おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

キューバ 観光ガイド Cuba

カリブ海最大の島国。世界遺産であるハバナの旧市街にはクラシックカーが現役で走り、革命家チェ・ゲバラは今も国民の英雄であり、どこか古き良き時代を感じさせてくれる。葉巻でも知られダンディズムの香る国でもある。そんなキューバを愛した著名人であるヘミングウェイ縁のバーも現存するから驚きである。また首都から車を走らせること2時間、キューバ最大のビーチリゾートであるバラデロには、まるでカクテルのような海が広がっている。 街には音楽が溢れ、そこに集まる人の陽気さや心の豊かさは訪れたもの全てを幸せにすることだろう。

キューバの人気都市

  • 都市

    ハバナ

    アメリカのフロリダから約145kmに位置するキューバの首都で、カリブ海で最大の都市。世界遺産に登録された旧市街はスペイン・コロニアル様式の美しい町並みである。プエルト通りには支倉常長の像も立っている。新市街はヤシ並木と高層ビルが目立つ。 ヘミングウェイが住んでいた町としても知られ、その家は博物館になっている。近くの漁港コヒマルは「老人と海」の舞台として有名である。カバーニャ要塞には、キューバ革命の立役者、チェ・ゲバラの博物館がある。葉巻とラムが名物で、アメリカのクラシックカーが多く走り、サルサが流れる。

  • 都市

    バラデロ

    バラデロはキューバ西部にあるマタンサス州北部に突き出した砂嘴(さし)の部分にあたるリゾート地です。面積は32㎢・人口は24681人(2004年時点)です。バラデロは2010年にカルデナス自治体に吸収されているので、正確には面積は598㎢・人口は12万7000人ほどになります。首都ハバナからは100kmほど東に離れています。気候はサバナ気候で、一日の最高気温は冬でも25℃以上・一日の最低気温は冬でも18℃ほどと暖かく、夏は最高気温が30℃くらいです。5月~10月が雨季・11月~4月が乾季です。バラデロではマングローブなどの低木林が海岸沿いに生育しています。カリビアンブルーの海が広がるビーチでは、新鮮なシーフードが楽しめるスタンドやカクテルが味わえるバーなどが営業していて、心ゆくまで南国のパラダイスを体感できます。

  • 都市

    トリニダー

    トリニダーはキューバ中央部にあるサンクティ・スピリトゥス州にある都市で、面積は1155㎢・人口は73466人(2004年時点)です。首都ハバナからは400kmほど南東に離れています。1514年にスペインの植民地として建設され、市内には「大広場」や「市立歴史博物館」などいたる所に当時のコロニアル様式の建築が見られます。トリ二ダ―近郊にある「ロス・インヘニオス渓谷」は「砂糖の谷」とも言われていて、70ほどの砂糖工場が集まって稼働していた場所で、当時の砂糖が国に占める貢献度を実感できます。これらの観光地は「トリニダとロス・インヘニオス渓谷」として1988年に世界遺産に登録されています。また、近郊にある美しい白い砂浜で有名な「カシルダ湾」はスキューバダイビングなどのマリンスポーツに適しており、一度は訪れてみたい観光地です。

  • 都市

    サンティアゴ・デ・クーバ

    サンティアゴ・デ・クーバはキューバ南東部にあるサンティアゴ・デ・クーバの州都で、南はカリブ海に面した人口は42万6199人(2006年時点)です。首都ハバナからは800kmほど南東に離れています。1514年にスペインによって植民地化されて、スペインと中南米を結ぶ地点として奴隷貿易や砂糖貿易で栄えていました。1898年にはこの地で米西戦争が勃発して、それは1902年のキューバ独立への足掛かりになりました。現在では、砂糖やタバコなどの農作物・銅やマンガンなどの鉱物などの積み出し港として、パナマ国際航路で重要な位置にあります。市内の海沿いには海賊への備えとして1700年に完成された「サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城」があって、幾度の修復を経て現在でも完全な形で保存されています。1997年にはユネスコ世界遺産に登録されています。

キューバの都市をもっと

キューバのホテルを探す

キューバの旅行・観光情報

キューバのまとめ一覧

  • まとめ

    【ハバナ】スペイン統治時代やキューバ革命の歴史をたどる人気観光名所5選

    ハバナ - 観光名所

    キューバは世界でも数少ない社会主義国のひとつとして知られています。そんなキューバの首都ハバナの旧市街地は、元宗主国スペインのコロニアル様式の建物が保存されており、歴史あふれるエリアです。国の変遷を学ぶことができる博物館だけでなく、島国ならではの要塞も数多く残っています。ハバナの街を観光していると、キューバ革命当時の街の雰囲気など、きっと知りたいことが次々に湧いてくるでしょう。亜熱帯気候の街のため、夏場は湿度が高く蒸し暑いですが、その代わりに冬も暖かく、気持ち良く観光できるでしょう。ハバナ旅行でまず最初に行っておきたい定番の観光地を5つ紹介します。

  • まとめ

    【キューバ】砂糖貿易で栄えた植民都市 トリニダードとロス・インヘニオス渓谷

    トリニダー - 世界遺産

    トリニダードは、キューバに残る古い町の一つです。ディエゴ・ベラスケス(ヴェラスケス)によって、1514年に建設されました。18~19世紀には砂糖産業や奴隷貿易で発展し、キューバ有数の都市に成長しました。現在も、当時のサトウキビ農園主たちの邸宅が立ち並び、砂糖貿易で栄えた時代の雰囲気を色濃く残しています。また、トリニダードの近郊に広がるのが、「砂糖の谷」と呼ばれるロス・インヘニオス渓谷です。広大なサトウキビ畑と50軒以上もある製糖工場の跡が、当時の繁栄ぶりを伝えています。このトリニダードの町とロス・インヘニオス渓谷を合わせて、1988年に世界文化遺産に登録されました。 (写真:トリニダード ©UNESCO/Vincent Ko Hon Chiu)

  • まとめ

    キューバ旅行で準備しておくべき持ち物は?失敗しないための持ち物リスト!

    キューバ - 旅行グッズ

    カリブに浮かぶ赤い島ともいわれるキューバは、東西に伸びる本島と1600もの島や岩礁からなる島国です。日本からは飛行機を乗り継いで、18~21時間で到着します。気候は亜熱帯性海洋気候に分類され、平均気温は25℃で湿度は80%前後ですが、貿易風が吹き湿度が和らぐためすごしやすく、旅行におすすめの土地です。そのキューバにはハバナ旧市街をはじめとした、7件の文化遺産と2件の自然遺産、合計9件の世界遺産があり見どころもたくさん。それだけではなく文学・音楽・グルメと、さまざまな楽しみ方ができます。そんなキューバ旅行で準備しておくべき持ち物を紹介しますので、役立ててくださいね。

キューバのまとめをすべて見る

キューバのスポット一覧

キューバのスポットをすべて見る

キューバの旅行・観光情報をもっと調べる

キューバ 史跡・遺跡 キューバ 文化遺産 キューバ 旧市街・古い町並み キューバ 広場・公園 キューバ 寺院・教会 キューバ 洞穴・鍾乳洞 キューバ 歴史スポット キューバ 美術館 キューバ 世界遺産 キューバ バル・バー キューバ 大衆料理・ローカルフード キューバ 散歩・街歩き キューバ 夜遊び・ナイトライフ キューバ 海鮮・シーフード キューバ 劇場・音楽鑑賞 キューバ 自然・景勝地 キューバ 建築 キューバ ホテル キューバ 観光 キューバ グルメ キューバ エンターテインメント・遊ぶ

キューバについての観光情報

広告

中南米の国のおすすめ観光情報を探す

中南米の国をもっと
運営会社