おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

ドイツの都市一覧 旅行ガイド

ドイツの人気都市

1〜32件を表示 / 全32件

  • ベルリン

    ドイツでは最大の都市で、首都である。1990年に東西ドイツが統一されるまでは、東ドイツだった。ドイツ東部に位置し、町にはシュプレー川が流れる。シャルロッテンブルク宮殿、ブランデンブルク門、チェックポイントチャーリー(ベルリンの壁)など観光スポットが多い。ベルリンフィルの本拠地としても有名である。 映画「ベルリン・天使の歌」の舞台としても有名で、ベルリン国際映画祭は世界三大映画祭の一つである。森鴎外の小説「舞姫」の舞台としても有名で、森鴎外記念館もある。現在、日本から直行便の出ている国際空港はないが、来年度以降に完成予定である。

  • ミュンヘン

    ドイツでは3番目に大きい都市である。また、フランクフルトに次ぐ国際空港があり、日本からの直行便も出ている。ホフブロイハウスをはじめ、ビアホールが多くある。毎年開かれるオクトーバーフェストには世界各国から多くの観光客が訪れる。 バイエルンの支配者の居城であった14世紀末着工のレジデンツ、1664年に造営が始まったニンフェンブルク城やノイエ、アルテ、モダン・ピナコテークという3つの美術館、ドイツ博物館など見どころも多い。世界で5本の指に入るバイエルン国立歌劇場もあり、バイエルン放送交響楽団も有名である。

  • フロイデンベルク

    ドイツ南部のノルトライン・ヴェストファーレン州にある人口18,000人の街、フロイデンベルク。 街の高台には12世紀末に建設されたフロイデンブルク城趾が遺されている。旧市街に集まるモノトーンの伝統的な木組みの家並の景観は素晴らしく、見所である。1666年に大火が起こり、1棟を残し全焼したが、その後再建された際に建て直した木組み建築が現在まで修復されながら使わている。ドイツの木組みの家は赤や茶系が多く、モノトーンでずらりと並ぶ様はフロイデンベルクならではである。また、この街の旧市街は2004年以後その全域が保護文化財に指定されている。

  • ケルン

    ローマ時代から栄えたドイツ最古の都市の一つである。ラテン語のコロニア(植民都市という意味)がケルンの語源。ケルン大学はドイツで2番目に古い大学で、最大の学生数である。世界遺産のケルン大聖堂は632年の歳月を費やし完成した世界最大級の教会建築。名物はケルシュビール。また、オーデコロン(フランス語で「ケルンの水」という意味)4711はナポレオン軍が撤収する際、パリに持ち込み話題となった。 ドイツ国内で最大級のカーニバルが開かれる。現代アートや写真のメッカで、ルートヴィヒ美術館には世界最大級のピカソコレクションが収蔵されている。

  • フランクフルト

    ドイツ第5の都市で、世界の玄関口であるフランクフルト国際空港がある。ユーロ圏における中心の銀行である欧州中央銀行やドイツの大手銀行が集合する、ドイツの金融や工業の中心地であり、多くの見本市が開かれている。超高層ビルが林立する姿は、ニューヨークのマンハッタンになぞらえて「マインハッタン」と呼ばれている。 町にはライン川の支流の中でも最大のマイン川が流れている。ゲーテの出身地としても有名で、ゲーテハウスは有名な観光スポットの一つである。レーマー広場に立つ切妻屋根の3棟の建物は町のシンボルであり、真ん中の建物がレーマーと呼ばれている。

  • ローテンブルク

    ローテンブルクは、ドイツ南部のバイエルン州にある町です。正式にはローテンブルク・オプ・デア・タウバーといいます。中世には神聖ローマ帝国皇帝から自治を許された帝国自由都市として栄え、ロマンティック街道と古城街道とが交差する場所にあり、ドイツ屈指の観光地です。

  • デュッセルドルフ

    ライン川河畔に位置し、世界的な見本市(メッセ)の中心都市であることが有名。経済的にも人口的にもとくに発展した地域内に位置し、日本企業の進出も盛んで、ある最も居住に適した都市の調査では世界では5位、ドイツ国内では2位になるほど。 経済的な中心としてだけではなく、芸術的な分野でも知られた都市で、デュッセルドルフ芸術アカデミーからは多くの画家や写真家などの芸術家を輩出している。電子音楽の先駆者として知られるクラフトワークも、デュッセルドルフを起点としている。毎年7月にはカーニバルが開催され、450万人以上の人々が市内を訪れる。

  • ハンブルク

    ドイツ北西部の港湾都市で、旧市街は昔から商業地域の中心で、数多くの運河がながれている。町の景観の特色のひとつが運河にかかる橋で、港にかかる長いつり橋ケールブラント橋が有名。また、アルスター湖と外アルスター湖、現在では旧市街をかこむ公園・遊歩道となっている古い市壁跡地も観光名所となっている。 ハンブルク・フィルハーモニー・オーケストラなどが属するオペラハウスが有名で、作曲家・メンデルスゾーンやブラームスの生誕地でもあり、ビートルズが下積み時代に活動していたことでも知られ、その英国デビューは「ハンブルクから来た男たち」の触れ込みで行われたためドイツ人バンドと誤解されたというエピソードもある。

  • ザイフェン

    ドイツ・ザクセン州、ドレスデンから南に50kmのチェコとの国境近く、エルツ山地の中央部に位置するザイフェン。 村の人口約3,000人の内2,000人がおもちゃに関する仕事についていて、「おもちゃの村」として有名な村である。この村で何百年も前から作られているクリスマスツリーに飾る木製オーナメントやくるみわり人形、窓辺を飾るロウソク立てや天使のミニチュアなどを求め、世界中から人々が訪れている。また、14世紀ごろから19世紀まで錫の鉱山として栄えた歴史もあり、伝統的な鉱山パレードや、鉱山労働の歴史なども紹介されている。

  • ヴュルツブルク

    ロマンチック街道の北の入口に位置し、マイン川のほとりに広がる都市である。紀元前1000年頃には、すでにケルト人が住み着いていた。レジデンツと宮廷庭園は世界遺産に選ばれており、レジデンツでは6月頃モーツァルト音楽祭が開かれる。マリエンベルク要塞にも多くの観光客が訪れる。 シーボルトが生まれた町で、レントゲン(X線)が発見された場所でもある。フランケンワインの主な産地でボックスボイテルという独特の形をしたワインボトルの発祥地。春と秋にはワインのお祭りも開かれる。また、1402年創立の大学には2万人の学生が通う。

  • ドレスデン

    ドイツで一番東にある都市で、ゲーテ街道の東の端にある。隣りの国チェコから30Kmしか離れていない。チェコに行く途中には、ザクセンのスイスと呼ばれる岩山が現れる。陶器の町マイセンからも25Kmの距離である。ゲーテは「エルベ川のフィレンツェ」と称えた。ザクセン王国のかつての都。ツヴィンガー宮殿はドイツ・バロック建築の最高傑作と言われている。大聖堂はザクセン州最大の教会である。 世界最古のオーケストラの一つがあり、音楽の都としても有名。ジャズの祭りをはじめ、多くの音楽祭が開かれている。ワーグナーやバッハなど有名な音楽家も活躍した。

  • ロマンチック街道周辺

    ドイツのヴュルツブルクからフュッセンまでの366kmの街道ルートで、1本の道ということではなく、ほぼ直線状に連なったドイツの観光名所を地図の上でつなげ、続けて観光するのに便利なように案内した順路のようなものである。 ローテンブルクやディンケルスビュールなどの中世都市や、ノイシュヴァンシュタイン城、ハールベルク城などの観光名所を通り、クレクリンゲンのマリア昇天の祭壇など宗教的な建築物・オブジェが多数点在している。フランケン・ワインやドナウ川のます料理など観光資源が豊富なルートで、最も人気の高い観光街道の一つである。

  • ニュルンベルク

    ニュルンベルクは、バイエルン州北部フランケン地方の中心的都市で、人口はミュンヘンに次いで州内約50万人です。中世からの伝統ある都市で、クリスマスマーケットが開催される町として有名です。現在も旧市街は中世の城壁で囲まれています。

  • マインツ

    活版印刷の発明者・グーテンベルクの出身地として有名で、ロマネスク様式のマインツ大聖堂は、ケルン、トリーアと並んで有名な大聖堂であるなど歴史的価値の高い都市。グーテンベルク博物館では、グーテンベルク自らが印刷したとされる世界最古の活版印刷である聖書などが展示されている。 ほかにも、1,000年以上前に建てられたザンクト・シュテファン教会ではシャガール作のステンドグラスを見ることができるなど観光名所も多く、昔ながらの概観のかわいらしい建物が並ぶマルクト広場など年間多くの観光客が訪れることで有名。

  • ハイデルベルク

    ドイツの南西に位置し、町にはライン川の支流ネッカー川が流れている。ハイデルベルク城址やドイツで最古の大学がある、落ち着いたたたずまいの学園都市である。アーチ形の石橋、カール・テオドール橋や哲学者の道など見どころも多い。ハイデルベルク市が制定されたのは12世紀だが、その歴史は紀元前にまで遡ることができる。「アルト・ハイデルベルク」という作品をはじめ、多くの芸術家に愛された街である。 学生が多く、また、国際色豊かでもあり、町には活気がある。旧市街は歩いて回ることができ、フランクフルトからも電車で1時間程で行くことができる。

  • シュツットガルト

    ドイツ南西部にある。ネッカー川沿いにあり、博物館のあるメルセデス・ベンツやポルシェなどの自動車工業をはじめ、各種工業が発達している。また、ブドウの栽培も盛んで、ドイツ最大級のワイン生産地でもある。黒い森(シュヴァルツヴァルト)の旅の起点。 ゲーテと並ぶ文豪シラーのゆかりの地である。シュツットガルト・バレエ団は世界トップレベルのバレエ団である。郊外のルートヴィヒスブルク宮殿はドイツ最大級のバロック宮殿で、その工房で作られる磁器は、マイセンと並び称されている。南西ドイツで一番のショッピングタウンでもある。

  • フュッセン

    海抜808mに位置し、バイエルン州で最も高い都市。数多くの博物館や建築物が有名で、ホーエス・シュロスの州立ギャラリーではかつてこの城館の部屋を飾っていた後期ゴシック様式のパネル画や彫刻が展示されており、15世紀から16世紀への境目のアルゴイ地方やシュヴァーベン地方の芸術を概観することができる。 イタリア風のシンメトリックなバロック建築で建てられたフュッセン聖マング修道院や、ノイシュヴァンシュタイン城を臨むフュッセン音楽劇場(旧ノイシュヴァンシュタイン音楽劇場)など観光名所が多く、映画「大脱走」でスティーブ・マックイーンが演じた有名なバイクのシーンは、この街でも撮影されたなど景観がとても美しい。

  • ブレーメン

    川沿いに長さ約38km、幅約16kmの広さを持ち、広さでドイツ10位、人口で11位の都市。ドイツ鉄道の車両工場やケロッグのブレーメン工場など、商業施設が有名で、昔から国際貿易の拠点として発展した。 道路面積の22%が自転車道で、人口1人あたりの自転車道の距離もドイツの大都市の中で最長であるなど、自転車を主な移動手段とする住民が多い。さらに、フォーラム・アム・ヴァル内のブレーメン市立図書館は514,000冊の蔵書を有し、年間来訪者約130万人、貸出件数350万件を数えるブレーメン市立の図書館で、北ドイツで最大規模の公共図書館の一つであることも有名。

  • アーヘン

    ドイツ連邦共和国の、ノルトライン=ヴェストファーレン州の都市です。州の南西部に位置し、オランダとベルギーの国境に近接しています。アーヘン(aha:鉱泉)をはじめ地名はすべて水に関係することからも分かるように、この地には古くから温泉が湧いており、古代ローマ帝国時代にはローマ人たちの保養地として栄えていました。街の中心には786年から建設が行われはじめた、北ヨーロッパ最古の大聖堂である「アーヘン大聖堂」があり、その様式美と歴史的な価値から1978年にはユネスコの世界遺産にも登録されています。中でも高さ約25m以上にもおよぶステンドグラスで囲まれたガラスの礼拝堂は、訪れる人を魅了する美しさが評判です。また、その隣にある宝物館にはロタールの十字架やペルセフォネの石棺、カール大帝の胸像といった独創的な品々が収められています。

  • アイスレーベン

    ドイツ連邦共和国の南西部に位置するマンスフェルト=ズュートハルツ郡に属し、同郡では2番目に大きな都市です。ドイツの有名な聖職者、作家であり宗教改革の中心的な人物となったマルティン・ルターがこの地で生まれ、亡くなったことから、1946年以降は都市名の前に “ルターの都市” を意味する「ルターシュタット」を付けています。このアイスレーベンや、ルターの活動拠点となったヴィッテンベルクにはルターにまつわる建造物が今なお多く残されており、1996年からはユネスコの世界遺産として登録されています。主要な観光スポットもルターに関するものが多く、ドイツで最も古い博物館でもある「マルティン・ルターの生家」や、ルターが洗礼を受けた「聖ペトリ・パウリ教会」、後期ゴシック建築の大邸宅「ルター死去の家」は必見です。

  • ガルミッシュ・パルテンキルヘン

    ドイツのバイエルン州にあるガルミッシュ・パルテンキルヘンは、ツークシュピッツェ山の麓に広がりオーストリアに近い位置にある都市です。代表的な観光スポットとしてツークシュピッツェ山があり、ドイツ最高峰であるこの山には登山のための鉄道やロープウェイが開通しています。山頂からは周辺の美しい景色を一望することができ、ドイツ以外の国も見えてきます。リンダーホーフ城も有名であり、1870年代後半に建築されたフランスロココ調の美しいお城が立っています。規模は大きくはありませんが、作り込まれた繊細な技術や優雅な雰囲気に浸ることができ、観覧ツアーなども開催。都市には約27000人ほどが生活しており、人口密度はそれほど高くありません。街にはパルトナッハ川やロイナッハ川が流れていて、昔から水運の拠点としても重要な役割を果たしてきました。

  • ボン

    ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州の南部に位置するライン河沿いの都市で、南側にはジーベンゲビルゲ山脈を臨み、約25km北西に行くとケルンがあります。ドイツが東西に分断されていた時代には40年以上にわたり西ドイツの首都としての機能を果たし、現在でも首都の役割を分担しています。1818年にはボン大学が設立されるなど文教都市としての一面を持つ一方で、べートーヴェンが生まれ、逝去した街としても広く知られており、べートーヴェンの生家などは人気の観光スポットなっています。また真っ白で美しい外観の旧市庁舎や、ボン生まれのグミ、ハリボーのショップ、マルクト広場で定期的に開かれる市場やクリスマスマーケット、ライン河沿いの美しい景観など、小さな街ですがたくさんの魅力が詰まった街です。

  • ハノーバー

    ドイツ連邦共和国のニーダーザクセン州に属する主要な都市です。ライネ川沿いに位置し、ドイツ最長の人工水路であるミッテルランド運河が市内を走るほか、鉄道が交錯する交通の要所でもあります。2000年には万国博覧会も開かれており、大学をはじめ様々な教育機関が充実。サッカーで知られる総合スポーツクラブ、ハノーバー96の本拠地としても有名です。観光スポットとして知られるヘレンハウゼン王宮庭園は、フランス風に造られた平面幾何学模様が圧巻の大庭園をはじめ、4つの美しい庭園からなる景勝地として知られています。敷地内にはハノーバー王家の霊廟も見られ、タイミングが良ければ催し物も楽しめるでしょう。また、世界最大と言われるコンピューターの見本市CeBITや、1529年に始まった射撃祭なども毎年行われ、期間中は多くの人でにぎわいます。

  • エッセン

    ドイツ連邦共和国のノルトライン=ヴェストファーレン州中西部、ルール川の近くに位置する人口約58万人の都市です。東西に並ぶボーフムやミュールハイム・アン・デア・ルール、北側のゲルゼンキルヒェンとともに、かつてはルール工業地帯として鉄・石炭工業で栄えていました。工業最盛期には人口も75万人近くまでに達し、当時の「ツォルフェアアイン炭鉱」は貴重な産業遺産としてユネスコの世界遺産に登録されています。このツォルフェアアイン炭鉱は、世界一美しい炭鉱とも評されるほど機能性、デザイン共に優れている建造物であり、毎年多くの観光客が訪れる見所です。また、近年では戦後の名画を展示している「フォルクヴァンク美術館」も、質の良い展示物と、エッセン中央駅から徒歩圏内という立地の良さで、観光スポットとしての注目を集めています。

  • ライプチヒ

    ドイツ連邦共和国ザクセン州の北西部に広がる都市で、ライプチヒ盆地に位置します。ベルリンから南西に約120kmドレスデンから北西に約100kmほどの場所にあり、ドイツ中部圏の主要な都市でもあります。交易の場として古くから栄え、様々な文化の行き交う土地で、バッハ、メンデルスゾーン、ワーグナーといった音楽家たちにゆかりの深い音楽の街としても有名です。バッハ博物館や、ワーグナーが洗礼を受けたとされる聖トーマス教会、シューマンの住居など見所もたくさん。またベルリンの壁が崩壊した後の、ドイツ統一運動が始まった地としての一面も持ち、ナポレオンが利用した宿などが見られるマルクト広場には、毎年クリスマスマーケットが盛大に開かれています。

  • バーデン・バーデン

    ドイツ連邦共和国のバーデン=ヴュルテンベルク州に属し、シュヴァルツヴァルト(黒い森)と呼ばれる密林地帯の北部に位置する都市です。ヨーロッパ屈指の温泉地として古来より有名で、特に19世紀以降、鉄道が普及して庶民の旅行が一般的になるにつれ、観光地として多くの人々が訪れるようになりました。また近郊には競馬場があるほか、テニスやゴルフなどのスポーツを楽しめる施設や、登山、ハイキング、スキーなどができる自然環境も整っており、保養地としても人気です。街全体がゆったりとしたエレガントな雰囲気で、飲泉を楽しめる歴史的建造物「トリンクハレ」や温浴施設「カラカラ スパ」「フリードリヒ浴場」、「フリーダー・ブルダ美術館」など、見所もたくさんあります。

  • ダルムシュタット

    ドイツのヘッセン州にあるダルムシュタットは、山地や警告などに囲まれた地形が特徴の都市で一年を通して比較的穏やかな気候です。代表的な観光スポットとしては世界的に知られているフランケンシュタイン城があり、フランケンシュタインの小説のモデルとなった歴史ある城です。街の象徴的なスポットはマチルダの丘で、手をモチーフにしたユニークな造形の塔を中心に芸術性あふれるエリアとして発展しています。博物館や動物園、美術館といった文化的施設も豊富で観光するのに困りません。演劇や音楽、学術が盛んであり、多くの劇場や図書館などもおすすめ。一年を通して様々な文化的イベントが開催されており、興味のあるイベントが開催されている時に観光するとより楽しめます。

  • マグデブルク

    ドイツのザクセン・アンハルト州の州都であるマグデブルクは、ヨーロッパ有数の規模を誇るエルベ川に面した都市です。代表的な観光スポットにはまずエルベ川の河畔に建つマグデブルク大聖堂があり、迫力のある建物と壮麗な内装など見所の多さが特徴でヨーロッパらしい雰囲気を感じることができて人気です。緑の砦と呼ばれるスポットも隠れて人気を集めており、著名な建築家による個性的な建物は外からも中からも楽しめます。美しくも不思議な空間に迷い込んだような印象を受けるスポットです。人口は24万人ほどで、人口密度もやや高めの発展した都市でありながら、街には昔ながらの建築物が散見されるのが特徴。河港が設置されており、水上交通の重要なポイントとして船の往来があるのも見所です。

  • カールスルーエ

    ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州にあるカールスルーエはライン川とシュヴァルツバルトに近い場所に位置している都市です。代表的な観光スポットとして人気が高いのはカールスルーエ城であり、広大で美しい宮殿の中に入ると州立美術館が広がっていて伝統的な絵画や美術品などに出会うことができます。周辺も含め、街並みは全体的に歴史を感じさせるバロック様式の建築物が多いのが特徴で、ヨーロッパらしい景観を楽しみたい人におすすめ。宮殿を中心として、扇状に道路が広がっている整然とした区画も特徴的であり、人口の美しさと周辺に広がる自然の両方を満喫できます。ショッピングや食事などを楽しむのにぴったりのカイザー通り周辺にある広場にはかつての伯爵が眠るピラミッドが存在します。

  • ヴィースバーデン

    ドイツのヘッセン州の州都であるヴィースバーデンは、ドイツの中心からやや西側に位置しており南側はライン川とも接しています。ドイツトップクラスの温泉街として知られており、かつてはゲーテやドストエフスキーなども訪れたとされています。代表的な温泉施設としてカイザー・フリードリッヒ温泉があり、100年以上の歴史をもつクラシックスタイルの温泉施設を楽しめます。カジノの街としても知られるヴィースバーデンにはレベルの高いカジノが存在し、かなりの額が飛び交うこともしばしば。街自体は一年を通して比較的穏やかな気候であるため、どの時期に訪れても観光を楽しめます。ラインタウヌス自然公園も近く、豊かな自然と多様な生き物に触れることができる貴重なスポットです。

広告

運営会社