おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

沖縄のおすすめペットと泊まれるホテル10選:安いのに人気の宿もご紹介

青い海と爽やかな風、そして絶景に癒される沖縄旅行ですが、ペットを置いてきてしまうと気になって旅を思いっきり楽しめないという気持ちになったことがある人も多いのではないでしょうか? 実はペットはホテルに泊まれないという時代はもう古いんです! 最近では沖縄にもペットとゆったりできるくつろぎのリゾートがたくさん出来ていますよ。ペットと一緒に素敵なビーチで散歩を楽しんだり夕焼けを眺めていると、まるで我が家が沖縄にあるような気分にもなれるでしょう。ペットへの気配りもばっちりのホテルに滞在してこれまでよりももっと沖縄旅行を満喫しましょう。

続きを読む

ホテルを検索する

大人2人 子供0人 / 1部屋

更新日: 2024年3月2日

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

沖縄のペットと泊まれるホテルランキング

ペット泊まれる宿の選び方

ペットと泊まれる宿を選ぶ際にチェックしておきたいポイントを6つに分けて紹介します。

愛犬もしくは愛猫といったペットと泊まれる宿か

ペットと泊まれる宿を選ぶ際は、まずその宿が ペット同伴可能かどうかを確認することが重要 です。ペットと泊まれる宿の中には、犬との宿泊に特化しているものが多く、猫や小動物を受け入れていない場合もあります。

さらに、犬種によって 小型犬、中型犬、大型犬といったサイズ制限 を設けている宿も存在します。犬は宿泊できても、猫や小動物の宿泊ができない宿もあるため、事前に確認するようにしましょう。

ペットの宿泊料金は別料金なのか

ペットの宿泊料金が 別途設定されている宿 もあります。宿泊料を基準にペットホテルを選ぶ際は、追加料金の有無を確認しましょう。ペットの宿泊料金が明確な名目でなく、「施設使用料」などの形で実質的に追加料金を請求されるケースもあります。

電話やメールを通じて、ペットを含めた料金体系について お問い合わせることが大切 です。お問い合わせ時は、犬や猫といった種類ではなく、犬の身長や体重といった細かい部分を伝えると、明確な料金体系を教えてくれます。

施設内のどこまで立ち入り可能か

宿では一般のお客様もいるため、ペットを連れて宿泊の際は 立ち入りを制限される ところもあります。そのため、ペットがどの範囲まで立ち入れるか、事前に確認しましょう。
ペット可のホテルであっても、ロビーやラウンジ、レストランなど人間専用の公共スペースでのペットの立ち入りが禁止されているケースもあります。

確認せずに宿泊してしまうと、ペットを部屋にずっといる状態にさせてしまい、 ストレス を与えてしまいます。ペットを連れて入れる範囲や場所は宿の楽しみ方に直結するため、念入りに確認しておくことが大切です。

フードを持参できるか

ペット可の宿であっても、フードの持ち込みが可能かどうかは事前に確認してください。宿によっては ペット用フードの提供がない 場合もあります。また、提供されたフードがペットに合わず食べない場合も考慮する必要があります。

フードの持ち込みに制限があることは稀ですが、持ち込みが可能かどうかを含め、ペットの食事環境について事前に確認することが望ましいです。

ペット向けの設備は充実しているか

ペットと泊まれる宿では、ペット向けの設備が充実しているかどうかが重要なチェックポイントです。一緒に走り回って遊べるドッグランなどが充実している場合、 長旅によるストレスを抱えたペットも安心してリラックス できるでしょう。

また、ペット向けのグルーミング施設や一緒に入浴可能な温泉などがあれば、ペットにとって癒しになります。もし同室で入浴できる場合は、飼い主と離れずにペットが過ごせるので安心感があります。

ペット用のアメニティは提供されているか

宿を選ぶ際には、ペット専用のアメニティが用意されているかどうかも重要な要素です。ペットと泊まれる宿を選ぶ際、以下のアメニティの有無をチェックしましょう。

  • ペット用のベッド
  • ペット専用の食器
  • トイレシート
  • 粘着ローラーなど

ペットと一緒に滞在する際に必要なアメニティが揃っている場合、持参する必要がなくなり、 荷物が軽減されます。 荷物を減らして身軽に旅行を楽しむためには、事前にどのアメニティグッズが用意されているか確認しておくことが重要です。

利用目的に合う宿を選ぶ

最後に利用目的に合わせた宿を選ぶことが大切です。目的別におすすめの宿を表にまとめました。

目的 宿の種類
観光目的 旅館やホテル
ゆっくりしたい コテージ

観光目的で宿を利用する際は、ペットと泊まれる旅館やホテルがおすすめです。旅館やホテルは、交通機関が充実している市街地に多いため、 ペットと一緒に観光地におでかけ できます。

一方、コテージは、川や山といった自然が豊富なところにあるため、ペットと一緒にのびのび過ごすことができます。コテージは、1軒単位なのでペットの鳴き声や物音を出しても、周囲を気にする必要がありません。

また、施設によってはペット専用のドッグランなど、自由に動き回れるエリアがある点も魅力です。 自然を感じながらペットと一緒に思いっきり遊び過ごしたい方 にはぴったりといえるでしょう。

沖縄のペットと泊まれるホテルの概要

◆イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古<伊良部島>

◆オクマプライベートビーチ&リゾート

◆シギラベイサイドスイート アラマンダ

◆カフーリゾートフチャク コンド・ホテル

◆オーベルジュ皿の上の自然

◆LE CANA MOTOBU ルカナモトブ

◆リブマックスアムス・カンナリゾートヴィラ

◆スマートコンド泊

◆名蔵ヴィレッジ <石垣島>

◆Kafuwa Nanjyo

◆Sky Villa Toyohara

◆コルディオ恩納ヒルズ

◆伊計別邸 一燈

◆スムイデテラスH

◆ザ・ビーチタワー沖縄

◆沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

◆リブレ ガーデン ホテル

◆ホテルリブマックス那覇

◆HIYAGUN Lanai RESORT

◆ホテル オロックス(HOTEL OROX)

◆ヒルトン沖縄北谷リゾート

◆ホテルリブマックス那覇泊港

◆美ら海オンザビーチMOTOBU

◆パイナガマビーチ・ハウス <宮古島>

◆長浜ビーチリゾート海音KANON

◆ウッドペッカー今帰仁

◆リゾートホテル 久米アイランド <久米島>

◆ザ プールリゾート 沖縄

◆パイナガマ リゾート<宮古島>

◆ホテルブリーズベイマリーナ

ペットと泊まれる宿のメリット

ここでは、ペットと泊まれる宿を利用する4つのメリットを紹介していきます。

ペットを預ける必要がない

ペットと泊まれる宿を利用すると、ペットホテルや病院に預ける必要がなくなります。ペットと離れることによる 不安や心配がなくなり、預けるための費用面でも安心 です。そして、預ける場所を探す手間がなくなります。

また、普段利用しているペットホテルでも、時期によって混雑し預けられないこともあります。ペットを預ける場所が見つからなければ、 旅行の計画が難しくなり、最終的に断念しなくてはいけません。

ペットと泊まれる宿を選ぶことで、預けるための費用の心配もなくなり、旅行の計画もスムーズに進められます。

ペットとの思い出を作れる

ペットと旅行先でもいつも一緒にいれることで、ペットとの思い出を作れます。株式会社サンセルモが行った ペットの家族化に関する意識調査 では、 72.9%の人がペットを家族と同等 だと考えていると回答しました。

この結果から、ペットを家族の一員と見なす傾向が強まっています。ペットと共に非日常を楽しむ体験は、飼い主にとっても非常に幸せなものとなります。いつもペットと一緒である様子をSNSに投稿できる時代ですし、ペットと一緒の旅行はきっと 素敵な思い出の1ページ になるでしょう。

愛用しているおやつや食事を持参できる

ペット宿泊可能なホテルの場合では、普段愛用している食事やおやつを持参できます。宿泊先でもペットの食事は提供されますが、食べなれた食事でないと召し上がらないペットもいるでしょう。

自宅での食事環境をそのまま持ち込むことで、 ペットのストレスを大幅に軽減 できます。特に食事に敏感なペットや、特定の食物アレルギーを持つペットにとって、慣れ親しんだ食事を続けられることは大きな安心材料です。

また、旅行中でも普段通りの食事を提供することで、ペットの健康管理を怠らずに済みます。旅先での新しい食材による体調不良のリスクを避け、安定した健康状態を維持できます。

同伴できるホテルならペット向けサービスが充実している

ペットと泊まれる宿を利用する際、特筆すべきはペット向けサービスの充実度です。これらの施設では、ペットの快適さと安全を第一に考えたサービスが提供されます。例えば、部屋には ペット用ベッドや食器 が備え付けられており、ペットがリラックスできるような環境を整えています。

さらに、 専用の遊び場や散歩エリアが設けられている 場合も多く、ペットが十分に運動できるスペースが確保されているのです。また、一部のホテルではペット用のグルーミングサービスや健康チェックなど、専門的なケアを受けられるオプションも用意されています。

このようなペット向けサービスにより、飼い主はペットの健康や衛生管理に関する心配を軽減できるだけでなく、ペット自身も旅の疲れを癒やせます。

ペットと泊まれる宿のデメリット

ペットと泊まれる宿にはメリット以外にもデメリットがあります。どのようなデメリットがあるのか詳しく紹介するので見ていきましょう。

ペットにとってはストレスになる可能性がある

ペットと一緒に旅行することは、飼い主にとっては楽しくて嬉しい経験ですが、ペットにとっては ストレスや体への負担が大きく なります。長い旅行で長時間留守番をさせるのは避けたいし、ペットホテルに預けるのも心配です。

だからといって、ペットを連れて行く場合は、長い移動や違う環境での宿泊がペットにストレスを与える可能性があることを忘れてはいけません。旅行を計画する際は、 ペットのことを第一 に考えて、快適な旅行になるよう配慮することが大切です。

持っていく荷物が多くなる

ペットとの旅行では、通常の荷物に加えてペットのための荷物も持っていく必要があります。家族がいれば荷物を分担できますが、一人でペットと旅行する場合は、 すべての荷物を自分一人で運ばなくては なりません。これは、飼い主にとっては大きな負担となり得ます。

さらに、ペット用のケージを持っていく必要がある宿泊施設の場合、荷物はさらに多くなるでしょう。そのため、ペットとの旅行を計画する際には、 荷物の量や移動のしやすさを考慮することが重要です。
荷物が多いと移動も大変になるので、必要最低限の荷物に抑える工夫や、移動を楽にするための準備をしなくてはならないところに注意してください。

他のペットからの感染症が心配される

ペットと泊まれるホテルを利用する際、他のペットからの 感染症のリスクも念頭に置くべき です。チェックイン時には、予防接種証明書の提出を求められますが、感染症のリスクを完全には排除できません。そのため、他のペットとの接触を避けるなど、感染症対策を常に意識することが重要です。

これは、自分のペットだけでなく、他のペットの健康を守るためにも大切です。宿泊施設では、ペット同士が接触する機会も増えるため、飼い主は注意深くペットの行動を見守り、他のペットとの不必要な接触を避けるよう心がけてください。

ダニやノミなどの咬傷トラブル

ペットと泊まれる宿では、前の宿泊客とそのペットが使用した客室や公共スペースを使うことになります。清掃スタッフが入念に掃除をしてくれますが、異なる生活環境の人とペットが集まる場所では、 ダニやノミなどの寄生虫による咬傷トラブルを完全に防ぐことは困難 です。そこで、ペットと宿泊客自身の両方に対する対策が大切です。

ペットには、 宿泊前にシャンプーをして、可能な限り清潔な状態 を保ちましょう。また、これらの対策は、ペットの健康を守るために役立ちますし、他の宿泊客とそのペットに配慮することにもなります。

ペットと泊まれる宿の料金相場

ペットと一緒に泊まれるホテルの宿泊料金は、一般的に 1部屋大人2名利用の場合で2万円から3万円程度が相場 です。食事が含まれない素泊まりプランであれば、1万円前後で宿泊できる場合もあります。

これらの価格はペット同伴を前提としたもので、一般的にはやや高めの価格設定となっています。旅行の予算を計画する際には、この料金帯を基準として見積もると良いでしょう。他にも料金が変動する要因について2つ紹介します。

季節や予約日

ペットと泊まれる宿においても、 宿泊料金はシーズンや予約のタイミング によって大きく変わります。多くの人が旅行を計画する大型連休や年末年始、お盆、夏休みなどの繁忙期には、全国のホテルの料金が上昇します。また、週末や祝日は平日に比べて料金が高いところも多いです。

ペットの大きさやホテルの立地

ペットと泊まれる宿の宿泊料金は、 ペットの大きさやホテルの立地によっても変動 します。リゾート地のような顧客単価が高い地域にあるホテルでは、料金が高めに設定されることが一般的です。また、ペットの大きさに応じた料金設定が行われることもあります。

例えば、大型犬だと餌の量が多くなるため、料金が高くなる傾向です。

施設やサービス内容

ペットと一緒に泊まれる宿においても、ホテル内の施設の充実度や提供されるサービスの品質によって料金が変わるのは、人間だけが宿泊するホテルと同じです。

  1. 大型のドッグランが設置されている
  2. ペット専用のアメニティが豊富な宿
  3. ペットの散歩を代行するようなサービス

このようなサービスを提供しているホテルでは、料金が 比較的高めに設定されている ことが一般的です。

ペットと泊まれる宿についてのQ&A

  • Q1:ホテル内ではゲージに入れたままが良いでしょうか?

    基本的にペットをケージに入れておくことをおすすめします。特に、普段からケージで過ごしている場合、旅行中もケージに入れておくことで、ペットのストレスを軽減できます。一部のホテルでは、客室内でペットを自由にさせても良いところもあるので、ケージ内にいさせることに不安を感じるのであれば、出して過ごさせてあげましょう。

  • Q2:ペットの種類やサイズ制限はありますか?

    ペットと泊まれる宿を利用する際、ペットの種類やサイズに関する制限を設けているところもあります。一般的な犬や猫は受け入れられますが、大型犬や特定の品種などは制限されている可能性もあるため、事前に宿に確認することが大切です。ペットと泊まれる宿を利用する際、ペットの種類やサイズに関する制限を設けているところもあります。一般的な犬や猫は受け入れられますが、大型犬や特定の品種などは制限されている可能性もあるため、事前に宿に確認することが大切です。

  • Q3:ホテル内は自由にしても大丈夫ですか?

    ペットと泊まれる宿において、客室内でのペットの自由度はホテルごとに異なるルールが設けられています。一般的には客室内では、ペットを自由にさせられますが、中には客室内でもケージに入れる必要があるホテルもあります。一方で、ホテルの共有スペースにおいては、ペットの同伴に厳しいルールを設けているところが多いです。これらのルールは宿によって細かく異なるため、宿泊を予定している宿のペットに関する方針を事前に確認することが大切です。

  • Q4:追加料金はかかりますか?

    ペットと泊まれる宿を予約する際、通常の宿の予約と大きく変わることはありませんが、ペットを同伴することによる追加料金が発生する点に注意が必要です。追加料金の情報は、宿のWebサイトや予約時の案内で確認できます。また、不明点がある場合は、直接ホテルに問い合わせて確認しましょう。

まとめ

以上が、ペットと泊まれる宿についての解説となります。でペットと泊まれる宿を選ぶ際には、さまざまな点を考慮する必要があります。これらのホテルの利用に際しては、単にペットを同伴できるという利点だけでなく、いくつかの注意点やルールを理解し、遵守することが需要です。

ペットの体調や行動にも気を配ばり、他の宿泊客やホテルのスタッフに迷惑をかけない ように、しつけの状況や健康状態を確認し、適切な対応を心がけてペットとの思い出を作りましょう。

沖縄のホテルでおすすめの記事

詳しく

竹富島の人気ホテル・旅館ランキング20選:沖縄の離島に宿泊しよう

八重山列島(石垣島・竹富島) - ホテル

数多くの美しい島がある沖縄の中でも「沖縄らしい」風景が多く残っていると言われているのが竹富島です。赤い瓦の家や家々にあるシーサー、のんびりした雰囲気の中をゆっくり進む水牛車など、本土の人が思い浮かべる沖縄がそこには残っています。 沖縄本島から日帰りで遊びに来る人も多いですが、魅力をたっぷりと感じるなら竹富島での宿泊がおすすめです。日帰りで遊びに来た人には見ることが難しい、夕方や夜の竹富島のひっそりとした美しさは格別です。今回はそんな美しい沖縄の離島、竹富島のおすすめのホテル&旅館を紹介します。一度味わってしまったら何度も行きたくなる竹富島の魅力を、ぜひ宿泊で味わってみてください。

詳しく

沖縄 離島 ホテル|リゾートホテルから高級ホテルまで!沖縄離島のおすすめホテル 10選【2024最新】

沖縄 - リゾート,高級ホテル

沖縄離島のホテルの宿泊予約をするならTravel Book(トラベルブック)。沖縄本島周辺には57もの離島があり、本島とは全く違う魅力がたくさんあります。ウミガメが毎年産卵に訪れるビーチでも有名な石垣島、「宮古ブルー」と称される青が美しい海が特徴の宮古島、「東洋一美しい」と絶賛されているビーチ「はての浜」がある最西端の島久米島、亜熱帯のジャングルに覆われた手つかずの自然が魅力の西表島、水牛車が有名な沖縄の原風景が今も残る竹富島など、魅力的な島々がたくさんあります。 そんな離島に訪れた際に癒しの空間、滞在をサポートしてくれる高級ホテルやリゾートホテルをご紹介します。お部屋でのんびりしたり、アクティビティを楽しんだりと沖縄の離島を楽しんでくださいね!

詳しく

沖縄で人気のおすすめ古民家宿8選:まるで田舎に帰ったようにくつろげる

沖縄 - ホテル

せっかく沖縄に来たなら、ホテルでは味わえない、地元感漂う沖縄らしい古民家宿に泊まってみませんか。古い沖縄の古民家をもう一度生き返らせてリフォームした、快適な宿泊施設が大変人気です。広々とした快適な室内で、使いやすいキッチンも備わっていて、我が家のように滞在できるのが魅力です。庭や縁側もあり、沖縄の日差しを浴びながら畳に寝そべって過ごすなんて、本当に贅沢な時間を過ごせますよ。 海水浴や観光、マリンスポーツを堪能したら、自分の宿に帰って、きらきら輝く海を見ながらオリオンビール片手にバーベキュー。そんな気を使わないのんびり過ごし方も沖縄旅行の選択肢にいかがでしょう。古民家宿、本当におすすめなので是非チェックしてみてくださいね。

詳しく

【連泊したくなる小宿】スローに過ごせるおすすめ沖縄ホテル7選

沖縄 - ホテル

青い海と、島々が浮かぶ、日本有数のリゾート地”沖縄”。ゆったりとした時間が流れ、地元の人々の暖かい心に触れ、自然に癒される。日常を忘れさせてくれる、そんな魅力的なリゾート地”沖縄”は、毎年訪れる人々を魅了しています。 今回は、訪れたからには、1泊だけでなく、ゆっくりと連泊したくなるホテルをご紹介します。全てのホテルが、まるで、自分の家かのような滞在スタイルを提供しており、リラックスしながら滞在することができます。リピーター続出の訪れた際は、絶対に利用したい間違いなしの素敵なホテルばかり集めましたので、旅プランのご参考にどうぞ。

詳しく

沖縄で満点の星空を両手いっぱいに感じられるホテル5選

沖縄 - ホテル

沖縄といえば海、海と言えば沖縄。マリンスポーツをやらなくても、たとえ泳げなくても、エメラルドグリーンに輝く海を眺めているだけで幸せな気分になれてしまうものですね。今回は少し目線を変えて”星空”にスポットを当ててみたいと思います。ビーチで眺める星空って、本当に綺麗ですよね。遮るものがないので、だんだん距離感がおかしくなって、星に手が届きそうな感じさえします。そこで、星空に手が届きそうな夜を過ごせるリゾートホテル5軒をご紹介します。沖縄本島よりも南なら、南十字星が見られることも!

詳しく

石垣島の人気ホテルランキング20選:沖縄の離島を思いっきり楽しもう

八重山列島(石垣島・竹富島) - ホテル

石垣島は、沖縄の離島の中で最もリピーターが多い島と言われています。沖縄本島、西表島の次に広い面積があり、美しい自然を堪能できる南の楽園です。観光スポットはいくつかありますが、その中でも川平湾はおすすめです。船底がガラス張りになっているボートに乗れば、色とりどりの熱帯魚やサンゴ礁を見ることができます。また、八重山上布やミンサー織りなどの伝統工芸品や、石垣島まつりなどの石垣島独特の文化も楽しむことができます。そんな石垣島には、民宿から高級リゾートホテルまで、様々な宿があります。その中でも、特におすすめのホテルを紹介します。

詳しく

【沖縄】与那国島のおすすめホテル・旅館・民泊6選

八重山列島(石垣島・竹富島) - 旅館

沖縄県の与那国島は日本の最西端に位置し、台湾まで100kmあまりの国境の島です。白い砂浜、広大な牧場などの自然にあふれ、ダイビングの名所でもあり、ハンマーヘッドシャークの希少な観察ポイント、海の底に沈んだ海底遺跡などが話題です。現地へのアクセスは、那覇空港や新石垣空港から与那国空港への航空便があるほか、石垣島からフェリーで渡ることもできます。小さな島なので、ちょっと観光するだけなら日帰りもできますが、与那国島の魅力を存分に味わうなら、予約をして島に一泊以上宿泊するのがおすすめです。島には民宿やホテルなどが点在しており、一人あたり一泊1万円以下が相場となっています。その中でも、特に人気のおすすめのホテル・旅館・民泊を紹介します。

詳しく

那覇の安いけど人気なおすすめ安宿20選:お得に泊まろう

那覇 - 格安ホテル

沖縄・那覇にある、お安く泊まれる快適な安宿ご紹介します。今回は観光にも便利な国際通りからもほど近く、素泊まりでも不自由ない便利なエリア。ゲストハウスで安く宿泊できるので、思い切っておいしいものを食べたり、レジャーで思いっきり遊んだり、お土産をたくさん買ったりもできますよ。 安宿といえば相部屋で共同の洗面所やトイレを使い、ほとんどの場所で共同で使えるキッチンも備わっています。地元のスーパーで買い出しをして自炊をしたり、フリースペースで本を読んだり漫画を見たり。DVDの備わっているところも多いので、雨の日でも問題なく楽しめます。女性専用のフロアも増えてきているのもオススメポイント。洗面スペースやシャワーも非常にきれいで、無料のアメニティも使えるところがたくさんあります。お安さと快適さが備わり、お得感のある安宿ばかりです。沖縄・那覇に泊まるならご参考にどうぞ。

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

運営会社