアテマラシティ

    グアテマラシティは、グアテマラの中央南にある谷に位置する中央アメリカにおける最大の都市であり、グアテマラの経済や文化の中心地です。標高約1500mの高原地帯にあるため、熱帯気候に分類されるグアテマラのなかでは比較的過ごしやすい気候です。人口は200万人を上回っており、中央市場や国立劇場がある旧市街と高級ホテルや各国の大使館が集中している新市街の2つの地区に分けられています。市のなかには30を越える美術館や博物館があり、先コロンブス期の優れたコレクションが見いだされています。また、中央広場にある国立文化宮殿はルネッサンス、ネオクラシック、バロックなどの複数の芸術文化を融合させた荘厳な建物が印象的。内部はもちろん、外を散策するだけでも圧倒されます。すぐとなりのメトロポリタン大聖堂では、内部に飾られた祭壇画や宝物を見られます。

  • フローレス

    ペテン・イツァ湖に浮かぶフローレス島と、湖の南岸にあたるサンタ・エレナで構成されているフローレスは、グアテマラ国土の3分の1を占めるペテン県の県都です。島とサンタ・エレナは陸橋によって行き来ができるようになっています。フローレス島はグアテマラの密林にあるティカル、ワシャクトゥン、ヤシュハ、エル・ミラドールといったマヤ遺跡へのアクセスの拠点として知られています。人口は約30,000人、20分ほどで一周できる小さな島で、アットホームで穏やかな空気が流れています。中心部に向かって坂道が続き、パステルカラーの街並みや石畳で彩り豊かな町となっています。島の高台にはシンプルでモダンな作りのカテドラルがあり、自由に見学ができます。サンタ・エレナは商業的に発展しており、国際空港が整備されている町となっています。

  • キリグア

    キリグアは、グアテマラの東端にある大きな湖を含んだイサバル県にある古代遺跡です。現在はバナナ園の真ん中に保管されており、グァテマラシティの中心部から出ているプエルトバリオス行きのバスに乗れば、遺跡付近の道路まで行くことができます。キリグア遺跡に通じる道路の入り口でキリグアは5世紀ごろから王国が築かれ、モタグア川岸にあったキリグアは貴石などを運ぶ交易路のなかでも重要な拠点でした。遺跡では、当時信仰されていた神の姿や、歴史や予言をつづったマヤ文字が刻まれた石像が多くみられます。マヤ遺跡のなかでは珍しいハイレリーフ(高浮彫)で刻まれた美しい立体像が特徴的で、高さ7mにもおよぶ作品もあります。810年ごろに作られた石像を最後にキリグアは別の民族や文化に渡ったようですが、その約1000年後に冒険家によって発見され、1981年には世界遺産に登録されました。

  • プエルト・バリオス

    プエルト・バリオスはグアテマラ国内最大の湖であるイサバル湖を囲むように位置しているイサバル県にある町です。イサバル県はカリブ海沿岸では最大の都市で、その一部であるプエルト・バリオスは首都グアテマラ市の北東320kmにあります。バリオス大統領にちなんで命名された町は、ホンジュラス湾の中にあるアマティケ湾に臨み、アメリカの出資で大西洋岸の港湾都市として建設されました。当時はグアテマラシティと町を結ぶ鉄道が開通し、ニューヨークやニューオリンズへの輸出業が盛んでバナナを中心とする多くの輸出品が積み出され、港には多くの大型船の往来がありましたが、現在は主要港としての第一線は退いています。山の多い西部とは違い、海産物が豊富で、現地ではグアテマラ料理だけではなく、ココナッツと魚貝を合わせたスープなどを食べられます。

  • リビングストン

    リビングストンは、グアテマラの東部にあり、カリブ海につながっているドゥルセ川の河口に位置する港町です。グアテマラの国内最大の湖であるイサバル湖を覆うようにあるイサバル県のなかでも、幹線道路が通じていない街のため、リビングストンに行くには水路を使うしかないという陸の孤島的となっています。様々な人々の文化が共存している比較的治安のよい町で、カリブの先住民と黒人の混血によって形成されたガリフナ人は、その独特の言語や文化が世界無形文化遺産に登録されるほどです。町は緑が多く、自然豊かな風情です。ガリフナ人の壁画アートなど、グアテマラの他の地域とは少し違った趣を楽しめます。海にも面しているためビーチがあり、その近くにあるレストランでは、カリブ海を臨みながらシーフードとココナッツミルクを合わせたタパードという料理を食べられます。

広告

運営会社