おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

広告

マレーシアの都市一覧 旅行ガイド

マレーシアの人気都市

1〜24件を表示 / 全24件

  • クアラルンプール

    クアラルンプールはマレーシアの首都で、東南アジア有数の世界都市である。街の名前はマレーシア語で「泥が合流する場所」という意味を持つ。高層ビルとアラビア風のエキゾチックな寺院が混在する近代都市だ。 中心部にあるクアラルンプールタワーは、アジアで一番の高さを誇るこの街のランドマーク。また、ペトロナスツインタワーの夜の眺めも美しい。その他の見所としては、プトラジャヤのモスクや、チャイナタウン、レイクガーデン、バードパークなど。街は特徴あるイスラム建築がある一方で、イギリス統治時代の建造物などが残っているのも印象的である。

  • ペナン島

    ペナン島はマレー半島の西方、マラッカ海峡に位置する島である。ペナン島は「東洋の真珠」と呼ばれ、現在でもマレーシア随一の観光地となっている。市街地のジョージタウンは近年、世界遺産に登録されている。世界遺産地区のジョージタウンでは、イギリスの東インド会社の貿易基地として栄えたかつての面影が残っている。 ペナン島の気候は年間を通じて高温多湿で、乾季で天候が安定している11月~5月頃がおすすめである。見どころは、シティホールやタウンホール、ペナン博物館、ローマ・カトリック大聖堂など。また、ハーモニー・ストリート周辺もおすすめだ。

  • ランカウイ島

    ランカウイ島はマレーシア北西部のアンダマン海にある島で、マレーシア政府によってリゾート開発が進められた島である。面積は日本の淡路島の約2/3ぐらい。地元の言葉でランは鷹、カウイは大理石を意味する。また、数多くの伝説が語り継がれていることから、伝説の島とも呼ばれている。 街の見どころは、手付かずの大自然が多く残る世界遺産・グヌンラヤ山麓や、巨大なワシのモニュメントが立つイーグルスクエア、オリエンタル・ビレッジ、東南アジアで最も規模の大きい水族館アンダーウォーター・ワールドなどがある。ランカウイ島を旅するベストシーズンは降雨量が少なくなる12月頃から2月頃である。

  • マラッカ

    マラッカはマレー半島西海岸南部に位置するマレーシアの港湾都市。東西交通の要衝マラッカ海峡に面する港市で、マラッカ州の州都である。東西貿易の中継点として類稀な文化が形成された事が評価され、2008年に世界遺産に登録された。明との交易では中国文化が流入し、その後はポルトガルやオランダ、イギリスなどのヨーロッパ列強国に支配され、類まれな文化が形成されてきた街である。 この街の見どころは、セントポール教会礼拝堂や、オランダ広場、セント・フランシス・ザビエル教会など多数。マラッカの気候は、雨が少なく、1年を通して比較的安定した天気が続くため、ベストシーズンといったものは特にない。

  • キャメロン・ハイランド周辺

    キャメロン・ハイランドは、マレーシアを代表する高原リゾートで、マレー半島中央部、クアラルンプールの北約150kmパハン州に位置する。1885年にイギリスの国土調査官ウィリアム・キャメロンが初めてこの地を訪れたことから名づけられた。標高が1,500mを超えるため、年間を通して気温が20℃前後と涼しい。英国植民地時代より茶葉生産が盛んである。現在でもマレーシア最大の茶葉生産地域で、高原野菜などの生産も非常に盛ん。 キャメロン・ハイランドの見どころは、バラ農園、イチゴ園、広大なお茶畑やはちみつ園、サン・ポー寺院など。

  • コタキナバル

    コタキナバルは、マレーシア・サバ州の州都で、 東マレーシアで最大の都市である。日本からはマレーシア航空直行便でダイレクトにアクセスできる街。ビーチリゾートや熱帯雨林のジャングルがあり、大自然や動物達の宝庫といわれている。 マレーシアは年間を通じて高温多湿な為特にベストシーズンというのはないが、11月~2月は雨季で雨の多い時期となる。見どころは、世界最大の花「ラフレシア」が見れるキナバル自然公園やバトゥ洞窟、マヌカン島など。また、リゾートシティなので、シュノーケリングやスキューバダイビングなどのマリンスポーツもおすすめだ。

  • ティオマン島

    ティオマン島は南シナ海に浮かぶ、マレーシアのパハン州に属する島である。かつて、海のシルクロードの中継点として栄えた歴史がある。透き通る海とサンゴ礁があり、ホワイトサンドのビーチが最大の魅力で、世界でも有数のダイビング・スポットとして人気が高い。この島では、ダイビングやシュノーケルがおすすめのマリンスポーツである。 主な観光スポットはティオマン博物館やコーラルアイランドなど。ティオマンのベストシーズンは5月~7月の時期で、10月から2月までは強い風の吹くモンスーンシーズンになるので、観光には不向きといえる。

  • レダン島

    レダン島は、マレーシア東海岸北部にあるトレンガヌ州の45km沖合いに浮かぶ島です。首都クアラルンプールから450km北東にあるクアラトレンガヌーから、高速フェリーで1時間前後でアクセスできます。9つの島々から形成されており、マレーシアでも最も美しい島のひとつとして知られています。4~9月が乾期となり、海の透明度が高くなるベストシーズンは6~8月。10~3月は雨期となり、大部分のホテルやお店はクローズします。島の周囲は海洋公園として保護されており、美しいサンゴ礁や3千種類あまりの生物が生息しています。沖合いの海底には、第2次世界大戦中に海に沈んだイギリス軍艦プリンス・オブ・ウェールズが残されており、幻想的な沈没船ダイビングがダイバーたちに人気です。島内には、バックパッカーが集まる格安ホテルから、プールやスパ施設がそなわるリゾートまで幅広い宿泊施設がそろっています。

  • ジョホールバル

    ジョホールバルはマレー半島最南端に位置するマレーシア・ジョホール州の州都で、都市圏の規模は首都クアラルンプールに次ぐ第2位の都市である。また、シンガポールの空港からも約45分と非常に立地も良く、シンガポールにつながる国境の街でもある。シンガポールに比べても圧倒的に物価が安いことでも知られている。 この街はサッカー日本代表がFIFAワールドカップ本戦初出場を決めたジョホールバルの歓喜の地として、日本でもその名を知られる。現在は国の最重要開発地区として大規模なプロジェクトが進行中の街である。見どころは、アブ・バカール・モスクや、イスタナ・ガーデン、ジョホールバルのヒンドゥー寺院など。

  • クアンタン

    クアンタンは、マレーシア、パハン州の州都で、マレー半島の東側に位置していて観光名所も豊富な地域です。人口はマレー系住民が多数を占めています。首都のクアラルンプールやジョホール・バル、クアラ・トレンガヌからは長距離バスが出ているのでアクセスに便利です。自然も豊かでアウトドアもできる他にショッピングモールがあるので買い物を楽しむこともできます。クアンタンで最も有名な観光地はブルーモスクです。世界一美しいモスクとも言われていて正式名称は「スルタンアフメット・ジャミィ」といいます。オスマントルコ帝国時代の建造物で内壁や柱がほんのり青いことからブルーモスクと呼ばれるようになりました。外観もトルコ文化を象徴する荘厳な作りで、訪れる人々を魅了し続けています。

  • コタバル

    コタバルは、マレーシア東岸の最北端にあるクランタン州の州都で、タイ国境に隣接する素朴な港町です。クアラルンプールから北に500kmほどに位置しており、飛行機で約1時間、長距離バスで約7時間ほどでアクセスできます。住民の多くがマレー系のため、マレーシアの伝統文化が色濃く残っており、マレーシアの伝統凧「ワウ」の工房や、伝統影絵人形劇「ワヤンクリッ」を上演するクランタン・カルチュラル・センターなど、マレーシアの伝統工芸が気軽に体験できます。コタバル市の中心部にあるセントラルマーケットでは、吹き抜けの上層階から1階の野菜売り場を撮影するのが観光客に大人気。カラフルな野菜が所狭しと並べられた光景は、マレーシア観光のPR写真にも使われるほどです。南シナ海タイランド湾沿いには、月光ビーチと呼ばれるパンタイ・チャハラ・ブランをはじめ、魅力的なビーチが点在しており、素朴なリゾート滞在が楽しめます。

  • ボルネオ島

    ボルネオ島は世界で3番目に大きな島で、日本の国土の約1.9倍の大きさにあたる。別名カリマンタン島。インドネシア・マレーシア・ブルネイの世界的にも珍しい3か国の領土となっている。 世界有数の熱帯雨林にサンゴ礁が広がる海など、大自然に恵まれた土地。あらゆる環境が整う島は、動植物の楽園になっており、希少な動植物と出会える熱帯の島である。北部のサバ州には世界遺産のキナバル公園やオランウータン保護区など見どころが豊富。サバ州の州都コタキナバルでは、レストランやセントラルマーケット、屋台街などがあり、ショッピングなどを楽しめる。

  • ペルヘンティアン島

    ペルヘンティアンは、マレーシア東海岸北部にあるトレンガヌ州の海に浮かぶサンゴ礁の島です。ブサール島とケシル島の2つの島から構成されています。首都クアラルンプールから450km北にあるクアラブスという港町から、スピードボートで約20分ほどにあり、マレーシアの隠れた楽園といわれています。海の透明度が高いため、ボートが宙に浮いているように見えると話題のリゾートアイランド。手つかずの熱帯雨林とサラサラの白い砂浜が広がる島内では、スノーケリングやダイビング、カヌー、釣り、セーリングなど、多彩なマリンアクティビティが楽しめるほか、ウミガメやオオトカゲ、美しい野鳥など、野生のままの大自然が満喫できます。バックパッカーが集まるリーズナブルなホテルから、プライベートビーチがあるヴィラリゾートまで幅広い宿泊施設がそろっており、マレーシアの豊かな自然の中で静かな滞在が楽しめます。

  • クチン

    クチンは、マレーシアのサラワク州に位置していて州都でもあります。クチン国際空港があり観光客も訪れやすいエリアになっています。また、5社のバス会社が運行していて交通の便も良いです。クチンは猫の町として有名で、クチンとはマレーシア語で猫という意味があります。街のいたる所に猫の彫像があり、毎年8月には猫祭りが開催されます。猫祭りでは猫に扮した仮装パレードも行われます。観光スポットも豊富でサワラク川沿いの遊歩道、ウォーターフロントにはオープンカフェやガーデンレストランが建ち並んでいます。他にもサラワク州博物館、ネコ博物館、といったクチンの歴史や文化を感じることができる観光スポットもあります。サラワク文化村ではカルチャーショーが開催され、サラワクの料理を味わうことができます。

  • イポー

    イポーはマレーシアのペラ州の州都で首都であるクアラルンプールからは約200キロメートル北に離れています。イポーという名前は地域に生息する樹木から取られたといわれています。樹液には毒があり、かつては先住少数民族に吹き矢の毒として使用されていました。マレーシアでも三番目に大きな都市で歴史を感じる建物が残っています。ヨーロッパを思わせる街並みはイギリスの植民地時代の名残です。他にもユニークな外壁の飲食店やカフェなども建ち並び観光客も多く訪れます。イポーはグルメタウンとしても有名です。また、ハンドメイドの商品を取り扱うマーケットも人気のエリアです。色合いがカラフルでマレーシアらしいお土産を買うこともできます。

  • サンダカン

    サンダカンは、ボルネオ島マレーシア領北部のサバ州にある、スールー海に面した港町です。世界遺産のキナバル自然公園から250km東に位置しており、州都コタキナバルに次ぐ第2の商業都市です。オランウータンの保護活動をしている「オランウータン・リハビリテーション・センター」をはじめ、テングザルを間近で観察できる「ラブック・ベイ・テングザル保護区」や、ウミガメの産卵スポットとして世界的に有名な「タートル・アイランド・パーク(ウミガメ島公園)」など、貴重な野生動物に出会える観光施設がそろっています。第二次世界大戦中の日本軍施設があった戦争記念公園や日本人墓地など、日本との関連が深い観光スポットも点在しています。漁港町ならではのシーフード料理レストランも多く、特にロブスターは大都市よりもリーズナブルに味わえるため、サンダカンに訪れるならぜひ食べておきたい名物グルメです。

  • パンコール・ラウ島

    パンコール・ラウ島は、マレーシア西海岸北部にあるペラ州の海に浮かぶ小さな島です。首都クアラルンプールから北西に200kmほどのムルッの街から、専用フェリー約40分ほどでアクセスできます。島丸ごと1つが「パンコール ラウト リゾート」として整備されており、野生動物が生息する大自然の中で優雅な時間が過ごせます。リゾートホテル内には、熱帯雨林に囲まれたヴィラや、海辺に建つ水上コテージなど、ラグジュアリーな客室がそろっており、時間とともに表情を変える海や空の景色が楽しめます。ウェスタンやマレー、和食、中国料理、イタリアンなど、多彩なブッフェメニューが味わえるレストランをはじめ、ビーチでのプライベートディナーや、ロマンティックなバーラウンジなど、極上のダイニングも充実。アーユルヴェーダやアロマトリートメントなどのプログラムが体験できるスパヴィレッジもあり、至福のリゾート滞在が満喫できます。

  • ミリ

    ミリは、ボルネオ島マレーシア領のサラワク州北西岸にある都市です。かつては小さな漁村であったところですが、油田が発見されてから急速に発展を遂げた石油の街であり、北部はブルネイと国境を接しています。マレーシアが誇る世界遺産グヌン・ムル国立公園や、壁画洞窟が有名なニア国立公園の玄関口として知られており、ジャングルトレッキングや洞窟探検など、数多くの観光ツアーが開催されています。マレーシア初の油田発掘地・カナダヒルには、グランド・オールド・レディと呼ばれる石油採掘跡や、ミリの歴史が学べる石油化学博物館などがあるほか、ミリの街や南シナ海の絶景が望める観光スポットとしても知られています。街の中心部から南に40kmほどには、波が植物プランクトンにより青く輝く「青い涙」という珍しい現象が見られるトゥサン・クリフ・ビーチがあり、ダイビングや夕日鑑賞スポットとしても注目されています。

  • グヌン・ムル国立公園周辺

    グヌン・ムル国立公園は、ボルネオ島マレーシア領内の北部にある自然公園です。2000年11月にサバ州のキナバル国立公園とともに、マレーシア初の世界遺産に登録されています。標高2,377mのムル山の山域には、100以上もの洞窟が発見されており、世界最大規模の地下空洞を含む4つの洞窟が一般公開されています。なかでも夕暮れ時にディア洞窟から数百万ものコウモリが、雲のように飛び出してくる「ドラゴンダンス」は圧巻です。膨大な種類の動植物が生息する熱帯雨林も広がっており、その歴史は、アマゾンやアフリカ大陸よりも古いとされています。ジャングル内には遊歩道が整備されているほか、世界トップクラスの長さのキャノピーウォークもあるので、鳥や動物の目線で自然散策が楽しめます。園内にはラグジュアリーなリゾートホテルもそなわっており、ジャングルの中で優雅なホテルライフが満喫できます。

  • クアラトレンガヌー

    クアラトレンガヌーは、マレーシア東海岸北部の南シナ海に面する、トレンガヌ州の州都です。首都クアラルンプールから北東に450kmほどに位置しており、マレー系民族が90%以上を占めるイスラム文化とともにある港町です。街のシンボルとなるクリスタルモスクは、ガラスやスチールなどの建築資材で作られており、太陽の光が反射してきらびやかに輝く姿は目を見張るほど。対照的に真っ白な外観のトゥンク・トゥンガ・ザハラ・モスクは、水の上に浮かんでいるように見えることから、別名フローティングモスクとも呼ばれており、その神秘的な光景は息をのむほどの美しさです。クアラトレンガヌーの街は、手つかずの自然が残るレダン島やペルヘンティアン島、カパス島など、南シナ海に浮かぶリゾートアイランドへの玄関口にもなっており、世界中からのダイバーや観光客でにぎわっています。

  • タマンネガラ

    タマンネガラは、マレー半島中央部に位置するマレーシア最大の国立公園です。パハン州、トレンガヌ州、クランタン州にまたがる広大なエリアで、面積は東京都の2倍ほどとなる4,343K㎡。そのスケールの大きさから、マレー語で国立公園そのものを意味する、「タマン(国立)・ネガラ(公園)」と呼ばれています。約1億3千年前のものといわれる原生林には、多様な動植物が生息しており、マレートラやカニクイザル、アジアゾウなど、貴重なホ乳類の生息地になっています。国立公園内では、トレッキングやキャノピーウォーク、リバークルーズなど、さまざまな探検ツアーを開催しているほか、ホテルやロッジなどの宿泊施設もあるので、野生動物が生息するジャングルでの宿泊も楽しめます。動物観察小屋での宿泊なら、夜に活動する動物たちを間近で観察することができるほか、先住民オランアスリ村を訪れるツアーでは、電気を使わない自然と調和した生活が体験できます。

  • アロースター

    アロースターは、マレーシア、ケダ州にある州都で、マレーシア初代首相のラーマンの生地でもあります。西マレーシア入国後最初の大きな都市でありタイ国境からは南方に約45kmです。アロースターにはスルタン・アブドゥ・ハリム空港があり空の玄関口となっています。クアランプールからは約1時間でアクセスできます。また街中にはマレー鉄道ケダ線アロー・スター駅があり、郊外には長距離バスが運行しています。TESCO、City Plazaなど新旧様々なショッピングセンターがあり街中では買い物を楽しめます。観光地としてはアロースター・タワー、マハティール首相生家、ケダ州立博物館、ケダ州立モスク、Alor Setar Thai templeなどが有名です。

広告

運営会社