おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【宮崎発】青森ツアー・青森旅行

提携旅行会社

【宮崎発】青森ツアー・青森旅行

出発地
目的地
出発日
旅行日数
1室の人数

子供の人数は
旅行会社サイト移動後に選択してください

キーワード
人気ワード
新幹線で行くツアーJALで行くツアーANAで行くツアーレンタカー付き

2024年06月

6月最安値5.38万円

2024年07月

7月最安値5.38万円

2024年08月

8月最安値5.38万円
当月最安値

1件〜5件 (全5件)

※ 類似ツアー込み 全5
並び順
大人1名料金
ホテルランク

青森の現地アクティビティ

現地アクティビティをもっと見る

出発地【宮崎空港】の空港情報

路線の特徴

国内線は羽田、成田、名古屋、伊丹、関西国際空港、福岡、那覇の7路線を運行。国際線は台北、ソウルの2路線がありますが、コロナウイルスの影響で当面の間運休しています。

基本情報

宮崎空港は宮崎市中心部から約5kmの場所にある空港です。最寄りのJR宮崎空港駅とターミナルビルは直結しておらずいったん外へ出なくてはいけないものの、市街地から直接電車で行くことができるのでアクセスは良好。路線バスも乗り入れており、その利便性の高さから「南九州の空の玄関口」として、観光やビジネスで多くの人に利用されています。

正式空港名宮崎空港
英語名Miyazaki Airport
通称宮崎ブーゲンビリア空港
IATA 3レターコードKMI
ICAO 4レターコードRJFM
就航航空会社★国内線
ANA
JAL
ソラシドエア
オリエンタルブリッジ
Peach
ジェットスター
★国際線
アシアナ航空
イースター航空
チャイナエアライン
最寄り駅JR宮崎空港駅
駐車場収容台数:1075台
駐車料金は30分まで無料、空港内の売店や飲食店を利用した場合は2時間まで無料になります。

行き方

電車電車の場合、JR宮崎駅~JR宮崎空港駅間の所要時間は約10分、料金は360円です。1日34往復(平日)と本数も多いので、身軽に移動できるのであれば電車の利用がおすすめです。
リムジンバス宮崎駅、小林駅、西都方面、都城方面、日南方面など、様々な場所から宮崎空港行きのリムジンバスが発着しています。宮崎駅から宮崎空港までの所要時間は25~30分程度、運賃は大人450円、こども230円です。宮崎空港~シーガイア間のリムジンバスは、土日祝のみの運行です。
タクシー宮崎空港までタクシーで行く場合、宮崎駅からの所要時間は約20分、料金は約3,500円です。身軽に移動できるのであれば電車やバスを使った方がリーズナブルですが、荷物が多くて公共交通機関の利用が難しいのであれば、定額タクシーを使うと良いでしょう。宮崎空港と指定エリア内の自宅やホテルの移動を、一人1,000円で利用できます。なお、宮崎空港のタクシー乗り場には8:30から21:30まで「タクシーコンシェルジュ」が待機。タクシーの手配や荷物運搬のサポート、空港施設の案内など様々な業務を担当しています。
宮崎空港へ車でアクセスする場合、宮崎市中心部の橘通りから国道220号線を進んだ先のバイパスに乗り、2つめのランプウェイが宮崎空港です。

国内線ターミナル情報(第1ターミナル)

航空会社ANA、JAL、ソラシドエア、オリエンタルブリッジ、Peach、ジェットスター
フロアガイドターミナルビルは3階建てで、1階が到着ロビー、2階が出発ロビー、3階がレストラン街になっています。1階にはリラクゼーションサロンや授乳室、2階にはお土産店などの売店、屋外にはゴルフコースもあり、施設が充実しているのが魅力。「神話のくに宮崎」をアピールする、3階の「日向神話ステンドグラス」も必見です。
展望台ターミナルビルの屋上にある送迎・展望デッキは迫力ある飛行機の離着陸や、宮崎市街地の夜景を見渡すことができる絶好のビューポイントです。屋上には飛行機のある展望公園「エアプレインパーク」も併設。展示されているビーチクラフトC90Aキングエアのコックピット搭乗体験や、パイロットの制服を着て記念撮影など、親子で楽しめるスポットとなっています。
レストラン3階のレストラン街にある「おもてなし 夢かぐら」では、チキン南蛮や冷や汁、地鶏の炭火焼きなどの宮崎グルメを提供しています。店内から滑走路の飛行機を眺めることができ、子供向けメニューもあるので家族での利用にも最適。宮崎の新鮮でおいしい海の幸を味わえる「鮨処 わたつみ」もおすすめです。
お土産ターミナルビル2階にお土産店が揃っており、宮崎銘菓「チーズまんじゅう」や宮崎の地酒、特産品であるマンゴーや日向夏を使ったお菓子など、様々な宮崎のお土産を購入できます。また、空港内としては全国的にも珍しい本格的なお肉屋さん「モーブークック」があるのも畜産王国・宮崎ならでは。ブランド牛やブランドポーク、肉の加工品などのお土産が充実しています。

第1ターミナルのラウンジ情報

ラウンジ名カードラウンジ「ひなた」
営業時間06:30~21:15
料金(税込)大人 (13歳以上)1,100円  小人 (4歳以上13歳未満)550円
※指定カード会社のゴールドカード以上を持っている場合は無料
サービス内容・ソフトドリンク
・電源、USBジャック
・電話ブース
・JR、バス情報
・アルコール (有料)
・Wi-Fi環境
・多目的トイレ
・フライト情報
・新聞、雑誌閲覧
利用対象者どなたでも利用可能
ラウンジ名ラウンジ大淀(ANAとJALの共用ラウンジ)
営業時間6:50~最終便出発まで
サービス内容喫茶、新聞・雑誌
利用対象者ANAとJALの上級会員

エリアからツアーを探す



青森のおすすめ観光スポット

青森のおすすめグルメ

青森のお土産

青森の気候

旅のお役立ち情報 Travel News

旅のお得情報 Sale & Coupon

青森旅行・青森ツアーのよくある質問

  • 青森旅行のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか?

    青森旅行のベストシーズンは、春、夏、秋です。本州の最北端に位置している青森は、東京などと比べて気温が低く、夏でも涼しいのが特徴。特に八甲田などは、夏のリゾート地として人気があります。一方冬は、厳しい寒さになっており、観光を楽しむのには向いていませんが、スキーなどのウィンタースポーツが目的であればおすすめです。

  • 青森旅行は何泊何日が人気ですか?

    青森旅行を楽しむのであれば、2泊3日はほしいところ。津軽海峡や青森市内、弘前などの中心部のほか、十和田湖や奥入瀬などの内陸部の大自然もあり、どちらもしっかりと楽しみたいというのであれば、3泊4日がおすすめです。交通の便が悪いところも多く、効率よく巡るのであれば、レンタカーを借りるのがおすすめになっています。

  • 青森旅行で比較的空いている穴場の時期はありますか?

    青森旅行で比較的人が少ないシーズンを狙うのであれば、7月初めの梅雨のシーズンや、冬休み開けの1月中旬から2月ごろになっています。梅雨のシーズンは、雨が降ることが多く雨傘が手放せないですが、雨に濡れて色鮮やかな新緑を楽しむことができるのでおすすめです。まだ暑くないので、温泉が気持ち良い季節でもあります。

  • 青森への交通手段・所要時間は?

    青森への交通手段は、飛行機や鉄道、フェリー、高速バスなどがあります。東京から青森へは、飛行機を利用して約1時間15分のフライトでアクセスすることができます。東京から新幹線を利用すると、約3時間30分でアクセスが可能です。大阪から青森へは飛行機を利用して約1時間40分のフライトでアクセスすることができます。