おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

オーストリアの都市一覧 旅行ガイド

オーストリアの人気都市

1〜22件を表示 / 全22件

  • ウィーン

    ウィーンはオーストリアの首都で別名「音楽の都」とも呼ばれおり、ウィーン歴史地区は世界遺産にも登録されている。シェーンブルン宮殿、ウィーン王宮、ヴェルヴェデーレ宮殿はハプスブルグ家の栄華を肌で感じられる。ウィーン国立歌劇場、カールス教会、美術史博物館、レオボルト美術館などがあり街全体がアートで散策するだけでも絵になる。 カフェやレストランでの食事も外せない。格調高いお店から気軽に入れるお店まで、ザッハートルテ、シュニッツェルは本場で味わうとまた格別。宿泊施設も充実しており、素敵なホテルが多く何度も訪れてみたい。

  • ザルツブルク

    ザツブルクには小さいながらもたくさんの見どころがあり、教会や修道院も多くある。ホーエンザルツブルク城塞は、中世の古城で内部には博物館のほか、大広間、礼拝堂、 大オルガンなどがある。カタコンベのあるサンクト・ペーター教会、ミラベル宮殿、仕掛け噴水が面白いヘルブルン宮殿、博物館があり、歴史を感じることができる。 モーツァルトの生家と住居のある通りも人気で、音楽好きにはたまらない。世界遺産に登録された旧市街は毎日どこかでコンサートが開催されており、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台にもなっている。アルプスの山並みに映える古都は美しく、訪れる人を楽しませてくれる。

  • ハルシュタット

    ハルシュタットは「世界でもっとも美しい湖畔の町」といわれ、世界遺産にも登録されている。この小さい街はハルシュタット湖に面しており、湖すぐに建物が立ち並び、湖面に映る建物と山々、透明度の高い湖のコントラストが美しく目を奪われる。ボートなども充実しているので、湖からながめる景観もぜひ堪能したい。 また約2500年前から岩塩の採掘がおこなわれており、岩塩坑は人気のは観光スポットになっている。岩塩のお土産も忘れずに購入したい。博物館、納骨堂バインハウスも歴史が感じられる。町の中心に位置するマルクト広場にはレストランも多くあり、オーストリアならではの料理が楽しめる。

  • インスブルック

    インスブルックはオーストリア南西部チロル州の州都でアルプスの中心に位置しており、南欧の雰囲気が漂う街です。街の中心の旧市街には、シンボルにもなっているマクシミリアン博物館、凱旋門、宮廷教会、大聖堂、アンブラス城、ホーフブルク王宮、チロル民俗博物館などの建物が並んでいる。街の背後の山並みは美しく建物が映え中世の歴史を感じられる。 夏は市街地周辺にハイキングコースがいくつもあり、街からすぐアルプスの大自然が楽しめる。冬はあらゆるウインタースポーツが楽しめ、過去に冬季オリンピックも開催され、スキージャンプ台も観光できる。ロープウェイも整備され展望台から見下ろす街は格別です。

  • レッヒ

    オールとラリア、フォアアールベルグ州にある村です。正式名称はレッヒ・ツュルス・アム・アールベルクです。山岳地帯に位置するレッヒは周囲をアルプスの山脈に囲まれています。標高1450mから2811mに位置するレッヒでは美しい自然と壮大な山岳風景を見ることができ、訪れる人々はアルプスの宝石だと称します。リゾート地としても人気で夏の牧草生い茂るシーズンには休暇を楽しむ日旅人が多く訪れます。6月から10月はバラエティーに富んだイベントも開催されています。リューフィコップフ山へはケーブルカーを利用して登ることができ山上から見られる大パノラマは絶景です。山頂からはモンツァボン湖に行くこともできます。オーストリアの名物スイーツ、アプフェルシュトゥルーデルを食べながら美しい景色を堪能することもできます。

  • クレムス

    ニーダーエスターライヒ州にある都市で、行政的には群に属していません。正式名称はクレムス・アン・デア・ドナウです。ウィーンからおよそ70km西に進んだ位置にあります。ニーダーエスターライヒ州の中では5番目に大きい都市です。また、ヴァッハウ渓谷の東端ドナウ川とクレムス川の合流地点でもあります。オーストリア後期バロックの画家マルティン・ヨハン・シュミットはクレムス出身であると伝えられています。古くはドナウ水運を利用したワイン取り引きで栄え、ワイン博物館が有名な観光スポットです。バッハウワインはクレムスの名産品で、付近にはぶどうの産地があります。その他、初期バロック様式が見られるザンクト・ファイト聖堂など歴史的建造物も残っていて、世界遺産であるバッハウ渓谷の文化的景観にも属しています。

  • グラーツ

    グラーツはオーストリアの第二の都市であり、人口は25万人ほど。街の中心部がグラーツ市歴史地区として世界遺産に登録されたこともあり、多くの観光客が訪れる街です。2010年にはエッゲンベルク城も世界遺産に拡大登録され、その遊び心に富んだ建物は現在は美術館として使用されています。旧市街の北にあるシュロスベルクの丘にある高さ28mもある時計塔は街のシンボルにもなっており、ナポレオンの時代から300年もの間、時を刻んでいます。またグラーツは東欧にありながら地中海の雰囲気が味わえる美食の街としても広く知られています。その爽やかな気候の下で、毎年夏には「美食の首都の長いテーブル」という食の祭典が開かれます。最高の料理とプレミアムなローカルワインが揃い、多くの人の舌をうならせます。大人気のイベントで地元の人や多くの観光客で賑わいます。

  • ザンクト・アントン

    オーストリアのチロル州ランデック郡にある村です。正式名称はサンクト・アントン・アム・アールベルクです。ドイツ語ではザンクト・アントン・アム・アールベルクと表記されます。アールベルク峠全体では最も観光客が訪れる村で、観光産業が重要な経済になっています。夏冬共にアルプスのリゾート地としてのイメージが強く、多くの観光客が訪れます。夏はハイキング、トレッキング、マウンテンバイク、ノルディックウォーキングなどで盛り上がりを見せています。アールベルク・スキー場はオーストリア最大級のスキー場で、ゴンドラを利用するとサンクト・クリストフ、レッヒに行くことができます。スキー郷土博物館は一階が郷土料理になっている博物館で、スキーの歴史の他にも姉妹都市である長野県野沢温泉村を紹介する展示もあります。

  • フェルトキルヒ

    スイス、リヒテンシュタインと国境を接している地域で、オーストラリアのフォアアールベルグ州フェルトキルヒ群の都市です。フェルトキリヒ群の行政の中心である都市で、人口は同州ドルンビルンに次ぐ2番目の街です。平均最高気温は13度、6月から8月は雨期にあたります。街の中心には1500年頃に建てられたと伝えれている猫の塔があります、街のシンボルマークで近辺には駐車場もあります。旧市街地のメインストリートには教会や飲食店、おもちゃ屋などが建ち並んでいます。冬の積雪対策の為一階部分がくり抜き通路になっている建物が特徴的です。聖ニコラウス大聖堂や周辺案内をしてくれるカルチャーセンターが入った建物もあり、小さいながら見所があります。

  • チロル

    ヨーロッパの中部、アルプス山脈東部の地域です。住民の大部分はドイツ系のバイエルン人、アレマン人が占めています。イタリア側のエリアでもドイツ後が使用されています。第一次世界大戦後にオーストリアとイタリアに分割され、オーストリア側にあたる北チロル、東チロルはチロル州に属しています。日本のように湿度が高くないため夏でも過ごしやすいのですが急な雨には注意が必要です。ハイキングなどの際には雨具を忘れないようにしてください。ゼーフェルトはチロルにある都市で、緑が豊かな小さな町で観光客にも人気です。ザンクト・アントンは小さな村ですが有名な場所で、スキーや登山を楽しめます。また、レッヒはアルプスの周辺でも高級山岳リゾートとして人気のエリアです。

  • フィラッハ

    オーストリア内のケルンテン州に属している都市です。同州の中では2番目の都市で、かつてはスキージャンプ・ワールドカップの開催地になったこともありました。ドナウ川の支流であるドラウ川も谷に位置していて、イタリアやスロヴェニアの国境に近いことから物流の拠点となっています。国際列車が行き交い、イタリアのローマ、クロアチアのザグレブから発車する列車が停車します。フィラッハからはドイツのミュンヘンとケルン、ポーランドのワルシャワに向かう列車が運行しています。旧市街は色とりどりの建物が建ち並び、川辺は豊かな自然と美しい景色を眺めることができます。近郊のオシアッハ湖畔では毎年夏に音楽祭が開催されます。

  • リンツ

    オーストリア内にあるオーバーエスターライヒ州の州都です。世界で最も古いケーキ、リンツァートルテはリンツで発祥しました。オーストリア第3の都市でドナウ川沿いに位置しています。モーツァルトも一時期居住していたと伝えられていて、市内にはモーツァルトハウスという旧宅が残っています。有名な観光スポットに聖フローリアン修道院があります。郊外にある修道院で教会のパイプオルガンの下にはオーストリアの音楽家であるアントン・ブルックナーが埋葬されています。街の中心の丘にはリンツ城があり、オーバーエスターライヒ州立博物館の一部として公開もされています。現代芸術の復興にも力を入れていて、アルス・エレクトロニカ・センターは毎年開かれる世界的なメディアアートの祭典アルス・エレクトロニカの活動拠点です。

  • クラーゲンフルト

    オーストリアのケルンテン州にある州都です。州の最北オーストリアの最高峰グロースグロックナーがそびえたっています。ケルンテン州における経済、文化の中心地になっています。近隣にはフィラッハ、グラーツなどの都市があります。交通の要所としても機能していて幹線鉄道、幹線道路がオーストリア各地に延びています。ヴェルター湖の東岸にも面していて、ヴェルター湖の湿原に住んでいたといわれるドラゴン伝説にちなんだリンドヴルムの泉がノイアーマルクトにあります。町中にはオルシーニ・ローゼンベルク宮殿、ラントハウス、アルター・マルクトなど歴史的建造物も多く残っています。聖エギド教会は高さ92メートルの塔に昇ることができ、町と周辺のパノラマを一望することが可能です。

  • ゼーフェルト

    ゼーフェルトはオーストリアの北側にあるチロル州インスブルック=ラント群の都市です。人口は3千人ほどの小さな街ではありますが、インスブルック空港やドイツのミュンヘン空港から電車やバスを利用して訪れることができ、アクセスは良いと言えます。ゼーフェルトは牧歌的な雰囲気と高級感がうまく融合した高原リゾート地として知られています。駅前通りにはホテルやペンション、レストランだけでなくブティックやカジノまで揃っており多くの人々で賑わっているエリアです。特に夏は色とりどりの花であふれ、ぐっとおしゃれさや華やかさが増すシーズン。そして、美しいフレスコ画が描かれた建物が多くあり、まるで絵本の世界でメルヘンチックな雰囲気を体感できます。冬場にも国際会議やスポーツ大会が多く開かれる都市なのでサウナやスパなので設備が充実しており快適に過ごせます。

  • マイアーホーフェン

    オーストリアのチロル州にあります。ツィラータールの最奥に位置していてリゾート地として人気の観光エリアです。古都・インスブルックからイェンバッハを経由するとマイアーホーフェンにアクセスできます。観光客はかわいらしいディーゼルやツィラータールバーンと呼ばれる蒸気機関車に乗って列車の旅をしながらマイアーホーフェンにやってきます。町全体が色とりどり花やかわいらしい看板で溢れていて美しい町並を眺めながら観光ができます。メインストリートはハウプト通りです。ホテルやレストランが建っていて、スイーツ店、パン屋さん、木彫り専門店など見所がたくさんあります。メインストリートを進んで行くとペンケンバーンというゴンドラ乗り場に到着します。途中乗り換えをするとペンケンアルムに登ることができます。

  • ザンクト・ヴォルフガング

    オーストリアの中部、ザルツカンマーグート地方にあります。オーストラリアNo.1を誇る景勝地として有名で映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台になった山やオペレッタ「白馬亭にて」の舞台があります。ヴォルフガング湖では船に乗って街並みを眺めることもできます。近くにそびえるシャーフベルク山では登山を楽しむ観光客が訪れます。また、サウンド・オブ・ミュージックにも登場したシャーフベルグ登山鉄道を利用すれば頂上駅まで登ることができます。古い街並みが残り、自然と織りなす美しい景色は訪れる人々の心を癒しています。街のシンボルには教会があって、王宮を思わせる美しい内装が魅力的です。街にはザンクト・ウォルフガングの名産である岩塩を売るお店があり、お土産として購入する人もたくさんいます。

  • ツェル・アム・ゼー

    ツェル・アム・ゼーはオーストリアの西側にあるザルツブルク州に位置する群都で、人口は1万人ほどです。「サウンドオブミュージック」のモデルファミリーであるマリア・フランツィスカ・フォン・トラップの出身地としても知られています。ツェル・アム・ゼーの観光名所といえばツェラー湖です。湖の面積が時間とともに変化する周辺の湿地エリアによって変わるという面白い地形。息をのむような美しい景色が広がるエリアで、のんびりと散策するものおすすめです。またツェル・アム・ゼーはスキーリゾートとしても知られており、ウィンタースポーツを楽しむ観光客からも人気があります。またツェル・アム・ゼーは歴史が古い地域でもあり、聖ヒッポリュトス教会は名所のひとつ。ロマネスク様式で建てられた美しい教会で、一番の見どころは1514年にできたと言われる華やかな欄干です。

  • キッツビュール

    キッツビュールはオーストリアのチロル州にあるキッツビュール群の郡庁所在地です。人口は8500人ほどの決して大きな街ではありませんが、ウィンタースポーツのメッカとも言われる場所で、数々の名選手を輩出しています。旧市街は700年もの歴史がありながらも現代の雰囲気とうまく融合しており、チロル地方で最も美しいと言われるショッピングセンターや、カフェ文化が根付いたオーストリアならではの素敵なカフェが立ち並び、ゆったりと散策するにはおすすめの場所です。スタイリッシュなアルプススタイルのホテルや伝統的なチロルの宿をベースにしたホテルがあり、そのおもてなしも一流です。田舎の雰囲気を楽しむなら、シュワルツゼー湖。林に囲まれた小さな湖ですが、泳いだりボートに乗ったりできます。また湖の周りを散歩して田舎道の雰囲気も味わえます。

  • オーバーグルグル

    オーストリア共和国チロル州イムスト郡に属する村落です。オーバーグルグル=ホッホグルグルのスキーリゾート地域として有名で観光客が多く訪れます。夏にはハイキングを楽しむ人で賑わい、豊かな自然と美しいアルプスの景色を堪能できます。町中から出るゴンドラリフトに乗り込めば町全体を眺めながらの空中散歩ができます。ゴンドラを乗り継いでアクセスするホーエ・ムート展望台はレストランやアスレチック広場があります。また、ハイキングのスタート地点に設定されています。ハイキングコースにはいくつか種類があり、初心者からベテランまで自分に合ったコースで楽しむことが可能です。シェーンヴィースヒュッテに向かう28番コースの途中にはアルプスマーモットの巣があり、運が良ければ遭遇できます。

  • ブレゲンツ

    オーストリアのフォアアールベルク州でブレゲンツ郡に属しています。フォアアールベルク州の州都です。ボーデン湖の湖畔に位置していて、湖を隔ててドイツ、スイスに隣接しています。スイスに近いことから繊維、時計産業が発展していて気質もオーストリアよりスイス寄りだと言われています。紀元前には古代ケルト人の集落があったと伝えられていて、現代においては観光地としても人気の地域です。温和な気候が特徴で、湖の上ではウォータースポーツを楽しめます。また夏には湖上でオペラ、ミュージカルなどが上演されるブレゲンツ音楽祭が開催され地元住人や観光客で賑わいます。毎年7月から8月にかけて開催されるこの音楽祭では素晴らしい音楽と最先端の演出が織りなす圧巻のパフォーマンスを楽しめます。

  • バート・ガスタイン

    オーストリア・ザルツブルク州にある都市です。温泉地として有名で、歴史ある宿場の街並みが今も残っています。地名のバート は温泉、ガスタインはインド・ヨーロッパ語族の言葉で灰色の川または飛沫を上げる川という意味です。1905年にタウエルン鉄道が開業して以降観光地としての認識が広まり出しました。休養の地として親しまれていることからスタイナータール渓谷の真珠と呼ばれています。豊かな自然を楽しみながら生活の活力を養うために訪れる人もいます。バード・ガスタインの湯治センターでは水中療法、電気療法、マッサージなどの温泉療法が行われています。またバード・ガスタインの健康方に坑道療法というものもあります。

広告

運営会社