おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

エリア

広告

ドイツの都市一覧 旅行ガイド

ドイツの人気都市

1〜32件を表示 / 全32件

  • ベルリン

    ベルリンは、歴史の荒波に翻弄されてきた都市です。このベルリンに住む人々は、たくましく自由闊達であることが多く、ドイツ最大の都市とはいっても実は東京23区の約1.5倍の面積しかありません。 都心部にも多くの公園や水路、湖がありますので、狭い面積ではあるものの、ほかのドイツの町と同じでゆったりとした雰囲気が漂っています。ベルリンには一夜にして壁が築かれ、以来28年間壁が壊れることがないと思われていたのですが、ベルリンの壁が壊され東西ドイツは再統一を果たします。ベルリンは再び首都の座に返り咲いたのです。新ターミナル駅など、町のあちこちに建築現場が多いのが特徴です。

  • ミュンヘン

    ミュンヘンは、ドイツ南部のバイエルン州にある都市で、ドイツ国内においては3番目に大きな都市です。ただ、大きな都市でありながら都会にある冷たさが感じられず暖かい人が多い街としてとても人気があります。 排他的な風潮などもありませんし、とてもゆったりとした時間の流れる場所ですので、観光はもちろんワーキングホリデーなどで訪れる人をとてもあたたかく迎え入れてくれます。 ミュンヘンは欧州最強クラブでもあるFCバイエルン・ミュンヘンの本拠地ですので、とてもサッカーに熱い都市です。さらにドイツ最大のビール醸造所や世界最大級のビアホールもありますので、楽しみ方は様々あります。サッカー好きも、お酒好きも思い切り楽しむことができます。

  • フロイデンベルク

    世界にはカラフルでとてもきれいな街もたくさんあるのですが、ドイツのフロイデンゲルクは、モノトーンの色で統一された、センス良い景色が広がっています。このような色彩の町並みは世界でも珍しく、修復を繰り返しながらも17世紀から400年以上この景色が続いてます。ガイドブックにも記載されていないような隠れたとても魅力的なスポットです。 フロイデンベルクはバーデン=ヴュルテンベルク州の最北部にある田舎町なのでフランクフルトから鉄道とバスを乗り継いでアクセスすることになります。1時間もあれば散策できるほどちいさな町ですが、その中に歴史を感じさせるものがたくさんあります。

  • ケルン

    ケルンはドイツ西部のライン川流域にある都市です。ドイツ第4の都市として規模も大きく、古代ローマ時代までさかのぼる歴史があります。 世界中から観光客が訪れる人気のある観光都市となっています。なんといってもその魅力は世界遺産にも登録されているとても素晴らしいケルン大聖堂です。見応えのある歴史的建物や街並みはここでしか見られません。旧市街地は中世の趣を感じる石畳の道、そしてライン川沿いは昔ながらのドイツらしい建物が利用されたレストランなどが軒を連ねており、観光客だけでなく地元の人々でも賑わっています。チョコレート博物館などは甘いものが大好きな人にとっては是非足を運びたい場所の1つとなるのではないでしょうか。

  • フランクフルト

    フランクフルトはドイツの金融と商業の中心でもあり、高層建築が立ち並びます。ドイツのほかの地域では高層建築はあまり見られないのですが、フランクフルトには証券取引所、ドイツ銀行など大銀行の本社が群をなして建てられています。 欧州統一通貨・ユーロを発行している欧州中央銀行の本拠地でもありますので、ヨーロッパの金融市場を大きく動かしているまさに基盤となっています。世界最大規模の書籍見本市であるフランクフルト・ブックフェア、音楽見本市、ミュージックメッセといったイベントが開催されることでも知られています。8世紀ごろに東フランク帝国の首都となりそこから発展し続けました。名物であるメッセは13世紀ごろから活発に行われるようになり、現在では毎年大規模な見本市がたくさん開催されるようになっています。

  • ローテンブルク

    ローテンブルクはメルヘン街道や古城街道などといった150以上もの観光街道のある街として知られています。中でもロマンチック街道は366キロも続く街道です。ローマへの巡礼の道という意味があり、中世の街並みが残っているのが最大の特徴です。ロマンチック街道沿いにはドイツ最大の観光地でもあるノイシュバンシュタイン城、世界遺産のヴィース教会、さらにはドイツの観光地においても人気のローテンブルクなどがあります。 ローテンブルクの正式名称ですが、ローテンブルク・オブ・デア・タウバーです。タウバー川を望む丘の上にあるローテンブルクという意味があるんですよ。 ドイツ南部のバイエルン州に属していて、街の歴史は9世紀までさかのぼります。

  • デュッセルドルフ

    デュッセルドルフといえば、芸術と文化の街です。街の象徴にもなっているライン川のほとりでは、毎日多くの人が集まってとてもゆったりとした時間を過ごしています。ヨーロッパならではの石畳が特徴の旧市街地や地ビールを楽しめるビアバーなどもありますので、楽しめる場所は盛りだくさんです。 日本企業が多数進出していますので、日本人が多い街としても知られています。美術館や博物館も多く芸術的な街ですが、同時に一流ブランドのブティックなども集まっており、洗練されたショップでショッピングを楽しめます。伝統的な部分と都会的な部分を持ち合わせているのがこのデュッセルドルフです。

  • ハンブルク

    ハンブルクはドイツ第2の都市として知られています。ドイツ最大の港町として栄えたこの街は、ドイツの観光スポットとして人気が最も高いミニチュアワンダーランドをはじめとしてたくさんの魅力が詰まっています。 ハンブルクで絶対に見逃せない観光スポットは世界遺産にも登録されている倉庫街です。ハンブルクが国際的な商業都市として急激に成長をした19世紀から20世紀に整備されました。倉庫街としては世界最大級の規模とされています。 近代的な町並みが広がっているハンブルクにあって、19世紀当時の風景をとどめている倉庫街はまるで全く異なる世界と思えるほどです。運河沿いに広がるレンガ色の町並みはとてもロマンティックな散策スポットとしても人気です。

  • ドレスデン

    ドレスデンは華やかな繁栄の様からエルベ川のフィレンツェとも讃えられている宮廷都市です。第二次世界大戦の空襲によって非常に深刻な被害を受けたのですが、1990年前後から歴史建築が再建されました。そして以前のようなとても美しい旧市街がよみがえったのです。旧市街はさまざまな建物が建ち並んでおり、非常に素敵な風景です。フリードリヒ・アウグスト1世の命によって1709年から建設されたツヴィンガー宮殿もあります。 ドレスデンの名物といえば、バウムクーヘンです。切り株の形で有名なケーキで、薄いスポンジの層を重ねただけに素材が味を大きく左右します。シンプルなだけに奥が深いお菓子です。ザウアーブラーテンはマリネした肉を煮込んだ料理で、地域によって食べる時のソースが違うのも特徴です。

  • ザイフェン

    ザイフェンはドイツ・ザクセン州にあるドレスデンから南に約50キロほど進んだところにあるチェコとの国境の近くにあります。夏は山岳リゾートとして、冬はスキー客で賑わう田舎町なのですが、この町が1年で一番賑わうのがクリスマスの前になります。 おもちゃの村としても知られているザイフェンのメインストリートには世界各地から多くの観光客が訪れます。この村で何百年も前から作られているクリスマスツリーに使用する木製のオーナメント、そしてくるみ割り人形、さらに窓辺を飾るロウソク立てや天使のミニチュアといったものもとても魅力的なものです。おもちゃ作りは家族単位の小さな工房において行われており、現在では150件ほどなのですが、それぞれの工房において昔から受け継がれてきたモチーフがあります。

  • ヴュルツブルク

    ヴュルツブルクはドイツにある都市です。ドイツには〇〇街道と名付けられている観光ルートがたくさんあるのですが、街道沿いを巡ると中世の街並み、古城や教会などヨーロッパだからこそのとても美しい風景を楽しむことができます。1つひとつの街もそれぞれに特徴があって、どんな風景が広がっているのかその違いを楽しむことができます。中で最も人気の高い街道がロマンティック街道で、そのロマンティック街道の最初の街がヴュルツブルクです。 ヴュルツブルクのはずせない見所としては、やはりレジデンツがあります。レジデンツは大司教の宮殿として知られており、1981年に世界遺産に登録されています。歴代の大司教はマリエンベルク要塞に居住していました。

  • ロマンチック街道周辺

    ロマンチック街道は、ドイツで大人気の観光コースとして知られています。ビュルツフルクからフュッセンまで続いている、全長366kmの街道沿いには、ローテンブルクやディンケルスビュールのような中世の街並みが残ったままになっている都市や、ノイシュヴァンシュタイン城、さらにはハールブルク城のようなとても歴史ある美しい城があります。宗教建築などが点在し、見どころがありすぎるほどです。 一年を通して観光客の多い街道なのですが、クリスマスシーズンにおける雰囲気はとても素晴らしく、観光客を毎年魅了しています。ゆっくりドライブして巡るのもとても楽しいですよ。

  • ニュルンベルク

    ニュルンベルクはロマンティックな中世の趣が残っています。ドイツ南部バイエルン地方にある都市で、ミュンヘンに続く2番目に大きい街として知られています。 美味しいものが好きな人は、ニュルンベルクソーセージ、音楽が好きなのであればワーグナーのニュルンベルクのマイスターシンガーなどを思い浮かべるかもしれません。ニュルンベルクの見どころの大半は、街を囲っている城壁内の内部に集中しています。そのため、徒歩でも十分に周ることができます。クリスマスマーケットが開かれる広場が有名ですが、クリスマス以外のシーズンであっても、色々な催し、市場で賑わっていますよ。広場の最も重要な建物としては、やはり旧市庁舎です。高さ40mのゴシック様式によって作られた塔が最も古い部分だけでも14世紀からのものです。

  • マインツ

    マインツはシンデレラ城のモデルとなったノイシュヴァンシュタイン城をはじめ、中世の古い街並みを楽しめるロマンチック街道など様々な観光地が近くにあります。ただ、このマインツという街の名前を聞いたことがある人は少ないかもしれません。マインツは、ラインラント=プファルツ州の州都であり、活版印刷を生み出したヨハネス・グーテンベルクが誕生した場所としても知られています。 大きな都市ではありませんが、ライン川、マイン川とのご宇宙地点としてとても栄えており、見どころは盛りだくさんです。 ドイツの有名観光地はすべて見てしまった人や、もっと深く街について知りたいという方にはマインツがとてもおすすめです。

  • ハイデルベルク

    ハイデルベルクは歴史ある街として知られています。まるで中世ヨーロッパにタイムスリップしたかのような光景が残っている古い歴史のある都です。ドイツでも指折りの観光地でついつい写真をとりたくなってしまうようなフォトジェニックなスポットが盛りだくさんです。例えばハイデルベルク城です。丘の上にそびえ立つハイデルベルク城は、まさに絶景です。レンガの色が美しいハイデルベルク城はドイツ三大名城の1つとして挙げられ、国内はもちろん国外からも多くの観光客が訪れることで知られています。ハイデルベルクの旧市街は石畳の街並みが続き、とってもロマンチックな雰囲気です。どこを切り取ってもまるで絵葉書のような景色が広がり、とても魅力的な都市です。

  • フュッセン

    フュッセンはドイツ中央部から南部に続くロマンティック街道の終着地です。このロマンティック街道はおとぎ話に出てきそうな可愛らしい町で、東京ディズニーランドのモデルになったとも言われているノイシュヴァンシュタイン城を通る観光ルートです。 全長約360kmにも及ぶ長い道のりの終着地となっています。オーストリアがすぐそこの町フュッセンですが、日本ではまだ知られていない中世の雰囲気がとても濃く残っているとても魅力的な街です。フュッセンからは、ドイツ観光でも人気のあるノイシュヴァンシュタイン城行きのバスも出ていますので、とてもアクセスしやすい場所にあります。ノイシュヴァンシュタイン城、その近くにあるホーヘンシュヴァンガウ城といった城を観光するうえでの重要な拠点にもなります。

  • ブレーメン

    ブレーメンは、フランクフルト近郊にあるハーナウから北に600Kmほど続く、メルヘン街道の終着点として有名です。中世後期には、バルト海沿岸地域の貿易を独占しており、ヨーロッパ北部の経済圏を支配したとされているハンザ同盟の中心都市としても知られています。ブレーメンの音楽隊に出てくる動物たちが憧れて目指したブレーメンは世界遺産に指定された市庁舎、素敵な町並みが残ります。 世界遺産の市庁舎内は、ガイドツアーで見学できます。天井から吊るされている3つの船は貿易によって反映したブレーメンを象徴しています。第2次世界大戦中にはこのホール内にも不発弾が落ちたのですが、そこにいた女性が爆弾を抱えて外に投げ出したという逸話もあります。

  • シュツットガルト

    シュツットガルトは森をとても大切にするドイツ人にとって非常に大切な場所です。ドイツ人は森の人といわれることがあるように、彼らは森をとても深く愛し森へよく散歩に行きます。事実、ドイツ国内には多くの森が点在しています。シュツットガルトは、ファンタスティック街道にそうようにあり、このエリアを黒い森と呼びます。とても豊かな自然に抱かれたこの地方にはどのような絶景があるのか、それを自分の目で確かめたいと訪れる観光客は多いです。 ブドウ畑や森に囲まれているとても自然の多い盆地であり、黒い森に点在する街を尋ねるまさに基点となる場所です。ドイツ南西部の経済の中心地でもあり、メルセデス・ベンツの本社があります。

  • ガルミッシュ・パルテンキルヘン

    ドイツのバイエルン州にあるガルミッシュ・パルテンキルヘンは、ツークシュピッツェ山の麓に広がりオーストリアに近い位置にある都市です。代表的な観光スポットとしてツークシュピッツェ山があり、ドイツ最高峰であるこの山には登山のための鉄道やロープウェイが開通しています。山頂からは周辺の美しい景色を一望することができ、ドイツ以外の国も見えてきます。リンダーホーフ城も有名であり、1870年代後半に建築されたフランスロココ調の美しいお城が立っています。規模は大きくはありませんが、作り込まれた繊細な技術や優雅な雰囲気に浸ることができ、観覧ツアーなども開催。都市には約27000人ほどが生活しており、人口密度はそれほど高くありません。街にはパルトナッハ川やロイナッハ川が流れていて、昔から水運の拠点としても重要な役割を果たしてきました。

  • アーヘン

    ドイツ連邦共和国の、ノルトライン=ヴェストファーレン州の都市です。州の南西部に位置し、オランダとベルギーの国境に近接しています。アーヘン(aha:鉱泉)をはじめ地名はすべて水に関係することからも分かるように、この地には古くから温泉が湧いており、古代ローマ帝国時代にはローマ人たちの保養地として栄えていました。街の中心には786年から建設が行われはじめた、北ヨーロッパ最古の大聖堂である「アーヘン大聖堂」があり、その様式美と歴史的な価値から1978年にはユネスコの世界遺産にも登録されています。中でも高さ約25m以上にもおよぶステンドグラスで囲まれたガラスの礼拝堂は、訪れる人を魅了する美しさが評判です。また、その隣にある宝物館にはロタールの十字架やペルセフォネの石棺、カール大帝の胸像といった独創的な品々が収められています。

  • ボン

    ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州の南部に位置するライン河沿いの都市で、南側にはジーベンゲビルゲ山脈を臨み、約25km北西に行くとケルンがあります。ドイツが東西に分断されていた時代には40年以上にわたり西ドイツの首都としての機能を果たし、現在でも首都の役割を分担しています。1818年にはボン大学が設立されるなど文教都市としての一面を持つ一方で、べートーヴェンが生まれ、逝去した街としても広く知られており、べートーヴェンの生家などは人気の観光スポットなっています。また真っ白で美しい外観の旧市庁舎や、ボン生まれのグミ、ハリボーのショップ、マルクト広場で定期的に開かれる市場やクリスマスマーケット、ライン河沿いの美しい景観など、小さな街ですがたくさんの魅力が詰まった街です。

  • エッセン

    ドイツ連邦共和国のノルトライン=ヴェストファーレン州中西部、ルール川の近くに位置する人口約58万人の都市です。東西に並ぶボーフムやミュールハイム・アン・デア・ルール、北側のゲルゼンキルヒェンとともに、かつてはルール工業地帯として鉄・石炭工業で栄えていました。工業最盛期には人口も75万人近くまでに達し、当時の「ツォルフェアアイン炭鉱」は貴重な産業遺産としてユネスコの世界遺産に登録されています。このツォルフェアアイン炭鉱は、世界一美しい炭鉱とも評されるほど機能性、デザイン共に優れている建造物であり、毎年多くの観光客が訪れる見所です。また、近年では戦後の名画を展示している「フォルクヴァンク美術館」も、質の良い展示物と、エッセン中央駅から徒歩圏内という立地の良さで、観光スポットとしての注目を集めています。

  • ダルムシュタット

    ダルムシュタットはドイツ南西部、フランクフルトから南に30キロほどのところにあります。100年前、当時の大公の庇護の元で築いたユーゲントシュティール、マチルダの丘といったものがあります。 現在も非常に多くの建築が残っており、ダルムシュタットの象徴的存在である結婚記念塔はあまり見開けないような変わった形状をしています。手の形をした建物は結婚記念塔とも呼ばれており、1905年に結婚したエルンスト・ルートヴィヒ大公、そしてエレオノーレ妃への結婚記念プレゼントとして建築されました。5本の指がのびた手は結婚式においての大公の宣誓した手をモチーフにしたと言われています。塔の南側には宇宙をイメージするようなきれいな青いガラスモザイク、さらに金色の星座がキラキラときらめきます。

  • ハノーバー

    ドイツ連邦共和国のニーダーザクセン州に属する主要な都市です。ライネ川沿いに位置し、ドイツ最長の人工水路であるミッテルランド運河が市内を走るほか、鉄道が交錯する交通の要所でもあります。2000年には万国博覧会も開かれており、大学をはじめ様々な教育機関が充実。サッカーで知られる総合スポーツクラブ、ハノーバー96の本拠地としても有名です。観光スポットとして知られるヘレンハウゼン王宮庭園は、フランス風に造られた平面幾何学模様が圧巻の大庭園をはじめ、4つの美しい庭園からなる景勝地として知られています。敷地内にはハノーバー王家の霊廟も見られ、タイミングが良ければ催し物も楽しめるでしょう。また、世界最大と言われるコンピューターの見本市CeBITや、1529年に始まった射撃祭なども毎年行われ、期間中は多くの人でにぎわいます。

  • マグデブルク

    ドイツのザクセン・アンハルト州の州都であるマグデブルクは、ヨーロッパ有数の規模を誇るエルベ川に面した都市です。代表的な観光スポットにはまずエルベ川の河畔に建つマグデブルク大聖堂があり、迫力のある建物と壮麗な内装など見所の多さが特徴でヨーロッパらしい雰囲気を感じることができて人気です。緑の砦と呼ばれるスポットも隠れて人気を集めており、著名な建築家による個性的な建物は外からも中からも楽しめます。美しくも不思議な空間に迷い込んだような印象を受けるスポットです。人口は24万人ほどで、人口密度もやや高めの発展した都市でありながら、街には昔ながらの建築物が散見されるのが特徴。河港が設置されており、水上交通の重要なポイントとして船の往来があるのも見所です。

  • アイスレーベン

    ドイツ連邦共和国の南西部に位置するマンスフェルト=ズュートハルツ郡に属し、同郡では2番目に大きな都市です。ドイツの有名な聖職者、作家であり宗教改革の中心的な人物となったマルティン・ルターがこの地で生まれ、亡くなったことから、1946年以降は都市名の前に “ルターの都市” を意味する「ルターシュタット」を付けています。このアイスレーベンや、ルターの活動拠点となったヴィッテンベルクにはルターにまつわる建造物が今なお多く残されており、1996年からはユネスコの世界遺産として登録されています。主要な観光スポットもルターに関するものが多く、ドイツで最も古い博物館でもある「マルティン・ルターの生家」や、ルターが洗礼を受けた「聖ペトリ・パウリ教会」、後期ゴシック建築の大邸宅「ルター死去の家」は必見です。

  • ライプチヒ

    ドイツ連邦共和国ザクセン州の北西部に広がる都市で、ライプチヒ盆地に位置します。ベルリンから南西に約120kmドレスデンから北西に約100kmほどの場所にあり、ドイツ中部圏の主要な都市でもあります。交易の場として古くから栄え、様々な文化の行き交う土地で、バッハ、メンデルスゾーン、ワーグナーといった音楽家たちにゆかりの深い音楽の街としても有名です。バッハ博物館や、ワーグナーが洗礼を受けたとされる聖トーマス教会、シューマンの住居など見所もたくさん。またベルリンの壁が崩壊した後の、ドイツ統一運動が始まった地としての一面も持ち、ナポレオンが利用した宿などが見られるマルクト広場には、毎年クリスマスマーケットが盛大に開かれています。

  • ヴィースバーデン

    ドイツのヘッセン州の州都であるヴィースバーデンは、ドイツの中心からやや西側に位置しており南側はライン川とも接しています。ドイツトップクラスの温泉街として知られており、かつてはゲーテやドストエフスキーなども訪れたとされています。代表的な温泉施設としてカイザー・フリードリッヒ温泉があり、100年以上の歴史をもつクラシックスタイルの温泉施設を楽しめます。カジノの街としても知られるヴィースバーデンにはレベルの高いカジノが存在し、かなりの額が飛び交うこともしばしば。街自体は一年を通して比較的穏やかな気候であるため、どの時期に訪れても観光を楽しめます。ラインタウヌス自然公園も近く、豊かな自然と多様な生き物に触れることができる貴重なスポットです。

  • バーデン・バーデン

    ドイツ連邦共和国のバーデン=ヴュルテンベルク州に属し、シュヴァルツヴァルト(黒い森)と呼ばれる密林地帯の北部に位置する都市です。ヨーロッパ屈指の温泉地として古来より有名で、特に19世紀以降、鉄道が普及して庶民の旅行が一般的になるにつれ、観光地として多くの人々が訪れるようになりました。また近郊には競馬場があるほか、テニスやゴルフなどのスポーツを楽しめる施設や、登山、ハイキング、スキーなどができる自然環境も整っており、保養地としても人気です。街全体がゆったりとしたエレガントな雰囲気で、飲泉を楽しめる歴史的建造物「トリンクハレ」や温浴施設「カラカラ スパ」「フリードリヒ浴場」、「フリーダー・ブルダ美術館」など、見所もたくさんあります。

  • カールスルーエ

    ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州にあるカールスルーエはライン川とシュヴァルツバルトに近い場所に位置している都市です。代表的な観光スポットとして人気が高いのはカールスルーエ城であり、広大で美しい宮殿の中に入ると州立美術館が広がっていて伝統的な絵画や美術品などに出会うことができます。周辺も含め、街並みは全体的に歴史を感じさせるバロック様式の建築物が多いのが特徴で、ヨーロッパらしい景観を楽しみたい人におすすめ。宮殿を中心として、扇状に道路が広がっている整然とした区画も特徴的であり、人口の美しさと周辺に広がる自然の両方を満喫できます。ショッピングや食事などを楽しむのにぴったりのカイザー通り周辺にある広場にはかつての伯爵が眠るピラミッドが存在します。

広告

運営会社