おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

韓国の都市一覧 旅行ガイド

韓国の人気都市

1〜25件を表示 / 全25件

  • ソウル

    韓国(大韓民国)の首都として知られ、「Nソウルタワー」「昌徳宮」「景福宮」「ロッテワールド」「南山韓屋マウル」などの多くの観光名所がある。政治をはじめ、経済、社会、教育、文化の中心地で、街の中心を流れる漢江(ハンガン)はソウルならではの風景を作り出し、市民たちの憩いの場となっています。 リトル東京には現在でも多くの日本人が居住しており、日本の食材を売る日本人向けの各種商店はもちろん、居酒屋、銀行には日本人専用窓口があり、世界遺産にグルメ、ショッピングなどを目的に日本からの観光客も毎年多く訪れる。

  • 釜山

    古くから朝鮮半島と日本とを結ぶ交通の要衝として栄えてきた港湾都市で。「釜山タワー」「龍頭山公園」「釜山アクアリウム」「BEXCO(ベクスコ)」などの多くの観光名所があり、商店街からエスカレーターで登ることができる「釜山タワー」からは釜山港や影島を一望できるほか、歴史上の偉人として知られる李舜臣の巨像も存在する。 アジアの新人監督作品を中心に扱う「釜山国際映画祭」が開かれる都市としても有名で、日本でも多くの映画の撮影が行われることでも知られる。また、日本統治時代から野球が盛んであり、「野球都市」と称されることもあるほど最も野球人気が高い都市である。

  • 済州島

    朝鮮半島の西南、日本海、東シナ海、黄海の間にある火山島。その付属島嶼と併せて大韓民国済州特別自治道を構成している。「三麗」(美しい、素晴らしい、美味しい)、「三多」(石と風と女の3つが多い)、「三無」(泥棒・乞食・侵入者が無い)といわれるほど有名な文化を持っている。 ゴルフ場やカジノなどの観光・娯楽施設が多数あるほか、海産物なども豊富なため、韓国国内のみならず、日本などからも多くの観光客が訪れている。かつては、外国人観光客の多くを日本人が占めたが、近年は、中国人に対するビザ特例措置(済州島のみを訪問する場合、観光ビザを免除)もあり、中国人観光客が急増している。

  • 水原

    ソウル特別市から南35kmに位置する首都圏南部の中核都市。中心市街地は、ユネスコの世界遺産に登録されている「華城」の城壁に取り囲まれている城郭都市として知られる。 名物は水原カルビ(牛カルビの焼肉)で、毎年10月に開催される「水原華城文化フェスティバル」や「水原美術展示館」、「蚕糸科学博物館」など多くの観光施設があるため、毎年多くの観光客が訪れる。特に、トイレをテーマにしたユニークな博物館「化粧室文化公園」が知られており、「世界初のトイレのテーマパーク」として関連する歴史や文化を学ぶことができることなども有名。

  • 扶余

    ソウル南部市外バスターミナルから40分間隔で運行するバスで2時間ほどの場所にあり、百済最後の都・泗沘があった都市で、「国立扶餘博物館」や「定林寺址」など、王都時代の宗教建築や歴史に触れることのできる施設が多い。「落花岩」と呼ばれる観光名所では、かつての百済が滅亡した際、宮廷に仕えていた宮女たちが身投げをしたという伝説が残されている。 毎年10月6日から9日には「百済文化祭」が催され、洗練された独創的な文化・歴史を知ることができる祭りとして知られるほか、百済文化団地では百済の王宮を体験でき、百済市民の暮らしや文化をうかがい知ることができる。

  • 大邱

    人口は約250万人で、ソウル、釜山、仁川に次いで韓国で4番目であるが、仁川はソウルのベッドタウンとしての性格も強いため、実質的には韓国第3の都市である。 観光名所として有名な「八公山」は大邱市北東の市・道界にそびえる山塊の総称で、最高峰は海抜1,192メートルにも及ぶ。古くから霊山としての歴史をもち、千年以上の歴史を持つと言われる把渓寺、桐華寺などのある仏教の山であり、新羅時代の石仏像への登山口へはバスで訪れることができる。また、「頭流公園」ではスポーツ施設、レクリエーション施設、文化施設なども数多くあり、隣接する友邦ランドでは大邱タワーのある大型遊園地が有名。

  • 麗水

    麗水は、2012年に麗水国際博覧会(万国博覧会)が開催されたことで知られ、「麗水エキスポ海洋公園」「ハンファ・アクアプラネット麗水」などの観光資源も多い。 麗水は全羅北道の益山市と全羅南道の麗水市を結ぶ全羅線鉄道の終着駅があり、1960年代に石油化学団地が建てられ地方都市では知名度が高い都市とも言える。特に韓国の南海岸はリアス式海岸であるため島々や海の景色が綺麗で、その中でも古くから港町だった麗水は韓国一の美港の町として知られている。特に海の景色が有名なため、韓国の港情緒を味わうために毎年多くの観光客が訪れている。

  • 仁川

    ソウル、釜山に次いで韓国で3番目の人口を誇り、首都ソウルから40キロ圏に位置する港湾都市。郊外地域は首都圏のベッドタウンに組み込まれており、中華街を擁するといった点で日本の横浜市と共通点のある都市といわれることもある。江華島などを始め市内には島が多く、島部の面積は292㎢と市域の28%を占め、人口は約26000人である。 ソウルとは地下鉄で結ばれているほか、2001年に仁川国際空港が開港したことで韓国の空の玄関口となり、観光で訪れやすい都市となっている。近代都市としての顔を持つ一方、江華郡など広大な農村部も含み、市の面積の21%は水田であり、44%は森林である。

  • 全州

    三韓時代の百済の時から形成された古い町であり、歴史と伝統が沢山残っているため多くの観光客が訪ねている。この都市が発祥として知られる全州ビビンバは、平壌の冷麺、開城の湯飯(スープご飯)とともに朝鮮王朝時代の三大名菜とされ、現在では韓国の無形文化財となっている。全州が位置する湖南平野で生産される具材が特徴である。 2000年から毎年「全州国際映画祭」が行われており、アジアで活躍する3人の映画監督に一人30分で製作を依頼したオムニバス映画「三人三色」の人気が高いなど、映画ファンの観光客も多く訪れる。

  • 慶州

    大韓民国慶尚北道の歴史文化都市で、新羅王国の都・金城の地として知られている。石窟庵と仏国寺が1995年に世界遺産に登録されたことで有名。 韓国の古都という点で、韓国国内はもちろん、世界各地からたくさんの観光客が訪れる。現代的な建造物が遺構の周辺にないという点で、ある意味で当時のまま街並みが残っている都市であるといえる。また、市街地東方にある普門湖地域では、新しい観光拠点としての開発が行われており、特級ホテルが立ち並ぶ。慶州市は全体に桜の木が多い。毎年春に、慶州さくらマラソンという大会が開催され、日本からも参加者がある。

  • 束草

    雪嶽山国立公園があり、韓国有数の秘境とされる。標高1708mの雪岳山(韓国で3番目の高さ)周辺の国立公園で、ほかにも652年創建の由緒ある寺院として有名な新興寺には、極楽宝殿や石塔、経板など、多くの指定文化財がある。 ほかにも観光名所が豊富で、1750年前後に建てられた民家である「金宗友の家屋」や、「雪岳ウォーターピア」などファミリー向け施設もある。また、映画「秋の童話」のロケ地となった「アバイ村」も有名である。ほかにも、日の出の名所としても有名なことから作られたヘマチ(日の出)公園やビーチがいくつかあり、夏にはレジャー客で賑わう。

  • 春川

    春川市はタッカルビ(鶏の焼肉)が名物料理として知られ、「春川マイムフェスティバル」「春川人形劇祭り」「春川国際演劇祭り」「春川マッククス・タッカルビ祭り」など多くのイベントが開催されるため多くの観光客が訪れる。 また、韓国ドラマ「冬のソナタ」のロケ地として知られ、主人公のユジン(チェ・ジウ)とチュンサン(ペ・ヨンジュン)が学生時代に住んでいた町という設定のため、ドラマ放送後に日本人観光客が急増した。観光客数は約500万人で、2003年に比べて22%増加したとされ、このうち外国人(主に日本人)が一昨年の2.6倍にあたる37万人も訪れ、韓国人観光客も17%増加したという。

  • 大田

    韓国で5番目の大都市といわれ、 名山・聖山として知られた鶏龍山がそびえる。科学EXPOが1993年に開催されたほか、市内の儒城区にハイテク団地「大徳研究団地」を有するなど科学技術都市としても知られ、1973年に研究学園団地として指定された大徳研究団地は、韓国科学技術院(KAIST)や韓国電子通信研究院(ETRI)など政府・民間の研究所100以上が集中しており、原子力や宇宙開発、生命工学などの研究を行っている。また特許庁や統計庁など首都機能の一部が大田に分散されており、韓国鉄道公社の本社も置かれている。

  • カンファド

    大韓民国のソウル特別市の北西の京畿湾(黄海)に位置する島で、日本では「こうかとう(江華島)」と読む場合が多い。島の面積は周辺の小島を含め408平方キロメートルで、韓国の島では5番目の大きさである。南北休戦ライン近くにあり、島の北側は海を隔てて北朝鮮統治地域と至近距離で向き合っているため、防衛上、一部民間人統制区域となっているところがある。 忠清南道錦山郡と並ぶ韓国有数の朝鮮人参(高麗人参)の産地として知られ、これは16世紀の朝鮮時代にはすでに食べられており、蕪の赤い色から宮中料理、貴族や富裕層の料理においては赤色の彩りのための食材としても使われたという。

  • 安東

    大韓民国慶尚北道の中部にある市で、朝鮮王朝時代を代表する儒学者・李退渓の故郷であり、儒教的伝統の中心であった。市は、「韓国精神文化の首都」をキャッチコピーに使っている。 河回村は往時の農村の生活様式を残す観光地として有名で、村全体が韓国の重要民俗文化財第122号に指定されているのをはじめ、多くの有形・無形文化財を擁する。河回村は2010年7月31日、慶州市の良洞村とともに世界遺産に登録されている。ほかにも、陶山書院とよばれる書院(学校、私塾のようなもの)が有名で、ここは韓国の旧1000ウォン札にも描かれているため国内の観光客も多い。

  • 江稜

    江稜は宗教的・歴史的価値のある建築物が多く見られるため、観光名所としてとても有名である。高麗時代末に建てられた国宝の客舍門である「江陵客舍門」や、奇岩の峰が連なる景観と古い仏教寺院で知られている五台山などが有名。 五台山には1606年に朝鮮王朝実録を保管するための五つの史庫のひとつである「五台山史庫」が置かれ。2002年には国際連合が定めた国際山岳年を記念し100大名山に選定されるなど、景観目的で多くの観光客が訪れる。また、鏡浦台をはじめ海水浴の適地が多く、夏には海水浴客で溢れる観光都市でもある。

広告