おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

日本 和食のおすすめ情報

このページでは日本にある和食のレストランを紹介しています。和食といえば、世界的に有名なのがお寿司と天ぷら。他にも、お祝いごとや接待で利用される懐石料理、焼き鳥やそば、うどんといったおなじみの料理が挙げられます。日本の国土や風土の中で発達してきた和食は、2013年にはユネスコの無形文化遺産に登録されました。和食の特徴は、素材そのものの味を活かした繊細な味つけや、季節感を重んじ年中行事とも深い関わりをもつこと。器の種類や盛りつけにも趣向が凝らされ、視覚的にも楽しむことができます。和食には五法・五味・五色・五適・五覚という5つの方針があり、懐石料理や和食のレストランでは、器に添える葉や花の色づかい、季節との調和や部屋の空間作りについても細やかな心配りがされています。

関連するテーマ 専門料理店・レストラン フクロウカフェ 猫カフェ 多国籍料理 アフリカ料理 中東料理 中南米料理 ハワイ料理 アメリカ料理 オーストラリア料理 インドネシア料理 ヨーロッパ料理 北欧料理 東欧料理 ポルトガル料理 ポーランド料理 ベルギー料理 ハンガリー料理 スイス料理 クロアチア料理

日本 和食 のまとめ記事一覧

1〜5件を表示 / 全163件

  • まとめ

    箱根に着いたら立ち寄りたいおすすめランチ20選

    箱根 - 和食,寿司,そば・蕎麦,海鮮・シーフード,ランチ

    旅の楽しみは食事!な、あなたに「箱根でランチ」におすすめなお店を紹介します。人気のお店は行列必至です。時間にゆとりを持って行って下さい。午前中に箱根湯本に着くケースが多いと思われますので、そこから移動してちょうどランチを食べたくなるような地域のお店を中心に、2日目、3日目のランチにも使えるお店もリストアップしました。行きたい温泉に合わせてお店を選ぶのもいいですね。 これでランチに迷うことなし!様々なランチスポットを紹介していますので、きっとあなたにぴったりなランチスポットが見つかるでしょう。

  • まとめ

    【福岡】糸島でおすすめカフェ21選:観光途中などで立ち寄りたいお店まとめ

    糸島半島 - 喫茶店

    糸島は、福岡市中心部から車で30~40分のところに位置しています。カフェや雑貨店が続々と出店し続けているエリアで、観光スポットとしても人気です。"糸島富士"と呼ばれる「可也山(かやさん)」や玄界灘、姫島など自然も豊富で、新鮮な食材が手に入るため、地元食材を使った食事を楽しめるカフェやレストランがたくさんあります。海に近いため景色も良く、のんびりと時間を過ごすことができます。 今回は数ある糸島のカフェのなかでも特におすすめしたい、おしゃれな人気店を21軒紹介します。糸島への観光やデートの際に参考にしてくださいね。

  • まとめ

    【大阪】鶴橋で迷った時に行きたいおすすめランチ20選

    大阪市 - つけ麺

    鶴橋は近鉄とJRの駅があり、コリアンタウンとして有名です。周辺には焼き肉屋が多く、「匂いだけでお腹が空いてしまう」なんてことも。そんな食欲を刺激する駅ですが、実はこのエリアは焼き肉だけでなく、美味しいお寿司屋さんやうどん屋さん、そしてイタリアンまで、絶品グルメが揃った場所でもあります。もちろん焼き肉をランチで提供してる店もあり、夜よりもランチの方が手軽に利用できる利点があります。今回はそんな安くて美味しい飲食店の多い鶴橋でおすすめランチをご紹介していますので、ぜひ鶴橋に立ち寄った際や、乗り換えついでにランチも楽しんでみてください。

  • まとめ

    四条烏丸で行きたいおすすめランチ20選

    京都市 - つけ麺

    碁盤の目が広がる京都市下京区の買い物や観光施設が集まる繁華街「四条烏丸」は、四条通と烏丸通が交わる交差点からのびる金融街を中心とした周辺地域で、地元の人だけでなく国内外の観光客にも人気のスポットです。 この四条烏丸は飲食店も多く、京都の懐石料理からイタリアン、本格カレー、中華、らーめんなど豊富なチョイスの上に、昔ながらの町家を改築したおしゃれな店が軒を連ねています。味はもちろんのこと、店の雰囲気へのこだわりも高く、食べ歩きを楽しむのに絶好のエリアです。そこで今回は、四条烏丸で行きたいおすすめランチ20選をご紹介します。

  • まとめ

    江戸時代からの伝統の味!浦和で美味しいおすすめのうなぎ店5選

    さいたま - うなぎ

    江戸時代、ここ浦和近郊には沼地が多く川魚などが多く生息する水郷地帯と知られており、魚釣りなどの行楽客で賑わいを見せていたエリアでした。その行楽で訪れた人々に鰻を出し、そしてその味が評判となり、遠方からもわざわざ足を運んだ人々が増えたことが”浦和の鰻”の始まりです。大正時代には開発のため、一度は地場の鰻がなくなりましたが「浦和のうなぎを育てる会」により200年来の”鰻の蒲焼”という伝統の味はしっかりと現在にも伝えられています。気軽に食べれるお店や、老舗店まで、鰻を堪能することができるお店をご紹介します。

日本 和食のまとめをもっと

広告

運営会社