おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

オランダの都市一覧 旅行ガイド

オランダの人気都市

1〜23件を表示 / 全23件

  • アムステルダム

    アムステルダムは、オランダの首都で人口82万人の都市である。もともとは小さな漁村だったが、アムステルダムの河口にダムを築き、街ができた。16世紀には海運貿易によって、港町として発展した都市である。アムステルダムの名は、アムステル川をせき止めた事から由来している。 アムステルダムは、ミュージアムの宝庫で、ゴッホ美術館、アンネ・フランクの家、エルミタージュ美術館、アムステルダム国立美術館などたくさんの見所がある。また、アムステルダムの運河は世界遺産にも登録されており、運河には水上バスや観光用ボートが走り、観光の目玉となっている。

  • ロッテルダム

    ロッテルダムは、オランダの南ホラント州にあるロッテルダム港を擁する世界有数の港湾都市で、国内第2の都市である。13世紀に集落ができたのが起源で、16世紀頃から港が発達し、港湾都市として発展した都市である。第二次世界大戦の時に旧市街と港はほとんど破壊されたが、戦後は近代的な都市として復興を果たした世界都市である。 この街には、水陸両用のバスが陸上を走り、ムーズ川を航行するスプラッシュツアーやロッテルダムの「貴婦人」と呼ばれるオランダで造られた最大の客船SS Rotterdamの船内からムーズ川やロッテルダムのスカイラインを眺めたり、ロッテルダムのシンボルである高さ100mの展望台「ユーロマスト」から景色を眺めたり、ロマンティックな時間を楽しめる街である。

  • デルフト

    デルフトは、オランダの南西部に位置している南ホラント州にある都市です。デン・ハーグ市街地の南に隣接し、デン・ハーグ市街地と一体となって広域市街を形成しています。オランダの古都であり、「デルフト工科大学」がある学生の街でもあります。アムステルダムから列車で約1時間、デン・ハーグ、ロッテルダムからならば、列車で約15分と言う好立地で、街の中心にある「マルクト広場」をはじめ、さまざまな観光スポットが揃う人気の観光都市になっており、オランダの各都市から日帰りの観光ツアーなども多く組まれています。また、有名な画家であるフェルメールの出身地でもあり、フェルメールの描いた絵画の中にもデルフトの運河の流れる美しく歴史ある街並みがあります。

  • ハーグ

    ハーグは、北海沿岸に位置するオランダ南ホラント州の州都である。事実上のオランダの首都で、国内第3の都市である。国会議事堂のほかに、王室の宮殿、中央官庁、各国の大使館などが置かれる等オランダの政治の中心であり、国際司法裁判所や国際刑事裁判所等の多くの重要な国際機関が置かれるなど、「平和と司法の街」とも呼ばれている。 この街には、オランダの政治の中枢機関であるビネンホフ、ベアトリクス女王の居所であるハウステンボス宮殿、オランダで最も美しい建物のひとつと言われているマウリッツハイス美術館などさまざまな観光スポットがある。また、市街はトラムが発達しており、上手にトラムを利用すればあまり歩かなくてもすむ街である。

  • ユトレヒト

    ユトレヒトは、ユトレヒト州の州都で人口約30万人のオランダ第4の都市である。その歴史は古く、ローマ帝国時代にこの地に要塞が築かれたのが始まりである。 この街のシンボルでもある13世紀に建てられた高さ112mのオランダで一番高く、最古の教会塔であるドム塔、世界遺産に登録されている今から90年も前に建てられたのにとてもモダンなデザインをしているリートフェルトのシュローダー邸、ユトレヒト郊外に位置する美しい風景にとけ込んだオランダ最大の古城のデ・ハール城などさまざまな観光スポットがある。

  • ザーンセ・スカンス

    ザーンセ・スカンスは、アムステルダムの北約15kmに位置し、約250年前にはこのエリアには600基以上の風車がひしめいていて、世界初の“工業エリア”を形成していいた風車の村として有名な街である。 この街は、オランダでも伝統的な家屋や風車が保存されている村として知られており、深緑の壁と白い窓枠に彩られたおとぎ話のような家並みを見ることができる。また、風車の中を見学できたり、時計博物館やベーカリー博物館、木靴の工房やチーズ工房などがあり、民俗村のようなにぎわいがあり、最もオランダらしい観光スポットである。

  • レーワルデン

    レーワルデンは、オランダの北部に位置しているフリースラント州にある都市で州都です。マルタのバレッタとともに、欧州文化首都として知られています。また、オランダ北部において重要な牛市場がある都市で、酪農製品の製造が盛んで、牛と触れ合えるスポットなどもあり、観光客に人気です。街の中には、1724年完成の市庁舎や、1598年完成の重量検定所をはじめとする歴史的建造物が多く、運河クルーズを楽しみながら、ゆったりとした歴史ある風景を楽しめます。また、世界的にも有名な陶磁器の博物館「プリンセッセホフ陶磁器博物館」や、街のシンボル的な存在である「オルデホーフェ斜塔」などの見どころも多く、人気の観光地になっています。

  • アルクマール

    アルクマールは、オランダの西部に位置している北ホラント州にある都市です。家畜や乳製品、穀物の集散地として知られているほか、教会オルガンの生産地としても有名です。寒冷期以外は、毎週チーズ市が開催されていることでも有名で、大規模なチーズ市にちなんで、「チーズ博物館」が設けられており、チーズについて歴史や製造工程などさまざまなことを学ぶことができます。。また、「ビール博物館」や「ビートルズ博物館」などさまざまな博物館があるほか、昔使われていた風車などが保存されており、見学することができるなど、人気の観光都市になっています。また、サッカークラブの「AZアルクマール」の本拠地としても知られています。

  • マーストリヒト

    マーストリヒトは、オランダのオランダ最南端に位置しているリンブルグ州にある都市で、州都になっています。マース川沿いに位置しており、オランダ最古の都市として知られています。オランダ西部の都市とは雰囲気の異なるグルメとファッションの街で、郊外には、田園の丘陵地帯が広がっており、オランダでは珍しい光景を楽しめます。また、ローマ時代から続いているオランダで最古のワイン栽培地になっており、市内にはたくさんのブドウ園があり、地元のワインを飲み比べできるスポットなどもたくさん揃っています。また、街の中には、朝までワインやビールなどを楽しむことができるお店なども多く、地元の人から観光客まで多くの人で賑わいを見せています。

  • エダム

    エダムは、オランダ西部にある北ホラント州のアイセル湖に面した村です。アムステルダムから25km北に位置しており、バスで30分ほどでアクセスできます。かつては漁業や造船業など、港湾業が盛んに行われており、国際物流の基地として発展した歴史を持つエリアです。この地域で生産されるチーズは、エダムチーズとして世界的に知られており、表面に赤いワックスがぬられていることから、赤玉チーズと呼ばれています。運河沿いにはたくさんのチーズ工房や土産物店、屋外カフェが並んでおり、ポストカードのような美しい光景を眺めながらの散策が楽しめます。旧市街の広場では、7月と8月の毎週水曜日の午前中に、盛大なチーズ市を開催。オランダの伝統衣装を着たチーズ職人により、馬車や運河ボートでのチーズの運搬や測量、出荷など、中世の取り引きを忠実に再現したユニークなパフォーマンスが楽しめます。

  • ミデルブルグ

    ミデルブルグは、オランダ南西部のワルヘラン半島にあるゼーランド州の州都です。アムステルダムから170km南西にあり、半島の中心に位置することから、都市名がミドル(中央)のブルグ(城砦)を意味するオランダの要塞都市です。17世紀にオランダ東インド会社の重要な貿易拠点として繁栄を極めたのち、第二次世界大戦で大きな被害を出すも、戦後に修復、復興したため、旧市街には、栄華の歴史を色濃く残す豪華な歴史的建造物が数多く残されています。街の中心には、12世紀に建設された大修道院の塔・ランゲヤンがあり、高さ91mの展望台からは美しい街並みが一望できます。見事なゴシック様式の市庁舎があるマルクト広場では、毎週木曜日に市場が開かれており、多くの市民や観光客でにぎわいます。馬車や運河クルーズで中世の街並み散策が楽しめるほか、メイン通りには土産物店やカフェなども多く、ショッピングやグルメも満喫できます。

  • ハーレム

    ハーレムはオランダの北ホラント州南西部に位置する基礎自治体で、アムステルダムからは約20km西方にあり、北海の沿岸からは5kmほどの距離がある内陸の都市です。人口約15万人を擁する北ホラント州の州都でもあり、1839年にはアムステルダムとの間がオランダ初の鉄道で結ばれるなど、他の都市とのアクセスも良好。古くから造船業や毛織物といった産業が盛んで、17世紀ごろからはチューリップやヒヤシンスを中心とした球根の栽培にも力を入れており、今日では「花の町」として親しまれています。15世紀に造られた「聖バーフォ教会」をはじめ、「市庁舎」や「旧肉市場」、1778年に設立したオランダ最古の美術館「タイラース美術館」など歴史深い建造物や見所が多く散策するだけでも楽しめる雰囲気の良い町です。

  • エンクハイゼン

    エンクハイゼンは、オランダ西部の北ホラント州に位置するアイセル湖(旧ゾイデル海)に面した都市です。アムステルダムから60km北東にあり、16世紀頃からニシン漁の基地として栄えた港町です。17世紀に入り、オランダ東インド会社の貿易拠点のひとつとなり、オランダ最大級の港湾都市として繁栄。その後、度重なる水害のため大防堤が築かれ、ゾイデル海がアイセル湖になったことにより、その座をアムステルダムに明け渡しています。当時のゾイデル海沿岸の豊かな生活を紹介するゾイデル海博物館では、村々の歴史を紹介する屋内博物館と、人々の暮らしを再現した広大な屋外博物館があり、エンクハイゼンの人気観光スポットになっています。街のシンボルとなるドロムダリスの塔をはじめ、東インド会社関連の造船所跡や倉庫群、水辺にたたずむ水門など、街のいたるところに多彩な建築様式の美しい建物が並んでおり、タイムスリップ気分で港町の歴史散策が楽しめます。

  • アーネム

    アーネムは、オランダの東部に位置しているヘルダーラント州にある都市で、州都です。ライン川に沿った面積101.5㎢の美しい町で、庭園都市や公園都市などとも言われており、オランダで唯一トロリーバスシステムがあることでも知られています。北西に10kmのところには、「デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園」があり、その中には、フィンセント・ファン・ゴッホのコレクションが展示されている「クレラー・ミュラー美術館」もあるため、世界各地からたくさんの観光客が訪れる観光都市になっています。1980年の「アーネムパラリンピック」の開催地であったことや、エールディヴィジ所属であるサッカークラブチームの「フィテッセ」の本拠地としても有名です。

  • ブレダ

    ブレダは、オランダの南端部に位置している北ブラバント州にある都市で、オランダ南部の主要都市になっています。流通産業や食品産業などが主要産業となっており、日本でもおなじみのメントスやフリスクの製造元である「ペルフェティ・ファン・メレ」の本拠地がある都市になっています。また、文化的にも豊かな街になっており、かつては、オランダで最も難攻不落な城塞都市と言われていました。現在も当時の名残があり、美しい街並みを見られます。様々な観光スポットと、南部の街らしいゆったりとした雰囲気、おしゃれなカフェ、ナイトライフ、エンターテイメントなどが揃っており、オランダでも屈指の観光都市にもなっています。

  • ホールン

    ホールンは、オランダ西部の北ホラント州にあるアイセル湖に面した小さな港町です。アムステルダムから約35km北に位置しており、バスや鉄道利用で約1時間ほどでアクセスできます。716年に町が形成され、港湾業で成長すると、17世紀には、オランダ東インド会社の6つの貿易拠点のうちのひとつとなり、大きく繁栄した歴史を持つエリアです。かつては各国の船が往来したホールン港には、東インド会社の要塞であったホーフト塔がレストランとして残されており、のどかなヨットハーバーを眺めながら食事が楽しめます。街の中心にあるローデステーン広場では、夏の期間にチーズ市が開催されており、国内外からの観光客でにぎわいます。毎年3月下旬から半年間とクリスマス期間には、ホールン駅から20km離れたメーデムブリク駅まで蒸気機関車が走っており、春には車窓から一面に広がるチューリップ畑の美しい景色が楽しめます。

  • フォーレンダム

    フォーレンダムは、オランダの人気観光地の一つで、アムステルダムから北東に行ったところに位置しているマルケン湖にに面した場所にあります。かつては、漁村として繁栄していた街で、港を囲む小さな家々や教会などの歴史ある街並みを楽しめます。街の中には、今でも伝統行事の際には、身に着けると言うオランダの民族衣装を着て記念撮影をすることができるスポットがたくさんあり、観光客に大人気です。また、数々のミュージシャンを輩出している街でもあり、「パーリングサウンド」と総称されている音楽に触れられます。漁村と言うだけあり、街の中では、新鮮な魚介を使用したおいしいグルメを楽しめるお店が数多くそろっています。

  • ライデン

    ライデンは、オランダの南西部に位置している南ホラント州にある都市です。アムステルダムから36km南西に位置しており、オランダ最古の国立大学である「ライデン大学」があるオランダ最古の大学都市として知られています。日本が鎖国をしていた時代から、長崎とかかわりがあり、現在でも、ライデン大学には、日本学科があるなど、日本とのかかわりが深くなっています。日本レンブラント・ファン・レインや、ハブリエル・メツー、ヤン・ファン・ホイエンなどの有名な数々の画家の出生地になっています。日本では、シーボルトのコレクションを所蔵している「日本博物館シーボルトハウス」があることで有名で、日本人観光客もたくさん訪れています。

  • アッペルドールン

    アッペルドールンは、オランダの東部に位置しているヘルダーラント州にある都市です。市街地の北端には、オランダ王室の基であると言われているオラニエ=ナッサウ家の夏の離宮「ヘット・ロー宮殿」があることで有名です。16世紀から、製紙産業が盛んな地域としても知られています。美しい自然に囲まれた街で、古い教会や公園、風車と言った、絵に描かれているような景色を楽しむことができるほか、毎日市が開かれている市場などもあり、アムステルダムから電車で約1時間と便利なため、多くの観光客が訪れる人気の観光都市になっています。街の中には、たくさんのレンタサイクルがあり、自転車でサイクリングを楽しみながら観光するのがおすすめです。

  • ドルドレヒト

    ドルドレヒトは、オランダ南西部の南ホラント州にある、オランダ最古の都市です。オランダ第2の都市ロッテルダムから30km南東にあり、多くの川に囲まれていることから、中世より貿易で繁栄した港町です。スペインからの独立を宣言したオランダ誕生の地としても知られており、水路が多いことから北のヴェネツィアともいわれています。運河沿いにはレンガ造りの伝統的な住宅が並んでおり、歴史的建造物に指定された建物も1000件以上あるため、街中いたるところで中世の街並み散策が楽しめます。街の玄関口として川岸に建てられたフロートホーフズ門をはじめ、オランダの巨匠の作品が並ぶドルドレヒト美術館やグローテ・ケルク(大教会)など、見どころも満載。旧市街の全長2.5kmに渡って300もの露店が立ち並ぶクリスマスマーケットは、オランダで最大規模のイベントとして有名で、幻想的なライトアップをひと目見ようと、国内外からの多くの観光客でにぎわいます。

  • グローニンゲン

    グローニンゲンは、オランダ北東部に位置しているグローニンゲン州にある都市で、オランダ北部の商工業の中心地になっています。オランダで最も北にある砂丘列の上に造られている都市で、83.69㎢の広さになっています。サッカークラブチームの「FCフローニンゲン」の本拠地としても知られています。紀元前4000年ごろから人が住んでいたと言われており、現在でも花弁のような中世の城壁が残っており、その美しい姿を見ようと、世界中から多くの観光客が訪れています。また、オランダで2番目に古いと言われている「フローニンゲン大学」があることでも有名で、オランダ初の女性の大学生や、オランダ人で初の宇宙飛行士などの歴史に名を遺す人物を輩出しています。

広告

運営会社