おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

リヒテンシュタイン 観光ガイド Liechtenstein

リヒテンシュタイン公国は中央ヨーロッパに位置し、スイスとオーストリアに囲まれた二重内陸国です。面積は160平方kmと1時間あれば徒歩で国内を一周できてしまえるほど小さく、世界で6番目に小さな国です。国土の最高地点は2,599mと標高がありますが、西はライン川に接しており、南風の吹いてくる温暖な地域です。有名な観光地は小高い丘の上に立つファドゥーツ城です。坂道を上った先にある小さな城で、そこから国の街並みを見渡すことができます。現在も国王が住んでいるため中にはいることはできませんが、年に1度の建国記念日には城の庭が解放されるという貴重な機会もあります。一部のマニアに有名なのは独自の切手を開発していることです。他にないデザインと高い技術で世界から注目をあびており、無料で入れる切手博物館には100年前のものから近代にいたるまでの切手が幅広く展示されています。

リヒテンシュタインの人気都市

リヒテンシュタインの都市をもっと

リヒテンシュタインのホテルを探す

リヒテンシュタインのホテルをもっと調べる

リヒテンシュタインの旅行・観光情報

リヒテンシュタインのまとめ一覧

  • まとめ

    リヒテンシュタイン観光ガイド:ルパン三世のモデルにもなったヨーロッパの小さな国家

    リヒテンシュタイン - 自然・景勝地 ,散歩・街歩き ,観光名所

    ヨーロッパにある「リヒテンシュタイン(Fürstentum Liechtenstein)」は、正式名称リヒテンシュタイン公国というスイスとオーストリアに挟まれた小さな国家です。人口は3万人ほどで、警察官は100人ほどしかいないと言います。それほど小さな国なのに、スイスの影響を受けた独自の文化を持っていて、ヨーロッパでも「一度は行ってみたい国」として、もてはやされているんですよ。アルプスの山々に囲まれているので、1年中爽やかな空気に包まれていてそこにいるだけで心地よい気分を味わえます。 またリヒテンシュタインの名物を聞くと、多くの人が「切手」と答え、そんなちょっぴりマニアックな面白い側面も持っているんですよ。今回はあまり知られていないヨーロッパの小国、「リヒテンシュタイン」にスポットライトを当ててみます。

リヒテンシュタインのまとめをすべて見る

リヒテンシュタインの旅行・観光情報をもっと調べる

リヒテンシュタイン 自然・景勝地 リヒテンシュタイン 散歩・街歩き リヒテンシュタイン 観光名所 リヒテンシュタイン 観光

リヒテンシュタインについての観光情報

広告

ヨーロッパの国のおすすめ観光情報を探す

ヨーロッパの国をもっと
運営会社